« 公安調査庁 年次報告に「沖縄反基地運動に中国の影」を指摘 | トップページ | 日曜写真館 寒風の湖 »

高江・辺野古に登場した「外国勢力の影」

Dsc_6202

高江や辺野古での一連の紛争が、従来の沖縄反基地闘争と一線を画したのは、現地動員力・資金力の著しい増加、そして暴力を厭わない過激化でした。 

9月29日に開かれた県議会で山城県議の質問に対して、池田県警本部長はこう答えています。 

「7月22日以降に北部訓練場の関連で逮捕した者について申し上げますと、5名でして、公務執行妨害で3名、往来妨害罪で2名であります。
その内訳を県内外でいいますと、県内3名、県外2名で、国籍で言いますと日本が3名、韓国が2名となっております。」
 

この県内者も東村の住民ではなく、県外者の逮捕者がおおよそ半分を占め、しかも韓国籍(朝鮮籍)が目立ちます。

そう、もうひとつの一線を画する要素とは「外国勢力」の影なのです。

このところ韓国のほうで反クネ運動が異様な盛り上がりをしたために、潮が引いたように本国に帰っていったようですが、韓国の親北左翼団体が「日韓連帯闘争」をしたことは知られています。

個人ではなく組織的な関与のようで、下の写真は辺野古におけるものですが、デモや集会に、韓国語のアジ演説や闘争歌が響くことも珍しくはないと聞きます。

1_3

そもそもこの「高江現地行動実行委」の事務局からして、朴洪奎(パク・ホンギュ)氏という在日韓国人であるのは、よく知られています。 

本土ではなんだ「在日」が事務局長なのか、と右方向からやっぱりという声が上がったことで、ご記憶の方も多いと思います。

外国籍の人物が、他国の安全保障問題に介入するのはやってはならないことのはずですが、「在日」という「日本人でもなければ韓国人でもない」という奇妙な立場の階層には許されることなのでしょうね、たぶん。 

ちなみにこのパク氏は、週刊新潮16年11月3日号によれば、元中学校教師で、沖縄に関わったのは元妻の共産党員である蒔田直子氏の勧めだとのことです。 

元妻である蒔田氏の主張はこちらの共産党「京都民報」ウェッブからお読みになれます。http://www.kyoto-minpo.net/archives/2016/07/08/post-20427.php

また、有名な在日運動家の辛淑玉(シンスゴ)氏も「のりこえネット」を率いて高江に登場し、勢い余って連れてきたしばき隊の元暴力団員が暴力事件で逮捕されてしまい、運動に打撃を与えてしまうというおまけまでつきました。

辛氏は韓国籍で、しかも沖縄は在日問題となんの関係もありませんが、「これは戦争だ」そうです。

Photo
もうひとりの在日韓国人とみられる洪笑日という人物に至っては、「高江は36年前の光州になる」と絶叫しています。

Photo_3光州事件

この人たちは、他人の国を光州暴動の地にしたくて、高江に「戦争」するために来たようです。
光州事件 - Wikipedia

まぁ、当人たちが「戦争」と考えているから、添田のような私的暴力装置が必要だということのようです。

この間の高江紛争の急激な過激化は、「戦争」しに来た彼らの到来と無縁ではないかもしれません。

百歩譲って、在日韓国人(朝鮮人」)が生活上の権利闘争をすることは、歴史背景からみてもありえることです。

反ヘイト運動も、その運動の当否は別にしてありえるでしょう。

しかし韓国籍のまま、日本の内政、しかも安全保障案件に介入するのは完全な行き過ぎです。

しかも、みずからが生きる地とは遠く離れた沖縄で、仮に比喩的表現であったとしても「戦争を起こせ」と叫ぶのは、正気を疑います。

このような人たちが、高江の支援者の相当部分を占めていることは事実です。

この高江支援網について篠原章氏は「Hanada 2月号」で、在日関係者の聞き取りとしてこう述べています。

「要するに反日運動なんです。日本あるいは日本政府をおとしめようとする活動なんです。
在日差別を沖縄差別に置き換えれば『差別』というキーワードも共有できますしね。
朝鮮総連の関西系本部が中心だと聞いていますか、北朝鮮寄りの在日韓国民主統一連合(韓統連)大阪本部や民団の一部も朝鮮総連に歩調を合わせて沖縄に支援人員を送っています。

