• 20210601at02s_o
  • 20210728oyt8i501011
  • 040_20211130151901
  • Usamriid3
  • Title1628387677062
  • Wikipedia9
  • 042_20211201043001
  • 040_20211201043101
  • Wh_nv42m
  • L-011

« 日米首脳会談は日米地位協定改訂への一石となるか | トップページ | 日曜写真館 青い薔薇が好き »

2016年5月28日 (土)

HN読谷人さんのコメントに答えて 「琉球王」は朝日新聞がつけた名前です

Dsc_1733
私は侮辱に対して耐性がありません。

HN読谷人という人から、このようなコメントが来ています。

「琉球王」にでもなったのか、と言われるのです。
↑産経新聞、幸福実現党以外の誰が翁長を「琉球王」と呼んでいるんだよ(笑)。
自分のお仲間だけで通用する呼称が一般的だとはあまり思わない方が良いですよ
今度からブログタイトルは下記に改めたらどうかね?
「基地と原発、自民党プロパガンダのありんくりん」

「琉球王」がけしからんということですが、あなた知らなかったんですか。このネーミングの名付け親は、全国応援団長の朝日新聞がつけたのですよ(爆笑)。
※http://dot.asahi.com/aera/2015052500057.html?page=5

Img_1

朝日新聞が発行するAERA(2015年6月1日号)が、翁長知事誕生の集会についてこんな思い入れたっぷりな記事を書いています。

あのね読谷人さん,、こういうのを「プロパガンダ」記事とか、提灯記事って呼ぶのですよ。

しかし、すげぇな、ここまで書くか。

「百戦百勝の鋼鉄の霊将、民族の偉大なる太陽」(←全部キム首領様の呼称です)と個人崇拝する一歩前ですね。

「スタンドの人々の目がパッと見開かれ、さざ波が広がるように全員が立ち上がり、指笛と拍手が1分ほど鳴り響いた。
 いささか大げさとのそしりを覚悟して言えば、「新しい琉球の王が誕生した瞬間ではないか」と感じられた。」

というわけで、「琉球王」とはもちろん私の発案でもないし、本土ではこの人が思い描くような「一定の極右勢力」が隠語了解圏の中でコソコソ使っているものではないのですよ。

少しは調べてからいいなさい。

ワシントンに「大使館」を作り、独自に政府の頭越し外交をしていて、「民族自決」を主張すれば、そういうニックネームをもらっても当然です。

翁長氏については、HN読谷氏が読んだら確実に気分が悪くなるような、こんな記事まで書いています。よかったらどうぞ。
※関連記事http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-e327.html

さて、私の「お仲間」?一体なんのことでしょうか。

私は個人のブロガーとして発言しているだけで、何かに属したことはないし、今後もないでしょう。

青春時期には左翼運動の経験がありますが、今は左右いずれの運動にも関わることはありません。正直、運動はもうこりごりです。

要するに、私はただの「発言する人」なのです。

「基地と原発、自民党プロパガンダのありんくりん」にしろ、と言われています。

この拙いブログにおつきあいいただいている読者の皆さんはご存じでしょうが、私がもっとも嫌うのはプロパガンダ、即ち教条に基づいた宣伝・煽動です。

私はブロガーとして主張や批判はしますが、一度たりとも根拠なきレッテル貼りをしたことはありません。

つねに相応の資料とデータを提示しています。いつもさらっと書き流したいと思っていますが出来ない性分なんですね。

それは決めつけとレッテル貼りは恥ずかしい行為だと思っているからです。なぜなら、それは言論に対する棄損行為だからです。

この人でいえば、悪玉は「産経や幸福実現党」のことのようです。

嫌いなのは勝手ですが、保守の一部が、自分の意見と違うと、「お前はアカだ」というのと一緒です。

実に安直かつ、卑劣な言い方ですが、あんがい効果的な攻撃方法なのでよく使われます。

ただし、濫用すると品性下劣なことがばれてしまいますから、常識人はあまり使いません。

ところで私は保守です。特に隠してはいません。もっと厳密に自己規定すれば、「リベラル保守」です。

ただし、お断りすれば、私は右翼ではありません。

左翼とリベラルが違うように、保守と右翼は思想的にかぶる部分もありますがまったく存立基盤が異なっています。

左翼と右翼は共に、社会を変革する「革命」勢力だからです。

リベラルが左翼革命を否定するように、保守もまた右翼革命を否定します。

私は自民党に対しては消極的支持をしていますが、かつては嫌悪していました。いまでも本質において利権集団だと思っています。

ただ、その利権を保全するための知恵が、結果として今の日本を作ってきたことは事実です。

日米同盟にしても、沖縄政策にしても、場当たり的な理念なき政策でしたが、リアリズムであるが故に、空論に堕することなく済んできました。

薄ら甘い理想論ほど困るものはありませんからね。鳩山氏を思い出せばわかるでしょう。

彼は、カオスと失望しか生み出しませんでした。

というわけで、消去法で自民以外残らないから、とりあえず支持しているにすぎません。もっとましな保守政党ができてほしいものです。

今、自民を支持しているのは、最大野党が共産党と手を組むという悲惨な現状では支持しようがないからです。

共産党とは、日米地位協定や消費税などところどころ意見が一致する場合があって苦笑していますが、彼らが政権の座に着くことは、自由を失う最短距離だと思っています。

産経ですか。ひとことで言えば、「右の朝日」でしょうね。

私は思春期に朝日と赤旗で育ったので、産経を中年になって読んだ時のショックは、今でも忘れられません。こ、こんな新聞があったのかぁっ、てかんじ。

政治的主張は置くとして、外信部に傑出した特派員が沢山いるのが財産でしょうね。

幸福実現党のような特定の宗教保守に対しては、勧誘されたくないので、できるだけ距離をあけるようにしています。

ただし、個人として発言される場合には、どこに属していようと関係なくお話するようにしています。

私のブログは、原則として意見が異なっても、このHN読谷人氏のような中傷でない限り、真正面から議論することにしています。

ですから、過去記事を見ると「○○さんのコメントにお答えして」という記事が大変に多いはずです。

それが私の発言者としての、ささやかなプライドです。

安倍氏に関しては是々非々としかいいようがありません。ただ首相のリアリズムと行動力が歴代総理の中で傑出しているのは確かです。

Dbddfa8c554ada84470bc790568a9606http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/ac5e8ad464c335...

