« 正しく怖がろう、 北朝鮮のミサイル実験 | トップページ | 核ミサイルを持ちたがるキム坊やを待ち受ける3ツの壁とは »

沖縄2紙さん、「こんな時だから立ち止まって」県民の安全を考えなさい

Dsc_8692

今回、自分たちの真上を北朝鮮のロケット/ミサイルに通過された、沖縄のマスメディアの報道ぶりをのぞいてみましょう。 

まずは、朝日新聞の「天声人語」に相当する、沖縄タイムスの「大弦小弦」(2月8日)欄です。なかなか突き抜けていますよ。
※http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=153124 

タイトルは「こんな時だから立ち止まって」ですが、もう読まないでも、中身がわかっちゃいますね。

「こんな時だからこそ立ち止まって考えたい。政府が「ミサイル」と呼ぶ物の正体は何だろう。北朝鮮は「人工衛星用ロケット」と主張している。
» 翁長知事「心臓凍る思い」 沖縄被害なし
▼2009年の発射直後は政府も「飛翔(ひしょう)体」という、分かりにくいが中立的な言葉を使っていた。その後なぜかミサイルに変わり、前回12年12月、そして今回の発射で人工衛星の地球周回が確認されても呼び方を変えない 。
▼先端に載せるのが弾頭か人工衛星かの違いで、技術的に共通点が多い。制止も聞かず、核実験を強行する国が打ち上げ技術を誇示するのは危険極まりない。その通りだが、衛星は衛星だ 。
宮古島市石垣市への迎撃ミサイルPAC3配備はなぜか。軌道を計算できない破片には無効だと、専門家が繰り返し指摘している。万が一ミサイル本体が向かってきたら、射程わずか数十キロのPAC3は10セット以上なければ全県をカバーできない 。
▼危機の演出、
自衛隊のPRという以外に説明できない。北朝鮮の暴走を利用している。今後、両国間で対立が深まった場合、北朝鮮だけでなく政府も事態をあおる可能性がある。
▼やっかいな隣人が相手だとしても、常に事実に基づく冷静な議論が必要だ。
パフォーマンスでなく、地道で実質的な努力を。携帯電話メールで「上空をミサイルが通過した」と告げられた者として、望みたい。(阿部岳)」

なるほど。「冷静な議論」は賛成です。私も昨日の記事で「正しく怖がろう」という放射能の時の教訓をくり返したつもりです。

簡単にまとめておけば
①「光明星4号」の発射実験は、軍事転用可能な弾道ミサイル実験である。
②これは国連決議3本に対する重大な違反行為である。
③しかし、北朝鮮は、再突入技術を持たないために、これがただちにICBMの保有を意味しない。

なんだ、たった3行で書けるじゃないか(笑)。 

一方、この沖タイの「大弦小弦」は、こう言いたいらしいですね。

①核実験を強行する国がロケット技術を誇示するのは危険極まりないが、衛星は衛星だ 。
②宮古、石垣には破片しか落ちてこないし、PAC3の配備は少なすぎて無意
味だ。
③これは政府と自衛隊が意図的に危機を煽る「危機のPR」をしているのだ。
④冷静な議論、つまり政府のPAC3配備には反対だ
。※ここまでは書いていないが論理展開上そうなる。

