« 日曜雑感 中国には統一戦略なんかないのかもしれない | トップページ | ギリシャに残された3ツの選択肢 »

速報 軍艦島世界遺産登録 第2の河野談話の誕生

016
韓国が凱歌を上げています。

「【ソウル=藤本欣也】韓国メディアは5日、「日本、強制労働を認定」(聯合ニュース)と報道するなど、韓国政府としては今回、歴史問題で譲歩しない姿勢を国内向けに強くアピールできたと考えている。
尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は同日、「『歴史的事実はそのまま反映されなければならない』という原則を貫徹し、韓日両国が大きな対立を避けて対話により問題を解決できた」などと成果を挙げた。」(産経7月6日)

Img15322_15070605kangaishou

「日韓の調整で最後までもめたのは、施設の一部で戦時中に朝鮮半島出身者の「強制労働」が行われたことを韓国が明確にしようとした点だ。5日の登録決定を受けた演説で、日本の佐藤地ユネスコ代表部大使は「日本が徴用政策を実施していたことについて理解できるような措置を講じる」と述べ、韓国側の主張に一定の配慮を示した」(時事7月6日) 

「世界遺産への登録が決まったあと、日本の佐藤地ユネスコ大使は『1940年代に一部の施設で大勢の朝鮮半島の人々などが意に反して厳しい環境下で労働を強いられた』としたうえで、『この犠牲者のことを忘れないようにする情報センターの設置など、適切な措置を取る用意がある』と述べました」(NHK7月6日 太字引用者)

今回の徴用工に対する表現は、またもや「意に反して強いられた」です。

かつて河野談話において不用意に使った「意に反して」という文言で、政府が「広義の強制連行」を認めてしまったのとまったく同じ文言です。

「勤労挺身隊」や「徴用」という、一定の年齢層に対して課せられた戦時の国民の義務が、暴力的強制連行と歪曲された慰安婦問題の構図まで酷似しています。

河野談話と比較してみましょう。

「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したことがあったこも明らかになった」(太字引用者)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html

まさに第2の河野談話の誕生です。

Img15319_15070602sato1(写真 審議会場の日本代表団)

さてそうでしょうか。ボンの投票会場における韓国代表の発言はこうです。
WoW!Korea 7月6日http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150706-00000000-wow-int 

「(略)日本政府は、技術的・専門的見地から下された国際記念物遺跡協議会の勧告を尊重します。特に、その『解釈戦略(interpretive strategy)』を発展させていくことで、日本は同戦略が『各施設の全体の歴史を理解する』ことができるようにしてほしい、との勧告を忠実に反映しています。
より具体的には、日本は、1940年代にいくつかの施設で多くの韓国人と他の国民が、本人の意思に反して動員され、過酷な条件下で強制的に労働し、第二次世界大戦当時、日本政府も徴用政策を実施したという事実を理解できるようにする措置を取る準備ができています。
日本はインフォメーションセンターの設置など、被害者の記念のための適切な措置を『解釈戦略』に含める準備ができています。

日本政府は、議長と世界遺産委員国と、このプロセスに参加したすべての方々に、この遺産の『卓越した普遍的価値』を理解してくださって、登録のために親切に協力してくださったことで、深い感謝の言葉を申し上げます」(太字引用者)

「登録に協力する」どころではなく、まったく従来通りに主張を繰り返し、ほんの最後に言い訳ていどに「登録に協力してくれたことに感謝」していると付け足しているだけです。

欺瞞もいい加減にしてほしい。賛成ならば、すんなりと百済に対して賛成演説をした日本のように祝福すればいいだけです。

しかし、韓国代表団はあくまでも、「強制的に徴用した史実を理解できる施設を作ることを日本政府も認めた」ことが、賛成した前提だと言っています。

20140408_235677(写真 軍艦島。当時珍しかった高層アパート群が建ち並ぶ。劇場もあり、当時日本で最高の福利厚生施設を持っていた。給料も別格に高かったために、希望者が殺到した)

