• Dsc_1314_3
  • Euvgcsnu4aetdfr
  • 00050866hdk_20200401173201
  • 20200328oyt1i500061
  • Img_db0adb22041f9157c9f5fc4fbb7776661484
  • Eusvv3bu4ai8a9
  • Dsc_0372
  • 064
  • Bfa269f3
  • Euvgcsnu4aetdfr

« 本年中ほんとうにありがとうございました | トップページ | 初夢ではありません!地域の直販所からわき上がる夢! »

2009年1月 9日 (金)

この新しい年は動的平衡の始まりなのかもしれません

Img_0003 今頃なんだといわれそうですが、本年もよろしくお願いします。

私たちトリ屋さんの新年はヒサンです。まったく正月は関係がない!(きっぱり)

元日はまったく通常どおりに寒風の中、エサをやり、緑餌を撒き、卵を拾い・・・(以下略)、な~んも変わりゃせんが。違うのはパートさんがいないので、いつもより作業的に厳しい。

おまけに年末から体調がやや不良でして(え~ん)、酒も飲みたくなく、オセチもカズノコを食べたら腹が痛くなりとさんざん(びぇ~)。せめて元日恒例のサッカー天皇杯でまったりと元日の午後を過ごしたかったのですが、うちの贔屓チーム(とうぜん鹿島です)が出ておらず、ややだらけ気味で観戦。

そうそうテレビと言えば、紅白歌合戦。見ちゃいましたですよ(*゚▽゚)ノ、それも全部。子供の時以来じゃなかったのかなぁ。大掃除でくたびれ果てて、へばってチャンネルを替えるのもメンドーで、ダラダラと全行程読破。いや、あんがい面白い。特に森山直太郎の「♪生きるのがつらいなら、死ねばいい。周りは3日は悲しむが、すぐに忘れる」は効いたなぁ。じっくり聴きたいので、Amazonに注文してしまいました。それとアンジェラ・アキの唄もいい。励まされる。思わず泣ける。私はあのテに極度に弱いのです。

けど、「千の風」はもういいね。さすが食傷気味。小林幸子はエーリアンの卵の孵化のようで不気味!お茶の間で引きつけを起こした子供もいたのではないでしょうか。私もアレを見て体調が崩れたみたい。サチコさん、もう年間のギャラを注ぎ込むことは止めて、唄で勝負しようね。アンジェラ・アキや直太郎なんかシャツにジーンズで、衣装代推定2300円(税込み)だったが、はるかにカッコよかった。

_edited さて、今年はもうひでぇ年になると皆決めつけているようですが、そう決めないないで。

あのカネがカネを呼び、すべてを欲望と投機の対象に変えてしまった強欲金融資本がくたばって、世の中が清々したと考えましょう。

トヨタやキャノンが大減収だと喚いていますが、トヨタのように小国家の国家予算ほども売り上げがある企業にとって150億円の赤字など屁でもないはず。それを大げさに騒ぎ立てて、この際下請けを乾いた雑巾を更に絞るがごときことを考えていそうです。内部留保はうなるほどあるんでしょうにね。家康を生んだ愛知県人はしたたかですぞ。

考え方を変えてみましょう。このような従来の自動車、カメラ、テレビ家電といった従来型産業が軒並み頭打ちとなって、大きな価値の転換期が来ているように思います。いや、そう思いましょう。

熱帯雨林の研究者がスマトラの奥地での研究をまとめた本(福島伸一「生物と無生物のあいだ」講談社現代新書)に、「動的平衡」という言葉が出てきます。どういうことかと言いますとね、熱帯雨林では毎日ドカドカと巨木が倒れているんだそうです。

人が伐採するんではなく、まぁいわば寿命ですな。そして倒れる時に隣の樹もついでに倒してしまって大きな空き地が出来るそうです。するとこのような森林は極相林ですから、樹木の枝が大きく冠状になっている樹冠を作っていて、下の土に太陽が差さなかったのが、一気に差すようになる。

すると、今まで土の中に眠っていて発芽を抑えられていた様々な樹の種が我も我もと発芽を開始し、新しい植物相を作りだしていくのだそうな。古い巨木が天意を覆っている限り、新しい植物は育たないわけです。その巨木が倒れた新しい空間(ニッチ)に、新しい植物同士の均衡(バランス)が生れます。このようなことを動的平衡というそうです。

_edited_2考えてみれば、人間の世界も同じようなところがあります。かつてのIT産業も、バイオテクノロジーも、かつての重厚長大産業の不況の間隙を縫って登場しました。発生した時代はまさに90年代の不況時です。

この新たな不況時は、全てが後退し凍結してしまったわけではありません。むしろ、新しい価値観と行動指針、更にいえばまっとうな倫理観を合わせもった新しい産業が生れる絶好のチャンスなのです。

それが農と生命にまつわる新しい価値観と産業であると私は確信しています。今年は旧来の強欲資本主義でもなく、ひたすら国民に要りもしない自動車を売り込むことでもなく、正しく生きる糧が評価されて、新しい時代を拓く年であることを祈ります。

« 本年中ほんとうにありがとうございました | トップページ | 初夢ではありません!地域の直販所からわき上がる夢! »

コメント

1)価値の転換(車やカメラを売りつづけてこの列島になんの幸福をもたらすのかということ、「国際競争力」とは誰のためのなんのための掛け声かということ、これらの呪縛から自由になろうということ。食べもの、農業に取り組むのはそのひとつの流れ)。
2)攻守の転換、生身の人間の救済(馬鹿な政務官の「思い(本音)」が残念だがまだ空気としてはある。仕組まれたボロもうけとその対極の貧困を知り追求しなければならない。このことにより世の中が見えてくる。不況でトヨタやキャノンやソニーがかわいそうなのではない。市民が起き上がらなければいけない、組合も起こしてあげなければいけない)。
 あなた様からいただいた食べものを味わいつつ、ことしもよろしくお願いします。からだをいたわってください。呼吸はふたつしてから、入力なさいますように

明けましておめでとうございます。まるで年賀葉書で寒中見舞いを出している私に合わせてくれたみたい。これをニッチと言うのかな?
 今年もよろしく。

待ってました♪(*゚▽゚)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この新しい年は動的平衡の始まりなのかもしれません:

« 本年中ほんとうにありがとうございました | トップページ | 初夢ではありません!地域の直販所からわき上がる夢! »