« ありんくりん先生のオーガニック・スクール 第3回          土はどこから生れたのですか? | トップページ | ありんくりん先生のオーガニック・スクール その5  どうして化学肥料や農薬を使うの? »

ありんくりん先生のオーガニック・スクール          岩はどうして土になったのか?

Img_0056_edited_edited_2 Q7 じゃあ、そのままでは植物が育つ土にならないんですか?

A7 ならない。微生物が働いて生命が生まれるんだ

これで土ができたとおもったら大間違い。太陽がさんさんとさし、水がたっぷりとあり、そして岩が水に溶けだしてできるミネラルがあってはじめて微生物がレッツラゴーとなる。

先生はうら山の土をとってきてある実験をしたことがあった。うら山から前回のQ5でも言った世界一の土である山の腐葉土をバケツにひとつとってきた。これを米ぬかに混ぜて、のこくず(ノコギリで板をひいたクズだ)をちょっと混ぜて水を入れてかき回す。手でつかんでまとまって、はなすとハラリとくだけるていどかな。これを麻袋に入れてそのままにしておいた。

翌日、なんもなし。翌々日、なんの変化もな~い。そのつぎの日ダメ。あ~こりゃだめかと思った5日めかな朝に行ってみるとなんかいい匂いがするじゃないか。まるで焼きたてのパンのような(ちょっとちがうかな)、味噌をつくる麹(こうじ)のような。そして熱がでている。これが発酵熱だ!キミもご飯を食べるとなんかポッポするだろう。あれと一緒で、発酵とは微生物が適当な水分(雨のかわりかな)、光や熱(つまり太陽だね)の条件があって、「オレは生きてくぞぉ!」という熱になったということだ

普通は買ってきた菌でやるが、裏山の腐葉土からもできるんだ。このバケツに入った森の土には無数の微生物がいて、彼らが目を覚ましたんだ。そして熱心に動き始めた。

そして先生はこれをヒョロヒョロの草しかでなかった場所にすきこんでやった。これをなんども繰り返して、たまにニワトリのよく乾燥したウンチョなども入れてやった。そして野菜の種をまいてみた。

よくできたぞぉ!りっばな大根や小松菜ができた。わかったかな、岩が砕けただけの土ではなにもできない。それが太陽の熱と光を受けて、雨水の湿気が加わり、大好きなミネラル分や葉っぱや糞などの養分があると微生物は働き出す。そして死んだ土から生きている土にかわるんだ。

今、君たちが走り回る土も地球という惑星、無数にある広大無辺の銀河系第3肢太陽系第3惑星が約40数億年かけて作ってきた土なんだ。ただし、壊すのは一瞬だけど。

Q8 土が壊れるのはあっという間なんですか?

A8 そう、あっという間だ。短くて5年。砂漠にするには50年でいい。

森の土はいつ行っても豊かだ。惚れ惚れとする腐葉土が、いつでもかぐわしい香りを空気にただよわせているね。これはいつでも葉っぱや動物、昆虫などが分解して土に養分を与えているからだ。ここまではいいね。

じゃあ、今、ボクら日本の畑はどうかっていうと。畑の上には樹はない。トラクターをかけたるのにジャマだから切ってしまった。トラクターをかける畑にも草は生えていない。これは除草剤などで枯らしてしまったからだ。野うさぎが畑を駆け抜けて、たまにウンチョをしてもそんな量はしれている。

土の下を見てみよう。ほとんどの微生物が死んでしまっている。なぜだろう?微生物を殺す土中燻蒸剤毒(どちゅうくんじょうざい・気化したガス状の毒物のこと)をまくからだ。これの毒をまかれるとたいがいの生き物は死んでしまう。ましてちいさな働き者のリトルフレンドなどあっという間だ。こんなことをやっていると約5年で土はダメになり、50年やり続けると砂漠になってしまうという。

もう皆んなもわかると思うけど、微生物がいない土に作物を植えてもちゃんと育つはずがないだろう。それでも昔は牛や豚の糞をワラに混ぜて寝かせてから、土に戻したりした。今はそんなカッタルイことはせずに、お金で化学肥料というものを買ってくるだけだ。これでうまくいったら豚が木に登る。

|

« ありんくりん先生のオーガニック・スクール 第3回          土はどこから生れたのですか? | トップページ | ありんくりん先生のオーガニック・スクール その5  どうして化学肥料や農薬を使うの? »

農業ほどおもしろいものはない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515571/46430030

この記事へのトラックバック一覧です: ありんくりん先生のオーガニック・スクール          岩はどうして土になったのか?:

« ありんくりん先生のオーガニック・スクール 第3回          土はどこから生れたのですか? | トップページ | ありんくりん先生のオーガニック・スクール その5  どうして化学肥料や農薬を使うの? »