これとは別に、日本基督教団のキリスト団体には在日系牧師が少なからずいて、高江や辺野古での活動や、本土の情宣活動に積極的に取り組んでいます。
韓国のキリスト教団体も多数の支援者を送り込んでいます。
結果的に、在日団体の指示や勧誘で沖縄に来ている活動家の数は、反対運動の中でかなりの勢力に成長していると思います。」

このように見てくると、高江紛争に対しての外国勢力、特に親北朝鮮勢力の介入は明らかです。

これが、辺野古・高江紛争となって、いきなり動員力が急増し、資金的にも潤沢になった理由のようです。

このような背後関係をメディアは完全にスルーして、「政府の弾圧と戦う平和を愛する市民」、あるいはただ「住民」として報道を続けています。

まったくのミスリードです。

彼ら外国勢力はいくつかのクッションを経て、北朝鮮、あるいは中国につながっていると見られています。

そう考えると、そうでした。オスプレイ配備と在沖米軍基地を最も嫌がるのも、この両国でしたね。

|

« 公安調査庁 年次報告に「沖縄反基地運動に中国の影」を指摘 | トップページ | 日曜写真館 寒風の湖 »

沖縄問題」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
毎回丁寧に、事実関係を知らせてくださる記事は大変勉強になります。
お仕事をなさりながらの毎日の記事更新、とても真似できるものではありません。

以前2度ほどタツノオトシゴの名で書き込みをさせていただいた者ですが、普段はアメーバブログの住人なので名を統一することにしました。

それでお願いなのですが、最近オスプレイ関連の記事を自分の管理するブログに数回載せ、もう少し続けようと思っていて、貴ブログ記事からの記事の(一部)転載やリンクの可否についてお伺いしたいのです。
可能ならば、その度ごとに確認が必要か、過去記事の引用も大丈夫か、などです。(お返事は急いでいただかなくても大丈夫です)

まだ弱小ブログなので失礼かとは存じますが、政治的イデオロギーに関係ない普通の固定読者さんたちもいらっしゃるので、偏向報道についてと安全保障関連を重点的にやっていきたいのです。
私自身は保守中道と自認しており、嫌韓ではありません。韓国の背後には日韓離間を目論む勢力がいるという認識でおります。

どうか、よろしくお願いいたします。

投稿: つくも(タツノオトシゴ) | 2016年12月24日 (土) 06時37分

タツノオトシゴさま。コメントありがとうございます。
どうぞご自由に転載ください。

投稿: 管理人 | 2016年12月24日 (土) 07時16分

高江の辺野古にはアメリカの退役軍人団体の「ベテランズ・フォー・ピース」も参加しており彼らも外国籍ですがそれは問題ではないのですか?

また、沖縄の保守派として知られるの江崎孝さんや我那覇真子さんは韓国の「キリスト教団体」である統一協会系のメディアの世界日報によく記事を載せていますがそれについてはどうお考えでしょうか。
国内の保守勢と非常に繋がりが深い統一協会があまり話題にならないことを不思議に思います。

投稿: きなこ | 2016年12月24日 (土) 08時34分

きなこさん。

米軍退役軍人会の団体はともかく、
我那覇真子さんや統一教会といったことは、ここでは何周も遅れた話です。
関係云々ではなく主張内容で取捨選択するだけだということ(確かにイメージは良くないですが)。
そんなこと言ってたら、その韓国キリスト教系団体の大半が反日だということを考えると、あなたの主張自体が矛盾しています。

投稿: 山形 | 2016年12月24日 (土) 08時57分

きなこさん。旧米兵団体ですが、まぁそんな人もいるでしょうね、ていどです。
他国の安全保障問題に口をはさむことは、一種の内政干渉ですから、欧米でもいいこととは見なされていません。

