• L-011
  • Img_c33ab83e0df02888c0d38ed46dcb579b1884
  • K10012710871_2011131808_2011131812_01_02
  • 69457_ext_15_0
  • 69457_ext_15_1
  • K10012728031_2011241845_2011241950_01_02
  • Hw414_as20211124001835_comm
  • 024_20211128073301
  • 9e9d24bf489121ea057210f45005a740b5fcc62a
  • Image1637969079282

« 日本経済の業病・デフレ第2回  凍死寸前の患者に10キロマラソンを強制する愚 | トップページ | 日本経済の業病・デフレ第3回 世界の中央銀行がお札をする時代に、唯一背を向ける日銀 »

2012年1月14日 (土)

福島農民の自殺は人災だ。 このような愚かしいコメントを出すような者が殺したのだ

044_edited2
未だこのような冷血な恥知らずなコメントが絶えない。この者の身体に赤い血が流れているのか知りたいものだ。

日本人であるのか、いやそもそも人間であるのか知りたいものだ。

今日は怒りで新たなことを書く気になれない。このような者ばかりが都市に住むとは信じたくないが、このような者もかなりの数いるのだろうと思う。

何が「絆」か!何が「一緒に生きている」だ!何が「復興を祈願する」だ!

私たち被災地・被曝地の日本人が去年味わったのは「絆」ではなく断絶である。

繋がることではなく被曝地差別だ。

復興のことなど考えもしないで、己の小さな健康被害しか頭にないような者たちの姿だ

受けた数々のご支援の喜びと同量の絶望感だ。

こんなことがなければひとつになれない。こんなことがあってもひとつになれないわが国。

私たちを差別し、嘲笑し、そのことによって自分が安全だと錯覚をする。他人を傷つけることでしか、自分の安全信仰を確認できない。

この者たちは自分たち「消費者」だけが一方的に農民を非難し、憎悪をぶつけることができる特権を持っていると錯覚している。

農民の沈黙をいいことに、精神的サディズムに酔っている。

このような者が福島の農民を傷つけて嗜虐的に喜んでいるなら、私たち農民の中にも彼らへの大きな怒りが抜きがたく生まれていることを知ったほうがいい。

農民をなめるな!俺たちにはお前に流れていない赤い血が流れているのだ。

私は福島で避難を求めて闘うお母さんたちには心から支援をしたいと思う。

低線量被曝を恐れる人たちと農民としてしっかりと連帯したいと思う。だから、長期の健康被害の診断が受けられる「被曝手帳」の提案もした。

しかし、安全地帯に住みながら、みずからの「健康」被害のみに埋没し、「被曝地」の人々をせせら笑うような奴らはぜったいに許さない。

この者に問いたい。あんたは何か放射能被害の解決のために汗をかいたことがあるのか?
涙のひとつも流したことがあるのか?
「被害者」はあんただけなのか?
農民をテロリスト呼ばわりするだけで放射能問題が解決するとでも思っているのか?

俺たち農民は放射能と日々闘っている。
自分の作り出す農産物の安全のために全力を尽くしている。
それを知ろうともしないで、俺たちを背中から撃つのはあんたのような人間たちだ。

このような奴らのおかげでどれだけ私たち福島・茨城の人間が悩み、傷つき、あるものは死さえ選んでいったのか!