おそらく、前日の突然の韓国サイドの強制連行」非難に遭遇して、外務官僚は、「ここで持ち越しになれば、来年は日本委員がいなくなる、大変だぁ。経歴に傷がつく」と周章狼狽して、「意に反して」という文言で妥協を図ったのでしょう。

おそらく後に間違いなく、「広義の強制連行」と必ず言われる素地を作ってしまうことになることを外務官僚は 気がつかないのでしょうか。

いうまでもなく、徴用令は、日本人に対しても等しく施行された動員令で、いかなる強制性もありませんでした。

給料は一般より高く支払われていたし、当時の軍艦島は希望者が殺到するほど福利厚生施設が充実していました。

これで今や、この問題は言葉づらだけで新たに作られる軍艦島の記念施設に、「強制性」を入れるかどうかだけの問題ではなくなりました。

日韓外相会談の「約束」どおりならば、韓国も納得して妥協したという外務省の言い分も通るでしょう。

それは、国際社会に対して、最終的に韓国が自説の「強制連行」を引き下げたことを意味するからです。

しかし、韓国に最終投票会場でこのように言わせた後での登録となれば、まったく意味するものは違います。

それは、あくまでも日本が韓国の言い分を一方的に呑んで、軍艦島で「強制連行」があったという意志表示だと国際社会は理解するでしょう。

また韓国は、運動期間中には、軍艦島をなんと「アウシュビッツ」に例えていたことがわかりました。 

「関係者によると、韓国側は委員会でも激しいロビー活動を展開。「軍艦島」の通称で知られる端島炭坑(長崎市)をナチス・ドイツによるアウシュビッツ強制収容所と比較して、他国に理解を訴えたという」)産経7月6日)

Cjkflxiusaasevs_2(写真 韓国の反対運動パンフ)

またテレ朝は、韓国のロビー活動をこう伝えています。 

「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産への登録に韓国などが反対している問題で、韓国が投票権を持つ国に渡した反対を要請する文書をANNが独自に入手しました。
 今回、入手した韓国側の文書は英語で書かれていて、投票権を持つ21カ国のうち17カ国に先月渡されたものです。
そこにはまず、日本が申請しているうちの7施設で、約5万8000人の韓国人が強制労働させられたことが紹介されています。
さらに、「この場所で、多くの韓国人が愛する家族のもとに戻ることができずに命を失いました。
強制労働と人権蹂躙(じゅうりん)の現場がまるで何事もなかったかのように世界遺産に登録されれば、まだ生存している被害者らが再び苦痛を受ける悲劇になります」などと書かれています。
そして、文章の最後は「正義が実現できるように韓国への支持を要請します」と結ばれています。
 一方、日本政府の内部文書によりますと、これまで投票権を持つ国のうち、日本の支持を表明しているのは12カ国にとどまり、登録決定に必要な3分の2の支持に届いていないことが明らかになっています。
投票国との交渉に関わる韓国政府関係者は「すでに12カ国が日本を支持したというのも疑問だ。
投票国の間には『韓国の主張の仕方のほうが合理的だ』という声が広がっている」と話しています」

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000052109.html 

 一方、日本は、韓国から足元を見られていました。韓国の反対を聞いた、日本代表団の声です。

「日本は『外相会談で握手したが詰め切らないまま、ふたを開けてみたらこうなったということだ』。日韓議員連盟関係者は4日夜、日本にとって「誤算」となった展開についてこう分析した。外務省関係者は「日本としては誠意を尽くしてきたのに』と嘆いた」
「5日の審査前には、『延期は最悪だ』と述べる日本政府関係者もいた。世界遺産の登録は全会一致で決まらなければ投票になる場合があり、来年は委員国に韓国が残る一方、日本が外れるからだ」(産経7月5日)。

