• Garagara20155b
  • S22-004
  • S22-004_20221003163401
  • Large_5f090ade05
  • Vs5xi2nzmfpklcsz7kkfqf4q2a_20221003043001
  • Img_1d2684936ce9768d61eac82418457b354032
  • 940631_09728251695_600x0_80_0_0_6d8469ad
  • Img_71b473649c43cb2b00d56f7b1521add93842
  • De35771dbd576b31907bcf3c2b0c6f97_1
  • Sa7a2a3c0428911ed8ef7d38adda5c658

« 共産党が党名を変えないわけ | トップページ | 井上康生監督の強靱さとは »

2016年8月14日 (日)

日曜写真館 花弁に埋もれたい(水彩タッチ入り)

Dsc_1691


Dsc_1968


Dsc_1685



Dsc_1910

Dsc_1972


Dsc_1930

Dsc_1947



Dsc_1974


Dsc_1978


Dsc_2000


Dsc_2103

Dsc_2309

Dsc_2241

Dsc_2339

Dsc_2004


あざといばかりに華麗な牡丹です。
蜂のように花弁にダイビングして転げ回りたい。

水彩画タッチも入れてみました。

« 共産党が党名を変えないわけ | トップページ | 井上康生監督の強靱さとは »

写真館」カテゴリの記事

コメント

おお!この牡丹シリーズの水彩画のような画像がずっと気になっていました!
艶やかな写真も綺麗ですが、桃色の牡丹はこんなタッチが似合いますね(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 共産党が党名を変えないわけ | トップページ | 井上康生監督の強靱さとは »