« 東京MX「ニュース女子」問題について | トップページ | すり替えただけでは事実は消せない »

高江紛争に<血と暴力>を持ち込んだ辛淑玉氏

091
今回の「ニュース女子」問題でうんざりするのは、シンスゴ(辛淑玉)という運動家のあざとさです。 

たかだか東京ローカルの番組で批判的に取り上げられたくらいで、BPOに提訴するのかと驚きます。 

シンスゴ氏が高江紛争で果たした役割からすれば、あのていどの批判など軽い猫パンチです。 

「黒幕」と言われたことがいたく勘にさわったようですが、ではシンさん、あの添田充啓(別名・高橋直輝)を高江に連れてきた張本人はどこの誰だったでしょうか。

シンスゴさん、それはあなたです。

添田は言葉の比喩ではなく、紛いもなく真正のならず者です。 

Photo

上の映像で山城議長と並んで、シャツから入れ墨を見せている男が添田です。
関連記事http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-d19e.html  

この写真を見ると、腰に手を当てて警察をなめきっている添田の姿勢がわかります。 

この人物が本土でやってきたことは、反ヘイトの看板をかけた暴力的反対派狩りでした。 

ある時は在特会をリンチにかけ、ある時は安保法制デモに紛れ込もうとした過激派を蹴りだし、そしてある時は身内さえも容赦なくリンチにかけました。 

これが世にいう「十三リンチ事件」、あるいは連赤事件を暗喩して「十三ベース事件」と呼ばれています。
※十三ベース事件
http://togetter.com/li/974584
http://critic20.exblog.jp/25658919/ 

反差別という美名の下で行われてきたこの殺人未遂事件に関わったのが「しばき隊」で、その暴力部隊「男組」の責任者がこの添田でした。

下の写真は男組のウェブに乗っていたものでしたが、中央に添田がいます。

ちなみに男組で検索すると、構成員がクリカラモンモンの半裸を誇示していたり、釘を打ちこんだバットを持っていきがる写真も出てきて、まるでVシネマの世界みたいで気味が悪いもんです。

Photo

この暴力を生業とする人物をあろうことか、高江に連れてきたのが、シンスゴ氏でした。 

反ヘイト法が実施されて、次のターゲットを探していた添田ら「男組」は、沖縄のことなどなにひとつ考えたこともないくせに、いそいそと誘われるままに高江に行ったわけです。 

添田が現地・高江に入ったのは7月末か、8月初めだと推測されています。 

この時期を境にして、高江N1裏テントの「空気」が微妙に変化し始めます。 

添田が作り出した<血と暴力>の匂いのする空気は、着実に山城氏たち現地闘争本部に浸透していきます。 

従来、山城氏の戦略は、ゲリラ戦のように山を自在に使って出没して工事を妨害し、資材や工事関係者を「検問」で阻止し、警備陣を翻弄し、工事を遅滞させることでした。 

この間に、メディアを使って「警備陣の暴力」を全国に訴えて世論を喚起し、「政府はやりすぎだ。高江にヘリパットを作るのはおかしいんじゃないか」という世論を作ろうとしました。 

下の写真は地元紙ですが、力を頼む警備陣が暴力で平和を訴える市民を弾圧している、と書き立てました。

思い出していただきたいのですが、本土メディアもほぼこのようなトーンの報道をしていましたね。 

Photo_2

ところが、この<平和を愛する市民vs国家権力>という構図が見事に破壊されたのが、8月5日のN1裏テントにおける山城容疑者が主導した防衛局員集団暴行事件でした。 

山城氏たちは、警官や琉新記者が付近にいるにも関わらず、白昼公然と職員を集団暴行してしまいました。

山城氏はこれらの暴行事件で刑事犯として逮捕され、現在も拘留の身となります。 

Photo_4

 下は防衛局が正式に作成した暴力事件の資料です。
関連記事http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-36a1.html3