つまり日本は、土壇場の投票会場に行くまで韓国側の動きを知らず、ユン外相との「妥協案」なるものを信じていたということになります。

そもそも、例によってお公家さん揃いの外務当局には、危機感が薄く、韓国の動きを知って動き始めたのが、この5月でした。

5月から慌てて、「危機感を募らせた日本政府は、外務省や内閣府などの副大臣、政務官らを世界遺産委員会の委員国に派遣し、多数派工作を始めた。同時に韓国側との妥協点を見いだすため、2度の外務省局長級協議を実施」(同)したというのです。

韓国はそのはるか以前から、ロビー活動をしていて、MERSの大流行をほったらかしにしてまでパク大統領が南米訪問をして、根回しに余念がありませんでした。

Wor15042521000032p1(写真 南米チリで演説する朴大統領。点滴を受けながら反日を布教してまわったというすごい執念。そのくらいの熱心さで経済対策やマーズ対策をしてほしい。4月22日ロイター)

そして「政府は杉山晋輔外務審議官を韓国に派遣して調整させた上で、6月21日の岸田文雄外相と尹炳世(ユンビョンセ)外相による日韓外相会談で一気に実質合意へと動いた」(同)わけてす。

おそらく、この岸田外相と韓国外務当局との詰めが信じがたいほど甘かったと思います。

000048384(写真 岸田-ユン外相会談。いったいなんの合意をしたのでしょうか)

通常の国家間交渉では「互いに協力し合う」という言葉は、相手国と自国が望むものをそれぞれ妥協して手にすることを意味するからです。

和の国の民である日本国民は、この私を含めてそう思ったものです。

そもそもこんなユン・ビョンセ訪日時の「約束」さえなければ、この登録はいつもの「対立」の延長で終わったことでしょう。

「ああ、またいつもの年中行事だな。投票で決着をつけるしかないのかな。そうしたらいいじゃない」、と。

日本側は外相会談における「合意」で、韓国が賛成票を投じるだろうと信じたのですが、これはあくまでも相手が「普通の国際常識を備えた国」の場合でした。

そして、うかつにも韓国がフツーの国ではないことを失念していました(苦笑)。

韓国にとっての対日外交とは、騙してもかまわない、どんな汚い手段を使ってもいい謀略戦の一形態にすぎないようです。

かくして、韓国は望みの,日本の国際的名誉の毀損に成功しました。 

しかし韓国にとって、この結果は高くつくでしょう。

なぜなら私のような中間派の日本国民の多くを、韓国を嫌悪する立場に追い込んだからです。

今週のどこかで出る世論調査を見たいものですが、嫌韓派が激増していることでしょう。

そして韓国さん、あらかじめ言っておきますが、、日本人はおとなしい民族ですが、いったん怒らせるとかなりしつこいですよ。

私たち日本人は、「愚直」という言葉が美徳として使われるほど誠実という徳目を好みますから、いったん裏切られたと知った時の怒りは倍返しになってそちらに返っていくことでしょう。