はい。必ず沖タイが、「政府の危機の煽り」だと言うと思っていました。 

中国と北朝鮮の危険性を認めてしまえば、沖縄に海兵隊が「居る意味」が県民にバレてしまうからです。

ですから常に、この人たちにとって中国と北朝鮮の危険性はなにがあっても、「ないものでなくてはならない」のです。

たぶん沖タイのデカイ社屋にノドンが落ちてきても、「あれは米軍のミサイルだ」といい続けるのが、この地元2紙なのです。

Photo出所不明

続いて、琉球新報(2月8日)が報じる宮古、石垣の人々と、そしてなぜか北朝鮮ミサイルとはなんの関係もない辺野古の反対派運動家のご意見です。

「【石垣・宮古島】北朝鮮の事実上のミサイルが上空を通過した先島諸島。「発射前倒し」の情報を受けた地元自治体や関係機関は7日未明から対応に追われ、緊迫感に包まれた。一方、地域住民は被害がないとの情報に安堵(あんど)の表情。
宮古島市では初めて基地外に配備されたPAC3を前に抗議する住民の姿も見られた。
石垣市の男性(35)は、3歳の娘と車でバンナ公園に向かった瞬間、ミサイル発射を知り、自宅に引き返した。「迎撃ミサイルが搬入されて物騒だ。北朝鮮には過激なことをやめてほしい」とこぼした。
大城事務局長は「政府は、
北朝鮮中国の脅威をあおり、基地強化を正当化するのだろう」と危機感もあらわに。「軍事力で敵対するのではなく外交ルートで対話を続け、解決を目指すべきだ」と強調した。
ミサイルをめぐる緊迫した動きに違和感を抱く人もいた。東京都から2カ月に1回ほど、辺野古を訪れるというアルバイト女性(32)は「東京の人間には、
オスプレイや戦闘機が飛び、弾薬運搬車が当然のように行き来する沖縄の日常の方がよっぽど危ない」と語った。」

Photo_2出所不明 

はい、いかがでしょうか。今回の写真ではないようですが、島を守りに来た自衛隊車両の前に立ちふさがっている人もいますね。

地元2紙の報道によれば、島民は北朝鮮のミサイルにはまったく無関心で、むしろ自衛隊のPAC3の配備におびえて、「政府と自衛隊の危機のPR」に強く抗議しているようです。 

ため息が出ます。自分が何を言っているのか、ほんとうに分かって書いているのでしょうか。 

沖縄県人は、こんな記事を読まされる本土人の気持ちも多少なりとも考えるべきでしょう。 

これは既になんどとなく警告していますが、普天間の移転問題をきっかけに生まれてきた、沖縄に対する本土人の突き放したような冷やかな「気持ち」です。 

「そんなにイヤなら、ばかばかしいから、税金かけてあいつらを守ってやるなよ」 

普天間の移転はイヤダと叫び、北朝鮮のミサイルが自分のほうに飛んでくれば今度は、抗議すべき相手を間違えた騒動ばかりが沖縄から伝わってきます。

こんなことばかりが報じられれば、本土人たちの中に段々と、「勝手にしろ」という気分が増殖するのは避けられないでしょう。 

今はまだ「気分」ですが、本土人の心の中の沖縄県人に対する温かい同胞を思う気持ちまでもが失われていく結果になるでしょう。 

こういう本土人の気持ちなど、沖縄の地元マスコミはまったく考慮していません。 

ですから、いつまでも視野狭窄のままで、左翼丸出しの主張が通用すると勘違いしています。Photo_3
(東京新聞2012年12月8日より引用)

さて、今回のPAC3配備は、北朝鮮が実験日を繰り上げたためにまさに滑り込みでした。

完全に配備の準備が整ったのは、数時間前だったほどです。

そこまでして本土から駆けつけた自衛隊員に対して、「迎撃ミサイルが搬入されて物騒だ。北朝鮮には過激なことをやめてほしい」(琉新前掲)と言う神経が分かりません。

「過激なこと」をしているのは北朝鮮なのか、自衛隊なのか、そこをはっきりさせましょう。

どうして、このようなイロハのイがわからないような報道が、沖縄でまかり通るのでしょうか。

Photo_4ミサイル発射をみる金正恩 朝鮮日報

北朝鮮は一貫して弾道ミサイルと、それに搭載可能な核兵器を開発し続けてきました。

そしてそれを制止する、国際社会を敵にまわし、何度となく暴発を続けてきたヤクザ国家です。

特に今の正恩政権の過激さは、かつてのように「米国との交渉のため」という合理的外交目標すら消し飛び、ただいたずらに核兵器を誇示し、戦争を呼号するまでに至っています。