私は原発は漸減すべきだと思っていますし、その方法については何度も書いています。私の原発に対する意見は煎じ詰めれば二つです。

ひとつは「社会経済を傷つけないために段階的に減らせ」ということ。

もうひとつは、「再稼働についての判断は、政治が介入せずに規制委員会に主導させよ」ということです。特に奇抜な意見じゃないと思いますが。

この人は私がひょっとして再稼働を支持しているから、イコール原発推進派ていどに思っているのでしょうか。こまったもんだ。

また、沖縄の米軍基地は一日も早くなくなれという立場です。そう書いて、常連コメンターから非現実的だと批判されています(苦笑)。
関連記事http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-ae80.html

ただ、今の中国の軍事膨張の時期に、安易にそれをするのは大変に危険だと書き続けてきました。

ここは私が私の責任で作っている発言媒体にすぎません。

ですから県内の「狼魔人」さんブログが、私の記事を無断転載していることに対しては、少々困っています。

ブログという媒体は、しょせん自分に責任を持って発言しているだけで、転載された先にまでの無限責任はもてないからです。

「狼魔人」さんの地道な言論活動には敬意を表しますが、あちらのブログがどのような人たちなのか調べようがないし、私は彼らとは一緒ではありません。

というか、どのような人たちなのか知りません。

とまれ、私は何者にも属していないし、極右呼ばわりされるのは大変に不愉快かつ迷惑です。

繰り返しますが、ここはただの「私」が、私の責任において、書いているだけのサイトです。

その「私」とは、かつて沖縄に骨を埋めようとして渡り、農民となってやんばるの赤い土の上で汗をかき、そして挫折した経験を持つ、市井の中で生きる「ただの人」です。

                         ~~~~

[蛇足]

ああ、1週間の終わりをこういう記事で締めくくりたくはなかった。なにも新しいものを生み出さない、不毛そのものの議論だよなぁ。

今日は、このオバマ広島訪問をテーマにしようと思っていたんです。

タックスヘイブンも資料がっぽり貯めたし、米国の格差社会についてや、トランプ後の世界についても書きたいことばかり。

で、来週からテーマを沖縄から変えるかもしれません。

それにしても、昨日オバマの被爆者への抱擁という美しい光景を見て、心が清められたのに。

演説はダメだったが、あのシーンは心に残りました。

あ、こういうこと書くから、山路氏に「だからあんたは甘い」と叱られるんだよなぁ(笑)。

私、元々無理やりリアリストやっているような甘い人間なんですよ。

« 日米首脳会談は日米地位協定改訂への一石となるか | トップページ | 日曜写真館 青い薔薇が好き »

コメント

久々にコメントさせてもらいます。

ナントカさん・コメントへの対応ごくろうさまでした。「時間と労力の浪費」ほんとご苦労さまでした。次からこの「コメントへの対応」を貼り付けて「ヘボ・コメントへの応答」に使われては、いかがでしょうか?・・・余計なお世話??

⭕️「サハ・洋一」

⭕️「オール左翼・沖縄」

⭕️「辺野古住民・VS・ヘノコ左翼」

⭕️「共産+オナガ ⇨ 政府・タテツキ隊」

⭕️「防衛とは、必要なモノを・必要な場所に・必要な量・設置して成り立つするもので、値切ってなんぼの代物ではない!」

⭕️「沖縄は・中共よりも情報僻地」

⭕️「国場・新報・豊見城」 ⇨ 今後のキーワード

・・・こんなスローガンを考えていた。のですが、ブログ主が言うように「レッテル貼り」は、しないほうが、よさそーなので、今後改めます。

初めまして。
以前からこのブログの拝見させて頂きましたが、以前から疑問に思っていたことと今回の記事の内容が重なったので書き込みをさせて頂きます。

では、「琉球王」という表現ですが朝日新聞のAERAより先に、あなた自身が書かれた2014年11月14日の記事『「信」なき背信政治屋翁長氏に一票を入れるな!』の中で、すでに用いています。
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-73d6.html

下記に管理人さんの文章を引用しておきます。
”「翁長党」が唯一誠実なのは、ひと握りの沖縄財界の面々に対してだけです。その裏切りを代償として翁長氏は「琉球王」の座につく野望を持ったのです。”
要するに産経やAERA云々は関係なく、翁長氏が知事になる以前からあなたは「琉球王」という呼称を翁長氏に対して使用していたというこです。
またAERAの「新しい琉球の王が誕生した瞬間ではないか」という表現と、産経新聞などのメディアが揶揄的に呼称する「琉球王」では言葉もニュアンスが違うと思いますよ。

また「私がもっとも嫌うのはプロパガンダ、即ち教条に基づいた宣伝・煽動です」とありますが、なぜプロパガンダの申し子の様な我那覇真子氏をたびたびブログで好意的に紹介しているのか不思議に思います。
『私は沖縄の勇敢な抵抗者たちを応援します』
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-0234.html

ご存知かとは思いますが彼女は統一教会が母体の世界日報系のサイトでライターをしていますし、「狼魔人」の江崎孝氏と一緒にチャンネル桜の「沖縄の声」でキャスターもしていました。
そして幸福実現党の矢内筆勝氏とも家族ぐるみの付き合いがあるようです(下記の矢内氏ブログに我那覇氏が矢内氏とご家族で写っている写真があります)。
http://yanai-hissho.hr-party.jp/activity/1057.html

彼女のような胡散臭い人間が「勇敢な抵抗者」として白バラ抵抗運動のメンバーと同列に扱われているのには鼻白むものがあります。

以上のことからしても管理人さんが、その手合いの連中のシンパだと一部の人に認識されるのも無理からぬことではないのでしょうか?

ガーボルグさん。今日の記事読めばわかると思うんですが、延長戦ですか。

まず、勝手に引用されたものについて責任は負えません。
「狼魔人」さんには、無断転載について抗議しておきます。

我那覇さんは、個人としてよくやっていると思います。
私は沖縄の言論統制的空間での孤立した戦いとして評価したので、彼女の交遊関係になにがあるのかは無関係です。

党派についてですが、世界日報など読んだことがありません。どこにいけば読めるんですか。どんな新聞なんですか。
チャンネル桜は名前だけ知っています。私はネット動画は見ませんので、見たことがありません。
幸福実現党にも興味ありません。
というか宗教右翼はそうとうに苦手です。
しかし、なんでもこうゴッチャにするのかなぁ。

私が翁長氏を「琉球王」と呼ぶのは、なんども繰り返しているように、彼の安易な分離・独立志向の政治姿勢が大変に沖縄を危険にするからです。

朝日と違ってあたり前です。あれはまるで鑽仰記事です。ああいう薄気味がわるいものと一緒にしないでください。

コメントありがとうございます。

「朝日と違ってあたり前です」とありますが、では何故引き合いに出すのか不思議「に思います。
私は「琉球王」という揶揄的な呼称よりも、一応は県民の代表である(不満がある人は多いでしょうが…・)翁長氏に対して「島の悪霊」と言ってのけることに度肝を抜かれました。

ネット上からはよく見えないかと思いますが、私の実感としては「狼魔人」の江崎氏と我那覇氏は沖縄県内の保守派、基地容認派の人からの評判が物凄く悪いです。
彼らと同一視されることを嫌う人が多いですし、中には彼らの名前を出すだけで「一緒にするなよ」と凄まれたことすらあります。

下記のリンクが我那覇氏がライターをやってる世界日報系のサイトです。
ちなみに、江崎氏はよく自身のブログで世界日報をソースに記事を書かれることが多い印象です。
『オピニオンのビューポイント』
http://vpoint.jp/opnion/interview/57501.html

毎日、楽しみに拝見している生粋のウチナンチューです。早速ですが、オナガ知事を「琉球王」と呼ぶ起源でこれだけ論争と言いますか、上げ足を取ろうとする投稿者の思考回路を疑います。

私はオナガ知事を「琉球王」と呼ぶのも汚らわしく、「暴走する汚れた英雄」が妥当だと思っています。それに彼を支援する金秀グループにかりゆしグループのあくまでも支配者の方も本土分断工作と私物化をする輩と確信して私なりに調べている最中です。