さて、改めて韓国さんに聞いてみたいものです。今、この経済も社会も外交もどん底の韓国にとって、日本を完全に敵にすることが果たして得策なのでしょうか、と。

今後、韓国経済に何が起きようと、わが国は笑って聞き流すことでしょう。

冬季五輪の支援ですって?わ、はは、ご冗談を。

韓国有事においては、米軍の韓国への出撃のための基地使用の拒否カードをちらつかせるでしょう。

その時は必ず言ってやりたいものです。「集団的自衛権は憲法で禁じられていますからねぇ」と(爆笑)。

ま、政府がそれをしようとすれば、国民の強い抵抗に遭遇することになるのは確かでしょうね。

政府はどうか知りませんが、日本国民は韓国を、まともに相手にするのさえ馬鹿馬鹿しい、「国家もどき」として認識しました。

この秋に予定されていたと聞く首脳会談は、この状況では日本国民がそれを許さないかもしれません。

それにつけても、日本という国の度し難いナイーブさよ。

日本は、このような世界遺産登録を捨てでも、原則を守るべきでした。別稿に回しますが、軍艦島はいかなる意味でも、「アウシュビッツ」ではありません。

これは慰安婦問題より、はるかに簡単に証明できることです。

しかし、日本政府はそれを国際社会に訴えないまま、また慰安婦問題と同じ轍を踏んでしまいました。

つい先日、韓国最高裁は三菱重工業の徴用に対しての賠償を命じる判決を出しました。これで、日本は軍艦島での強制性を認めたこととなり、訴訟が山ほど降ってくるでしょう。

日本にとっても軍艦島は高くつくことになりました。第2の河野談話を出すくらいなら、世界遺産がひとつ増えたことなど、まったくめでたくもなんともありません。

■お断り アップした後に、追加情報を挿入し、タイトルも変更しました。

■追記 ギリシャの国民投票はノーだそうです(爆笑)。もうどうすんのかね。世界遺産問題がなければ、これを記事にするつもりでした。やれやれ。

|

« 日曜雑感 中国には統一戦略なんかないのかもしれない | トップページ | ギリシャに残された3ツの選択肢 »

コメント

残念な話ですね。
中途半端に妥協して、訴訟を起こされて、韓国にいる日本企業が損害を被る。世界遺産認定の地元がこれに無関係という点を突かれましたね。

これからどうしましょうね。
管理人さんの記述にある、内地の人も同様に強制徴用されたことを強調してゆくのがせめてもの対策なのでしょうね。

投稿: プー | 2015年7月 6日 (月) 07時23分

国家総動員法による徴用ですよね。で、その時代は韓国朝鮮は日本領土。つまりどんな悪法であれ、当時としては法律に則った徴用であったという事ではないでしょうか?韓国の強制労働徴用が認められるなら、国内で徴用された人たちも同じ強制労働。何だかおかしな話です。韓国の日本憎しは、本当に病気ですね。あの感覚は、日本人には決して理解出来ないですし、理解したくもないです。

投稿: 一宮崎人 | 2015年7月 6日 (月) 08時54分

なるほど。韓国からしたら「自国が反対したわけじゃない。嘘はついてない」となるわけですか。アウシュビッツにするのが目的だったわけですね、納得
塵も積もれば山となる。こういう些細な妥協が回り回って自分達の首を絞めていくことを外交下手の日本人は知るべきかもしれませんね(韓国人にも言えることだが)

ギリシャは予想通りのNO。デフォルトはほぼ確定として、チプラス坊ちゃまはどう動くのやら

投稿: 教師志望 | 2015年7月 6日 (月) 09時13分

朝鮮人は信用しちゃダメなんですが岸田大臣も外務省も抜け作。

幾度となく煮え湯を飲まされてるのに喉元過ぎれば熱さ忘れる外務省、立派な大学を出てるんだろう学習しろよ。


マスコミは雪解けだと報じ、韓国人タレント類がテレビに再登場したり、ドラマなどの挿入歌にまた韓国の音楽を使い始め、これまたムカついています。


首脳会談も経済支援も軍事支援もやる必要ない!

中学生の頃からイザコザもあり在日に悪い印象しかないので憎悪表現が出ることがあります、土地柄だとご理解下さい。

投稿: 多摩っこ | 2015年7月 6日 (月) 11時48分

なんか最も悪い形になってしまったような気がします。数日前ですが産経新聞のウェブ版で、いわゆる軍艦島で少女時代を過ごされた方がその当時のことを語られていましたが、朝鮮から働きに来ていた人に対して特段差別的なことは記憶にないとのことでした。東北から来られた人達を「東北の人」と呼ぶように「朝鮮の人」と呼ばれていたそうです。労働は過酷なものだったそうですが、みんな力を合わせて分け隔て無く暮らされていたのだとか。勿論、この方の言葉だけで総てが語られているわけではありませんが、少なくともアウシュビッツと同義に見られるというのは何とも我慢なりません。
なでしこは完敗するし、まさに天中殺の一日ですな。

投稿: 右翼も左翼も大嫌い | 2015年7月 6日 (月) 12時03分

まったく記事の通りだとしたら、しかし、日本は弱い
ですね~ 韓国の反対で世界遺産に登録されず、で良
かったんじゃないですか?

