• Dsc02059
  • 024
  • 22-040_20220705145301
  • 1000x1_20220705150101
  • As20220204002586
  • Qlp4rz8zy3editor_ae227549e47d3bae42835fb
  • 77447cf483618a9ad497bc3d990b5300f81060c8
  • K10013638681_2205230913_0523091703_01_02
  • 130331g
  • 7867n2fp7zsvx

« 辺野古移転はなくなった・そして | トップページ | 平野官房長官、辺野古移転の本音とは強制収容だった! »

2010年1月26日 (火)

平野ぶざけるな!選挙結果を斟酌しなければならない理由はない、だと!

049_edited1_2  今日のニュースで平野官房長官が、「選挙結果には斟酌しない」などと言っているのに出くわした。ひさしぶりに腹の底から怒りが吹き上げた。

なにが「斟酌する理由はない」だ!ふざけるな!大ありだ!いったいあなたに人の心というものがあるのか!民主党はマニフェスト政治だと言ってきたのはどこの誰だ。「マニフェストに違約したら、辞任する」みたいなスカしたことを言っていたのはどこのどいつだ。

そして選挙マニフェストにはデカデカと「普天間基地の県外移設」と大書きしてあるではないか。これがあったから、沖縄の選挙区を総なめにしたのだ。

それを信じた沖縄県民がバカだったと言いたいのか。今の民主党政権には選択の余地はない。投票結果を受け入れて、選挙マニフェストを遵守すること、他に何かあるんだったら教えてほしいものだ。

今になって、対米関係がどーたら、県外移設の候補がないなんてスカタンを言うんじゃないぞ。そんなことは千も承知、百も合点だったはずだ。なんで自民党が14年もかけていっかな進まないのか、数千億の北部振興予算を投入してなお、ヤンバルの衰退の歯止めがかからないのか、そんなことを調べてマニフェストを書いたんだと思っていた。

いや、ウソ。農業政策の時も思ったが、なんも考えちゃいなかったのだ。なんせマニフェスト自体一握りの人間が、専門家も党内の専門家すら入れず、密室で1カ月ていどで書き上げたような代物だからな。

沖縄のなにが問題なのか、基地をどうすべきなのか、具体的にどこに移設したらいいのか、沖縄経済をどうするのか、真剣に考え抜いて作られたものではなかったのだ。

ただの選挙目当て、票目当てで人心を利用したにすぎぬ。弄んだにすぎぬ。票さえ頂ければ、後は「斟酌する理由はない」のだから、「ゼロベースで考える」ことになる。

このようなやり方を詐欺と言う。

« 辺野古移転はなくなった・そして | トップページ | 平野官房長官、辺野古移転の本音とは強制収容だった! »

沖縄問題」カテゴリの記事

コメント

いままで民主党に投票してしまって後悔しています。
こんなきちがい政党だったとは。なんとか解散させないととんでもないことになる。デモでもなんでもで個人で出来ることをしていかないと大変なことになる!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 辺野古移転はなくなった・そして | トップページ | 平野官房長官、辺野古移転の本音とは強制収容だった! »