« 哀れ、翁長知事! | トップページ | 「基地反対」か「基地建設推進」ではわからない »

沖縄民族主義vsヤマト民族主義の対立構図を煽る人々

107
数年前から、本土の世論の中に「嫌沖論」が生れてきています。 

「嫌沖論」・・・実にいやな響きです。沖縄を中韓と同列に並べ、「もうお前らの恨み節は聞き飽きた、自分らを異民族だと言うなら、こちらも同胞だとは思いたくない、中国にでもなんでも行って自治区にでもなればいい」・・・、そういう発想です。

流行りの嫌韓論のコリアのポジションを、沖縄に代挿したものだと思えばいいでしょう。 

ニュアンスには、理屈抜きの皮膚感覚的な嫌悪感が込められています。正直に言って、ここまできたのかと嘆息しました。

私は大変に嫌いですが、この「嫌沖論」が生れた発端は、はっきりしています。 

鳩山氏が蒸し返した例の普天間基地の「国外・最低でも県外」発言から始った、沖縄と本土の大きな断絶感です。 

沖縄県民は本気でその方法があると信じました。その「信じる」熱量の高さに、本土の人間は驚き、そして違和感すら覚えました。

なぜなら、それは既に14年間もかけて実証済みのことであって、鳩山氏が今さらのように言い出した「国外・最低でも県外」などという虫のいい「解決」など、この世にないことを多くの人は分かっていたからです。 

まず、テーマは「普天間基地の危険性の除去」にあったはずでした。これについて、本土の人間は、一も二もなく諸手を上げて賛成しました。 

当然だろう、当然すぎるほど当然の要求だと応援したのです。

しかし、普天間を除去すれば、辺野古が残る、そういう小学校算数のような設問に、鳩山氏は一年以上もかけたあげく、当然の如く失敗し、問題を投げ出しました。 

しかしやっかいなことには、鳩山氏の無責任の極みのただの思いつきによって生れた、沖縄県民の「熱」だけは残ってしまったのです。 

C77445bfa81bd684b8f158921698f8d2(写真 知念ウシ氏。ペンネームのウシは琉球王朝の頃の名。近代においても、その名残でカマドやウシ、ナベなどという雑器や家畜の名称を、女性がつけられていた。女性蔑視の匂いがする。知念氏は知ってつけたのか?衣装と髪形は琉装。これもいまではほぼ残っていない

たとえば沖縄の若い世代の論者としてひんぱんに登場する知念ウシ氏などは、こう述べています。 

「鳩山氏は多くの人の心の中にあったものを政策にしたが、日本人はそれを支えなかった。だれが沖縄に基地を押しつけているのかが見えたのです」
(朝日新聞2012年5月10日)
 

「本土人は、鳩山氏の理想主義的政策を助けなかったではないか。沖縄の基地を引き受けなかったではないか、ならばお前ら本土人は、沖縄人を差別しているんだ」、そう彼女は言いたいようです。 

そして彼女は、これをただの「差別」ではなく、「構造的差別」だと位置づけています。ただの差別とどう違うのでしょうか。

この「構造的」というのは、特に何かがあって差別があるのではなく、いつもいつも日常的に、あんたが本土人で、自分が沖縄人な以上「構造的」として差別があるんだという意味です。

スゴイですね。本土人は何もしなくても、差別意識を持とうが持つまいが、本土人というだけで「差別者」にされてしまっています。

「差別がある以上、差別する側とされる側を分けざるを得ません」(同)

この言い方は、よく解同などが使う論理ですが、差別者と被差別者の間には大きく高い壁があって、ぜったいに交わることがない。永遠にその立場は変わることがない、という意味です。