実際、私は金秀建設のキャンプ・シュワブ工事落札の件で沖縄防衛庁や「龍柱」デザイン変更の真意追及で開示請求を那覇市役所花とみどり課に求めもしました。

辺野古基地にも何度も足を運び、平和活動家と称すして過激な反対運動を先導する山城氏とも対峙したこともあります。

現場に行って体験したから私の意見が正しいとは言いません。ただ、管理人さんの客観的分析とご意見に賛同する一人として嘆かわしいウチナンチューの投稿であろう方々に言いたい。

もっと沖縄で起きてる現実を直視して意見の違う方々にレッテル張りに費やす時間があるなら自分の頭と足で行動して己の意志を持って頂けることを願っています。

管理人さんにおきましては、今後とも沖縄問題に対して、沖縄愛があるからこその客観的なご意見を書き続けて頂ければ幸いです。

ガーボルグさん。江崎さんには抗議文を送付しました。無断転載は問題ですので。

それと誰のバックに誰それがいるというあなたが好きな人脈探しは、不毛ですね。
私の村でも村会議員選挙とか町長選挙になるとやっていますが、正直、うんざりです。
その人の行動や主張で評価するのが民主主義のルールで、人脈で評価するというのは、悪しき意味で「島政治」そのものではないでしょうか。

「島の悪霊」ですか。これは価値観の違いですね。
私は本気で翁長氏を大変に危険な、島を破滅に導く政治家だと思っています。
だからあえて「悪霊」と書きました。
「琉球王」は、本土では右も左も言っています。

国会前の人たちがよく「アベヒトラー」なんて言っていますが、安倍氏も「国民が選んだ首相」ですよ。
あちらはよくて、こちらはいかんですか。

言いすぎたとも思いますが、記事内容には責任を持っています。
内容的に文句があれば、記事について言って下さい。

それと媒体でうんぬんするのはいかがなもんでしょうか。
私は朝日や赤旗も引用しますよ。べつに批判するためだけではなく、いいデータがでていれば使います。
サンケーだから右翼だとか、セカイニッポーだから極右だとか、もういいかげんそういう低レベルのレッテル貼りは止めて下さい。

内容的なことで批判したいのなら、内容でどうぞ。あなたにはそれだけです。
もういいですか。私は今日も仕事なのです。

ガーボルグさん。

よくまあ細かいこと見て記録してますね。感心です。
2014年の当該当該記事、その前の下りを見れば「琉球独立」後の王というニュアンスですね。そのまま勢いで書いた単語のようですが、それでなければもしかして管理人さんが新語発明者でAERAはただのパクりメディアというわけですね。
朝日は有名になった「ネトウヨ」の発明者ですし。

あなたの旺盛な検索意欲で他に同じ表現がなかったのか調べて下さいな。オレは知ったこっちゃないけど。

我那覇真子さんについて、翁長と反政府・反米基地一色の沖縄メディアでは取り上げてはもらえない中で、発信するメディアといったらチャンネル桜等に限られますし、だからなんなんだと。そんな勇気を真似できますか?
あなたは真っ先にレッテル貼りで反論は許さないという実に狭量な方のようですね。反感を受けることを承知で出演されているだけでしょう。勇気のいることですよ。
幸福実現党との繋がり、私も幸福の科学みたいなカルトは大嫌いですが、付き合いがあったら何がいけないのですか?
私も大嫌いだけど統一協会と関係があるならならなんなんですか?

文体は丁寧で良識人らしく見えるあなたは正にあなたは一方的なレッテル貼り名人ですね。素晴らしい!
是非一生そんなことをやってて下さい!
たいていの読者はまず興味ありませんから。


ああ、沖縄には古い神様があちこちにありますね。あれも、同等のカルト宗教?
もちろん日本では認められませんが、海外から見たらずいぶん違うことでしょう。

私がいつ「アベヒトラー」という呼称を良しとするとコメント欄に書きました?
あなたは下記の記事で翁長氏を「ジャイアン」扱いしていますが、安倍氏を「アベヒトラー」呼ばわりしていた連中と程度が変わらないと思いますよ。
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-1c16.html

それこそ「あちらはよくて、こちらはいかんですか」じゃないのでしょうか?

私からのコメントはこれで最後になります。
お付き合いいただきありがとうございました。

ガーボルグさん。これは失礼。
「アベヒトラー」と言っているような集団の方と思ってしまいました。違ったのですね。
「悪霊」はひどいということなので、もっとひどいことをいわれている政治家ががいるということで例証しただけです。

悪霊記事はリンクからはずし、遅まきながら改題しました。

管理人さん、追記をお許しください。

私は「狼魔人」の江崎氏と我那覇氏や金城テルおばーちゃんに世界日報沖縄支局長にも実際にお会いしている物として、世間の評判はどうか知りませんが、私の感性として彼らの活動の共通する起因は、真実が沖縄県紙によって封殺されている現状を危惧しているからであって勇気ある言論と行動をしていると思います。

辺野古基金の共同代表である佐藤優氏が我那覇真子氏をガーボルグさんのコメントのようなレッテル張りをしているようですが本人もはっきりと否定していますし、彼女のお父さんは私の高校の時の同級生で彼にも確認をしています。

誰を擁護するわけでもなく実際にお会いした私の拙いかも知れない感性です。あしからず

生粋のウチナンチュー さん。ありがとう。
私は誰がどの人脈だ、どの政党だとかいうことには一切関心がないのです。

ただ、江崎さんや我那覇さんの物言えぬ島となった沖縄県の中での、勇気ある戦いに共鳴しているだけです。
批判するならば、彼らのように実名を出して、真の孤軍で戦ってみろと言いたい。
狭い島で多数にへつらわずに戦うのがどれほど大変なことか経験してみろと言いたい。

今日の記事の写真ではありませんが、全員同じスローガンを書いたプラカードに隠れて顔を見せない、指揮者の掛け声と共にザッと出す。
それって勇気がいることでしょうか。
私は違うと思う。
人間の勇気とは、孤立した中でも、節を曲げずに声をあげ続けることです。

頑張って下さい。
私はそういった孤軍をいつも応援しています。それがほんとうの民主主義だからです。

 我那覇真子さんは、立派な有望な保守言論人だと思っております。彼女がだれと結びつていてもイイです。彼女は立派だと思っておりますよ。プロパガンダも別に構いませんが、それだけではいけない筈で、そこに真実・事実が含まれているのであれば、構いません。

 翁長さんを「琉球王」と管理人さんが最初に言ったのであれば、いいセンスがあるというべきでしょう。しかし、「悪霊」がうまい表現だと思いますね。もっと攻撃性を強めれば、「悪魔」です。この方が、沖縄を混乱に陥れ、中国の支配する沖縄の方向へホントに持って行くのであれば、彼は実際上「悪魔」です。

 管理人さん、狼魔人日記へ抗議などしないでください。彼(江崎氏)は、あなたを信頼しているのですから。チャンネル桜も右翼と目されますが、立派な面がありますよ。幸福実現党も立派なものです。細かいことを気になさらずに、批判は覚悟で自由にご発言してくださるようおねがいします。