 山城氏が普通の戦略を描ける指導者であれば、高裁で敗訴した以上、承認拒否の最高裁判決もまた敗訴に終わるのは見えており、1月には工事が再開されることを、読んでいて当然です。 

このまま年末から来年まで高江で「ゲリラ戦」を駆使して持久できれば、政府側は辺野古工事警備と二正面警備となり、厳しい対応を迫られます。 

ですから、暴力闘争に踏み切らずにたった60日間持久できればよかったのです。

いや、そこまで頑張らなくても、12月22日の政府主催返還式典をたった数日遅らせるだけで「勝利」と総括することが可能でした。

過激闘争に走って、自らが逮捕されることによって自滅の道に導いたのは、高江紛争において余人では代理がきかない山城氏本人だったのです。

この高江紛争の<空気>を変えてしまった添田自身も、下の映像の8月25日の職員暴行事件を引き起し、傷害罪で逮捕されます。 

Img_4548_2

 いままで高江では何人も逮捕されていますが、いずれも拘留却下されていたのに対して、初めて司法は山城氏と添田の拘留請求を認める厳しい判断を下しました。

ここを分岐点として、政府は従来の揉め事は避けるソフト路線から転じて、過激分子に対しては逮捕・拘留・裁判で臨む強い姿勢に転じ、高江に繋がる道路における反対派の不法駐車に対しても厳しく取り締まっていく路線に転換しました。

この添田が引き起こした一連の<血と暴力>が、いかに高江紛争を変えたのかお分かりいただけたでしょうか。

このやくざ崩れを高江に連れてきた人物こそ、シンスゴ氏その人です。

下の「のりこえネット」のポスターで高橋直輝の名で登壇しているのが、この添田です。

Photo_3

 私はこのポスターは5万円ウンヌンでよく登場しますが、それ以上に添田という前科三犯の男を高江に入れたことにより、闘争を暴力化させた罪深いものとして記念碑的なものになってしまったと思っています。
関連記事http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-788c.html

シンスゴ氏はこのように深く高江紛争の暴力路線に大きく加担していたわけで、まるで暴力がなかったかのようにシラばっくれるのは見苦しいからお止めになったほうがいいと思います。 

シンスゴ氏が狡猾なのは、批判を受けると使い馴れた「在日差別」のテクニックを応用して、「沖縄ヘイト」という造語まで作って反撃してくることです。

「自分はいつも正しい。自分を批判するのはヘイトだ」というわけです。

「ヘイト」持ちだしゃ勝てると思っている困った人たちです。

■改題しました。いつもすいません。

 

|

« 東京MX「ニュース女子」問題について | トップページ | すり替えただけでは事実は消せない »

沖縄問題」カテゴリの記事

コメント

この人、暴力行為の共犯者として、逮捕できないんでしょうか?
添田某が逮捕された時に、活動の資金源とか犯人を連れてきた共犯者としてとか……まあ、添田某が沖縄に来た後で勝手にやったことだから、と言われるだけなのかもしれませんが。
良く見ると、チラシに「あとは自力でがんばってください」と書いてあるから、責任逃れもちゃんと考えてある。
はっきり言って、金を渡して後は放置、渡された金で犯罪がおきたら、無責任どころではないのだけれど。
今の時期になってからBPOに訴えているのは、辺野古工事に合わせて、季節外れの民意蝉を泣かせる為なんでしょう。

投稿: お金が無い! | 2017年2月 7日 (火) 07時42分

依田とかいう京都から東村に移住してきたデマっこきが
、反対派の女性の顔をグーで二発も殴って口中をズタズタにしたのも惨い暴力行為ですね。
反対派とは言え民間人、それも女性の顔を拳骨でフルスイングしたんだと。
それにデマこいてドクターヘリにも迷惑かけてどうしようもない奴ですね。
これらの暴力行為とデマ放言についてはどう思われますか。

