« 原発事故で苦しんだ福島人をまた苦しめる権利はマスコミにはない | トップページ | 「美味しんぼ」 荒木田准教授は自然が放射能の天敵だと知らない »

「美味しんぼ」 除染無意味論のニヒリズム

092

事故後被災地ではたしかに「美味しんぼ」が描くように鼻血が出ていました。

ただし原因は大量の瓦礫粉塵や塩を含んだ泥と砂が混じった土砂であって、放射能とはなんの関係もありません。

しかし、そうと分かったのは状況が落ち着いてからのことです。

枝野官房長官の「ただちに健康に影響はない」といったコメントでかえって不安をかきたてられる始末でした。

「え、ただちに?中長期にはあるのか?」と国民誰しも思ったはずです。完全な政府の情報の出し方の失敗です。

そして致命的なSPEEDI情報の隠匿が重なり、「公表された情報は信じられない。なにか重大な情報を隠しているはずだ」という長く「被曝」地を苦しめた風評被害につながっていきます。

鼻血症状が原発事故と重なった福島浜通地域では、「もしかしてこの鼻血は放射能のためではないか」と脅える人が大勢出ました。

松戸、柏、東葛などの地域では、折からの降雨を浴びた人たちに放射能パニックが走りました。

その時の浜通りの人々や、雨に濡れそぼった子供を持つ母親の気持ちは、私には痛いように分かります。

実は私自身も、放射能雲が頭上を通過した際に屋外で働いていたために、万が一を心配した時期があります。

当時、風評被害で経営が壊滅状態にまで追い込められたこともあって、荒木田氏よろしく「起きれないほどの疲労感」と、おまけに鼻血まで出る始末でした。

まぁ私の鼻血は、鼻くそのかきすぎで傷がついたんですがね(←いい歳して恥)。

なまじ私も若き日に反原発運動をしたことがあるもんで、「鼻血」が意味することが分かっていたために、すぐに知り合いの医者(←実は獣医です)に走りました。

「オレってひょっとして急性被曝?」

地震で倒れた機材を直しながら医者は笑いながら、「放射能ならすぐに止まんないよ」と脱脂綿詰められただけだったですけどね(笑)。

井戸川さんや作中の山岡も、医者にきっとそう言われていているはずですよ。

とまぁこのように、事故当初の生々しい恐怖は今でも鮮明に覚えています。

漫画を思想伝達の手段と考えているらしい雁屋氏に望むべくもありませんが、もし彼がその時の被災地の人々の不安の心の襞にまで踏み込んで描いたのなら、また違ったものになったことでしょう。

ところで、当時の情報や指示が政府から届かないような閉塞した状況で、もっともいい精神安定剤は計測と除染でした。

ひたすら測り、ひたすら除染する、この単調なくり返しの先になにか光明を見いだそうとした「被曝」地住民は大勢いたはずです。

今回の「美味しんぼ」騒ぎをみると、まだこんな3年前の私たちの時間で止まったきりの人がマスコミ界に多数のさばっていることに驚きを感じました。

まぁ、「美味しんぼ」の最終取材が2012年11月だそうですからね(苦笑)。

046

                   (写真 2011年。私たちの地域における測定作業の様子)

さて、「美味しんぼ」24号の中で山岡が、例によってオレはなんでも知ってるといったふうな顔で(←このエラソーそうな顔が大キライ)、「除染は汚染物質の移動でしかない」というようなバカなことを言っています。

なに言っているのか、山岡。除染のイロハも知らないのか。あたりまえじゃないか。

Photo_2

放射性物質は自然消滅するまで存在し続けます。だから、住宅地域や公共施設、道路から「移動」させて、人に対して無害化」させるのです。

そもそも放射性物質を移動して、人間活動から無害化させる作業を除染と呼ぶのです。

山岡が言うのは、「AはAだから意味がない」と言っている同義反復でしかなく、「山岡は山岡だから馬鹿だ」と言っているのと一緒です。

「だけだから」と言ってしまえば、もはや福島では何をしても無駄だから、何もしない方がいいのだということになります。

実際、荒木田氏は作中でそのような意味のことを発言しています。

2_2

                   (除染は無意味だと主張する荒木田氏) 