 私は、彼(知事)をアンポンタンと言います。どうも信用できないのですよ。口先だけの人間のように思えます。ホントの意味での知性に欠けていると思うのですよ。プロパガンダ人間とも呼んでいいのではないでしょうか。

 金秀さんにもがっかりしております。ス-パ金秀はいつも利用する店です。いい店ですよ。この社長さんがトンでもない方向へ動いておりますね、残念です。

 

読谷人さんのコメントは誹謗中傷の類いなんで取り上げなくていいのにと思いますが、管理人さんらしいです。


翁長知事を応援してる人達からしたらとても重要なのか知れませんが、琉球王と揶揄されるような印象を与えるからそう呼ばれるだけでしょう。


沖縄じゃ新報や沖タイが幅をきかせてんだ、江崎氏、我那覇氏の発言も違う角度から見れるし言論の自由があって大いに良いじゃねぇですかい。

勇気づけられました。管理人さん 有難うございます。

知っての通り沖縄は小さなコミュニティーです。息子や孫に危害が及ぶのではないかと自問自答の中での孤独な戦いが続くと思いますが私なりに頑張ってみます。

> 産経ですか。ひとことで言えば、「右の朝日」でしょうね。
私は思春期に朝日と赤旗で育ったので、産経を中年になって読んだ時のショックは、今でも忘れられません。こ、こんな新聞があったのかぁっ、てかんじ。

この部分、すごく良く分かります。
私自身がまさにそうだったので(さすがに赤旗は読んでませんが)。

リベラルから保守にシフトした直後は産経の論調が非常に心地よく感じたものですが、最近は少し辟易しています。
内容的にスポーツ新聞かあるいは三流大衆紙かと思うような部分が散見され(特に産経west)、トップページ左側に水着の女性が出てきたりで・・・

そういった意味では朝日の方がずっと格調が高い。
阿比留さんのような良い記事を書く人もいるんだから、もう少し格調の高い保守のクオリティペーパーを目指して欲しいと思ってます。

生粋のウチナンチューさん
全く 私の考えそのものです。
自民時代の翁長を応援し、良く知っ
ているだけに 彼と彼の取り巻きの
魂胆が、手に取るように見えてくる。
私も、幸福の科学等関係無く 我那覇
さん、江崎氏のコメントや活動には
共感しています。
沖縄左翼二紙と真向から闘っているの
は、勇気ある彼等であり彼等を嫌うの
は、リベラルでは無く完全な沖縄左翼
では無いでしょうか。

毎日、管理人さんのブログを楽しみに
読ませて貰い、同じ県民の共感する様
なコメントを目にすると、元気が出ま
す。

我那覇真子さんが幸福の科学の信者かどうかは
わかりませんが、辺野古移設容認・推進派が意見を発信するメディアが世界日報やチャンネル桜しかありません。

そういう沖縄の言論環境が問題のような気がしますね。

>演説はダメだったが
英語と日本語では追悼文の構築が全く違うので、
日本語訳にがっかりした人は多いかもしれませんね。
私も素晴らしいとまでは思いませんでした。が、オバマらしさが盛り込められていたと感じました。薄っぺらく取り敢えず謝罪以外の美辞を並べた訳ではないなあ。
今朝アゴラにアップされた松田公太氏の部分訳のニュアンスでもしも和訳にトライできる方は辞書を引き引きしてみると良いです。

「私のコメントはこれが最後です」とか言って格好だけつけて行ってしまわれましたが、結局のところ読谷人さんは何を主張されていたのでしょう。

翁長氏は公人であり為政者で、安部総理と同じ「権力者」です。
書き手が表現の手段として翁長氏を「島の悪霊」「琉球王」などと形容する事、その事自体は全く問題ありません。
そして、ブログ主様がそういう表現をされた理由は当該記事にたっぷりと書いてあるのです。
左派系のブログと違い、このブログはせっかく「有効な批判なら歓迎」の姿勢で双方向性を持たせているのが特徴です。
せっかくの機会でもあり、批判があるなら、その記事内容の「何処がどう間違っているのか」、あるいは逆に「翁長氏がいかに立派である」かをしっかり反証をもってコメントすべきでした。

思えばこのブログほど面白く愉快なブログはめったにないですよ。
記事の質の高さは誰しも認めるところでしょうが、そうしたクオリティー維持のために費やされるブログ主様のデータや資料集めの苦労、これはかなりのものでしょう。
しかしその苦労をよそに、甚だしい時は、十ばかりなるコメント者全員の意見が違っていたりするのも常なんですね。
それも記事内容を無視した意見ではもちろんなく、個性や立場、パーソナリティーによる相違であるところが最も興味深いところです。
読谷人さんも、こうした特性を理解・利用して自説を開陳して欲しかったですね。


>山路氏に「だからあんたは甘い」と叱られるんだよなぁ(笑)。

いえいえ、そんなふうには思っていません。カンベンして下さいよ。(笑)
私はかつて核心的左派(本来、左翼にリベラルは無縁です)でしたから、リベラル的心情は幾分欠損している自覚があります。
ですので、リベラル修行中といったところです。
リベラルについての理屈だけなら、一時間くらいは話せますが。(笑)
貴ブログの初期の頃より読み返してみますと、それが何となく見えるような気がします。
リベラルも保守も生活や人生に密着した形態をいうのであって、理屈ではないようです。

リベラル的感性が皆無だと、たとえばオバマ訪広島ですが、このことの評価を私はかつて「レジェンド作りにすぎない」と評しました。
事実はこれこそオバマのやりたい事、だったと今は理解しています。


山路さん、そうですね(^^)
管理人さんの庭先で毎朝興味深い資料と考察の記事についてコメントしたり読んだりできるのは、本当にありがたいです。
私はかなり皆さんとは違うスタンスな上しょっちゅう明後日の方向から質問を飛ばして翌日記事で丁寧に教えていただき、ホントは違う話なのを後回しにさせてしまった!あちゃー(>_<)となるのですが、お邪魔させていただき只々感謝です。
私が時々疑問形式でコメントするのは管理人さんに質問というより皆さんそれぞれ考えてくれたら嬉しいな、という動機での事なので無理に気にせず予定稿を揚げて下さいね。

すみません。水を差すようですが、
「私は誰がどの人脈だ、どの政党だとかいうことには一切関心がないのです。」
という管理人さんと違い、私はそのことをとても気にします。

私には、表面上の言葉だけでその人の真意をはかれません。まあ、私に理解力がないため背景を頼りにしてしまうということもあるし、レッテル貼りと非難されるかもしれません。

でも政党や所属団体、人脈はその人のよりどころ、信念を反映していることも多いと思います。

ですから朝日が言っていることと、産経か言っていることはその分を考慮して判断するようにしています。

 ある沖縄人さん

 お宅のご感想、ホント自然なことであると思いますよ。しかし、大切なのは、自分で考えることなんだと思います。ここのブログで、管理人の「ありんくりん」さんのご意見を参考に、ご自身の考え方を深めることが出来るはずです。「ありんくりん」さんのお考えや心情が理解できるということであれば、いちおう彼の世界が分かるということでしょう。他人のことが分かるというのは、それだけ自分自身が広がることになります。これが勉強(体験)だと思いますし、楽しみだと思います。