世界遺産の地元の方々から非難されるのが怖かったん
で、玉虫色の日本語表現で表して、国内は取り敢えず
煙に巻くことに成功した。が、英語表現ではどうか?

これから遺産整備する段階で、韓国側から説明文に対
するあからさまな指示・クレームが面白いように来る
のが目に見えます。「日本はウソつきだぁ~約束など
ナンとも思わない奴らだ~」と。言質とられているの
で、言い返せず堪える日本。

外務省のお大臣・おヤクニン様、いつもグッジョブ!
元外務官僚なんて肩書を使うことは、大馬鹿の発見器
になりますね。

日本国内の韓国人については、ここ数日中に長い長い
戦後のケジメがつくそうです。担当の方、有難うござ
います。本名を名乗る、帰るなら帰る、帰化するなら
帰化する、など諸外国人と同じじゃないとオカシイと
思いますわ。戦後まもなくならまだしも、もう約70年
ですよ。

投稿: アホンダラ | 2015年7月 6日 (月) 16時34分

こちらは戦う気ゼロなのに、勝手に勝負を挑んできて勝手に勝利宣言とは好戦的な民族ですね。
和をもって尊しとする我が国の価値観とは相いれない部分があります。

慰安婦問題など見ていて思うのですが、国際的な広報戦略の難しさを感じます。
きちんと事実を見てくれる人ならよいのですが、上っ面だけで判断する人たちに「加害者」の立場から情報発信しても、「歴史修正主義者」などとレッテルを張られてしまうのがオチで、なかなか日本側の主張を聞いてもらえない部分があって歯がゆい思いをします。

ただ事実を伝え続けるだけではなく、社会心理学的な側面から、どのようにすれば主張を受け入れてもらえるかといった戦略を考える必要もあるのではと思っています。

投稿: 山口 | 2015年7月 6日 (月) 22時26分

アホンダラさん
>>日本在住の韓国人の処遇について数日間で方がつく。
ネットで広く拡散されてますが それデマですよ。
実際には外国人登録証に通名が 消えるだけです。
通名禁止や強制送還などないらしいです。
もう既に四分の一程度の在日朝鮮・韓国人の切り替え手続き終えてます。
一応報告迄にと思いまして。

投稿: 元本部町民 | 2015年7月 7日 (火) 10時55分

韓国に関しては正直もうウンザリという感じでしたが、日本政府もここまでバカかと呆れるばかりです。認定決定後の嬉しそうな長崎市長の顔が印象的でした。まず獅子身中の虫から何とかしなければいけません。

投稿: Harry | 2015年7月 7日 (火) 12時44分

元本部町民 さん

わざわざの報告、有難うございます。

えっ、70年じゃ全然足らないという事ですか~
日本政府(永田町・霞ヶ関)って本当に無能力なの
ですね。防衛・電力・外交・他とウダウダのままです。

はじめて山本七平さんの「空気の研究」を読んだ
のですが、数十年前の著作とは思えず最新刊なの
かい?と錯覚しました。これはどうやらビョーキ
らしいです。それもタチの悪い精神病。

投稿: アホンダラ | 2015年7月 7日 (火) 15時31分

戦前、戦中の朝鮮人労働者について調べていたら、林えいだい氏という人物に行き当たりました。
かなり怪しい気がしますが、どうなんでしょうか?
調べれば調べるほど、慰安婦問題と全く同じ構図でウンザリします。

投稿: 山口 | 2015年7月 7日 (火) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜雑感 中国には統一戦略なんかないのかもしれない | トップページ | ギリシャに残された3ツの選択肢 »