毒を撒くと言われ
奇形児を生むから結婚するなと言われ
お前らはガンで長生きしないと言われ

福島第1原発事故が人災というならば、あの自殺をせざるをえなかった福島農民の死もまた人災だ。それもこのようなコメントを書く者による人災だ。

以下この汚らしいコメント全文を掲載する。さらしものだ。
恥を知るといい。鏡を見て自分の相貌の醜さを知るがいい。

死んでいった福島の農家の仲間を思うと胸が張り裂けそうだ。悔しい。

なぜ俺たち農民は政府・東電がぬくぬくとしているのに、いつまでもこんなに悪しざまに言われねばならないのか。本当に悔しい。

写真 昨年の霧氷です。

■このコメントにありました私の「全量の袋を測定できない」という記述ですが、後にJA福島は全量の袋を測定することを決定しました。

■今日の記事は読み直すと感情的になっています。お許しください。仕事にも身が入りません。

関係過去ログhttp://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-825f-2.html

         ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

>このような膨大な在庫を抱えるとなると、作らないで放棄してしまうかということになります。

実に喜ばしいことですね。 \(^^)/万歳。
毒撒きを止めさせるには買わないのが一番という
消費者としての信念の大事さを感じるところです。

>転作奨励の大豆や麦に走ることになる農家も激増することでしょうが

どのような加工食品に毒が入ってしまうのか。
消費者として、醤油・豆腐などには気をつけないと。

>星の数ほどあるコメ袋すべてを測定することなどはできる相談ではない
BSEの時には「全頭検査しろ」と仰ったであろう農家のホコリ様は都合のよいダブスタ。

>作付けのゴーサインを出した結果
>行政は恥ずかしくないのですか
おやおや、あらゆる都合の良い論理を振り回し
毒米を作ったのは生産者自身であるのに。
今更、行政に責任転嫁ですか?見苦しい。
農家のホコリ(笑)の為に作ったんでしょ?w
それともナカジマ先生の教えでしたっけ?

「作るのは止めとけ」とわざわざ声高に叫んだ人も居たのに。
耳も傾けず「サベツだ」と分けの解らん逆ギレ起こして。
「農家のホコリ」の為に毒撒いたんでしょ?

>都市生活者の見る視線は私たちに対してひややかです
田舎の消費者だったら文句言わずに食べるとでも?
馬鹿にしてますなぁ。
ホコリの為に毒撒いて自分でブランドを傷つけて、
自分で首絞めて、自分で首吊って、被害者アピール。

コントにしたって全然面白くないですね。

見てますよ。あなたが「ホコリの為に作る(笑)」と書いておきながら、
都合が悪くなると「行政が作れと言った」などと
行政の責任にして、税金から補償を掠めようとしているところを。

見てますよ。散々被害者アピールはすれど、
一言も消費者への毒撒き行為の反省が無い文章を。

消費者は見ていますよ。

guilty  
IPアドレス 219.185.248.98実に面白いね。農家のホコリ君よ。

現在の放射性物質の検査体制がユルユルの中、
毒入り食品を撒くような行為を「農家の誇り」とやらで
正当化した人間がBSEの検査基準の緩和にはイチャモンを付けるのかね?

まったくもって
農家のホコリ君はどこまででも都合の良いダブスタ君であることよ。

毒撒きの正当化も中島正先生(笑)から教わったの?

guilty  
IPアドレス 219.185.248.98

■福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」

 自宅は地震で母屋や納屋が壊れた。ただ、畑の約7500株のキャベツは無事で、試食も済ませ、収穫直前だった。遺族によると、男性は21日にホウレンソウなどの出荷停止措置がとられた後も「様子をみてキャベツは少しずつでも出荷しないと」と話し、納屋の修理などに取り組んでいた。  

 23日にキャベツの摂取制限指示が出ると、男性はむせるようなしぐさを繰り返した。「福島の野菜はもうだめだ」。男性の次男(35)は、男性のそんなつぶやきを覚えている。「今まで精魂込めて積み上げてきたものを失ったような気持ちになったのだろう」  

 男性は30年以上前から有機栽培にこだわり、自作の腐葉土などで土壌改良を重ねてきた。キャベツは10年近くかけて種のまき方などを工夫し、この地域では育てられなかった高品質の種類の生産にも成功。農協でも人気が高く、地元の小学校の給食に使うキャベツも一手に引き受けていた。「子どもたちが食べるものなのだから、気をつけて作らないと」。そう言って、安全な野菜づくりを誇りにしていたという。  

 遺書はなかったが、作業日誌は23日までつけてあった。長女(41)は「こんな状態がいつまで続くのか。これからどうなるのか。農家はみんな不安に思っている。もう父のような犠牲者を出さないでほしい」と訴える。