恐ろしいほどに非和解的です。彼女に何があったかしりませんが、ここまで憎まれれば本望です。

そして「日米安保が必要なのは日本人だ。私たち沖縄人ではない。基地を置くのは差別なのだ」と言っています。 

ここで知念氏が、意識的に自らのことを「沖縄人」と呼び、そして本土人を「日本人」と呼んでいることに注意してください。 

もはや、沖縄県民と本土人は異人種なのだ、と言いたいのです。いうまでもなく、言語体系、DNA系統において、沖縄県民と私たち本土人はまったく同民族です。

方言で本土のことを「ヤマト」と呼びます。その直訳は「日本」ですが、知念氏はそれを意識的に、異民族にまで増幅して使っています。 

さらに、朝日新聞(2012年5月10日)には、「沖縄人は豚ですか?」という記事が載りました。 

Asahi051012_1v2
この女性は、沖縄県民自らを「豚」に例えて、「『豚』が人間になれるわけがない。ほんとうは差別されているんだよ」と語っています。 

この芝居の主催者である比嘉陽花氏は、特に本土人が沖縄県民を「豚」呼ばわりする差別事件が起きたから「豚」だと言っているのではなく、沖縄県民が日常的に本土から「豚」扱いされる被差別者だから「豚」なんだ、と言っています。 

私を含めた本土人が今でも強い贖罪感を持っている沖縄戦や、その後の米国統治、そして1975年の復帰時には、生れてすらいなかった比嘉氏や知念氏などの若い世代が、こんなことを言うことに、私はへこみました。

あ、この人たちは「復帰ではない」と言っていますので、参ったね(苦笑)。

大阪の雑踏で、読者である「日本人」をにらみ据える比嘉氏の写真は、全身で「日本」を拒否しているようにすら見えます。

事実、知念氏は 池澤夏樹氏のような気のいい沖縄シンパまで一括して、「植民地主義支配の上で遊んでいる差別者」とレッテルを貼って沖縄から追放しようとします。

実際、池澤氏は彼女との対談に強い衝撃を受けて、本土に帰ってしまいました。

このような沖縄と本土を、あたかも異民族紛争のように捉えて、その原因を基地問題にあるとするのが朝日です。大手紙としての常識を疑います。

朝日は気楽に、いつものどおりの反基地闘争を応援するていどだったのでしょうが、これは、今に続く影響を残します。それが、沖縄民族主義の台頭です。 

朝日にお墨付きをもらったと考えたのか、沖縄地元2紙にも「基地は差別」という主張が踊り、沖縄の政治家も堂々と「日本政府」とあたかも外国政府のような呼び方をあたりまえにするようになります。 

稲嶺名護市長は、当選そうそうに「日本政府」と呼びましたし、翁長知事も堂々とそう呼んでいます。

この、まるで沖縄県民が日本人ではないかのような表現は、今や基地反対派の普通の表現にすらなってしまいました。

これを聞いた本土人は、これが沖縄県民が「日本人をやめました」と宣言しているように理解するようになりました。 

私たち本土人は、沖縄を「沖縄人」と呼んだことはなかったし、ましてや「豚」だなどと呼ぶ本土人がいたら、連れて来てほしいものです。 殴ってやりたい。

苛烈な沖縄戦に胸を痛め、復帰に際してはわがことのように喜びました。 

「お帰り、そして本当にすまなかった。つらかっただろう、沖縄の人達」、そういう素朴な感情をもって、沖縄県民を見ていたはずです。

ところで、私は、本島中部といい勝負の、神奈川県厚木基地の真横で育ちました。小学生時代の「秘密基地」は、基地のフェンスの穴から入った、米軍機のスクラップでした。 

ペイデイ(給料日)の後には、街には娼婦たちがうろつき、酔った米兵がドルをバラ撒いていたことを記憶しています。米軍機が近くに墜落したこともありました。

知念さんや比嘉さんにお聞きしたい。この私と「オキナワの少年」はどこが違うのですか。

あなた方は、自分たちの経験だけを唯一至上のものにして、「日本でこんな経験をしたのは沖縄だけだ」と盲信しているのではありませんか。 

その上、厚木基地は、仮に沖縄にあるすべての基地が撤去された後も、米国の世界戦略の重要な要として残りつづけることでしょう。 

ならば、私は「豚」扱いされて「構造的差別」とやらに苦しむ「神奈川人」なのですか? 