投稿: ホッピー | 2017年2月 7日 (火) 09時37分

ホッピーさん。せっかくのご質問ですが、依田さんの一件と今回の記事は関係ありません。

依田氏の言説については私は、昨日の記事で「真偽は定かではないが、救急車の出動が増えたことはそうだろう」と書くにとどめています。

依田氏にかぎらず、私は裏がとれないことについては「推測で」と断るようにしています。
というわけで、なんともお答えしかねます。

と書いて 、なぜこんなことをきかれるのか首をひねっていたのですが、あ、そうか。

たぶん反対派が暴力的だというなら、反・反対派も依田のような奴もいるだろうということですか。

ならば簡単。
添田も依田氏も共に刑事事件で警察の取り調べを受けたというだけです。
ただ、依田氏は公道における私的「検問」行為という、それ自体違法行為に抗議して起きた偶発的トラブルによるもので計画性はありません。

一方、添田は政府職員の公務執行妨害を狙った計画的仕業とみなされて、いまも拘留されているといわけです。

ふゆみさん、ロム専にならないでください。あなたでなくては論じられない分野も多いのです。

投稿: 管理人 | 2017年2月 7日 (火) 10時06分

>5万円ウンヌンでよく登場しますが

お金を援助すること自体は違法でもないし、先進国でもよくある話なので、堂々とそう言えばいいと思うのですが、なぜか盛大に否定するのが不思議でしょうがない。

確かに日本人の意識として金もらってこの手の活動に参加するのは金目当てみたいな感覚もありますけど、活動に賛同する人が、自分がいけないので、ほかの人を経済的に援助することは違法ではないんです。特に交通費見合いならね。

しかし、なぜか必死で隠すと、何やら後ろめたいのかとも思う。たとえばお金の出所に外国勢力の影響があるとか、収支報告を要求されると、入出金に怪しい使途があるとかです。

そもそも、この件を封じ込めようとするのは言論弾圧ですから、公道としておかしいし、被害者ビジネスの典型と見られても仕方がない。

投稿: ednakano | 2017年2月 7日 (火) 11時20分

古謝景春南城市長、シンスゴさんの動画見ちゃったようですね。

辛さんの活動「なぜ」 南城市長がFB投稿 「日本人の名字で見ない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000017-ryu-oki

胸糞悪い動画が拡散しまくっているようだし、あまりこの件で騒ぎ立てないほうがいいように思いますがね。

古謝景春氏はチーム沖縄(沖縄保守系市長の会)の会の中心人物なので、沖縄二紙にとっては憎らしい存在でしょう。

投稿: クラッシャー | 2017年2月 7日 (火) 12時34分

私はリアルタイムでその番組を見ていました。

昨日の改憲派さんに同意すると共に一件、気になっていたのが本日指摘にある自称地元民の依田さんです。
本土の方から見るとあまりわからないかも知れませんが、沖縄にはそんな名字の方はいません。
ですから「あ、こいつないちゃーじゃん。移住民かしら。何で地元民として意見してるの? 説得力ない。トータルで内容おかしいし、なんか軽い感じだし、この番組やらせか何かで作った感じだろうね」と捉えられてしまうと思いました。
実際、友達がそう思ってました。
ですから、ニュース女子制作に関わった人は少しは反省すべきだと思いました。

投稿: 通りがかりのうちなーんちゅ | 2017年2月 7日 (火) 13時08分

管理人さん

うん、だからね
依田のほざいた救急車とかドクターヘリの話は実際に問い合わせた人やテレビの取材で事実無根ってはっきり否定されているのね。
んでよ、あなたの言い分だと「真偽は定かではない」と書きさえすればどんないい加減な情報でも発信できるってことかいな?
じゃあ震災の時みたいに「あの食い物はベクレてる」だとか「あっちはもう人が住めねえ」とかのデマを「真偽は定かではない」ではないと文の頭につければ、どんなにいい加減なこと言っても責任とらなくていいんだな。
たまげたね。
それにね高江の反対派の「検閲」とやらで人に危害を加えたのは依田だけだし、依田は通り魔的にカッとして人ぶん殴るような人間なんだよ。
そして平気な面をしてデマをこく。
今日日の言葉でね、依田のように平気で人を傷つけて嘘をつく輩を「サイコパス」と言うんだと。