狼魔人さんたちが、どのような媒体に投稿しようと、私は関心はありません。
それはまったく自由です。琉球新報に投稿させてくれるなら大喜びで投稿するのではないでしょうか。

統一教会と本土の保守が「深いつながりがある」という事実は寡聞にして聞いたことがありません。
仮にあったとしたら1960年代から70年代の大昔に、彼らが反共連盟を掲げていた時期です。

都知事選の動向見ると、左翼リベラル層の中心は60代以上で、保守層は若者にシフトしているようです。
ご承知のように、彼らの1丁目1番地は嫌韓です。

ですから、彼らが韓国の文鮮明を教祖にし、いまだ韓国と強い関係のある統一教会をよく思っているとは到底思えません。
世界日報は本土でもでていますが、影響力はかぎりなくゼロです。

こんなところでいいでしょうか。

投稿: 管理人 | 2016年12月24日 (土) 09時05分

日本に在住してもないくせに外国からわざわざやってきて反対運動に参加するのは大いに問題だろうね、ベテランズ・フォー・ピースとか初めて知りました。

何故現地取材しているマスコミはこの問題を報道しないんだろうか、外国人が観光目的で日本にきてデモや座り込みなどの活動をすることを黙認してる報道に疑念を抱く。

左翼系の運動ばかりを取り上げ、我那覇さんたちの主張も黙殺されている、これも報道の自由?
統一教会だかなんだかでも情報発信をしてくれるところがあれば、そこで取り上げもらうのは必然でしょう。

在日が善人面して反日活動してるのは非常に腹立たしい限り。

投稿: 多摩っこ | 2016年12月24日 (土) 09時10分

きなこさん

> 「ベテランズ・フォー・ピース」も参加しており彼らも外国籍ですがそれは問題ではないのですか?

 問題です。ただし、それは、日本の国益を犯す行動を彼らが行うからです。彼らが、日本の国益を増大する運動をするのなら歓迎します。外国籍の方が日本の政治に直接参加すること(参政権)は禁止されるべきです。

> また、沖縄の保守派として知られるの江崎孝さんや我那覇真子さんは韓国の「キリスト教団体」である統一協会系のメディアの世界日報によく記事を載せていますがそれについてはどうお考えでしょうか。

 それも、前段の基準で判断すればイイでしょう。

> 国内の保守勢と非常に繋がりが深い統一協会があまり話題にならないことを不思議に思います。

 統一教会が日本の国益を損ずる行為をしない限り、OKでしょう。

投稿: ueyonabaru | 2016年12月24日 (土) 09時26分

多摩っこさん、変な話ですよね。
でも日本人も何十年も前から、観光名目で世界の紛争地にバックパックで出かけて座りこんだり鎖になったり自分の見たことをレポートしてきて、メディアはそれを美談と報じてきたので彼等的には何の齟齬もない訳です。

投稿: ふゆみ | 2016年12月24日 (土) 10時05分

途中送信してしまいました。
むしろそういう片側発信こそが報道の役目だと思いこんでいるのだと思います。
クラッシャーさん、お借りしますよ。
バッカじゃないの。です。

投稿: ふゆみ | 2016年12月24日 (土) 10時09分

こうした問題(外国人の政治介入)は実はもう、「べ平連」の頃から繰り返されている厄介事なのですけれど。

自民党はかねて法整備の必要性の自覚は個々の議員単位では持っているけれど、その本質が「朝鮮半島出身者」の取り扱いにある事が及び腰の原因です。

もちろん外国人にも憲法の「表現の自由」はあるわけで、その基は「政治意思の表明」に拠っている。
一方、外国人の政治活動に制限が加えられるのも憲法の「国民主権の原理」から来ています。
すると、これはもう「憲法」そのものの矛盾から生じているのですね。
(この面でも改憲の必要性はあるのです)