こんな短絡した理屈で「除染しても住めない」などと言ってほしくありません。

スピリッツ編集部は見解の中で、「事故直後に盛んになされた残留放射能や低線量被曝の議論が激減した」ことを、この「美味しんぼ」の掲載意義に挙げています。

そうではありません。放射線によって切断されたDNAが自己修復するように、「被曝」地住民の多くは、放射能と戦い、正しく理解したからです。

低線量被曝で障害があるかないかなどという神学論争にふけっている余裕はなく今後も長期に続く保健活動を地道に続けてひとつとつ不安の種を潰していく中で自信を取り戻していったのです。

政府が医療支援を打ち切るというなら本気で反対運動すればいいでしょうが、違うにかかわらず、徒に「鼻血が出たのは被曝したからだ」「除染は無駄だ」「福島には住めない」などと軽々しく騒ぐことはしないまでに放射能を知ってきたのです。

だから、未だ脳内ディストピアから抜け出せない一部自主避難者(特に避難地域と同額の補償を取る運動をする人達)に対して、「いいかげんに目覚めなさい。逃げる必要がないのに逃げて」という気持ちを抱いても当然のことです。

それをあたかもスピリッツ編集部のように、自主避難者や体調不良を訴える人たちに対する「差別」でもあるかのように描く神経がわかりません。

※関連記事http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-f2f9.html

Photo_4 

  (「ともかく福島には住むな」と主張する井戸川氏)

一方「美味んぼ」に出てくる人々に色濃く覆うのは精神的ニヒリズムです。彼らは後ろ向きなことしか話しません。

3年たった今でも、口を開けば「被害を受けた」「危ない」「住んではいけない」「逃げろ」などという負の感情だけを吐露し、その責任をすべて東電と政府にぶつけるだけで生きています。

これでは放射能とは戦えません。もし、放射能に勝ちたいのなら、自ら放射能の弱みを知り、どうやったら封じ込めるられるのかを問い、実践すべきなのです

福島県の農家は、除染をしつつ、自らのコメを一袋残らず計測したのです。もし彼らが井戸川氏や荒木田氏のようなネガティブな感情に支配されるだけの人達だったらとうに逃げ出していました。

Photo

上図は12年福島県産の全袋検査のものです。全量全袋検査は1000万検体以上に達していますが、その中で基準値(100Bq/kg)超えはわずか71袋、0.0007%でした。(図 福島県試より)

彼らは放射能禍に勝ったのです。

ここに二種類の人間のグループあります。恐怖に脅えたところまでは一緒でした。

それからが違いました。ひとつは自分の恐怖を他人で伝染させ声高にパニックを拡げることが「天命」たと思う人間たちであり、一方は黙々と目の前の脅威と正面から戦った人たちです。

どちらが人間としてまっとうな生き方なのかは言うまでもないでしょう。

|

« 原発事故で苦しんだ福島人をまた苦しめる権利はマスコミにはない | トップページ | 「美味しんぼ」 荒木田准教授は自然が放射能の天敵だと知らない »

原子力事故」カテゴリの記事

コメント

初めまして、OSATOと申します。
この度自ブログにて「美味しんぼ」騒動について書かせてもらいましたが、その中でこちらの記事を紹介させていただきました。↓
http://blog.goo.ne.jp/osato512/e/89708eb81c8232b78c179864e9bc7357
トラックバックがうまく送れなかった様なので、コメント欄にて失礼致します。

ブログいつも拝見しております。詳細な情報、私も参考にさせてもらっております。

投稿: OSATO | 2014年5月26日 (月) 00時13分

おっしゃるとおりだと思います。

投稿: | 2014年5月26日 (月) 23時17分

おっしゃるとおりだと思います。

投稿: | 2014年5月26日 (月) 23時17分

そのとおりだと思います。頑張ってください。

投稿: | 2014年5月27日 (火) 13時16分

美味しんぼの最終取材は2013年5月。原発取材は2013年4月。漫画にも書いてある。テキト-な事言ってんなよ!ニヒリズムとか山岡の顔がキライとかどうでもいい!鼻血の原因は粉塵と土砂ってどういう根拠?

