« ドイツの脱原発は隣の家の青い芝(2) 再エネ用送電網建設に約7兆円! | トップページ | ドイツの脱原発は隣の家の青い芝(3) 待ち構えていた送電網の不安定と近隣諸国からの苦情 »

沖縄は貧しくとも沖縄自身のものであれ 南の島様のコメントにお答えして

033_edited1_2
南の島様。私は沖縄は独立するのが最善だと思っています。しかし、残念ですがそうとうに難しいのはたしかです。

なぜなら沖縄は民族として自分の能力や、風土としての魅力にほんとうに気がついていないからです。

そしてむしろ破壊しています。それは米軍基地があるから、あるいは、ヤマトゥに歴史的にやられたと言う以前に自分たちで壊しています。

世界でもっとも美しい海岸線を壊しているのは他ならぬシマンチューです。米軍基地の正面のほうがよほど荒らされていません。

赤土を無神経に海に流しているのは誰ですか、パイナップル栽培や道路工事です。
白保のサンゴを壊して空港を作ろうとしたの誰ですか。反戦反基地の社会大衆党の前市長です。

くそっ。なんたることだ!沖縄を壊しているのはウチナンチュー自身なのです。
地域の中に蓄えられたウマンチューぬチカラをどんどんと忘れ去っているのはシマンチュー自身ではないですか。

それに気がつかないで、いつも他人のせいにします。アメリカーが悪いさ、ヤマトゥはね。差別されてるからね。日本一ビンボーだからね。

そしてヤマト政府にもっとモノクレと言う。

私はこのような依存体質的心根が治らない限り「独立」はありえないと思っています。

独立は、本土並の高給をはむ官公労とマスコミ中心の「沖縄革新」エリートがするものではありません。

まして、基地と無用な公共施設建設の利権に浸ってきた「沖縄自民」にはなにひとつ期待できません。

独立しようという相手からのカネなくして成り立たないような島を作っておいて、独立など笑止です。

独立はまっすぐに地面に立つ人たちがするものです。

沖縄は貧しくとも沖縄自身のものであれ、と心から思います。

かつて1991年にキューバが、ソ連の崩壊以降辿った道を少し沖縄も学べきです。

おそらく沖縄は独立後に政府支援とエネルギー源を断たれ、観光もダメになり、米軍基地のみがズシっと残っているという状況もありえます。

そして東アジアのパワーポリティクスの只中に投げ出されます。

こういう時に、今までの一本調子の反米闘争は成り立ちません。米国とサシでやり合える外交力がいるのです。

まして安易に中国や北朝鮮にすり寄ろうとしている「沖縄革新」の人たちのような発想では、独立の意味すら危うくなります。

核ミサイルを沖縄に照準し、沖縄県石垣市尖閣を侵犯し続けている国に媚を売ってどうしますか。

それは宗主国をヤマトから中華帝国に替えただけのおぞましい「独立」です。こんな「独立」ならしないほうがましです。

沖縄以上の苦悩の中で簡単にくたばらなかったカストロを私は尊敬しています。

石油がなければ島をあげて再生可能エネルギーを地域で作り出し、化学肥料がないなら有機農業に本気で取り組む。医療と教育の水準は死んでも落とさない。

彼の冷徹な現実政治を読む力と理想の高さをバランスする政治を、沖縄はしっかりと学びとって糧にすべきです。

沖縄からひとりのカストロ、出よ、と願います。

貴兄とはいつか島酒をくみかわしたいものです。

■写真 名護市役所の漆喰シーサー

|

« ドイツの脱原発は隣の家の青い芝(2) 再エネ用送電網建設に約7兆円! | トップページ | ドイツの脱原発は隣の家の青い芝(3) 待ち構えていた送電網の不安定と近隣諸国からの苦情 »

沖縄問題」カテゴリの記事

コメント

沖縄は沖縄のものであるならば日本であって欲しい。
日本は北海道のアイヌに代表される少数民族の文化にしているからです。日本とお隣さんで関係の深い韓国に自国文化のハングルを学ぶよう近代教育したのも日本ですが日本好きにも関わらず捏造や国際法違反してまで悪い面しか見ようとせず日本統治の良い面や日本と親しくするがまるで犯罪のようにされ日本の接着剤やアシックスを使うだけでスキャンダルになりますしこれが日韓関係を悪化させている最大の原因でしょう。日中関係に関して言えばウイグル民族は中国ではイスラム教を禁じられてますが日本は世界ウイグル会議を開いてますしイスラム教向けのメニューを作っている料理店も沢山あります。チベットやモンゴルとはタイやブータンのような仏教国同士の親交があります。ウチナーという琉球民族が大切され続けるためにも沖縄は日本であって欲しいです。対して一国二制度の高度な自治機能せず虐殺や弾圧により民族の自主自由が奪われている中国では香港・台湾・ウイグル・チベットが独立してもおかしくないでしょう。台湾パナマは日本統治の良い面も見ていますから。中国と関係の深いインドネシアでさえ安部総理の靖国参拝に賛成です。華人も多い東南アジアのハブ国であるシンガポールでさえ中国の軍事力による海洋進出に否定的です。

投稿: | 2013年11月 8日 (金) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツの脱原発は隣の家の青い芝(2) 再エネ用送電網建設に約7兆円! | トップページ | ドイツの脱原発は隣の家の青い芝(3) 待ち構えていた送電網の不安定と近隣諸国からの苦情 »