« ヤンバルの共同売店 | トップページ | 日本生協連レポートの食事から摂取された放射線量のリアルな数字 »

「脱原発運動」は農業バッシングをするな!

Img_0024

放射能測定の正しいやり方をご存じですか。それは複島県の側溝の上ばかりを狙って測ることでもなく、ましてや出荷制限のかかった農産物ばかりを測ってみることではありません。

私はこのような計測の仕方を「ホットスポット・ハンティング」と呼びます。これはセンセーショナルに騒ぎ立て、危機を必要以上に煽ることで利益を得ている人たちのやり口です。

「ソフィーの世界」の訳者である池田香代子さんは、脱原発運動の先頭に立ちながらもこんなことを言っておられます。

「福島の女性が子供を産めなくなるとか、もう住めないという言い方をしてはいけないと思う。危機を過剰に言えば運動が前進しているというような考え方はおかしい」(大意)

残念ながら、彼女のこの常識的なもの言いに対して脱原発運動家からは猛烈な反発が出ました。それはほとんどバッシングの様相すら呈しました。

私はこのありさまを見て、現在の「脱原発運動」と称するものにいっそう冷やかになる自分に気がつきました。

また、わが農業の師である中島紀一さんも同じような類の批判を受けています。先生はただ「耕すことが、農業にとっていちばん大事な放射能との闘いなのです」と言っただけだったのですが。

「脱原発運動家」の人たちは、耕してはならない、とまで言います。農業を止めろとまで言います。

そしておためこかしに「気の毒だが、それが国民の安全を守ることだ。東電から賠償してもらえばいいじゃないか」と言います。

ふざけるのもいいかげんにしてほしいものです。私たち農民は東電の乞食ではない!

この人たちは真剣に放射能を考えた事があるのでしょうか?真夏の炎天下に、実際に地を這うようにして計測器をもって歩いたことはあるのでしょうか?

自分の村の畑や田んぼで土を採取して、ガンマスペクトロメータで計測したことはあるのでしょうか。そしてそのような定点観測を5年、10年続ける覚悟はあるのでしょうか。

その実践も覚悟もなく、口先で怖い怖いと言い募り、真面目に真っ正面から放射能と闘っている私たち農民の足を引っ張っているのは、他ならぬあなた方自称「脱原発運動家」たちではないですか。

放射能の危機を、あることないこと言い散らすのが「脱原発運動」ではないはずです。原発の危険性はあまねく知れ渡っており、再稼働の誤りも国民の大部分が理解しています。

つまり、「脱原発」自体は、百人の日本人に聞けば90人はそうだろうなと答えるような最大公約数的考え方に成長してきています。

問題はその先なのです。どうやって原発をリアルに消滅させるのか、という方法です。私はこれをシリーズで追いかけました。
*カテゴリー 原発のたたみ方

そしてまた、その論拠です。津波対策があればいいのか、重要免震棟があればいいのか、ベントフィルターがついていればいいのでしょうか。

それだけではないはずです。そのようなものはこの5年のうちに装備されます。問題は、廃炉、放射性廃棄物などのバックエンド問題について宿命的に原発は回答が準備できないからです。

最終処理がない技術など、しょせんまがい物にすぎません。

にもかかわらず、日本の原発依存は終わったわけではありません。BWRは消えても、より新しい技術により更新されていきます。「より安全な原子炉」は既に登場していますし、今後普及することでしょう。

その時、「脱原発派」の人たちの論理的根拠は相対的に弱体化するはずです。それは運動の衰退につながりかねません。

おそらくは、運動家はその危うさに気がついていると思います。その危うさがあるからこそ、脱原発運動家は、いつまでも執拗に福島、茨城の農産物が危険であると言い立てて危機を煽りたいのです。

今もなお福島第1原発からは放射能が垂れ流され続けており、農産物からも高濃度の放射性物質が検出されているというデマゴギーを流していたいのです。

そう言い続けたいのです。

原発が危険だという論拠を、原発という技術体系自体の中に求めず、筋違いの農業バッシングすることで恐怖を煽り続ける、それが運動の「正義」だと錯覚しているのです。

だから科学的データも論証もない被災瓦礫問題で警官隊と乱闘を演じたり、いつまでも執拗に福島、茨城の農産物をバッシングするのです。

彼らの「正義」の生贄にされた石巻の市民や私たち農民はたまったものではない。

私は脱原発です。しかし、このような小児的な「脱原発運動」には一片の共感も感じません。

今のようなことをやり続ければ、彼らはかならず国民から孤立していくことでしょう。かつて、私が青年期に参加した70年安保闘争もそうでした。

まっとうな危機感が、どこかでねじ曲げられ、党派的に変質し、カルト化していき、気がつけば一握りの集団に追い詰められ、そして内部抗争が激化したあげくは国民に愛想を尽かされて自滅していくのです。