投稿: | 2014年5月27日 (火) 16時03分

冷静な見解に感銘を受けました。
これまで何となくマスメディアの一部の見解、しかも曖昧で偏った情報をそうなのか…とただ受け取ってきましたが、福島の地で現実と正面から立ち向かい、戦い続けている方々の真実こそ、もっと多くの人に知って欲しいですし、私自身知っていきたいと思いました。
(発端となった今回の美味しんぼ騒動については、一辺倒の取材による自己見解の押し付け表現をよくは知らないなりに不快に感じていましたので…)
安全圏から言いたい放題の情報より、確固たる真実の声があることを教えていただきありがとうございました。
挙げ足とりしか出来ない人の意見など気にせず、現地の声をまた聞かせてください。

投稿: | 2014年5月27日 (火) 21時06分

↑自分でソースくらい調べたらどうですか?
あげあし取りがお上手ですね()
祖国にお帰りください。

投稿: | 2014年5月27日 (火) 21時27分

この騒動でよかった事はマスコミがどれだけ無責任かを周知させた事です。
福島に住む方の本当の生の声、ありがとうございました。

投稿: | 2014年5月28日 (水) 06時46分

祖国へお帰りください
などと突然病的な書き込みをした名無しさん。

2ちゃんねる等の、ほとんど何でも有りな掲示板ですらウザがられる哀れな人間だと自ら宣言してるようなもんですね。
実に哀れです。

なぜ一農家さんの個人ブログにそんなコメントをなさるのやら。
しばらくネット断ちなされては良いのでは?

ここはSNSではありませんよ。削除されないのが不思議なくらい。
ただの晒し者として残されているのかもしれませんが。

投稿: 山形 | 2014年5月28日 (水) 08時33分

消費者にとって、いわゆる「基準値」に意味はありません。それは安全の指標にはならないからです。福島産の米を出荷するなら、すべての袋に含有される放射性物質の量(測定限界値まで)を表示するべきです。それを安全と思うかどうか、買うか買わないかは、消費者の判断にまかせるべきでしょう。

投稿: うちだ | 2014年5月28日 (水) 10時59分

100bg/kgという以前は放射性破棄物扱いとしての基準を農産物を出荷させる基準に適用していること自体がおかしい。
微量に含まれるだけでも影響を与えることはチェルノブイリでわかっていること。
風評被害だとわめくのなら、セシウムだけでなくストロンチウムなどその他原発由来の各種を検査して検査結果の数値まで明記すべき。
そこからは、消費者が判断すればいい。
放射性物質検査済みなどというシールなんて無意味でしかない。
100bg/kgを下回ってるから大丈夫など未だ言う人ほど信用出来ない。
大丈夫だとか安全だとか言うならば検査結果を表示して消費者が判断出来る材料を提供すべきだと思う。
セシウム以外もね。
鼻血の件、関東を含めた汚染地域での被曝による鼻血はありえますよ。外部被曝が原因でないこともわかっています。
福島第一原発事故以前から分かっていることですが。
日本の医者は被曝に関して不勉強な人が多いから信用出来ないですけどね。
なんでも被曝と関連付けるのは問題ですが、関係ないと否定できるものでもなく現実にあり得ることも認識すべきです。
放射能に勝ち負けなどありません。
汚染地域で住み続けたいのなら、勝ち負けでなくN95以上のマスクをしたり、家の中に放射性物質は持ち込まない、こまめに拭き掃除する、定期的に非汚染地域に保養に出かけるなど出来るだけ防御するしかないのです。
関東も汚染が酷いので同様です。呼吸するだけで被曝するのですから他人事ではありません。

逃げるべきだと分かっているけど、住み続けている関東民より。

投稿: うちださんに同意 | 2014年5月29日 (木) 08時20分

うちだとやらとその追随者くん。ため息が出るほど3年間変わっていない人たちだね。もはやカルト宗教だよ。

微量でも危険だったら、定量的に言ってみてよ。
低線量被曝脅威派は「可能性がある」というLNT仮説の悪読みをしているだけで、疫学的にどこで何人「微量で」発症したのか展開していない。