知念さんは、ある時本土の大学教授に、こう言ったそうです。 

「基地を持って帰ってくれますか」 

いえ、とっくに「持って帰って」います。本土で引き受けられる基地は引き受けています。

どうしても沖縄でなければ機能しない基地だけお願いしているのです。その負担の重さもよく理解しています。

だからその償いとして、累積10兆円、毎年3000億円の一括交付金をお渡ししているのです。いうまでも、全国で特出した交付金額です。

そして基地縮小も遅い足どりなのは申し訳ありませんが、継続しています。訓練も一部は本土でやるように努力しています。

信じがたいことですが、知念さんは、そんなことを知らないのです。

この人たちの抗議の対象は、常に「日本」であり、共に苦しんでいるはずの本土の基地周辺住民などは眼中にありません。 

そして自分たちの体験だけを至上として、排他的な沖縄民族主義を煽って、ただそれを「日本」にぶつけているだけです。 

普天間移設問題は、基地問題として解決しない限り、知念氏のいう「構造的差別」は解決しません。 

それを、「植民地主義支配」にまで拡大解釈してしまうのが、本土の人間だというのも何かの悪い冗談のようです。

1209461073

「沖縄民族主義」の宣伝家である、野村浩也広島修道大学教授は、こう述べています。 

「日本人は、右から左まですべて、在日米軍基地の負担 を沖縄に押しつけることによる利害を共有しているのだ。この利益を守るために、もっと悪質な植民地主義言説こそ、沖縄から日本への米軍移転に反対するものではないのか」
(部落解放同盟『部落解放』2002年9月号)

発表媒体が、解同という札つきの職業的差別糾弾団体であることに留意してください。この団体は、共産党さえもう消滅したといっている「被差別部落」が今でも、いや来世紀にも残り続けていると主張する集団です。

なんのためにですって。もちろん利権に決まっています。

解同はどうでもいいや。野村氏は、こう続けます。

「ウチナーンチュは『方言』って平気で言っている。沖縄の言葉は劣等な言語である、日本語よりも下位に位置づけられている劣等な言語である、と」(同)

沖縄県民から言われるならまだ我慢しますが、同じ本土人、しかも基地周辺住民の経験もないのほほんと暮らしてきた人物にこんな言われ方をすると、心底うんざりします。

なにが「植民地支配」ですか。よく言う。

まさに事実誤認だらけです。仮に、薩摩藩による琉球侵攻を植民地支配と呼ぶならまだしも、それははるか400年前のことです。いったいそれからどれだけの時間がたっているのでしょうか。

この人たちは、「第2次琉球処分」以降の近代沖縄の歴史も、まるで暗黒の皇民化の歴史のように描きますが、出来たばかりの国民国家として、共に初等教育や、交通・通信インフラを作りだしたことを忘れ去っています。

