« パキスタン奥地の山賊村に行ったことがある | トップページ | 究極の玉子かけご飯 »

民主党農政の1丁目1番地・農家戸別補償政策が  財務省にコテンパンにされているようだ

                                         Img_0022_edited_edited  気の毒なことに、民主党が困ったことになっているようです。

いや、普天間などのことではありません。民主党農政の1丁目1番地的な政策である農家戸別所得補償制度がズタボロになりそうな気配が濃厚なのです。しているのは、もちろん弱小野党の自民党ではなく、あの事業仕分けを、アンチョコまで作って主導した「官庁の中の官庁」こと財務省です。

財務省は案の定、こんなことをチクチクと言い始めたようです。

財務省は19日、マニフェストを実行する2010年度予算編成の査定方針を明らかにした。(中略)農家への戸別所得補償制度をコメ以外でまず実施することや、高速道路無料化の大幅縮小も求める。(共同・11月19日)

それを受けて、さっそく野田農水副大臣がこんなことを言い出しました。いや、実に財務省の前に出ると、借りてきた猫のようです。

野田佳彦財務副大臣は19日の記者会見で、マニフェスト(政権公約)の関連予算圧縮で焦点となっている農家への戸別所得補償制度について「本来は(自給率向上を目指す)麦や大豆の方が順番は先だ」と述べ、コメの先行実施を目指す農水省に再考を促す考えを表明した。
麦や大豆の方が予算措置が少なく済むとみられている。(引用同上)

_edited まぁ、ちょっと考えれば来るべきものが来たってとこですか。景気の後退により税収は38兆円を割り込み、たぶん35兆円規模まで縮小するはずです。
そしてこの不況時に景気対策予算に大鉈を振るうという蛮勇を、財務省の手下よろしくしてしまったのが、ほかならぬ仙谷さんたち民主党事業仕分け文革小組です。
これではまず間違いなく、来期の税収は35兆円切れという悲惨なものとなるでしょう。「鳩山不況」という声が、がぜん現実味を帯びてきました。

このような税収収縮という現実にもかかわらず、民主党政権が出した概算要求額は、あろうことか史上最高の95兆円にも登ろうとしています。
その理由は、事務次官会議を「政治主導」のひとことでひねり潰してしまったためです。これで今まであった予算案作りに際しての事前の官庁間調整ができなくなりました。
結果、各官庁はここぞとばかりに、自分の省で必要と思われる予算をギュギュっと詰め込んだ概算要求案を作ってしまったわけです。かくて出るも出たり、史上最高95兆円!

こんな水膨れしたような概算要求案を受け止める立場の財務省が何を考えるのか、深く考える必要もありません。

もはや民主党マニフェストがウンヌンというレベルではなく、財務省として看視できるはずもない。小学校1年生でも出来る算数です。小学校で赤点生徒だったこの私にも出来る(←えばることか)。
95兆引く35兆は、答え60兆円の赤字。なんのことはない、税収のほぼ1.8倍です。事業仕分け文革小組が3兆円削ったなんて言っても、そんなものは屁の突っ張りにもならないのは、財務省はとうにお見通しです。
財務省にとって、あんな事業仕分けなど児戯に等しいこと。民主党に「悪役」になってもらっての超緊縮財政に向けてのショータイムでしかありませんでした。

気の毒に、官僚の中の官僚・財務省の手のひらで踊っていたのが、事業仕分けチームだったようです。

財務省にとって政権与党のマニフェストだろうとなんだろうと、子供手当て6兆円、農家所得保障1兆3千億、高速道路無料化などという国民への甘いお約束は、財務省にとって単なるダボラのたぐいになってきます。

_edited_2今のところ財務省は、政権与党のメンツを立てて「米でいきなり突っ込むより、大豆なんかでおやりになったほうが金がかかりませんよ」ていどに言っているようです。

それを受けての野田副大臣の発言です。となると民主党が、政権交代後に言ってきた「米から農家戸別補償を事業をモデル化する」という大方針がガラガラと崩れて行きそうな気配です。

私はそれならそれでいいのですが、「米から農家戸別補償を」とやれば,財務省からすげなく蹴飛ばされ、どこが自民党の石破さんの選択的減反政策と違うのだと突っ込まれ、あげくに今回の「大豆からやります」では、たぶん民主党に票を入れた農家は承知しないと思うぞ。

とうぶんこんな見苦しいダッチロールが続くのでしょう。そもそも、篠原孝さんが長年研究してキチンと出来ていた直接支払い制度を聞きつけた小沢一郎さんは、たぶんこんなふうに言ったのでしょう。

「欧米でもやっているちゅう農家直接支払いをズドンっとやるちゅうことだ。農家票はジジババ、チチハハ、孫まで3代あるからデカイぞ。一軒で10票は固い。ほら腰だめで1兆3千億でどうだ。角栄先生の頃と比べりゃ可愛いもんだちゅうに。
しかもこれをJA通さずに支給すりゃ、自民支持のJAは泣きついてくるって寸法だ。1人区、総取り。自民党壊滅。これが俺様の復讐なのだ」という例の「天の声」一発で決まったような、いいかげんなしろものもんですからねぇ。

■漫画 いしいひさいち「問題外論」より。小沢氏の怨念と権力の塊といった悪党づらが、よく似ています。

|

« パキスタン奥地の山賊村に行ったことがある | トップページ | 究極の玉子かけご飯 »

民主党の農業政策ウオッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515571/46821870

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党農政の1丁目1番地・農家戸別補償政策が  財務省にコテンパンにされているようだ:

« パキスタン奥地の山賊村に行ったことがある | トップページ | 究極の玉子かけご飯 »