唯一あるのは、被曝した牛乳を飲ましたことが原因の子供の甲状腺ガンですか。
あとは世界で支持する専門家が誰もいないバンダジェフスキーの説くらいだね。

全部仮説だろう。なんか確定したような書き方するなよ。

井戸川氏が騒いでいる鼻血は、自分で被曝が原因だ」と公言して、それを根拠に「福島には住めない。逃げろ」と言っているのだ。
言っているのはそちらの側だ。

それが専門医すべてにパーフェトトに否定されると、こんどはまた低線量がうんぬんに逃げ込むのかい。

便利だよな、低線量被曝脅威説は。万能だ。

今までずっとそうだった。食品汚染で基準値を作れば、ベラルーシが14年かけて作った食品基準値と比較するし、100ベクレルという基準自体、EUや米国基準より低いという国際比較もしてみない。

つまりここでも「微量でも危険」という低線量脅威説に逃げ込む。

ここに逃げ込めば万能だよ。なにせ、データもない、どの国の学会でも認められていない査読もされない仮説しかないし、ほんとうに発症しているのかどうかも極めてあいまいだ。だから言いたい放題だよ。

永久に証明されない脅威を言い募って、敵を作って攻撃しているだけだ、あんたらは!

関東が危険?あなたどこに住んでいるの。なら関西に言ったら、ただし放射線量は大阪のほうが東京より高いぜ(苦笑)。

全袋に線量を表示しろ?ねぼけるな。ゲルマニウム測定器に通すことでどれだけの時間とコストがかかると思っているんだ。

あんた方のカルト的恐怖になどかまっていられない。

なにも学んでいない。時間が止まっている。
そんなに住むのがイヤなら、雁屋を追って南半球にでも移住しなさい。
ただし、船でね。飛行機は被曝するよ(笑)。

投稿: 管理人 | 2014年5月29日 (木) 10時02分

> 全袋に線量を表示しろ

逆にそれができないから、3年間時が止まり続けているのだとは思いませんか? チェルノブイリでできたことがなぜ日本でできないのですか? 手間とお金がかかるから? 必要な費用は東電なり政府なりに請求すべきでしょう。日本中の国民が復興のために税金を余分に支払っているんです。どんどん使ってください。

これは別の話ですが、良心的な農家は、農薬の使用回数まで表示して作物を消費者に届けています。うちでは、多少高くても信用できる農家からの品物を買っています。

関東でふつうに福島産として売られている作物には、どういう基準で検査がされているのか明示されているわけではありません。わたしたちはなにを根拠に福島を信用すればいいのですか? 最低限の情報すらしめさずに、それを避ける人たちを風評被害だと非難するのは筋違いだと思いませんか?

まあ、いちばんわからないのは 福島の人たちが諸悪の根源である知事をおとなしくあの地位に据えていることですけどね。

投稿: うちだ | 2014年5月29日 (木) 10時50分

>うちだ様
2013/5/1の日本銀行
「福島県における農業の現状と課題」によりますと、
「最近における福島県の農作物の卸売数量をみると・・・全体としてみれば震災前とほぼ変わらぬ
水準にもどっている」
とありますので、「3年間時が止まり続けて」というのは全く勘違いです。
http://www3.boj.or.jp/fukushima/hoka/nougyou.pdf#search='%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C+%E8%BE%B2%E4%BD%9C%E7%89%A9+%E5%87%BA%E8%8D%B7'

福島県の農家も我々一般消費者にも時は普通に流れています。
過度な心配をして時を止めるのは無意味だと思いませんか?

投稿: ひでと | 2014年5月29日 (木) 13時14分

うちだとやら。明日の記事にしてこたえます。

投稿: 管理人 | 2014年5月29日 (木) 15時20分

我が家ではもともと、農薬について情報をしめしてくれる、ある業者を経由した野菜を購入していました。

原発の事故後、しばらくは、西日本の作物を選んで購入するようにしていましたが、検査態勢がととのったあとは、福島産であっても、その業者を信用して分け隔てなく購入しています。(その業者の検出限界値は放射性セシウム134、137および放射性ヨウ素の核種が概ね3ベクレル/kg)。シイタケなんかは、いまだに20ベクレルくらい出ていますが、うちでは許容範囲と判断しています。