「脱原発運動」もそうならないことを祈ります。ざんねんですが、そうなる可能性は濃厚ですが。

■写真 煙草の花です。実に優美ですが、残念なことに、これを摘花して葉を育てて出荷します。

|

« ヤンバルの共同売店 | トップページ | 日本生協連レポートの食事から摂取された放射線量のリアルな数字 »

原子力事故」カテゴリの記事

コメント

池田さん、そんな目にあってたのか…知らなかった!
要は「原発はヤメロ。でも被災地差別はするな」という至極真っ当なことを言っただけでしょうに。

もう、ドグマ化した市民運動なんか潰れてしまえ!

そういえば、陸自の首都直下地震想定の連絡要員小隊の23区全区役所への徒歩移動訓練で、練馬区役所前で「帰れ!帰れ!」なんてのもありましたね。
あんなアホな連中が、未だに存在するのが不思議。


青空にタバコの花、綺麗です。
でもアップで見るとベットベトしてて、虫が貼り付いてたりするんですよね(笑)

投稿: 山形 | 2012年7月18日 (水) 07時34分

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年7月18日 (水) 13時48分

nogaさん。
話が飛躍しすぎていて、もはや何が言いたいのかわかりませんね。
酔っぱらってるんですか?

投稿: 山形 | 2012年7月18日 (水) 14時25分

私が、思うには、原発も、マーク1時代から、APWR時代まで、この40年間に、耐震構造問題だけでなく、急激に進歩してきたはずで、いわゆる直接、大気中に放出するドライベント以前に

自動減圧系(ADS:Automatic Depressurization System)のバルブやウェットベント系システム、また、給水冷却ラインなども、一応、多重構造的に、整備されていたはずだと思ってます。

全電源喪失事態は、1番効果のあると思われたECCSシステムが、作動しなかったこと以外に、あらゆる多重安全システムが、電気の量の大小に係わらず、電力なしでは、動かないものや、遠隔操作しようにも、放射線濃度が、高い場所では、無線による遠隔操作も、困難であったことや、水素爆発や大地震によって、原子炉内部を想像できるデーターが、センサー類の故障等で、わからなかったことにあると思えます。

本来は、米国のように、刑事訴追しない代わりに、本当のことを公開して、どういう多重安全構造を作り出してきたのかを、はっきり表現すれば、リスクレベルの評価が、国民レベルで、出来ると思うのです。

東日本大震災並の津波と限定しての安全性の議論など、あまり意味がないと思ってます。

本来、自動で、制御棒が入って以降、圧力容器内の圧力が高くなれば、自動で、逃がし弁が作動して、圧力を格納容器に分散し、そこも、圧力が限界にくれば、ドーナツ型のウエットラインで、放出、減圧して、その先に、ウェットベント、ドライベントと言う流れになるのが、大きな流れだと思えます。

これらに、同時進行で、冷却とか、腹水ラインも動かす訳ですが、中央制御室のあらゆるセンサーの表示値自体、正しく表示できない状態だったと言う事が、まずは、問題だと思ってます。

センサーの値がわからないと、コントロールできないのが、原発なので、困ったものです。

管理人さんのご指摘のトイレのないマンション状態も困りますが、火力発電所だって、リスクはありますから、すべての発電システムについてのまじめなリスク評価をすべきだと思います。

なお、農業のことは、やはり現場の農家さんの意見も反映すべきだと思います。どんな仕事も、その仕事で、職業にされておられれば、それなりのノウハウは、お持ちでしょうから、すべて学者や政治や世論のいうとおりにする事態は、まったく、太平洋戦争突入前夜と同じ、マスコミによるマインドコントロール状態と同じだと思います。

投稿: りぼん。 | 2012年7月18日 (水) 15時10分

【至上最大の秘密】

この秘密を日本人に知られてはなりません。
なんとしても隠し通さなければなりません!
史上最大の秘密
それは、、、、、、、、日本はいい国
この秘密をどうやって日本人に気づかせないようにするか。
どうやって??大丈夫!いい方法があります