« 日本経済の業病・デフレ第2回  凍死寸前の患者に10キロマラソンを強制する愚 | トップページ | 日本経済の業病・デフレ第3回 世界の中央銀行がお札をする時代に、唯一背を向ける日銀 »

コメント

またこの前の独り善がりの恥さらしか…。

同じ人間(私も都市の消費者)として、極めて恥ずかしい。生半可な知識を振り回すだけくだらない。

消費者として食い物を勝手に選ぶことと、農家を愚弄するのは全く次元の違う話です。

まあ、そんなら都市への食料供給が絶たれ餓死しても自業自得ってことになります。残留農薬や常時曝される大気汚染なんかはそれこそ毒なんですが…。

と、こんなふうに日本国内での「分断」を煽るだけなのですがねえ。

いかにして作物への放射性物質移行を極少化するかの模索してる様子を、こちらのブログでは散々やっているのに、読みやしないか無視なんでしょう。

昨夕にこのコメントを見ましたが、反応するとまたまたブログのコメント欄を使っての応酬になり、汚い言葉のやり取りになってしまう・・・と思い自重しました。
知っていてワザと挑発するのか、はたまた全く無知故の発言なのか?知る由もありませんが、発生以来10か月が経っても、このように「生産者対消費者・加害者=生産者、被害者=消費者」の構図を描き、且つコメントまでわざわざ寄せてくる人がいる事自体まだまだ成熟した国では無いのですね。(一部の人であると言う事を信じたいです)

青空です。

不愉快なコメントはなくならないものですね。

今後のことも考え迂闊ものにひとつものを申しておきたいと思います。濱田様にはご迷惑だと思いますが。

コメントで無礼な発言をする人は、日常生活でもそうなのでしょうか。
そんなはずはありません。数十年来の悪友に対してはく罵詈雑言ならともかく日常ではそのような無礼は働けないものです。仮に心で思っていてもです。

なぜでしょう。
いうまでもなく自分が属するコミュニティーで存続できなくなるリスクがあるからです。
場合によれば訴訟にもなるでしょうし、無礼な振る舞いが自身のコミュニティーに広がれば覆水盆に返らずとなります。
日本人は他国に比較して社会性が高い民族ですが反面、社会規律違反者はどんなに些細でも苛烈な報復を用意しています。

彼らには共通した誤解があります。
ネット上は匿名だといまだに信じているからです。

愚かです。法律が変わりネットの匿名性はすでにありません。
いまやマンガ喫茶やインターネットカフェですらネットを接続するには本人確認が必要でその記録は残っています。IPアドレスをたどればどのプロバイダーで接続したかがわかり、プロバイダーはどの回線、どのパソコンから接続したかを調べることは極めて容易です。プロクシなどの防衛策はこれらの移動履歴を隠すことにはならないということを知らないのでしょうか。

もし無礼だとコメントされた側が感じ、あるいはブログ維持に支障を得ると判断すれば損害賠償請求つまり被害者は債権者になります。
利害関係者には裁判所は個人情報保護法を超え個人情報の提供をプロバイダーやネットカフェに請求することができ、その費用も三万もかかりません。

つまり匿名でもなんでもない。

無礼者IPアドレスをグーグル等で検索すればプロバイダーがわかります。
見たところ日本です。プロバイダーからどのネット環境から接続したかもわかります。

書きぶりからして子供か、年ばかり取った無能者かどちらかですが、ただでないさもしい人生を軽い気持ちで失うのは迂闊としか言えず同情の余地すらありません。
濱田様は現時点では寛大に考えられていますが、
ことを荒立てるのであれば私も動きますよ。

いかなる環境下であっても礼節を踏まえ行動しろと思いますが、悲しいかなその程度の常識は彼らにとり少し高度にすぎるスキルのようです。

たびたび荒らしてしまい申し訳ありません。

IPアドレスの調査は、例えば Geotarget を使うと、

http://geotarget-iplookup.info/lookup.py?ip=116.83.135.145
↑は、私のIPアドレスの情報です。

infoweb.ne.jp は、富士通系(主に@nifty)であることを示します。
(Wikipedia「リモートホスト」など参照)

nttkyo FTTH は、NTT系の光ファイバー接続。

tkyo は、東京23区あたり。
(地図も出ていますが、地図の範囲、というわけではありません。)

