• 059_20211204161101
  • 067_20211204161201
  • 2112-019
  • 2112-029
  • 2112-032
  • 2112-017
  • 2112-037
  • 2112-018
  • 2112-014
  • 2112-023

« 日本の農民より在日韓国人を向く赤松農水大臣 | トップページ | 昭和の悪霊は、魂を寄越せば栄光の日々を与えようと言った »

2010年1月16日 (土)

覇王の失墜

001_edited1 まずは、小沢一郎の巨大疑惑解明に大きな司直のメスが入ったことを歓迎します。今までタブーのように触れられてこなかった談合組織「東北建設業協会」の幹事会社鹿島という本丸に一挙に捜索の手が伸び、さらには石川、大久保という旧、現職秘書が逮捕されるに及んで、「小沢帝国」の擬制が音を立てて崩壊に向かっているように思えます。

国民の多くが、自民党の旧態依然たる政治に倦んでいたことはたしかですが、誰も「小沢帝国」などというグロテスクなものを作ってくれなどと頼んだ覚えはない。
小沢一郎は、清新な空気を求める国民感情を利用し、ゼネコンとの癒着を構造化し、巨額の賄賂によって自らの私腹を肥やし、手下を養い、自らひとりの元にすべての利権と政治権力を集中させる政治構造を作らんとしました。

そして、この恐るべき野望はほとんど完成の直前でした。小沢チルドレンという使い走りだけで、実に自民党以上の議席数を持ち、それを背景にして与党は反対派なき一元支配構造になりました。そしてさらには、与党の圧倒的多数を通じて、現在の日本国は、無力な首相の上に「覇王」が君臨するという異常な権力構造になりました。
日本国は、議会によって選ばれた首相ではなく、私党の実力者によって統治される国になったのです。

さて、昨日の事態を受けて、鳩山首相はなんと言ったのか。
「このようなことを国民はご承知の上で、衆院選に勝たせていただいた」
どうやら騙されたお前ら国民の方が馬鹿だったのだと言いたいようです。前から疑っていましたが、彼という人間は、人としての倫理観と責任感が二つながら欠落しているようです。
前原氏だけは筋の通ったことを発言しましたが、後はだんまりです。党内で調査委員会を作るどころか、猫の首に鈴をつけようという胆力を持った者すらいません。検察の捜査が不調におわった場合の報復を恐れているのでしょう。私たち国民は、こんな怯懦な者たちを選んでしまったのですよ。

私は、小沢一郎に説明責任を求めるなどということを望みません。ただちに与党幹事長を辞職し、議員を辞任し、そして司直に出頭してすべての悪行を自白しなさい。
それが民主党に308議席も与えてしまった国民の歯ぎしりするような慙愧の念に対する、唯一の責任のとり方です。

« 日本の農民より在日韓国人を向く赤松農水大臣 | トップページ | 昭和の悪霊は、魂を寄越せば栄光の日々を与えようと言った »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覇王の失墜:

« 日本の農民より在日韓国人を向く赤松農水大臣 | トップページ | 昭和の悪霊は、魂を寄越せば栄光の日々を与えようと言った »