琉球王国には初等教育という概念すら不在で、交通・通信インフラはないに等しく。農地は王家のもので、農民には私有地すらありませんでした。農民は事実上、農奴でした。

このような王家は、幕末の激動に耐えられるはずもなく、旧宗主国の中華帝国に助けを呼びにいくという醜態を見せます。

「琉球処分」というと何か大悲劇のように感じますが、全国どこにでもあった廃藩置県の一コマにすぎません。

奥羽越列藩同盟に参加した東北・北陸諸藩などは、はるか彼方の苛烈な僻地にまで追いやられた悲劇を経験しました。

琉球王国のケースは、これと較べればはるかに宥和的対応だと言えます。

全国どこの藩も一律に消滅したわけですが、それをいちいち「「紀伊処分」とか「水戸処分」などと呼ばないだけです。

野村氏が問題とする「方言札」も、よく沖縄では差別の象徴のように言われていますが、東北や九州にも存在しました。

沖縄の近代以前の支配者だった鹿児島などは、鹿児島人自らが作った明治政府によって沖縄並の標準語教育がなされています。

つまり、沖縄民族主義者がいう「皇民化」とは、国民国家を作るための中央集権化のプロセスにつきものの全国どこにでもあった現象にすぎないのです。

この歴史を見る眼においても、沖縄民族主義者は、自分たちの歴史を、唯一至上のものに祭り上げています。

もしそれを行なわなかったら、日本は帝国主義の時代に、各地方がそれぞれバラバラなったままで亡国を迎えたというだけです。

近代の歴史は、どの国にも必ず明と暗があります。

その両義性を認識しないで、暗黒面のみを徒らに強調するような、「植民地主義」論者は、濃厚にマルクス主義者の影響を受けています。

知念氏や野村氏の意見を新鮮だと、朝日は思っているようですが、私から見ればありきたりの陳腐なマルクス主義歴史観を、新しい包装紙で包んだだけのものにすぎません。

むしろ、今、それは大変に危険な言説となっています。

沖縄民族主義者のように、冷静に歴史や状況を見ないで、感情的に沖縄ナショナリズムを煽ればどうなるでしょうか。彼らはこうアジっているのです。

「恨みは忘れない。なにもかも日本が悪い。言葉を奪われ、基地を押しつけられた植民地だ。日本人は本土に基地と一緒に帰れ!癒されなんかにくるな!」

たしかにコリアに酷似しています。こんなことを大きな声で言い続ければ、とうぜん本土の強い反発を招きます。それが「嫌沖論」です。

長くなりましたので、次回に続けます。

|

« 哀れ、翁長知事! | トップページ | 「基地反対」か「基地建設推進」ではわからない »

沖縄問題」カテゴリの記事

コメント

今は本土で働いてる県出身者です。
ギリギリ若者というカテゴリーに入るでしょうか。
いつも興味深く拝見しています。

本土にいて、沖縄に対する差別は確かに感じた事はあります。
けれどそれは田舎者という意味とさほど変わらないものだと思っています。

沖縄から離れて感じたのは、沖縄ほど井の中の蛙状態な県はないな、ということです。
沖縄が変わらなければいけないのでは?
特に若者が。
でもどうやったら変われるのかがわかりません。
沖縄にいたら何にもわからないのかな?としか思えないので…。

投稿: 微妙な若者 | 2015年4月 1日 (水) 13時19分

微妙な若者さん。

ウチらなんか田舎モンの代表(苦笑)、雪深き「おしん」の国。
テレビでも散々バカにされてきましたが、「ひでーなぁ」とはニヤニヤしながら思いつつも別に『差別されたー!』なんて思ったことはありません。
私たちは日本人です。沖縄も含めて連邦制でもなく、もちろん独立国でもありません。


差別ゴロの解同は論外として、この知念氏や比嘉氏は何を言いたいのやら。
自ら豚を名乗る?それが差別だぁ!とな。
はっきり言います。頭大丈夫か?
知念さんなんか、20年前から沖縄の負担軽減として、無駄もいいところの財政出動して本土への訓練移転までやってきたことすら知らないのではないかと。

当時、某大学キャンパス内で散歩してたら…左翼学生のガキが反対署名集めにやってきまして、
「あ、オレは沖縄の負担軽減のために大賛成だから」とお断りしたら
「米軍が来るんですよ!いいんですか?」
「仕方ないだろ。問題があるとしたら、税金の無駄な点だけだ」
「だから、日米安保など粉砕すべきだ!ちがいますか!」
「あー、はいはい。じゃあちゃんと法改正して筋を通してからいらっしゃいな(笑)」
と、追い返しました。

宮城県大和町の中心地にいると、夜にはかなり離れた山間部の王城寺原演習場からドーンと榴弾砲の音が響いてきます。
ま、カミナリか?くらいにしか感じないけど。

投稿: 山形 | 2015年4月 1日 (水) 16時08分

「微妙な若者」さん。戦前から戦後のある時期まで、差別はなかったとは言いません。しかし、70年代以降ほぼ完全に消滅したと言い切れます。

特に安室やスピード、ダパンプが活躍する時期以降は、むしろタレントの宝庫、美男美女の宝庫として他県から羨望の眼差しを持って眺められています。

井の中の蛙は、どの県も一緒です。うちの茨城県だって似たようなものです(笑)。うちの村の若いのは、水戸ナンバーを納豆ナンバーと他県から馬鹿にされたと言って悔しがっていますが、こんなのは差別じゃないよね。

記事の中の大阪の比嘉さんなんかが「なじめない」って言ってたけど、そんなのは大都市に来た地方の若者は全員そう。
それを「構造的差別だ」「植民地だ」なんて、妙な理屈をこねるからおかしくなる。

