« 19世紀的帝国主義国が燐国にあるという憂鬱 | トップページ | 中国軍レーダー照射事件 政府はなぜ今公表に踏み切ったか »

週末写真館

029

湖でいちばん美しい時間というのは、私は夜明け前の数分間だと思います。

湖は、その日、その天候によって微妙に表情を変えていきます。

ある時は曇って垂れ込めた雲の間から、わずかな朝日が差し、生まれたての太陽は姿を見せることなく雲の中を登っていきます。

水面と空を横切る一本の淡い紅色だけが朝が始まったことを教えてくれます。

そしてある日は、晴天の空に若い太陽が顔をのぞかせ、おどろくような速度で天空に駆け上っていきます。

052
またある日は重苦しい群青の雲をかきのけるようにして、太陽が朝を告げます。まるで雲と太陽が争いあっているようです。

014

雲の軍勢は払いのけられ、淡い万華鏡のような朝が束の間始まります。
021

おはようございます。今日もまた静かな朝が始まりました。

|

« 19世紀的帝国主義国が燐国にあるという憂鬱 | トップページ | 中国軍レーダー照射事件 政府はなぜ今公表に踏み切ったか »

写真館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 19世紀的帝国主義国が燐国にあるという憂鬱 | トップページ | 中国軍レーダー照射事件 政府はなぜ今公表に踏み切ったか »