「私は誰がどの人脈だ、どの政党だとかいうことには一切関心がないのです。」という方は、相当に勉強をしており、また体験をしており、自信がある方なのです。 

いつも拝見して、勉強させてもらっています。

ところで、他の方も書かれていますが、産経新聞について、ブログ主様が「こ、こんな新聞があったのかぁっ、てかんじ。」と書かれてる部分に、ものすご〜く共感して、思わず笑ってしまいました(^ ^)

↑ハンドルネーム書き忘れました。すみません。

ueyonabaruさん

>「私は誰がどの人脈だ、どの政党だとかいうことには一切関心がないのです。」という方は、相当に勉強をしており、また体験をしており、自信がある方なのです。

なるほど、そうかもしれませんね。

ueyonabaruさん

以前よりこちらのブログの大ファンで、ごくたまにコメント入れさせて貰っている者です。

貴殿のコメントの
「大切なのは、自分で考えることなんだと思います。ここのブログで、管理人の「ありんくりん」さんのご意見を参考に、ご自身の考え方を深めることが出来るはずです。」

共感いたします。こちらのブログでの記事やコメンテーターの皆様のやりとりを静観させてもらうだけでも自身の偏った考えを矯正させられます(笑)

お言葉は来週投開票の県議選の参考にさせていただきます。

私のコメントな対して記事が書かれているのでビックリしました

「朝日新聞が琉球王がつけた名だぁ」とのことですが、本来の基地問題に対して「翁長は琉球独立派だ!」とか喚いてミスリードしてる人たちが積極的に呼称しているのが「琉球王」だと私は捉えているのです
だから産経新聞とか幸福実現党の名前をだしたのですよ
それに管理人さんに自覚がないだけで、100%とはいいませんがかなり親自民的な視点の記事が多いです
それに「他に政党がないから消極的な自民党支持」っていうのもネット上で自民寄りの発言を繰り返す連中によく見られる典型的な文言ですね(笑)

それよりコメント欄を読んで驚いたのは、沖縄の保守派論人のバックに統一協会系の世界日報や幸福の科学がいても問題がないですって?
冗談ではない、無責任なことを言いなさんな
本土からでは絶対に分からないでしょうが、幸福の科学系の連中が保守派を装って基地容認派の若い人たちに勧誘まがいのことをして問題になったことを私は知っていますよ
まあ、現政権からして組織票欲しさにフランスでセクト指定を受けたカルト教団の政党と組んでいますからね(笑)
そういう流れもあってカルト宗教に対する認識で甘い所があるのかも知れませんが、そういう集団と積極的に関係を持ってる人間を無闇に持ち上げるのは考えものです
第一に幸福の科学及び幸福実現党が沖縄での活動に力を入れているのは信者獲得のためでもあるのですよ
八重山や離島では本島よりも露骨です

とにかく、カルト宗教の人集めの疑似絵にされてる連中を無責任に称賛してお先棒担ぐような真似をするのは止めにしませんか?

>カルト宗教の人集めの疑似絵にされてる連中を無責任に称賛してお先棒担ぐような真似をする

誰がそんなことを?私は賢くないもので、私にわかる自称「読谷人」さんの主張は反○○なんだろうな~、といことだけです。

>カルト宗教の人集めの疑似絵にされてる連中を無責任に称賛してお先棒担ぐような真似をする

誰がそんなことを?私は賢くないもので、私にわかる自称「読谷人」さんの主張は反○○なんだろうな~、といことだけです。

手違いで二重投稿になってしました。失礼しました。

読谷人さん
さすが革新地盤 読谷人だなって意見
ですね。
山内さんはまだしも、国旗を燃やて
ホークスのキャンプをオジャンにして
も議員に当選する土地柄ですから。
宜野湾に住んでいますが、ネットを含
め、貴方が仰る様な勧誘とか聞いた事
が無いし、貴方の誇張だと思いますが。
それと、うちなーんちゅは団体、政党
とは別に 個人を見ているんでは無いで
すか?。

琉球王。
発言している人によっては、褒め讃えているようにもなるし、貶す意味合いにもなるのかもね。
まあ、翁長知事は、沖縄県民の大多数に寄り添っているからこそ支持がある。
米軍基地を沖縄に何が何でも置きたいと思っている政府より方たちは、翁長は、王様気取りだの、死者を利用しているだの、沖縄の集会が目障りで仕方ないのでしょうね。
重箱の隅をつついてでも、翁長はこんな奴だ、あんな奴だと蹴落としたいのだろう。
アンチ翁長陣営は、翁長知事は、県民を裏切って辺野古を受け入れると言ってましたがどうでしょうか?
ネガティヴなレッテルに反して翁長知事は、信頼を失うような行為をしません。
その辺は、自民党議員とは、違いますね。
大きな力のある国家権力に対して孤軍奮闘では全く歯が立ちません、安倍政権は、国家権力を制限する憲法すらも引きちぎる強権力を振るう相手。
集会で力を合わせなきゃ、個人は、踏み潰される。
辺野古の工事を踏み留まらせているのは、沖縄県民の集団の力と翁長知事の力ですね。
政府よりの方の県内移設という結論ありきの屁理屈や方便では、沖縄県民を納得させたり懐柔する事は出来ないと思います。
自民党お得意の札束で叩いて懐柔が通用するのは、限界があると思うなあ。
私は、これでも元自衛隊員ですので、反政府的集会(笑)なんて参加した事ないけど、反米軍基地集会参加してみたいと思うこの頃。

読谷人さん。

私が「親自民」だろうと、このテーマはどう関係あるんですか。
あなたのそういう、なにに付けてもまずレッテル貼りが先行する癖がたまりません。
否定するとこんどは「ネット上でそういう奴はたくさんいる」ときたもんだ。
またまた、だからどうしたんです。
まずは討論相手のセクトを決めて、それをポジショントークだと考えないと落ち着かないっていうのは、貧しくないですか。

討論内容の、客観的な正しさや妥当性ではなくて、まず利害関係や損得勘定だけで判断する、これでは討論になりません。

幸福の科学うんぬんも一緒です。
あそこがカルトかどうかどうでもいいことです。
仮にそうであっても、どうして彼らが島で一定の力を持ってしまうのかを考えたほうがいい。
まっとうな言論空間があれば、「カルト」など出番がないはずです。

沖縄は全国一の言論統制地域です。
その最大原因は、全国紙すらない、地元2紙が赤旗以上に左であって、一切異論を報じないという共産国家さながらの体質にあります。

創価学会がカルトですか。まるで在特会の連中のような(笑)。
あなたのレッテル癖流にいえば、こんなことを言う読谷人さんは親ネトウヨですか?