このような国こそが、真に「過激」と呼ばれるべきなのではありませんか。

落下する部品や破片は、宮古、石垣に落下する可能性が充分にありました。

なるほど、沖タイが言うように、「万が一ミサイル本体が向かってきたら、射程わずか数十キロのPAC3は10セット以上なければ全県をカバーできない 」のは本当です。

ならば、自分たちの危険を国に強く訴えて、PAC3を増設してもらうのか筋ではないでしょうか。

それを逆に、「そんなことは政府の危機の演出だ」として、配備反対を訴えるに至っては、倒錯しているとしか思えません。

おっしゃるとおり、政府が「いやー、PAC3なんかでは効果ないから、配備してもむだだよね。ま、運を天に任せましょうや」なんて言おうものなら、地元2紙はなんというか見物です。

きっと、「国はまた沖縄を見捨てた」とやるのでしょうね。

私は地元2紙が左翼的論説をすること自体は、報道の自由の範疇だと思っています。

しかし、このような具体的な危険に対して、その警戒心を緩め、さらには危機から国民を守ろうとする政府こそが「敵」だといわんばかりの論説は、報道倫理からの逸脱だと思います。 

地元2紙さん、「こんな時だから立ち止まって」、たまには真剣に県民の安全をかんがえたらいかがでしょうか。

■追記
沖縄県の名誉のために、このようなメディアがあることを追加しておきます。

こんな本土に持ってくれば至って常識的な新聞が、本島に存在しないことが、沖縄県の悲劇です。
八重山日報(2月9日)
http://www.yaeyama-nippo.com/
「ミサイルが発射された模様です」―。防災無線のスピーカーから流れる音声に「まるで空襲警報のようだ」と感じた市民や観光客も多かったのではないか。北朝鮮が2012年に続き、先島諸島方向に向けミサイルを発射した。八重山を取り巻く厳しい国際環境が改めて浮き彫りになった◆関係機関の対応で一つ疑問に思ったのが翁長雄志知事の言動だ。発射から約3時間半後、報道陣の質問に「心臓が凍る思い」と答えた上で、ミサイルを迎撃する自衛隊のPAC3(地対空誘導弾パトリオット)について「一体全体、どんな精度があるのか、素人には分からない」と語った◆自衛隊に反対する勢力を含む「オール沖縄」に配慮した発言だという。しかしミサイルが県民の頭上を通過した非常時であり、支持者に気を使い、わざわざ自衛隊に嫌味を言っている場合なのか、首を傾げる◆石垣市の中山市長は、ミサイル発射とほぼ同時に報道陣の前に姿を現し、防衛省のPAC3配備については「迅速な対応に感謝したい」と語った。非常時、首長が市民、県民へどう存在感を示すかというアピール力も含め、両者の危機管理能力の差を感じざるを得ない◆沖縄の首長には、北朝鮮の暴挙にも中国の領海侵犯にも、きちんと対峙する姿勢が求められる。

※悪いクセで改題しました。

 

|

« 正しく怖がろう、 北朝鮮のミサイル実験 | トップページ | 核ミサイルを持ちたがるキム坊やを待ち受ける3ツの壁とは »

沖縄問題」カテゴリの記事

コメント

沖タイ、
普段はアメリカの言うことは信じないのに、こんな時だけ米軍発表の「打ち上げ成功」を持ち出すのね。毎度のご都合主義。

琉新、
なんともはや…。明らかに恣意的な人選による「市民の声」を借りて、都合良く伝えますね。

PAC3が怖いから抗議とか意味不明。
専門家さんが仰る通りに破片など迎撃不可なのなら、撃っても外れて沖合にドボンするだけ。破片はそのまま降ってきます。県全域を守るには能力が足りない?そんなこと射程を見たら当然です。あくまで拠点防空ミサイルですから。
なら、針ネズミのように大量配備するかズバリTHAAD買うしかなくなると言ってるようなもんですが、どうして真反対な理解になるのやら。

