• Dsc_1994
  • 012
  • 161
  • Img_4581
  • F7d4b246e41cc002e74299ee0274511a
  • 9298b86f9a21bf2c29b83c46d230401c
  • As20190130003269_comm
  • 465ded
  • 099
  • 042

« 欧米3カ国記者の酔っぱらい問答 | トップページ | 民主党政権の農水大臣に赤松広隆氏が就任    小沢一郎に直結する農業界と「しがらみがない」人事 »

2009年9月17日 (木)

生き、生かされること その5               人は孤独ではない

_edited 自然は、アフリカや中東は知らないので、少なくとも私が接している日本の農村の自然は、人々が作り上げた精緻なエコシステムだとも言えます。

それを保っているのは他ならぬ共同体です。これは都市でのコニュミティとはやや違います。生存と生産、後世の孫子のための「保全と再生産のための共同体」です。
この中で私たちは暮らしている。言い換えれば、このような共同体の中で「生かされている」ともいえます。
う~ん適当な言い方ではないな、ややニュアンスが受動的すぎます。むしろ「生き・生かされている」という相互性の中にいることがわかります。
人は協働をして生きています。特に協働という理想をもっているというわけではなく、自然の前でそうせざるを得なかったからです。その協働はただいま現在のものだけではなく、遠い彼方の時間の人々とも協働しています。それが「生き・生かされている」ということの意味です。
また大きくは、生態系の基部をなす小動物、昆虫、微生物、地虫に至るまでを包括した「自然」との相互関係の中に生きているといえるでしょう。私たち人類という孤独な種は、孤独が故に共同を求めた。共同とは自ら生きる地を守ること、いわば「地守」あるいは「里守」の役割を永遠に続けるための手段です。この「地守」であることを絶やささなければ、私たちは決して孤独ではないのです。
グローバリズムを頑強に拒むもの、それがこの「保全と再生産のための共同体」、つまり私たちがその中で生き、生かされているこの日本の自然なのです。

« 欧米3カ国記者の酔っぱらい問答 | トップページ | 民主党政権の農水大臣に赤松広隆氏が就任    小沢一郎に直結する農業界と「しがらみがない」人事 »

グローバリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 欧米3カ国記者の酔っぱらい問答 | トップページ | 民主党政権の農水大臣に赤松広隆氏が就任    小沢一郎に直結する農業界と「しがらみがない」人事 »