フランスはライシテという、政教分離が国家原則なのですよ。
だから世界一「カルト」指定が厳しいのです。こういう背景を知ってから言うのですね。
関連記事http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-0051-1.html
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-73f2.html

それに創価学会県連は確か「オール沖縄」の重要な一角じゃなかったでしょうか。
反基地を言っていれば、創価学会は善玉だが、自民と連合与党を組むといきなりカルトだ、けしからんというわけです。
ご都合主義なことだ。

私は何度もくりかえしていますが、人脈がどうとか、背景党派がどうということは無視しています。
読谷人氏が共産党や社大党シンパだろうとなかろうと、仮に党員であっても関係ありません。
すくなくとも、この言論空間では言った言説のみで評価します。
あなたの言っていることは、だから薄ぺらいというのです。
言論には言論で返しなさい。

ここのブログは何年か前はよく覘いていて原子力事故関係の記事には大いに学ばせていただき管理人様には感謝しています。

でもここ何年かの沖縄関係の記事には失礼を承知で(本当にごめんなさい)言わせていただくとかなりがっかりというか悲しい気持ちになりました…。
私が沖縄に住んでいるからなのかも知れませんが管理人様は何か沖縄でいやな思い出があって恨みがあるのでしょうか?
翁長さんが悪霊なら投票した私は悪霊の仲間ですか?
反基地の立場をとることは個人の自由ですけど右翼もどきの人たちや変な宗教の人たちを利用して県民の本音のように言って記事を書かれるととても不愉快だしものすごく悲しいです。
変な人たちを利用しないで管理人さまの率直な意見をぶつけて下さい。

あまり文章を書いたことがないので読みづらい文章になりましtがこれが私の正直な気持ちです。

あと久しぶりに最近の記事を呼んだのですが新里さんが軍属かどうかとか犯罪数のグラフをのせたりして今回の事件を普通の殺人事件であるかのように見せることに必死になってるように思いました。(勘違いだったらごめんなさい)

>>今回の事件を普通の殺人事件であるかのように見せることに、、、、

今回は普通の殺人事件ですけど、、、。

なんで??、「基地全面撤去、オスプレイ反対、NOBASE」の プラカードがいっぱいなの?。 

反安倍、反米軍に結びつけようと、必死です。

抗議には、哀悼の意は全く感じられませんでした。
(黒い服を着てたけど、わざとらしく)

軍司令部での抗議の時、車で通りました。近くは大渋滞していました。そんなことお構いなしに叫んでいましたよ。

普通の殺人事件なら一国の首相が大統領とそのことについて話しますか??
米軍が関係ない普通の殺人事件ならばなんで基地の上役たちが謝罪したり兵隊が飲酒禁止の措置になるのか教えてください。

世の中 特に沖縄を平和平穏にするためですよ。

その四軍調整官の「こころと気持」を読んでください。

自分の部下(軍人)でもないのに、頭下げてるのを。


その首相と大統領をそうさせたのは

沖縄の二大捏造新聞と沖縄サヨクですよ。

すごいじゃない首相と大統領をそうさせるて、みなさん、。

それで、辺野古でワアワア騒いでいる連中を落ち着かしているんですょ。

一応私の立場を言えば元自民県連の大物だった翁長は信用していません

今の所は「オール沖縄」の体裁は保っているけど与党とのシナリオありきのプロレスになることは見えていますからね
かといって投票棄権する訳にもいかぬので、彼に投票したから私も悪霊の一味ということになるのかな(笑)
それに、この前の宜野湾市長選では佐喜眞を公明党が推薦していたが、それでもアレがオール沖縄の重要な一角を担っていると言えるのかね?
アレをカルトではないと言い切れるなんて管理人さんは信者に囲まれて折伏されたことのない幸せな人なんですねー

あと、言っちゃ悪いけど沖縄に住んでもいないのに随分と必死で沖縄県の選挙と政治に絡みたがって不思議に思いますよ
まるで県外から辺野古の抗議に来ている所謂「外人部隊」と呼ばれる県外の人みたいですね
まあ、ネットでカタカタ書いてるだけの人と実際に行動に移している人を同列な扱うのは失礼かもしれないけど(笑)

とにかく、言いたいことはこれっきれです
私はあなたみたいに「挫折したー」とかいって沖縄から出ていくことの出来ない人間です
だってムートゥーヤーや亀甲墓をかついでいくことなんかできませんからね
この土地で暮らしていくしかないんだから政治ってとても大切なことなんですよ
だから差別と言われようが何だろうが住んでもいない県外の人にアレコレと政治のことは言われたくないし、ましてや変なカルト宗教を県民の代表面させて引き合いに出されるのは我慢がならんと言うわけ
以上です

それって義挙人さんの考え方ですよね?
公式見解ではなく。

では筋が通らないのにあの人たちは謝って馬鹿みたいですね。
テロには屈しないが信条のアメリカなのに、義挙人さんの意見では自分に非の無いことに屈するっておかしくないですか?
そんな馬鹿みたいな真似をして辺野古の人たちは家に帰りましたか?

私はブログ主様が本気で気の毒でならないです。

ブログ主様が丹精してこれまで書いてきた記事は何だったのか、と思います。
読んでいないか、読んでいたとしてもほとんど理解出来なかったか、あるいは曲解したり誤読されたり。
重箱外の重箱の隅つつき、情に訴えた泣き落とし、そしてそれらの繰り返し。
これは一体なんという有様なんでしょう。

ただ、「たのむからもう一度、良く読んでみてください」と言うしかありませんよねぇ。

読谷人、美ら島
まじ、反対側のうちなーんちゅですね
私みたいな、単純に普天間移設を願う
保守的な考えの私には、話になりませ
ん。読谷人さんの翁長の考察、とても
良く 共感しました。
ただ、絶対反対の貴方方とは 理解し合
える事は無いんだなと感じました。
同じうちなーんちゅでこれなんだから、
寂しいね。

なんだか荒れていますね。

山路さんのおっしゃるように、過去の記事を読まず、最近の記事だけだと誤解しやすいと思います。

翁長知事のこと侮辱されると、投票した人は自分が侮辱されてるように感じる方も多いのでは。
ああ、またダメなのか?・・認めたくないという。
それにトランプに重ねるなんて言いすぎのように思います。

管理人さんのこの記事、読みましたが、これを読んでみてはいかがでしょう?
「皮膚感覚の違い」とは秀逸だと思いました。
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-ae80.html

一昔前までは冷静を何とか保てていた沖縄はいつの時期からか(沖国大ヘリ墜落事故辺りかなぁ)かなり感情的な傾向になってますね。予算引っ張ってくる自民党を応援していたけど結局は土建屋しか儲からいし、そんなんじゃ応援してても意味が無い、それなら反対側のだれでもいいから票入れちゃえ位の感覚の人もたくさんいるし。

政府は反対する県民の感情を奥深く細部まで徹底的に分析した上で、米軍、特に海兵隊が何故沖縄で無いと駄目なのか、

送信ミスしちゃいました笑
海兵隊が何故、沖縄でなきゃだめなのか、即応性が重要ならわかり易く、空軍では対応出来ないのか、近隣の県では抑止力にならないのか、県民の疑問を全てハッキリ丁寧に説明すべきです。
今の沖縄県の混乱は政府の対応不足、これに尽きると思います。

一沖縄県民さん

政府の説明不足は、管理人さんも何度も指摘していますね。
全く同感です。
多くの沖縄県民がもつ政府への不信感は、地元の新聞だけが原因ではないでしょう。

↑またHN忘れました。
すみません。

>だから差別と言われようが何だろうが住んでもいない県外の人にアレコレと政治のことは言われたくないし、ましてや変なカルト宗教を県民の代表面させて引き合いに出されるのは我慢がならんと言うわけ

読谷人さんの本音はコレなんですな、沖縄のことに本土は口を挟むな!!
このブログは目障り、黙れってことか。記事がなければ本土人のコメントもつかないしね。
こんなことが本土における嫌沖感情を増幅させる。

大和だー琉球だー中国だー(笑)

江崎さんや我那覇さんは琉球だけどカルトの手先だから黙れかな?

