« ニューズウィーク誌 山本太郎氏 意見が違う人は「向こう側」に行け | トップページ | NHK世論調査とスウェーデンにみる脱原発世論とは »

やっぱり出てきたNHKの愚論「細川と宇都宮足したら4割」

015
やっぱりこう言うことを言う馬鹿が出てきました。

東京都知事選の選挙のNHKのニュース番組で、登場した足立記者の分析です。聞き取りですので要旨でご容赦ください。

舛添候補の勝因は組織力だ
都民の脱原発の動きはこれで終わったわけではない
③その証拠に、反原発を唱えた細川候補と宇都宮候補の両方の得票数合計は、投票数の4割になる。

必ずこういうことを言う運動家が出てくるとは思っていましたが、トップバッターがよりにもよって公共放送とはね(苦笑)。

「組織力の勝利」が舛添氏の勝因と言いますが、たぶん46%の低投票率だからといいたいのでしょう。

しかし、この低投票率でもう一人得をした候補がいます。それは共産党が支援する宇都宮氏です。

東京の基礎票は先日も書きましたがこんな所です。
・自民・・・160万票
・公明・・・80万票
・共産・・・70万票

自公の基礎票の根拠は2013年参院選の247万票です。

共産の基礎票の根拠は、2013年参院選の吉良候補の70万票です。

また小泉・細川候補は、組織票といえるものはありませんが、2013年参院選の山本太郎氏への66万票とみどりの党7万票の計73万票に民主の一部くらいは見込めたでしょう。

一方民主は独自候補をたてられなかったばかりか、細川氏に対しての支援も勝手連といった始末で、しかも本来彼らの支持母体の「連合東京」からも離反されてしまってほとんどカヤの外でした。

この基礎票が丸々生きるためには「風が吹かない」ほうがむしろ有利です。つまり、天気が悪かったり、争点ボケしているほうがいいのです。

よく東京の浮動票は3割あるとかいいますが、それほど多くはありません。実際はせいぜい6~10%ていどだと言われています。

しかも「風」はなかなか読めません。候補者の演説に人が集まっても、必ずしも投票行動には結びつかないのが現実です。

それは今回、いちばん見物人が多かったといわれる小泉氏の場合を見れば分るでしょう。

ですから、今回投票率が50%を切った時点で、政治力学的には1位と2位は決定したと言えるのです。

細川氏と宇都宮氏を足せば4割になると足立記者が言うのを聞いて、私は無礼にもプッと吹き出してしまいました。この人ほんとうにこんな程度で政治記者なんですか。

まるで子供の算数だ。そりゃ足せばなりますよ。でも足せなかったんでしょう。統一候補にすることに失敗しました。

そのことが脱原発陣営の最大の敗因です。今のセクト化した運動体質では、相手が小泉・細川陣営でなくとも無理です。

そもそも私がこの間、口酸っぱく言っているように、今や「脱原発運動」と一口で呼べるような運動は既になく、それぞれ勝手にやっているのです。一部では味方を攻撃するのに忙しい所すらあります。

そんな運動の衰退という背景をまったく伝えないで、「足したら4割」ですって、この人は中坊以下!

あるいは、小泉氏が突然飛び出したのが、この足し算が失敗した原因とでも言いたかったのかも知れませんが、小泉さんはジョカーのようなもので諸刃の剣なんですよ。

小泉氏は脱原発票を割っただけではなく、自民党支持層も分解しているからです。

原発は怖いが、共産党には入れたくない」という層の票を取り込んだのが、他ならぬ小泉・細川陣営だったからです。

小泉さんが登場した結果、唯一の脱原発候補だったはずの宇都宮氏に入れる人が減った代わりに、自民党推薦候補に入れる人も減ったのですから、双方痛み分けのような作用をもたらしたわけです。

ただし、自民が目減りした分、「連合東京」の組織票が舛添氏に流入したためにその穴は塞がれた格好です。

つまり、低投票率と小泉効果は、どちらの側にも影響を与えているのです。

さて足立記者は、足し算がお好きなようですから、別な足し算の問題を出しましょう。

43.4+12.5はいくつでしょう?55.9ですね。はい、この数はなんでしょう。

これは原発の長期的削減を主張した舛添氏と、再稼働を掲げた田母神氏の得票率合計です。

この55%を占めた長期削減と再稼働は矛盾しません。長期に削減ということは、当座は再稼働せざるをえないという現実主義だからです。

またこの55%という数字は、他ならぬ足立記者のいるNHKが2013年1月の「民主党の脱原発政策の見直し」についての世論調査の結果と似た傾向を示しています。

見直し賛成    ・・・43%
どちらともいえない・・・30%
・反対         ・・・21%

この「どちらともいえない」というのは、具体案がないので選択できないという事だと思います。

この「どちらともいえない」という中間層が、小泉氏の登場の結果いくつかに分解して、東京都知事選の結果に近い数字になったのではないでしょうか。

この足立というNHKの政治部記者はマスコミによくいる空想的脱原発派だと思いますが、こんなつまらない気休めを言うより、真面目に今の運動の現状を取材して欲しいものです。

「組織票で負けた」なんて安易な分析をしている限り、脱原発派はまた負け続けますよ

だって、脱原発派は逆立ちしたって組織票で、自民党を越えることは不可能だからです。問題の本質は、脱原発統一候補を立てられない弱さなのです。

もし飯田哲也氏あたりで統一できたのなら、かなりいい戦いになったかもしれませんが、彼すら山本太郎氏のような脱原発過激派は「隠れ推進派」と打倒対象にしており、共産党系も乗らないでしょうから、やはり無理なのかもしれません。

明日はスウェーデンの世論調査も参考にして、もう少し掘り下げてみます。

※関連記事http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-f641.html

|

« ニューズウィーク誌 山本太郎氏 意見が違う人は「向こう側」に行け | トップページ | NHK世論調査とスウェーデンにみる脱原発世論とは »

原発を真面目に終りにする方法」カテゴリの記事

コメント

私の様な素人でも、2位3位足しても云々くらいは言えますよね。
政治部記者の立場では、もう少し掘り下げた分析結果を報道して欲しいものです。
①分析能力不足。
②分析していても限られた時間で説明する事が出来なかった。
③判り易い説明の仕方が考えられなかった。
④この程度伝えておけば視聴者は満足(理解)するだろうと言う考え。
⑤どうしても「脱原発」の火を小さく?(消す?)事を防ぎたかった。
等々が考えられます。

投稿: 北海道 | 2014年2月12日 (水) 16時08分

結局のところ、騒ぎたいだけの不平屋が沖縄基地や戦争責任と同列に扱ってしまったことが反原発にとって致命的だった気がします。

投稿: ナナシ | 2014年2月12日 (水) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニューズウィーク誌 山本太郎氏 意見が違う人は「向こう側」に行け | トップページ | NHK世論調査とスウェーデンにみる脱原発世論とは »