しかし、スーパーに漠然とならんでいる福島産の野菜を購入する気にはなれません。茨城や千葉の野菜だって同じです。我が家は、農薬ができるだけ少ない作物をもとめたように、放射性物質ができるだけ少ない作物をもとめているだけです。その基準は人それぞれでしょう。これ以下は安全です、と他人に判断してもらう必要はありません。

風評被害が起こるとしたら、それは情報が足りないからであり、行政の情報隠蔽体質に問題があるのではないでしょうか。

人の健康に直結する食品を生産する以上、金がかかる手間がかかるというのは言い訳でしかありません。もともと農家にはなんの責任もないのですから、必要なものはしっかり請求してください。国民はそのためなら喜んで税金払いますよ。

くりかえしますが、安全かどうかを判断するのは、生産者でも行政でもなく、消費者だと思います。


あと、我が家は神奈川県ですが、ふつうにセシウムがふりそそいでいます。下水汚泥の焼却灰からは基準値を超える放射性物質が検出され、処分できずに山積みです。この保管費用も税金ですが、議員さんたちが東電に請求するべくがんばっています。

投稿: うちだ | 2014年5月29日 (木) 16時20分

あのねえ、
農薬の種類や使用回数なんて、日本じゃ厳格に管理されてるの。出荷先の会社や組合と各県レベルで。
何十年も前に使いすぎた反省で。
家庭菜園じゃあるまいし。
有機認証制度受けるには、さらにとんでもない手間がかかります。この辺は管理人さんが実際に経験しているから詳しい。

さて、食品の放射性物質も下水汚泥も100Bq基準なんて、どこから出した数値なんだか。
通常の埋め立てが出来なくなる汚泥は8000なんだが。また、食品の100といっても事故前は遥かに高かった訳だし、100でも「安心できない」という声で、流通業界が50以下に、うちは20以下に、いやうちはゼロを目指してます。などと泥縄式にやってるから余計に不安と混乱を煽ったわけです。
また、ベラルーシを持ち上げてるようですが、向こうの基準を知らないのが丸わかりですね。14年かけてあんなですよ。
しかもガン発症と言われてるのは、乳幼児期に1万Bqといった高い線量の時期にミルクから毎日摂取した世代。

ベラルーシにできるなら云々は論外。
日本は1年で世界基準より厳しいものになっています。
20~25以下という「基準」を付けているのは3Bqなんてのは、それなりの施設で長時間かけて厳密な測定やらないと無理もしくは背景などによる誤差だからです。また、ベラルーシでは全部計って出荷しているわけではない。汚染の大きかったゴメリ州などで街の公民館のようなところで、消費者が持ち込んだものを計ってくれるものです。しかもそんな精細なものではない。無料の「べくみる」があるというだけ。

で、政府と東電ガーとくるわけですが…それこそ最も被害を受け疑心暗鬼になってるのは現地の人たち。
ただ、そこで止まっていても何も変わりません。
だから皆、血の滲む思い出やっているのです。

投稿: 山形 | 2014年5月29日 (木) 17時24分

>うちださま

福島産の物を分け隔てなくご購入されているとのこと
ありがたく思います。
しかし 金がかかる手間がかかるというのは言い訳と書かれていますが 検査にかかっているうちに 鮮度が落ちてしまう もしくは育ちすぎてしまう野菜にはすべてを検査することなどできないというのは おわかりではないでしょうか? 

信頼されている業者さんだとて同じこと すべてを検査しているわけではありません。
市場に出荷されている農家さんは 農薬の使用履歴などあたりまえに書いてますし 残留農薬の検査もされています。(すべてされているわけではないですが)
使用自体がいやなら 有機野菜を取り扱う業者を選べばいいだけのことです。

さらに 福島県産のものには放射能検査までされています。
不思議なのは 西日本のものなら大丈夫と思っていることです。 なぜですか?  全量検査していないのに?
やったとしても 検査結果はNDでしょうが 福島産のNDとどこが違うのでしょうか?