・日本が好きだ → 軍国主義!
・日本はいい国 → 島国根性!
・日本は向学心があり、進学率が高い → 大学にいっても勉強しないくせに!
・日本人は働き者である → 働き蟻、ワーカーホリックと言い換えてみよう。
・日本人はこんな狭い国によくもまあ平和的に暮らしている → ウサギ小屋と気の毒がってあげよう
・日本はお金持ちである → エコノミックアニマルと呼び、謙虚な日本人に裕福であることを恥させよう
・日本人は品格がある → いいえ、他の国の人すべてが日本人より品格があります。
・日本人は頭がいい → いいえ、英語が話せないので、頭が悪いです!
・日本軍は強かった → 侵略国家ですからね~
・日本が戦争を始めたのは実は自分の国が危険だったせいと、西洋のアジアに対する植民地政策に腹を立てていたから → 侵略国!侵略国!といい続け本当の歴史から目をそむけさせましょう
・韓国を統合したのは、あまりに弱い国だったから、そのままにしていると侵略されるし、自分たちに危機が及ぶから → 謝罪!謝罪!もし謝罪したら従軍慰安婦!そして謝罪!
・日本人は健康だ → ジャンクフードを食べさせよう。ついでに牛肉も!いつか日本人をぶくぶくの不健康にしましょう
・日本人は自国に誇りを持つ民族だ → 学校の授業で日本がいかに悪い国か教えよう。
・大人になってこの秘密に気が付きそう → 日本がいかに世界から嫌われているかテレビで放送する。
・日本の労働力のレベルは高い → レベルの低い移民を受け入れさせ、生産性のレベルを一気に下げる。
・日本製の製品のレベルは高い → 移民による生産が始まったので、レベルが下がるのは時間の問題。日本製ブランドの信用は落ちる。
・日本は世界にまれに見るほど安全だ → 平和ボケ!お花畑!と揶揄する
・大局観があり、地球全体のことを考えている → 島国なんですよ、世界的視野があるわけがないでしょ!と高圧的に言う。
・由緒正しき天皇制があり、世界からうらやまれている → それがなにか?
・日本は最先端である → ふ~ん
・日本のあらゆる製品は高品質、高性能で世界的信用がある → 高いからね~
・日本のアニメは人気だ → アニメ=変態と思い込ませましょう。 日本!ヘンタイ!アニメ!ヘンタイ!
・日本人は質が高い → 英語を話させない。中学生になるまで待って文法だけを教えれば、後はひとりでに日本人は英語が苦手だと思い込んでいる。これで日本人は外に出ないから、ばれない^^
・FACEBOOK上では日本が人気 → FAEBOOKは絶対!実名ですよといって、日本人が使うのを阻止する
・日本は特別な国だ → いいえ、自意識過剰です
・日本の食べ物は人気がある → 日本人気がついていないから放置。海外の日本食レストランの多くが、中国人、韓国人経営であることに世界も気がついていない。
・日本のテレビは人気がある → これ以上流出させない。海外には、「風雲たけし城」と「料理の鉄人」が今一番人気の最新番組だと思わせておく。
・日本のファッションは人気 → 個性がないとでも言っとけ
・日本軍は強かった → 隠せ!日本人に知られないようにしよう!教科書には最小限、矮小化して書いておけ。
・それもロシアに勝つくらい強かった → 戦争をしたのは恥だ!侵略国だ!といい続ければ、人のいい日本人は気がつかない。
・日本軍は今も強い → それも極秘だ!アメリカがいないと何もできないとと思わせよう!
・日本が実はアメリカに一時は勝ちそうなくらい強かったことはどうやって隠す? → 教えない
・日本が自立して軍隊を持ちたいといったら → まだ懲りずに戦争をする気かぁ!と怒る
・海外支援に自衛隊を出せないので、お金を出した → 金さえ出せばいいのか!と責める
・高度成長した → アメリカのおかげだ。戦後GHQがずいぶん助けたからね~。
・成長し続けている → 軍事力にお金を使ってないから楽だよね~と嫌味を言う
・やばい、オーストラリアが最近日本の本当のよさに気がつき始めている → 鯨!鯨!く~じ~ら!南京!南京!鯨!これで彼らの縁もすぐに切れる
・今度は韓国人の若者が日本の文化に興味を持ってきた → NO NO 日本が韓国に興味があるのです。韓流ブームです。
・日本はいい国 → うそだ!虚偽だ!事実無根だ!そんな真っ赤なうそを言う自衛隊幹部はクビだ!首だ!
・日本はいつも世界にいい影響を与える国で毎年上位 → お世辞です。傲慢になってはいけません。謙虚に受け止めましょう。お世辞なんです。
・第二次世界大戦のことで日本を恨んでいる国はほとんどない → うそだ!靖国神社参拝絶対反対!未来永劫、罪悪感にさいなまれてもらう。傷口に塩を塗る。
・またいつものように日本は災害から立ち直りそう → 今度は自然災害+人災だから大丈夫、立ち直らせない
・震災後の落ち着いた様子が世界に広められて、日本人の冷静さ、品格の高さがばれ始めた。 → もうこれ以上日本の良いところは世界に広めないようにする。日本の記者に日本の駄目なところだけを報道させる。
・デモなんかするから世界が気づき始めた → 日本は隣国を嫌う人種差別国家ですよ、駄目な国ですね。最近は右翼化してきますよ~ と広めよう。
・日本人がマジで怒り始めた → やばい、日本人はめったに怒らないが、怒ったらものすご~く怖いのを忘れてた。
・日本人が団結し始めた → わ~もう駄目だ、日本人は一人では怖くないけど、団結したら恐ろしい力を発揮する国民性だった。うわ~66年間の日本破壊工作活動が水の泡!?