翁長知事がくっついてる共産党も私からしたらカルト団体みたいなもんだよ。噂じゃ集金システムも凄いよね。


過去記事を読んだうえでの発言でしょう、分かり合えないよ。

あぁ〜最近のやり取り見てると管理人さんが不憫でならねぇや。

昨日も今日も那覇は湿気ていまして、そのせいだからでしょうか?コメント欄で管理人さんにお申し出なさる方々の、翁長県知事のことを愛するあまりの冷静さに欠けた湿気の多い(感情に左右されてるという意味)内容には、ちょっとびっくりしました。意見が違うのは、いいことです。でも自分の意見と異なるからといって、お申し出するのは単なる消費者みたいに思えます。

この様な残忍で許し難い事件も起き、それ以前に法廷闘争にまでもつれ、時既に遅しかもしれないですけど、事此処に至るまでに重要な「海兵隊辺野古基地」ならば、左翼活動家は別にして、ゲート前で抗議している県民にでも理解されるような説明材料は持っているはずです。

ですから、一刻も早く、工事が再開されるまでに説明してもらいたい。
単に反対でも人は色々です。
私自身もそうです。政府が分かり易い説明がなされるならば同じ日本国民である以上国の一役を担えれるのであればと思い直せます。
賛成もあれば反対もある中でも事は一定の方向へ進んで行かねばなりません。であるならば政府が言う「出来る事は全てする」の前に「出来る説明は全てする」を済ませた上で実行して欲しい。
管理人様も沖縄問題のカテゴリーは気が重くなるかもしれませんが、辺野古へ進む前にやるべき事の重要性をこのブログを通して発信して貰いたいと思います。
意味不明でごめんなさい。

>私はあなたみたいに「挫折したー」とかいって沖縄から出ていくことの出来ない人間です
だってムートゥーヤーや亀甲墓をかついでいくことなんかできませんからね
この土地で暮らしていくしかないんだから政治ってとても大切なことなんですよ
だから差別と言われようが何だろうが住んでもいない県外の人にアレコレと政治のことは言われたくないし、ましてや変なカルト宗教を県民の代表面させて引き合いに出されるのは我慢がならんと言うわけ

それを言っちゃあおしまいよ、とは思うケド、実際に住んで、これからも住み続ける人にとってはそうも言いたくなる気持ちはわかる。

実際に住んでる人からすれば、個人のブログなんてどれだけ真剣に書いてもゴッコ遊びとしか思えないのでしょう。

悲しいことだけれど、その気持ちを正面から否定も出来ない。安全地帯から何言っても基地が消えるわけでも沖縄県民の苦しみが消えるわけでもないから。

ほんと、それを言っちゃおしまいなんだけど

管理人さんの気持ちは本人ご自身の心のおもむくままに進まれるのが是だと思います。
沖縄への思いを手放されてもまた波を還すようにエールを送られても。
そして沖縄もいざとなれば多数決で中国の離島へと向かうか否かを決めても良いのかと私は思っております。その際にもしも琉球独立派が勝てば、日本人でありたいと思う方々を全力で保護したいと思います。そして故郷を離れる辛さがわかるからこそ、そのような分断がないように何か手立てはないかと願っています。
他人事だと思うかもしれませんが、むしろ危険地帯でくらしたり、祖父をアジア人に殺され、夫は韓国人に貶められた身だからこそ気になって仕方がないのです。

亀甲墓うんぬん、非常に不愉快です。
まるで新報のオピニオンの投稿を読ん
でいる様な。
こんなに真剣に沖縄の将来を危惧し、
色んなデータを駆使し、建設的な意見
をいい合うブログなのに、他所者は
口を出すなとは、私は 県民として貴方
を軽蔑します。
不幸な事件を良いことに、政治利用す
る事を県民が支持すると思ったら大間違
いですよ。

私は自分にレッテルを貼ると、個人自由意志最優先・
商取引自由・国文化保守・必要最小政府 主義です。

なので中共や北共はクソです。それで日本が中共や
北共にヤラレないようにするのが、私の政治的な願
いとなります。ところが憲法で自前の軍隊を持てず、
米国からはかつての大敗北などから大人扱いさせて
もらえない差別があります。

必然かハメられたかは別にして、現実的に米国無し
では中共らに対峙できません。又、万一交戦したら
ソコは日本/中共のボーダーである南西諸島方面で
ある可能性が高いと思います。なら、日本の防衛力
をその方面に集中させるのは当然です。

南西諸島方面の方々も同じ考えだとすると「米軍は
出て行け」とは、なんじゃらホイ?

「共産主義がイイんだ、俺はマルクスが好きだーっ」
と言えば、私もそれは個人の勝手だからナニも言わ
ないんだけど、「沖縄の心だ」と言うから私は何か
悲しくなる。ニュアンスは解るけど、それは政治じ
ゃない。ソコから先に進めない。それが目的か?

米軍・自衛隊が全面撤退し、琉球の心で独立して、
いつまでもいつまでも幸福に暮らしましたとさ。は
理想なんだけど、そんな事あり得るんだろうか?
私の人生観から言えば、そんならもう世界中皆んな
とっくの昔に幸せになっとるわ、なんだけど・・

サヨク得意の、不幸な人達を利用して、中共の占領
時にはちゃっかり自分達が美味しいポストに座って
いるような気がする。頼むから霞が関様、仕事して!
中共の工作にズボズボじゃん。

数百年前に石垣島を大津波が襲った、と読みました。
津波の高さは80m程もあって、全島民の半数が亡く
なったとか。こういう非常時が特にアブナイ。対策
は出来ているのかなぁ。救助しながらの戦闘になる。
アッチは自国民見殺しでも攻撃してきそうでコワイ。

>馬鹿みたいな真似をして辺野古の人たちは家に帰りましたか?

帰る??

辺野古の人たち??

あの人たちは辺野古の人ではないですよ。ワアワア騒いでいるのは、賞金稼ぎの人たちの事ですよ。

帰るわけないだろう。 日当もらってるのに。

公式見解?

公式見解て何ですか? そう。私は自分の意見を言ってるだけです。

もし、軍の司令官が、彼は「シンザト」は、軍人でもなく、ただの米国国籍の民間人だから、そのままほっとけとなったら、、どうなつたと思いますか?
沖縄二誌と沖縄サヨクが黙っていますか?

