« 慰安婦問題は既に日韓両政府の手を離れている | トップページ | 翁長知事 選挙が第一、政治は第2 »

反対派は流血を求めている

572
辺野古に警視庁機動隊が投入されました。 

沖縄タイムスの報道です。 

「【名護】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古新基地建設をめぐり、抗議行動が続く米軍キャンプ・シュワブゲート前に4日、警視庁機動隊が投入された。沖縄県外の機動隊が抗議行動に直接対応するのは初めて。同日早朝、ゲート前の警備は従来の県警機動隊と合わせて総勢200人規模となり、抗議行動の市民との対立が激化。座り込んだ市民らを強制排除する場面もあり、一時騒然となった。抗議行動に参加していた市民に逮捕者とけが人が出た」(2015年11月5日) 

Photo(琉球新報11月5日) 

平和センターの山城議長は、「琉球処分だ!」と叫んでいるようで、「沖縄の歴史を知っているのか」という罵声が飛んだと報じています。 

警視庁機動隊を「ヤマト」と見立てて、ヤマトがウチナーに強権と暴力をもって「新基地」作りを強行しようとしているというのが、この人たちの描く図式のようです。 

反基地運動家たちは、敵は政府=ヤマト、つまりは本土の人間すべてだと主張し始めていて、そんなことを言えば言うほど、本土人達の反発を招くだけになります。 

私は、今回の警視庁機動隊の投入には、まったく驚きませんでした。政府の本気度を翁長氏にしっかり伝達しました、ということです。

本土政府が、予想を裏切って一気に代執行の手続きに入った以上、工事現場の安全を保全するために、日本の最精鋭の警察部隊を入れてくるのは時間の問題でした。

政府はもっとも盛り上がるであろう工事再開の時期に、最精鋭部隊を入れただけです。

さて沖縄の新聞だけ読むと、再び「銃剣とブルドーザー」で押し進めているような錯覚を受けますが、政府がもっとも恐れているのは流血の事態です。  

上の写真でも、機動隊は出動服姿でプロテクターやヘルメットは装備していません。 ひとりの老女の抵抗に対して、実に7人掛かりでそっと移送しています。

これを強制排除などと言われては、70年安保世代は失笑してしまいます。 

警視庁機動隊が本気を出した強制排除は、こんなものではありませんよ。私の左ひとさし指は今でも曲がってますもん。(どうでもいいか) 

あくまでこれは危ないから、「おばぁちゃん、こっちの安全なほうに行こうね」とお引き取り願ったというだけのことです。あまり大げさに悲壮がらないで下さい。 

移設事業の中で、もし血が流されれるような事態が起きれば、県民の沖縄ナショナリズムは激昂し、その怒りは県の頭越しに国と米軍に直接ぶつけられるでしょう。

そしてそれは最悪の場合、ヤマトとウチナーの致命的分断につながりかねません。

それは、たかだかと言ってはナンですが、普天間基地の危険除去に伴うシュアブの増設にすぎない今回の工事を、なんと「琉球処分」に重ねようとする彼らの発言でも明らかです。

左翼陣営の標的は、基地だけに止まりません。本土と沖縄を対立させ、互いに憎悪させることによって、沖縄の「独立」に弾みをつけることです。

そのためにいまや「平和運動」の象徴的場所になってしまった辺野古で絶対に欲しいのが、流血です。

しかも、それは屈強な若者や本土の外人部隊ではなく、お年寄り、それも女性が望ましいことまで計算に入れています。

「動員の本土過激派学生、逮捕の際に負傷」じゃあ、訴求力ないもんね。

Photo_2(写真 この写真につけられた琉球新報2014年10月30日のキャプション。「体張り工事車両進入に抵抗 シュワブゲート前   86歳島袋文子さん」http://ryukyushimpo.jp/news/entry-162982.html常識的に考えれば、こんな危ない場所で、90ちかいお年寄りに体張らせるなよと言いたい。写真をみれば、座り込んでいるのはお年寄りばかりだ)