沖縄は、不運にも今や死滅しつつある左翼インテリが最後の砦としてわらわらとやって来る所になってしまって、それでおかしくしてしまいました。

そのために今や「沖縄人」という、フツーだったら単なる郷土愛を、民族にまで持ち上げてしまいました。
これではかえって差別されちゃいますよ。

あの人たち、本土に行っている若い沖縄県民のこと、ちっとも考えていません。ジコチューもいいところです。
そんなこと言えるのは、本土インテリにチヤホヤされてて、県内から出ない物書きだからにすぎないのにね。

僕らだって「茨城人」という場合がありますが、別に異人種じゃないよね。それとあなた方沖縄県民は一緒です。お互い田舎モンだ、文句あっか。

元気にガンバっていって下さい。応援してます。

投稿: 管理人 | 2015年4月 1日 (水) 16時22分

>「嫌沖論」
自分は沖縄を中韓のように嫌いではないけれど、
最近は「諦韓」という言葉もあるようで、
そんな思いに近いです。

ここで勉強すればするほど、
なるようにしかならない、と言うか。

彼等活動家も、いよいよ中国自治区化が現実味を帯びてくれば、食いっぱぐれや口封じを恐れて尻込みするだろう、と想像できます。

当面は菅官房長官の駆け引きに期待します。

投稿: プー | 2015年4月 1日 (水) 17時42分

沖縄や奄美にはそれぞれ振興資金があるのになんで同じ南西諸島の種子島には振興資金が無いんだ。鹿児島本土すら降灰対策事業資金なんてのがあるのに差別じゃないか。
とかつて思った事があります(苦笑)
まぁ、種子島は結果的に占領されることもなかったし、降灰に困ることも無いので仕方ないですね。
ロケット発射場も、計画当時日本が、支配していた最南端だっただけで種子島に作られたようです。
「ロケットを飛ばせると言うことはミサイルを打てるって事だ、戦争になったら最初に攻撃されるから反対だ」なんて言う人も居たようですが(笑)
何処に住んでいようと僻みや嫉みは起こりますから、気にしない様にはしてます

投稿: 種子 | 2015年4月 1日 (水) 18時25分

管理人様、山形様、コメントありがとうございました。
すみません忙しくてなかなかネットを見れずにいましたが、他の皆様のコメントも興味深く拝見させて頂きました。

本当に皆様おっしゃるように、今日までは特別な差別なんて感じた事はありません。「冬も半袖?泳ぐの?電車ないの?」等はよく聞かれますが。笑。
そして私も自分は沖縄人だなとは思いますが、その前に日本人だと思ってます。

でもこれからどうなるのか気にはなります。
翁長知事や沖縄の無茶苦茶な主張は嫌沖に繋がっていくのではと思うので…。

でももし、今後本土で何か言われたとしても、沖縄人として説明したいと思います。
今の現状は決して沖縄の民意でも総意でもないと思っているからです。

皆様、ありがとうございました。これからも頑張ります。

投稿: 微妙な若者 | 2015年4月 8日 (水) 18時42分

今、私自身 嫌沖と聞いてゾッとしています。何処かの国同様、聞く耳持たず 千年経っても許さ無い国と同様に、沖縄を嫌う空気が生まれつつある事に。
他府県の皆さん、豚扱いされているとか琉球独立とか、日当を貰い 辺野古ゲート前で騒いでいる人達が、ほんの一部の人達だと言う事を理解してほしい。地元 二大新聞は去る大戦を経験したおじー おばー達の、純粋な平和への気持ちを 最大限に利用し 毎日の様に辺野古移設=戦争に結び付ける論調 を大きく報じる。翁長さん 彼らは辺野古だけで無く、日米安保破棄・自衛隊反対を叫んでいる連中ですよ どうすんの

投稿: 宜野湾市民 | 2015年5月 5日 (火) 11時35分

本土復帰前からコツコツ集めてきた、壺屋焼きや紅型、沖縄ガラス。すべて処分しました。未だにやめられないのは山羊汁と泡盛。沖縄は庶民デベルで変わって来ています。行く度に不愉快な思いをさせられることが多くなり、もう3年、行ってません。沖縄メデア、沖縄の政治屋ども。そして教職員たちの反日憎悪、悲しいです。すごく辛いです。大好きだった日出克さんのミルクムナリも滅多に聴かなくなりました。

