« 拓郎さん | トップページ | JAS有機認証の後先の風景 その2 »

JAS有機認証の後先の風景 その1

 JAS有機認証が制定されて8年にもなります。一時画期的だと評価された認証制度は、なにを日本の農業にもたらしたかを考えます。

 私は2000年(研究段階まで含めると、実際には1997年頃から)有機認証の旗を高く掲げました。まず当時、なにがなんだか分からないようなジャングル状態の「有機」にうんざりしていました。ほとんどが、紛い物なのです。「有機栽培」のシールさえ、市場で普通に売っていた時代ですImg_0017_2

 一方、小農-個人産直という従来の提携運動の流れの中では、一定規模以上の流通団体とは組めませんでした。あまりにバラバラで、規格もなく、農法も拡散しており、そしてなにより、余りに小規模でした。

 この流れは、有機農業が出来た時からある伝統的な方法でしたが、極少派から抜け出せず、早晩行き詰まることが目に見えていました。

 そしてそのような季節に、JAS有機認証が出てきたのです。客観的でジビアな、公正な基準。私はこれを新しい有機農業の「軸」にしたいと考えました。

 このJAS有機認証を、「軸」に作られたのが、私たちGです。県境をまたいだ、有機農業グループの統一基準などそうそう簡単にできるはずもありません。私たちはJAS有機の基準をそのままあてはめました。その意味で、ラッキーでした。

 このように、広域で有機農産物を流通させる方法こそが、有機認証の本質です。広域で有機農産物が行き交う。 そして、私たちが想定した県境をはるかに超えて、外国もあったのです。

 では、その結果なにを有機農業は失ってしまったのか。それを次回に見ます。

写真は、ボリビアの可愛い人形。

|

« 拓郎さん | トップページ | JAS有機認証の後先の風景 その2 »

日本の農業問題」カテゴリの記事

コメント

 だって、解からない....。ごちゃっぺ。
有機認証が、消費者の毎日にどう伝わえるのか
それを、食卓でどう表現するのか、最後は味に
なっちゃうと、食いしんぼ。
 お勉強会しないとならないの?くたびれる。
食べる側が食卓で参画する認証の在り方は?
意議あると思うんだけどな。

投稿: ぶんぶんこ | 2008年6月 9日 (月) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515571/41478764

この記事へのトラックバック一覧です: JAS有機認証の後先の風景 その1:

« 拓郎さん | トップページ | JAS有機認証の後先の風景 その2 »