司令官らは、同じ米国国籍だし、特に沖縄は 米軍に係る事件、事故は、ご存知のとおり、大発狂するので、、、と言う思いを理解できないのかね。

 

沖縄県民さん

> 賛成もあれば反対もある中でも事は一定の方向へ進んで行かねばなりません。であるならば政府が言う「出来る事は全てする」の前に「出来る説明は全てする」を済ませた上で実行して欲しい。

 正直なお気持ちで書いておられるように感じました。おっしゃるように、政府が正面から説明をするべきです。それよりも先に、賛成派の自民党県連が堂々と説明すべきです。国防の問題なのですから、大事なことです。前仲井眞知事も正面から説明をぜず、選挙に勝てば良いという姿勢でしたね。マスコミを怖れたのだと思いますよ。この際、ご自身で、探求されたらいかがでしょうか。

宜野湾市民さん

> 亀甲墓うんぬん、非常に不愉快です。まるで新報のオピニオンの投稿を読んでいる様な。

 まったく同感です。沖縄人はあんただけではないよと言いたいですね。
 

それにしても、HN読谷人さんには心底頭に来るね。

>あと、言っちゃ悪いけど沖縄に住んでもいないのに随分と必死で沖縄県の選挙と政治に絡みたがって不思議に思いますよ
まあ、ネットでカタカタ書いてるだけの人と実際に行動に移している人を同列な扱うのは失礼かもしれないけど(笑)
私はあなたみたいに「挫折したー」とかいって沖縄から出ていくことの出来ない人間です
だってムートゥーヤーや亀甲墓をかついでいくことなんかできませんからね。
住んでもいない県外の人にアレコレと政治のことは言われたくない


こんな言い草、同じ沖縄県人として到底許せません。
同じ亀甲墓をかついでいく事が出来ない人間として、看過出来ません。

長くこのブログを読んでいる人なら得心がいくと思いますが、ブログ主様の故郷は沖縄ですよ。
親のことを含め、本当に生まれ落ちた実際の故郷よりもね。
どうしてこれが理解できないんだろうか。

ブログ主様は沖縄に来るまで、ロマン主義的な心性とは無縁な生き方をしてきました。(今もご自身の中のロマン主義的な部分を認識していないかも知れませんが)
故郷など必要としない人間になろうとしていたし、理性や存在の意義が自分のささえになっていたんでしょう。
また、沖縄に出会うまで、民主主義の理想とそれに随伴する個人の独立や尊厳を自分の人生で体現する事を専らにして生きて来た強い人です。
そんなブログ主様が沖縄に出会って変わったんです。
沖縄に来て、ブログ主様のロマン主義者的な部分が生起してしまい、そうなれば自然に沖縄にハイムケル(帰郷)するしかなかったのです。
だから、ブログ主様が自分の中の特別な沖縄への思いを、私との議論の中で論理的に説明出来ないのは当然の事で、その理由は最も人間の「生」そのものに近い領域での事だからですよ。

こんな事言っても、浮かれて躍り上がった浅はかな沖縄県人には到底理解出来ないかも知れませんが、少しは人間を深く見つめる目を持ったほうがいいんじゃないでしょうか。

私は沖縄で生まれた沖縄県人ですが、今の沖縄の現状を憂うにつけ、状況次第では沖縄を飛び出しても仕方ないと思い悩みます。
しかし、ブログ主様が私と同じ立場ならば、決して私と同じ考えには陥らないでしょう。
それだけははっきり言える。
読谷人さんは、もう少し良く考えて発言したほうがいい。


自称「読谷人」さん、沖縄の人かね。

読谷人さんは県外の方が関わるのが不愉快なのか? 意見の相違が不愉快なのか?

県外の方が関わるなというなら
賛成、反対を問わず関わるなというべきでは?

全く朝から夜中までよくやるわあ、と思いつつ興味深くコメントを読ませていただきました。

読谷人さんの結局のところ本土人が沖縄に口を出すな!とは見事な馬脚の表れでした。
あまりにも失礼な言い種ですな。
亀甲墓云々。別に本気で捨てる(というと言葉が悪いが寺に分祀するなり親族に管理を頼めれば)気があるなら移住可能ですよ。実際に珍しくも無いでしょう。もちろん愛着ある土地を捨てる勇気があればですし難しい決断でしゃうが、他人を貶めるために持ち出すのはフェアではない。
亀甲墓があなたの縛りなら、伝統に反してでも変えればいいだけです。頼める知り合いが居ればですが。


こんなことで沖縄のことに口を出すな。じゃあ、アンタラは本土や日本政府の方針に は口を出すな!というブーメランなのが分からないんですかね。
これは沖縄分離という危険な思想に繋がるのですが。
残念ながら外交や安全保障ってのは国の専権事項なんですよ。知らないのかな。
翁長さんはそれを飛び越えて独自外交を繰り返し、政権には何でも反対・失望と言うばかりですよ。正に琉球王もしくは歯切れ悪いけど琉球宰相じゃないですか!
もしも中華人民共和国琉球自治区長になる頃にはもうお亡くなりになっているかとおもいますが。


管理人が挫折したから逃げ出した?何それ。
関東の田舎でゼロから再出発しただけでしょう。
パソコンでカタカタやってるだけ?
ブロガーって普通はそうですが。ネットの言論空間とはそういうものですし、あなたもそれこそパソコンかスマホでカタカタやってるだけだとしか見えませんがね。何らかの行動をしてるとも書いてもいないし(運動の傍らでパソコンカタカタやってるんならよほど暇なのですね。生活費はどうしてるの?自治労とか沖教組で国から高給もらってるのかなぁ?)、証拠など調べようもないのだから。憶測するしかありませんが。

言論なら言論で答えなさい!
言論と実践なら本日の記事で管理人さんが詳しく書いています。

初めて書き込みます。

私は北部九州出身で、実家からさほど離れていない佐賀空港に自衛隊のオスプレイが配備される、普天間のオスプレイの一部が海兵隊と共に移転(これは結局無かった)等々の報道に接し、色々調べる過程でこのブログも読むようになりました。
尚、個人的には海兵隊、自衛隊双方のオスプレイ等に少なくとも反対では無く、沖縄と絡めて反対運動を行う地元?市民にはうんざりしています。

読谷氏の投稿に他県人として批評は控えたいですが「吉亀甲墓云々」には非常に違和感を持ちました。
私自身就職で地元を離れ、実家に老親は住んでいるものの働いている限り帰る事は事実上出来ず実家の仏事等は盆正月の帰省に併せたり、今後体が弱った老親を呼び寄せた場合実家建屋管理どうする?等問題を抱えており、地元はいわば田舎で同様の問題抱えた知人は多いです。
他県と地続きでない沖縄の特殊性(対馬等も同様ですが)は考慮すべきと思いますが、墓の管理等を理由に地元の特殊性を強調し(そう見えてしまう)他県人の意見を否定される表現は、地元から離れた事も無く「おらが村さ」を自慢する「世間知らず」と重なってしまいます。
これら「世間知らず」は私地元のみならず、いままで生活した勤務地(東京、大阪等の大都市含む)で大勢見かけました。

住んだ事もない他地域に口出しし難いですが本音です。

読谷人さん。

あなたがどんな政治思想を持ち管理人さんを
批判するのは自由です。

だがしかし、「私のコメントはこれが最後です」と宣言した後に何コメントしているんですか?

自分から宣言したことを、すぐなかったことにして
コメントしている。

上記の件からあなたの信用は0です。
恥を知りなさい。

私の読み違いかも知れませんが、
>私からのコメントはこれで最後になります。

はガーゴイルだかガーボルグって人じゃなかったですかね?


読谷人さんはこれからもコメントするでしょう

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日米首脳会談は日米地位協定改訂への一石となるか | トップページ | 日曜写真館 青い薔薇が好き »