数値ではない 気持ちの違い それが「風評被害」だと
私は思います。

投稿: みずほ | 2014年5月29日 (木) 17時32分

うちださん。とその同調者さん。

「安心」は人に言われるものではない。はいその通りです。
そんなに嫌なら買わなければいいだけのことです。

同様に、他の人間の「安全・安心」も違いますよね。わざわざ農家個人様のブログまでやってきてブーメラン遊びや行政批判とは、ずいぶんお暇なようで。

まあ、とにかく福島や周辺では可能なかぎり計測を行い公表してるんですが…。農家は何とかして信頼を得ようと必死に戦い続けています。

投稿: 山形 | 2014年5月29日 (木) 17時42分

農薬云々を言えば、自分の畑だけではありませんからね。
隣の畑からの飛散もありますし、
私の地元でもある野菜には使用出来ない農薬が、隣の畑から飛散して検出されて、その農家だけでなく産地全体がその農薬の残留期間出荷停止になったりした過去があります。
誰の責任でもないのてすが、(まぁ、隣の畑の農家さんが飛散対策してたら、というのはありますが)市場は非情ですから…

投稿: 種子 | 2014年5月29日 (木) 19時48分

「人の健康~請求して下さい」の部分と「くりかえし~思います」の部分を読んでいて、正直、この人は幸せな人だと思いました。長く続いたデフレの時代に、世の奥様方が一円でも安い特売を探して東奔西走していたのは皆が知っていることではありませんか?生産物にかかるコストを、丸々、販売価格に転換してしまえば。売れなくなるのは自明の理では?消費者が判断するのは、安全ではなくて安心では?それも、自分自身が信じることが出来る安心。つまり絶対多数(統計的有意)ではなくて個人的な満足。安全と安心は決して=ではありません。結局、主張されていること全て単に自己満足でしかないのでは?自己満足を他の人々無理強いしているだけだは?

投稿: 一宮崎人 | 2014年5月29日 (木) 23時09分

サヨクや放射脳の奇行は嘲笑されて然るべきですが、鼻血ネタの題材にされているフクシマ人にも「国家と東電に踏みにじられた被害者であり続けたい」という願望があるように思えます。裏ではサヨクと結託して賠償金を吊り上げようと画策しているのでは、と勘ぐってしまいます。あるいは放射能に汚染された原爆野菜を日本中にばら撒いて日本人を道連れにしようとしているのか、と。


私は原発の破損に対する国や東電に対する不信とは別の意味で、フクシマ人に対しても不信感を抱いています。個人的な感想の「鼻血ブーした、しない」ではなく、嘘偽りの無いフクシマの現状を知りたいのです。
フクシマ人が己の腹の中を曝け出さない限り、「フクシマ(福島では無く)」への不信感は消えません。

投稿: | 2014年5月30日 (金) 08時01分

名無しさん。

ものすごい暴言ですね。
あなたの邪推と妄想はいい加減にして下さいな。

そんなことはフクシマの住民ですら無く、仕事もせずに議会全会一致でクビになった、井戸田前双葉町長に言ってやってください。彼は実際にそうやって補償金をふんだくると宣言してますから。

投稿: 山形 | 2014年5月30日 (金) 08時50分

失礼、途中で投稿クリックしてしまいました。

名無しさんねえ、そんなに現地の声が聞きたいなら、「日本中を道連れに」云々と書く前に、自分で現地長期取材でもなさるしかないのでは?

中にはもちろん井戸田氏のような不届きな考えを持つ一部の者や、長期の避難生活で諦めの境地に入ってしまった方々もいることでしょうが…。

あなたの言い種は、絶対に容認できません。
すでに何人の農家が首を吊ったと思っているのですか。
必死で故郷を取り戻そうと奮闘を続ける多くの方々への冒涜であり、あまりにも酷い誹謗中傷です。

投稿: 山形 | 2014年5月30日 (金) 09時04分

>そんなに現地の声が聞きたいなら、「日本中を道連れに」云々と書く前に、自分で現地長期取材でもなさるしかないのでは?