日本政府としては、その代替え処置として入国管理法で「一定限度を超えた政治活動を行った外国人」に対しては、「再入国禁止処分」などを取って来た経緯があるわけです。
ところが「朝鮮半島出身者」だけには「その歴史的経緯」により終戦以来特別で、ダメ押しは海部総理時代の「日韓外相覚え書き」により、事実上どのような重罪犯でも強制送還されないように出来ている。
ここらへんが、不良朝鮮人が犯罪的政治活動にのめり込む余地を作る根本原因です。
さらに問題なのは北京政府が国連を通じ、「民族の相違による取り扱い差別撤廃条項」を盾に日本政府に対し、中国人にも朝鮮人同様の権利をゴリ押ししている事です。


ところで、記事のように彼らが暴れまくる事は、一般大多数の善良な在日朝鮮人にとっては、むしろ大迷惑なのです。
マスコミはリベラル的配慮?から、これをまともに報道しませんが、これは全くの逆効果でした。
すでにバレバレで、「要らぬ勘ぐり」さえ喚起してしまいましたね。
マスコミはヘイトスピーチ法の時にも「在日の声」として、日本において平穏で安定的な生活を望む一般善良な在日の声をほとんど取り上げて来なかった。
いつもそうだが、彼らにとって「声をあげる者」だけが、「市民」なのです。


投稿: 山路 敬介(宮古) | 2016年12月24日 (土) 10時11分

管理人さんお答え頂きありがとうございます。

統一協会は悪質な霊感商法、洗脳まがいの合同結婚式などで悪名を馳せた宗教団体であり、そのような団体がバックについたメディアをわざわざ選ぶのは甚だ疑問ではあります。
まあ統一協会関係の人はチャンネル桜にもよく出るのでそのしがらみがあるのかも知れませんね。
県内二紙のどちらか(あやふやでスイマセン)は我那覇さんの国連での演説を取り上げていましたよ。

なお統一協会が去年、シールズに対抗して「ユナイト」という若者中心の保守系の団体を立ち上げていたことはご存じないようですね。
また大学で統一協会の偽装サークルが若者を勧誘していることもあると聞きました。
彼らは若者の取り込みに積極的ですよ。

内政干渉と言えばアメリカが日本に送る年次改革要望書もかなり屈辱的だと思いますが保守の方で問題視している人はあまりいないようです。

投稿: きなこ | 2016年12月24日 (土) 11時20分

横槍失礼します。

きなこさんの
「内政干渉と言えばアメリカが日本に送る年次改革要望書~」への返答は、

アメリカは「give and take」であり許容範囲。
中国は「百害あって一利なし」であり問答無用。

と言う事でよろしいでしょうか。

投稿: | 2016年12月24日 (土) 12時23分

すみません。上のコメントは「たかふみ」です。

投稿: たかふみ | 2016年12月24日 (土) 12時24分

きなこさん。

統一教会による大学の偽装サークル勧誘・・・
あなた、30年遅れてるよ。

当時は中核派とともに原理は最も注意されるグループだったのは常識です。

投稿: 山形 | 2016年12月24日 (土) 12時33分

統一教会に嫌悪感を抱くのは当然だと思います。

ただ、教祖なきあとの統一教会は名称も変更しており、むしろそちらの方が気になります。

衣を変えて、また被害者が増えるのではないかと懸念します。

で、世界日報の件ですが、問題なのはそれを引用するのではなく、それしか報じない事ではないでしょうかね。

それ自体がとても残念な事実だと思うのですが。

投稿: かつて…(以下略) | 2016年12月24日 (土) 13時29分

ふゆみさん

そうなんだ、日本人も外国へ行ってると思うと何だか恥ずかしいな。
シーシェパードなんかもそうですよね。


きなこさん
大学のサークル…旧オウム系も活動して信者獲得してますよ
サリン事件を知らない世代が大学生

投稿: 多摩っこ | 2016年12月24日 (土) 13時37分

外国人の運動家は、自分達は義勇軍だと思っているのだ
と思います。サヨク脳の中では、自分達が正義でエライ
と思い込んでいるので、国境を跨いでまでして活動する
ことは大変に名誉なことなのです。彼等のボスはそれを
政治利用しているのです。バカとハサミは使いよう。