投稿: | 2015年7月 3日 (金) 11時28分

名無しさん。そのお気持ちは痛いくらいにわかります。
私も、島に通いだして40年、とうとう島に帰農してしまい、そしてまた島から去ってから30年。
それからも何度か行っていますが、毎回失望は深くなる一方です。

特にこの数年、島の知識人たちが「沖縄差別」なる解同譲りの左翼用語で、自己規定を始めた時から、私も貴兄と似た心情にいくどとなくなりました。

断言できますが、こんな本土人をすべて悪玉にするがごとき表現は、彼らの頭上に戻っていくと思います。

彼らは気がついていないようですが、この数年本土では深く静かに沖縄を嫌悪する感情が多数派になりつつあります。
どこに「自分は豚だ。沖縄人だから豚だ。お前らは汚い差別者なんだ」と言われて平然とできる本土人がいるでしょうか。
沖縄人に県民感情があれば、本土人にも県民感情があるのですから。

私はそれを恐れます。いつか必ず、感情的ナショナリズムの対立に発展していきかねないないと思っています。

微力なブログですが、これを書いている意味はそこにあります。

そして私が住んでいたころと変わらず、大部分のシマンチュウが、このような「差別」などという、使い勝手のいい幻惑的な言葉に騙されていないと信じております。


投稿: 管理人 | 2015年7月 3日 (金) 17時22分

沖縄出身者です。
嫌沖感が強まることをとても懸念します。
政府の説明は
①普天間基地の危険性排除
②中国の脅威に対する抑止力
この2点に集約され
なぜ辺野古なのか、なぜ県外移設が不可能なのか示されません。
説明できるのは「地理的決定論」となりますが、これは否定されているという意見もあり、政府が理由に挙げないところをみると根拠になりにくいとも思われます。

「本土で引き受けられる基地は引き受けています。
どうしても沖縄でなければ機能しない基地だけお願いしているのです。」
の根拠をご教示いただけるとありがたいです。
本土に基地があることも理解していますが、これでは沖縄への基地の偏りを説明できません。

投稿: ある沖縄人 | 2015年9月23日 (水) 14時55分

すみません。
コメント書いた後で過去の記事を見ています。
答えは過去の記事の中にありそうですね。
しかしすごい情報量ですね・・後でゆっくりと読ませていただきます。

投稿: ある沖縄人 | 2015年9月23日 (水) 15時36分

ある沖縄人さん。コメントありがとうございます。私もいちばん心配しているのは、いま本土で芽生えかかっている「嫌沖感情」です。なんとか避けたいと書いてきています。

記事のほうでお答えします。

投稿: 管理人 | 2015年9月24日 (木) 02時27分

早速取り上げていただきありがとうございます。
私も仕事で調べ物をして文章を書くことがあるのですが、これらの記事を書く労力、時間は大変なものと推察します。
いろいろ煩わせてもうしわけありませんが、勉強させていただきます。

投稿: ある沖縄人 | 2015年9月24日 (木) 22時06分

はじめまして。最近このブログを知ったものです。古い記事にコメントで申し訳ありません。

管理人さんほか少なからぬ方が懸念される「嫌沖」ですが、もはや「恐沖」「反沖」の段階に入ってしまっている人も少なくないと思います。

私自身も沖縄復帰直後の1972年の那覇市による自衛隊員とその家族に対する住民登録拒否以来、沖縄、中でも那覇市に対するわだかまりが解けません。実際に訪沖した際も、基地のある宜野湾では特別なものを感じなかったのですが、那覇市内では本土人に対する拒否的な視線をあちこちで感じて一層沖縄が恐くなってしまい、「日本は多民族国家なのだ」という左翼が使う言説を実感してしまいました。その上、沖縄は台湾よりも外国のようだという印象を持って帰ってしまいました。

そこにあれだけの得票率で選ばれた県知事に「基地は先住民に対する権利侵害だ」というアピールをされては、「沖縄県は政府に対し独立運動を仕掛けるというブラフを掛けてきたのか」と身構えてしまいます。

今後の動向が非常に気になりますが、朝日新聞と在沖2紙は不安を煽る記事しか出さないため、今後も貴ブログを参考にさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

投稿: 一川崎市民 | 2015年9月28日 (月) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 哀れ、翁長知事! | トップページ | 「基地反対」か「基地建設推進」ではわからない »