• 032
  • 20210908at27s_p
  • 6ac3f6e3
  • 0107b028s
  • 6a4ee03cd17c16ca0af5a92557fbcb3f
  • 095
  • 2021100101_01_0
  • Senkyomain_1
  • 2021101400000001ykf0004view
  • Sg5ld5sulzjyxjftc72twb2gya

« 「ネトサポ観察」氏に答えて 依田氏への個人攻撃で高江の暴力沙汰は隠蔽できない | トップページ | 山城事件と依田事件を同列にしてはならない »

2017年2月26日 (日)

日曜写真館 太陽が昇ろうとしている

022


016



028



002


024


041_2

057
最近TVで、『2001年宇宙の旅』をまた見てしまいました。何度目かな。

封切りに行ったというのが、私の秘かな自慢です。当時中坊だった私には、壮絶なまでにチンプンカンプンでしたけど(涙)。

特に後半。なんなのあの光のコースターは。イケア調の素敵な白いリビングは何?年寄りは誰なの?最後の胎児はなんなの。教えてくれぇ。

原作読んでやっと理解して、エラソーに友達たちに講釈を垂れましたっけね。

以来朝の太陽をみると、あの映画冒頭の、月と地球の彼方から太陽が昇る時の背景に流れる、『ツラトゥストラはかく語りき』の、ブワーンというパイプオルガンの重低音と、例のドンドンドンというティンパニーが頭の中で鳴り響いて困ります(笑)。

« 「ネトサポ観察」氏に答えて 依田氏への個人攻撃で高江の暴力沙汰は隠蔽できない | トップページ | 山城事件と依田事件を同列にしてはならない »

写真館」カテゴリの記事

コメント

スタンリー・キューブリックですね、懐かしい。
まだ小学生でしたが父母に連れられて観に行きました。
大阪は梅田のOSシネマだったかな?
もう半世紀も前のことで定かではないですが。
小学生の私は言うに及ばず、
科学とは全く無縁の父母もちんぷんかんぷんの様子でした。
ただ素晴らしい映像美には息を呑みましたね。それとかっこいい宇宙服(笑)。
それから人工知能のHAL9000も覚えてるなあ。これが未来の姿なのかと。
とはいえ既に16年も前のことなんですねえ、2001年って。歳とるわけだ。

今でも押入れを探せば、映画のパンフレットが見つかるかもしれません。
当時の表記では監督の名がキューブリックではなく、
カブリックであったように記憶してるんですが、どうだったかな?
本気で探してみることにします(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ネトサポ観察」氏に答えて 依田氏への個人攻撃で高江の暴力沙汰は隠蔽できない | トップページ | 山城事件と依田事件を同列にしてはならない »