残念なことですが、現代日本中枢の、政治、経済、マス
コミなど、実質トップは団塊世代です。日本の寄合型の、
終身雇用、年功序列型の社会では、このトップはタタキ
上げのプロパーで、同じ組織にドップリと長年浸かって
きた者達で、足の指からアタマのてっぺんまで所属組織
に染まっています。イノベーションを唱える石頭です。

そして次の世代も、終身雇用、年功序列のサラリーマン
根性で、彼等トップの言う事を聞かないと地方へ左遷さ
れる立場なので、「ご無理ごもっとも」「有がたき幸せ」
と、不本意ながらも仕えています。

日本の生産性が低いのも、マスコミがサヨク脳で事実を
報道する熱意に欠けるのも、同じ理由です。もちろん、
行政ピラミッドの頂点である霞が関がだらしない、のも
同じ理由です。


在日の問題も霞が関の不作為です。「棄民するなよ!送還
するぜ、アンタの国の民だぜっ!おうっ」「日本国に忠誠を
誓うなら、帰化してOKだよ」とハッキリして、中途半端
な先送りをしなければ良かっただけです。もう遅いわ!
お役所の窓口でモメるのが面倒なので、しなかっただけ。


もし私が中共・北共の人間で、党内序列を上げることが
死活問題なら、日本の沖縄分断に対してガンバリますわ。
いくらでも隙があるので、楽しく仕事できるでしょう。

投稿: アホンダラ1号 | 2016年12月24日 (土) 18時42分

たかふみさん
日本は新しく安保を改革し同盟における負担は重くなりましたがご存じの通りアメリカの新大統領なんぞは「金をもっとよこせ」と喚いていましたね。
それに押し付けてきたTPPを自分の都合でやめるとまで言っており何様かと思いますよ。

かつて…さん
統一協会は今は「世界平和統一家庭連合」と名前を変えております。
江崎孝氏はわかりませんが、我那覇氏は父親が「親学」や「生長の家」とかなり親しい間柄にあるのでカルトに対する抵抗感が薄いのかも知れませんね。
いずれにせよ、彼らが日陰者から脱したいと願うのならいくら資金力があるとはいえ変な宗教と関わるのを止めるべきです。

多摩っこさん
若者を取り込もうとして統一協会以上にアグレッシブな宗教団体と言えば幸福の科学でしょうね。
オウムの上祐はかつてオウム真理教に最も近いと宗教として幸福の科学の名前を挙げていました。
彼らに対して保守派の人たちはもっと警戒感を持つべきです。

投稿: きなこ | 2016年12月25日 (日) 00時24分

きなこ様
このブログは"真実らしきものを探求"し、現実的かつ具体的な解決策を議論する場、ではないでしょうか。

怪しげな宗教に対して警戒すべき、との主張はわかります。しかし、このブログに登場している人物の属性を気にするのではなく、何を言っているのか、何をしているのか、に注目すべきと思います。

たとえば、高江ヘリパッド問題というテーマに対して、幸福の科学が決定的な暴力の場面を撮影し、ネット上に公開、これがひとつの題材になりました。

これによって反対活動の姿が誰の目にも明らかになったのです。このビデオを撮影したのが、共産党でも誰でもいいのです。テーマによって様々な関連するネタを提供して議論するのです。

誰が言っているのかではなく、何を言っているのか、に注目しませんか。議論の幅を自ら狭める必要はありませんよ。

投稿: 九州M | 2016年12月25日 (日) 01時44分

九州Mさんに同意。

こちらのブログは記事や皆さんのコメントから教わり、考えさせられることが多く有益です。

投稿: 多摩っこ | 2016年12月27日 (火) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公安調査庁 年次報告に「沖縄反基地運動に中国の影」を指摘 | トップページ | 日曜写真館 寒風の湖 »