• 20220330_ukraine11
  • S22-035
  • Pyh2022042611240088200_p4
  • 00201
  • S22-012
  • 20220111oyt1i501041_20220624011101
  • As20211130002355_comm
  • Img_3678dd131e77942103f5b33f1be878d51761
  • 70571_ext_25_5
  • Image1170x530cropped55640x290

« 共産党が党名を変えないわけ | トップページ | 井上康生監督の強靱さとは »

2016年8月14日 (日)

日曜写真館 花弁に埋もれたい(水彩タッチ入り)

Dsc_1691


Dsc_1968


Dsc_1685



Dsc_1910

Dsc_1972


Dsc_1930

Dsc_1947



Dsc_1974


Dsc_1978


Dsc_2000


Dsc_2103

Dsc_2309

Dsc_2241

Dsc_2339

Dsc_2004


あざといばかりに華麗な牡丹です。
蜂のように花弁にダイビングして転げ回りたい。

水彩画タッチも入れてみました。

« 共産党が党名を変えないわけ | トップページ | 井上康生監督の強靱さとは »

写真館」カテゴリの記事

コメント

おお!この牡丹シリーズの水彩画のような画像がずっと気になっていました!
艶やかな写真も綺麗ですが、桃色の牡丹はこんなタッチが似合いますね(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 共産党が党名を変えないわけ | トップページ | 井上康生監督の強靱さとは »