去年11月、シュアブ前で、琉新が警官による「公務員暴行凌虐罪」事件を報じました。

なかなかスゴイ記事ですよ。

「目撃したカメラマンTさん(※琉球の記者のこと)によると、島袋さんは基地内に入ろうとするダンプカーのミラーをつかんで阻止しようとしたが、機動隊医院に手を外され、その拍子に転倒した
強制排除で自身も手を負傷したアルバイトの女性(31)は『おばあを守るべき警察は、島袋さんが倒れているのに写真を撮っていた。ほんとうにひとい』と悔し涙を流した。
現場に駆けつけた三宅俊司弁護士は「被害者本人から話を聞き、特別公務員暴行凌虐罪で告訴したい。この責任はとらせる』と話した」(
琉球新報11月21日)

はいはい。告訴でもなんでもしなさいって感じです。たぶん受理されないでしょう。

だって、これは「お手柄警官が老女を救助した」というだけの話なんですから。

走るダンプに飛びつくお年寄りを助けると、特別公務員暴行なんじゃら罪になるなら、警官などやってられません。

ならば、ダンプに飛びついた老人をそのままにしておけとでも。すぐに落ちてダンプのタイヤの下敷きになりますよ。

手を外せば公務員特別暴行なんじゃら罪、そのまま放置すれば今度は得たりとばかりに「市民を守るべき警察が、老人を見殺しにした」と騒ぐわけです。

問われるべきは、走るダンプのミラーステーに飛びつくという常軌を逸した危険行為をした老女を叱らずに、助けた警官を糾弾するという倒錯した報道姿勢です。

そしてそれ以上に、危険な現場の最前列に老人を並べて、流血の事態の誘発を狙う卑劣な左翼陣営の戦術です。

彼らが一貫してとっている戦術は、わざわざもっとも危険な最前列に老人たちや女性を押し出しています。

今回もまた、地元2紙と左翼陣営は、この機動隊による「老女暴行事件」の再現を手ぐすねひいて待っているはずです。

そして、一滴の血が流れれば、それを号砲にしてマスヒステリア状況を作り出そうとしています。

※写真は毎日新聞知的財産センターの要請によって削除しました。

(写真 辺野古前のデモ隊。「全基地撤去」とある。この人達の本音がわかってぬるく笑えるプラカード。じゃあ、この埋め立て工事止めても、諸君らの闘争には終わりはないわけだ。永久にズっとやっていたいわけだ)

もっとも、そのテに乗るほど本土政府もナイーブではありません。  

それが政府と米国がもっとも重視する、「基地を取り巻く環境の安定」を揺るがすことが目に見えているからです。  

ですから、政府は、この辺野古の移設作業において、ぜったいに流血の事態を避けたいと考えているのは当然のことです。 

そんな流血の事態を避けるために、全国一デモ馴れしている警視庁機動隊を連れてきたのです。 

警視庁機動隊は、先日の国会前の安保騒ぎで、数万の反対派をやんわりと、しかし徹底的に押さえ込みました。 

一滴の血も流れていません。彼らは暴力のプロではなく、流血を回避させるプロフェッショナルなのですから。 

|

« 慰安婦問題は既に日韓両政府の手を離れている | トップページ | 翁長知事 選挙が第一、政治は第2 »

沖縄問題」カテゴリの記事

コメント

機動隊。
「昭和の新撰組」が今では「DJポリス」とは、随分変わりましたね。
そんな平和を態々捨てようとするなんて。

定番の「少女」ではなくお婆ちゃん達を動員するのは、抱きかかえただけで骨折してくれればしめたもの、という意図があるのでしょう。相変わらずの人をコマとしか扱わない手法には吐き気がします。

それにしても、最近の日米中関係の急展開を見ると、辺野古基地の運用は不要では? と思います。
完成する頃には何らかの形で決着が付いていそうです。

日本国政府としては建設を急ぐ必要は無く、退かない決意だけを示していれば十分なのでしょう。

投稿: プー | 2015年11月 6日 (金) 11時35分

有名なお婆さんのようですね、辺野古阻止の特攻隊員的な。

警視庁の助けを借りないとならないほどの加熱?県警では力不足?
海兵隊員の逮捕もありましたし、県内の犯罪が増加しているとの話もあり辺野古に人員を割いていられないのかな。