沖縄なんかより遥かに大量の航空機が過密な空域行き交い、タンクローリーが走り回る巨大都市東京のほうがよっぽど危ないです。
だいたい、関係無いことを持ち出して印象操作をやってるつもりみたいですが、横田にはオスプレイも来てます(それも反対派が騒いでいたCVの方)し、普天間のオスプレイも本土で訓練してるんですが…。

やはりなあ、流石は沖縄2紙です。
こういうこと書いてると、やればやるほど偏執ぶりと詭弁の塊なのだと納得するだけです。

投稿: 山形 | 2016年2月 9日 (火) 06時46分

地区の集まりなどで、沖縄二紙の偏向振りについて度々話題にするんですが、「おまえウヨクになったんか~」などと言われてしまうんですね。
比較対象がないので、まぁやむを得ない反応でしょうか。
そんなオジーやオバーたちでさえも、PAC3の配備に横断幕を掲げて反対するような人達について奇異に感じており、「狂ってる~」とさえ形容します。
しかし率から考えれば比較になりませんが、こういう馬鹿は本土にも一定数は存在するんですね。

問題は沖縄二紙(二紙の論調をなぞる本土マスコミを含む)を通じて沖縄を理解する多くの国民がまだ多数存在する、という事実です。
一般国民だけではありません。
民主党を中心とした勉強不足で底の浅い政治家なども、偏向した沖縄二紙そのままの沖縄理解しかしていないのが原状です。
また、そのような無知が武蔵野市議会における、不毛の「辺野古反対決議」に繋がっている、といってよいでしょう。
「慰安婦問題」におけるアメリカの誤解は、元は朝日新聞やジャパンタイムスを中心とした虚偽と歪曲の報道が主因ですが、同じような構造で沖縄二紙を原因として沖縄と本土の誤解と乖離を生んでいるのです。

やがて一般国民からも、
>「そんなにイヤなら、ばかばかしいから、税金かけてあいつらを守ってやるなよ」

こういう声が出、主流となるやも知れません。
そうした結果生ずる「分断」は誰の利益になるか、我々は良く考えなければなりません。

投稿: 山路 敬介(宮古) | 2016年2月 9日 (火) 09時33分

宮古島市では「~抗議する住民”も”みられた」とあるのは50以下二ケタ位の人数かと想像します。100人越えたら大喜びで大集結して反対したと書けそうなので。
石垣市のはさらに辛いです。朝日のプロメテウス式なのですが放射脳の時と違い怖がる方向が明後日を向いている、管理人さんのご意見納得します。
朝日が大きな力に抑圧されて援護射撃できないので余計に地元紙が浮きますね。
山形さんはじめ軍事にお強い方々に教えていただきたいのですが、THAAD日本に配備するならどこがよいのでしょうか。
個人的には北朝鮮のミサイルだけでなくここ10数年の韓国人の近視眼的な劣化で苦労したせいか、ネットで色々知ったつもりがぎょっとするような事態が起こりかねないと背中にいつも寒気を感じています。
あ、決してTHAADで安心するわけじゃないですよ!

投稿: ふゆみ | 2016年2月 9日 (火) 09時57分

ふゆみさん。

とりあえず沖縄と九州。
あとは西日本と首都圏もしくは北陸。贅沢を言ったら東北と北海道にもとなりますが、効率を求めるとSM-3(地上型含む)との兼ね合いとレーダーのデータリンク(ローンチ・オン・リモートやエンゲージ・オン・リモート)次第での費用対効果というのが現実的かと。
いずれにしてもカネのかかる話です。それでなくてもMD費用で他に回すはずだった防衛費が食われてカツカツな状況ですから。さらに要となるレーダー基地のゲリコマ対策も重要になります。

反対派の人数で思い出しましたが昨日出たNHK世論調査、社民党支持率が0.4ポイント下がって0.2%には笑ってしまいました。かつての強大な社会党の末裔がもはや統計的に意味が無いレベル。
回答1000人あまりで前回の6人が2人になったというわけで…。