とまぁ、オンラインでわかるのはここまでですが、
いろんなところに書き込みした記録がどこかに残っていて検索に引っかかると、
職場や出身校、氏名などがわかってしまうこともあります。

尚ありんくりんさんには、ココログのアクセス解析機能により、
ユーザーエージェント(OS種類、ブラウザ、画面サイズ)までわかります。

皆様。ご心配をおかけします。今後このような愚劣なコメントは即時削除対象とします。

まともな放射能に対する恐怖ならいくらでも討論できますが、震災・放射能禍で苦しむ人に対して\(^^)/万歳と叫ぶ神経に許しがたいものを感じます。

keiko女史からこのようなコメントが続いています。口蹄疫の時も非難を浴びましたが、それは郷土愛が感じられました。

正直に言って、今回の放射能問題の場合、人間の中に眠っていたエゴイズムがようしゃなく吹き出してきているような気がします。

都市にはこのような消費者ばかりではないと信じたいと思います。

「金ですべて買えばよい、金ですべて手に入れる」。では、その金は一体どのようにして、何を差し出して得たものか。

貧しい国の人々から搾取してきたもの、今度は同じ日本人の貧しい人々から搾取してゆこうという訳か。

本来、その国で生産する食糧はその国の人々が食べるのが基本。ところが、日本の現代人の常識とやらは、自分達が食べたくないものは自分達より下等を見下す国へ出荷し、より安全なものを海外から金で買う、というのが正しいことのように勘違いをしている。対価は何だ?

本来、人間1人1人が持っているものは同じであったはず。しかし搾取によって“借金奴隷”が生まれ、人が人を支配するようになり、いつしかそれが当り前と勘違いをする人間が多くなり、そういう人間は、自分達を正当化する為に、同じ人間ではないのだと区別・差別するようになった。「消費者」は「生産者」から金で物を買う。その金はどのようにして“無”から生まれたのだろうか?“無”でないのなら、どこからやってきたのだろう?

そもそも日本の財産、日本人の財産とは何だろう?紙切れか?数字のマジックか?博打で儲けた利ザヤか?いや本来は土地と自然の恩恵や、水源、ライフライン、環境、人々が安心して暮せる土壌だろう。

日本を捨て、海外で子々孫々暮らすと言うのであれば、移住でも亡命でもするがいい。しかし日本に住み着いていながら、そのありがたみや真に大切なものを顧みようともせず、何でも金で手に入るのだと勘違いをして自分達の非常識に気付かない愚か者ばかりなら、この国に希望ある未来など存在しないだろう。

日本で取れた米、近海で取れた魚は基本、日本人が食べる。それとも、放射能汚染された農作物や魚は朝鮮人や貧しい国の連中に食わせ、俺たちは安全な農作物や魚を海外の国から買って食う、というのが、いわゆる勘違い日本人の常識というわけか?

しかしその海外から買った農作物や魚は本当に安全と言えるのかな?遺伝子組み換え作物はインドやメキシコの例を取るまでもなく世界中に広がり続けている。原発事故・放射能漏れ、土壌汚染は日本だけで起きたことではなく、アメリカなどでも深刻な被害状況が指摘されている。それらを全てより分け、安全なものだけを金で買うことが出来るのだろうか?

まあ、東アジアが緊張状態に置かれるなどすれば、輸出入制限となり、食糧不足にあることが予想されるが、そうなった場合、飢え死にでもするか?

食糧や本当に大切にしなければならないものより、機会や芸能、ゴミばかり大事にしてきた愚かな日本人はいいかげん目を覚ますがいい。

管理人さんの怒りは、当然だと思う。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本経済の業病・デフレ第2回  凍死寸前の患者に10キロマラソンを強制する愚 | トップページ | 日本経済の業病・デフレ第3回 世界の中央銀行がお札をする時代に、唯一背を向ける日銀 »