投稿: | 2012年7月18日 (水) 16時42分

こちらでは認められていたに匿名のキチガイさんですね。

早く帰って、病院に行きましょうね。

投稿: 山形 | 2012年7月18日 (水) 16時54分

こんにちは 時々ブログをのぞかせていただいております。
管理人さんの高い見識にはいつもいつも感心するばかりです。

私は自分の住む地域で昨年から脱原発の声をあげていこうと小さな集まりを続けています。
ひとたび事故を起こせばまさに取り返しがつかない原発。たまり続ける放射性廃棄物をどうしようとするのか答えが見つからないままこの地震列島の上に100基もの原発を建てて原発立国になろうとしていた日本。
私は、どう考えたって原発は終わりにする方がいい!という正に単純素朴な思いで運動をしています。声をあげなければ、政府は「国民は再稼働を許している」と思うに違いないからです。

脱原発の運動をひとくくりにしないでください。
脱原発は、当たり前の事ですが、福島の方達、東北や関東の農家の方達と対立する関係ではないはず。一部の人たちの運動の方向が「排除」に向かっていたとしてもそれは一部です。全部ではないのです。管理人さんは当然よくわかっていらっしゃることと思います。過酷事故を起こしてしまう原発はなくしたい。苦労を重ねて安全な農業を積み重ねてこられた管理人さん達を心から応援したいのです。

私は東京で行われた16日の脱原発集会に参加しました。参加者は思い思いに意思表示の紙(りっぱなプラカードではない)を持って一人ひとりが自分の考えで参加し行動しています。私たちは主権者として当たり前に自分の気持ちを表明し行動しているのです。この運動を潰してはならないと思います。

投稿: ニーニャ | 2012年7月18日 (水) 17時18分

ニーニャ さん。ありがとうございます。ほっとしました。私はあの日に首相官邸に行った9割9分の人たちがあなたのような人たちだと信じています。
私も今日書いたような運動への危惧がなければ、行っていました。

脱原発運動は本来、いろいろな考えがあっていいものです。ただ、声の大きな一部の人たちが私たちに執拗に攻撃をしかけてくるので、私もつい身構えてしまいました。

一緒に、原発がない社会を作りましょう!農業者もがんばります。

投稿: 管理人 | 2012年7月18日 (水) 17時42分

ハマタヌさんのこのコメント(反応)に逆にホッとしました。
非力で申し訳ないですがハマタヌさんの悲鳴にも似た窮状に息を呑みつつも、このところの論調の内向性というか、内攻的になっていく過程をみるようで心配しておりました。
ハマタヌさん、分断にはのるまい。

投稿: 余情 半 | 2012年7月19日 (木) 03時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515571/55221283

この記事へのトラックバック一覧です: 「脱原発運動」は農業バッシングをするな!:

« ヤンバルの共同売店 | トップページ | 日本生協連レポートの食事から摂取された放射線量のリアルな数字 »