投稿: 山形 | 2016年2月 9日 (火) 14時51分

山形さん、ありがとうございます。
長い日本、広範囲とうたっててもやはりそれ位「飛んできそうなところ」にポツポツ配備しないと役には立たないのですね。1発14億、整備に1000億はキツイなあ…。九州や奄美から沖縄もカバー出来ないかと期待しましたが残念。

投稿: ふゆみ | 2016年2月 9日 (火) 15時46分

ふゆみさん。そのうち記事にしますが、THAADはあくまでも高高度を飛んでくる長距離ミサイルを迎撃するものです。
ですから、あなたが考えておられるような日本のミサイル防衛には直接に寄与するかどうか微妙なところです。ないというのではなく、あるのですが、微妙です。

というのは、コスパが悪すぎます。
THAAD導入すると、防衛予算は限りがあるために、他のものが大幅に削られることになって、総体としてみると日本の防衛力は大きく落ちることになりかねません。

むしろ、現実的には中国が日本をミサイル攻撃するとすれば、ミサイルをドンっと一発打ってくるのではなく、巡航ミサイルによる飽和攻撃です。
飽和攻撃とは、文字通り数百発打ち込んできて、PAC3の迎撃ができないようにすることです。

いままでの巡航ミサイルは亜音速でしたが、ロシアと中国が新開発したそれは超音速で、海面スレスレに飛んでくるので、レーダーにも写りにくく非常に迎撃がむずかしいとされています。
こんなものを大量に撃たれたらえらいことになります。
むしろこれに対する対応を考えるべきで、自衛隊は既に03式中SAM改を使って高速巡航ミサイル迎撃実験を終了しています。

現実的には、こういう地味な迎撃ミサイルを大量に配備するほうが有効です。
PAC3もそうですが、数が勝負なのです。第1段階でイージス艦が迎撃しますが、イージスは高価なので大量配備は不可能です。
ですから、第2段階迎撃のPAC3はあるていどマスで保有しておかねばなりません。
まさに沖タイさんのおっしゃるように「数が少なすぎる」のです。

ま、PAC3も多額の金がかかるので、ほんとうは日本も策源地、つまり発射基地を先制攻撃できるようになるのが、最大の抑止なんですがね。

また政治的には、在日米軍を「人質」としていてもらうことです。
日本の基地を狙えば自動的に米軍攻撃となるという在日米軍の特質を生かしてもらいましょう。
この「人質としての日米同盟」は、裏目読みぽっいですが、書く予定です。

投稿: 管理人 | 2016年2月 9日 (火) 17時02分

>政治的には、在日米軍を「人質」としていてもらうことです。

実に興味深いですね。
米軍及びその家族の日本駐留は、それだけでアメリカの「核の傘」の信用力を維持、担保していると理解していいのではないでしょうか。
中共であろうがロシアであろうが、在日米兵を殺戮した場合、それは同時に米国への宣戦布告も同義です。
「人質」という語感は穏やかではないですが、在日米兵の存在は我が国としては最も優良な担保であると思いますね。
記事が楽しみです。

投稿: 山路 敬介(宮古) | 2016年2月 9日 (火) 23時10分

管理人さん、山形さん、ありがとうございます。
素人のおばちゃんにはかなり難しいのですが、分かりやすい説明で疑問が解けました。

投稿: ふゆみ | 2016年2月10日 (水) 09時22分

尖閣諸島や赤珊瑚の盗掘に来てる中国船には何も感じない翁長知事の今回の発言に本土人が凍りつきそうです。


予算や人材が可能ならばパトリオットとPAC3を増やしたいですね。
少ないから役に立たないようなことを言うなら税金使ってわざわざ沖縄に配備しなくてもいいだろうって声も出てますけど、地元紙さんの狙いはこれですね。

投稿: 多摩っこ | 2016年2月11日 (木) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正しく怖がろう、 北朝鮮のミサイル実験 | トップページ | 核ミサイルを持ちたがるキム坊やを待ち受ける3ツの壁とは »