中世に琉球王国などが船舶の木製いかりの重しとして使った「碇石」が見つかった現場付近で目視調査を実施。干潮時の海辺で土器や石器を数点見つけた。(毎日新聞)
今後、名護市が文化財として認定すると遺跡になるとか。あらゆる手段でしょうかね。

投稿: 多摩っこ | 2015年11月 6日 (金) 12時16分

上の7人がかりでオバァを移送しているシーンですが、ニュースで放送されていました。隊員達の言葉遣いも振る舞いも実に優しく紳士的でした。なんて優しい「強制排除」!事情を知らずにこのシーンだけみたら保護(実際に怪我しないように保護してるとも言える)だか救助された場面と見間違えそうな程でした。あれ見て機動隊が暴力的だと思える人は特殊なフィルターを内蔵しているに違いありません。

投稿: クラッシャー | 2015年11月 6日 (金) 19時45分

優しい機動隊の話をシールズ大好き翁長支持の知人にした際、彼の見解は
そりゃあ機動隊だって本当は安倍や米軍が大嫌いでこっちの味方だけど仕事で仕方なくやってるからね。
でした。あごが外れそうになりましたよ。

投稿: ふゆみ | 2015年11月 6日 (金) 20時58分

老人達は、沖縄戦を知っている人達だということを忘れないでおきなさいよ。

投稿: | 2015年11月 6日 (金) 21時59分

沖縄戦をしっている年齢の方々の戦争に対する嫌悪は想像に難くないですよ。
私には、基地反対派がその嫌悪感を悪意を以て増幅させ利用してるようにしか感られませんがね。

なんにせよ、こちらのブログのルールであるHNを書き込むと言う程度のルールを守る事すらできない方の意見など、気にする必要すらないのでしょうけれども、

投稿: 種子 | 2015年11月 6日 (金) 23時11分

名無しさん

私の両親は沖縄本島中北部の昭和一桁世代で、その元で育ったのが私ですが、何か?当然、戦争は嫌悪してますよ。これ以上、言及する気はないですがね。

ふゆみさん

貴方があごをはずしそうになった方はやはり特殊フィルターを備えているものと思われます。

投稿: クラッシャー | 2015年11月 6日 (金) 23時48分

申し訳ありません。私の両親は中北部ではなくて北部出身、いわゆるヤンバルです。訂正させていただきます。

投稿: クラッシャー | 2015年11月 6日 (金) 23時59分

私の母は83歳になりますが、那覇市具志から南部に追い詰められ、喜屋武方面で捕虜になった最悪な沖縄戦を体験していますが、戦後の平和世が日米安保条約でアメリカ軍に守って貰っている事を理解し、マリン兵による事件、事故は別として、感謝する心を持っています。辺野古ゲート前のオジーオバー達は、アメリカ軍がいなくなったら 自分達の孫や曽孫達が自衛隊として、国を守らなければならなくなる事を少しも考えていないんたろうなと、少し哀しくなります。

投稿: 宜野湾市民 | 2015年11月 7日 (土) 00時39分

安保法案のときも、一部のマスコミは流血を望んでいると思いました。採決を大型連休後に延期させて。

政府与党がそうなれば不測の事態が起きるのを怖れてると批判しつつ、自分たちは流血を望んで煽り立てる。

リベラルというと、こういった卑劣な左翼しか、日本にはいないでしょうか? 日本のリベラル、もっとしっかりしないと、と思います。
今朝もTBSでは佐古キャスターが取り巻きコメンテーターと自慰番組をやってます。

投稿: ヒデミ | 2015年11月 7日 (土) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慰安婦問題は既に日韓両政府の手を離れている | トップページ | 翁長知事 選挙が第一、政治は第2 »