先の地震から今日まで約三年の月日が流れましたが、その間にフクシマ人が福島県の安全性を訴えてきましたか?逆に「黒い雨が降った」「吐血をした」などとデマを流して日本中を混乱させ続けた姿しか見ていませんが。
被害者であることを演じるためにサヨクや放射脳を煽ってデマを拡散し、福島県の復興を妨害する被爆フクシマ人の肩を持つ気にはなれませんね。

>すでに何人の農家が首を吊ったと思っているのですか。


日本中に原爆野菜をばら撒いている核テロリストなど死んでくれて結構です。連中の悪行は日本中の農業従事者への侮辱であり、日本人の安全を脅かす脅威ですから。


>必死で故郷を取り戻そうと奮闘を続ける多くの方々


「フクシマにはもう人は住めない」「除染には意味が無い」これが故郷を取り戻そうとする人間の言葉ですか?私には福島県を放棄しているようにしか読めませんが。
「汚染地域から逃げる勇気が必要」と言うのであれば、今すぐ日本から出て行って中国の核実験場にでも移住すればいいんです。サヨクに同調するフクシマ被爆者からすれば、中国の核はきれいな核でしょうからw

投稿: | 2014年5月30日 (金) 16時46分

>投稿: | 2014年5月30日 (金) 16時46分

>その間にフクシマ人が福島県の安全性を訴えてきましたか?逆に「黒い雨が降った」「吐血をした」などとデマを流して日本中を混乱させ続けた姿しか見ていませんが。

デマを流すのは、正体を隠した方が多いようです。
上のデマを流した人たちは、匿名のネットの住人ですね。
そう、あなたの様に。

投稿: ひでと | 2014年5月30日 (金) 16時56分

名無しさんよ。

あいかわらず、話がめちゃくちゃだな。
だからそんなことはサヨクやテロリストに言ってやれ。

なんでもかんでもいっしょにして、都合の良い話を作り上げても仕方ないだろうに。
くだらないヤツだ。

投稿: 山形 | 2014年5月30日 (金) 21時06分

こんばんは。
しかし、よく荒れるブログですね。
本日の名無しさんは、ほっときましょう。
delicious
反原発でもバックスクリーン三連発でも何でも構いませんが、こんな言説が市民権を得るはずがないです(もっとも諸々見ているとそうでもなさそうなところが怖いのだが)。
問答無用に侮辱、中傷と断じて構いませんし、まともな言論として尊重される下地もないです。

ところで山形さん、井戸田さんだとスピードワゴンのツッコミ担当ですよ。
正しくは、井戸川さんですね。

投稿: こまQ | 2014年5月30日 (金) 22時49分

あははっ、失礼(^_^;)

こまQさん、そうでした。しかも何度も間違ってた。
井戸川前双葉町長ですね。

脱線しますが、スピードワゴンの井戸田には、たまたま旅行先で会って言葉を交わしたことがありますが、芸能界での結婚~離婚などありましたが、実に好印象な青年でしたよ。

管理人さん、脱線失礼m(__)m

投稿: 山形 | 2014年5月31日 (土) 06時34分

仰るとおりだと思います。

勿論、放射線の影響や問題は山積みです。

しかし、原発に限らず、ネガティブに煽る
雁屋氏やこの手の方々は、問題提起としては
良いのですが、提起だけして煽り金儲けしてる
人と似ているように感じます。

できれば、良い方策がないのか
改善策や、抑える方法はないのか
また、その地域の自分の主張に沿った方だけを
取材するのではなく、それでも尚そこに残り
ポジティブに「どうやっていくか」と生きていく
人達も取材して、将来を見据えて物を書いて欲しいですね。

ご都合的に「いやフィクションも含んでる漫画だ」と言わんばかりで
逆に、問うた人達は悪人に描く。過去の美味しんぼもそうでした。
主張に沿わないのは、論理的でないただ怒ってる阿呆として描く。

除染(移動)が無駄なのか、やらないよりはお金をかけてでもやった方が良いのか
色々そういった視野で見てみたいですね。

投稿: | 2014年10月 5日 (日) 14時27分

除染無意味論より除染不可能論の方が多くないかな
この言葉は除染に携わる人間のやる気を削ぐきもするけど、除染費用の中抜きに比べればたいした問題じゃないよね

投稿: | 2015年2月19日 (木) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故で苦しんだ福島人をまた苦しめる権利はマスコミにはない | トップページ | 「美味しんぼ」 荒木田准教授は自然が放射能の天敵だと知らない »