通りすがりさん

依田は京都から沖縄に逃げてきた単なるナイチャーですよ。

投稿: ホッピー | 2017年2月 7日 (火) 13時51分

わかりました。当該記事のその部分を削除しておきます。

それでいいでしょうか。

投稿: 管理人 | 2017年2月 7日 (火) 14時00分

あなたが震災関連でいい加減なデマこいたりそれを拡散した連中を「削除しました」だけで許せるならそれでいいんじゃないですかね。

投稿: ホッピー | 2017年2月 7日 (火) 14時06分

ホッピーさんとやら、
「震災関連でデマをこいたのなら云々」
具体的にどんなことでしょうか?

また、削除で足りないなら何をしろと?
それこそ偉そうに何を言っているのかと。。

また、完全に脱線していますよ。

投稿: 山形 | 2017年2月 7日 (火) 15時15分

通りがかりのうちなーんちゅさん

> ですから「あ、こいつないちゃーじゃん。移住民かしら。何で地元民として意見してるの? 説得力ない。

 移住者は地元民ではないのですか? ないちゃ-だから地元民ではないのか。

 あなたが本土の宮城県に移住したとして、住んでいる地元の人から、沖縄出身は地元民ではないと言われたらなんとする。どうもやるせない気持ちになるでしょう。

 だからそんなことを言うもんではない。

 私は本土からの移住者を歓迎したいですよ。依田さんのような方は特に歓迎したい。沖縄に新しい風をドンドン入れてもらいたいな。

投稿: ueyonabaru | 2017年2月 7日 (火) 15時17分

 近くにKさんという秋田出身の方がいらっしゃる。うちなーむ-く(沖縄婿)である。奥さんの土地に不本意ながら移住してきたという。何十年か経つうちに、いまや地元民として周りからの信頼は厚い。区長も勤め、2,3年前任期を終了したが、周りからは再度の区長就任の依頼があるという。珍しく、琉球民謡も趣味のようである。

 沖縄についての感想を伺ったら、こんなにイイところはないと言う。秋田は寒いのだと言うのだ。暖かい沖縄は最高なのだそうだ。

 Kさんにボイラ-の修繕の仕事を依頼したが、仕事振りもご立派であった。これなら、仕事も繁盛するだろうと思ったのである。

投稿: ueyonabaru | 2017年2月 7日 (火) 15時37分

ホッピー氏。なにをいいたいのですか?
挑発して私を怒らせたいのですか。
なにを上目線で言っているのでしょうか。
いいかげんにしなさい。
私は裏が取れないことを書いたことを削除しました。
それ以上でも以下でもありません。

投稿: 管理人 | 2017年2月 7日 (火) 15時48分

本日は「北方領土の日」だったんですけどねえ。
日露間で激しく動いているんですけど、そのテの団体さんは見掛けませんでしたね。
右翼系が多少恒例の騒ぎ起こした程度。

あれっ?ウタリ協会なんか総連に乗っ取られつつあるんじゃなかったのぉ?
でも、冬の寒い根室なんか行くよりは沖縄だよなあ(笑)。北方領土なんぞ俺達カンケーねーし!ってなところでしょかね。。


Ueyonabaruさん。
その秋田出身の方のような気持ち、よくわかります。とにかく雪が積もらない!それだけでどんだけ幸せなことか。そして、多少無愛想でも我慢強く働き者でしょう。
と、現在こちらも氷点下。沖縄ってのはそれだけで北国の人間には憧れなのです!

趣旨から外れてしまいすいません!

投稿: 山形 | 2017年2月 7日 (火) 17時55分

依田さんは幼少時代から浦添で育っています。
親の血筋は内地由来ですが、依田さん自身の出身地は沖縄県内であり、「ないちゃー」と呼ぶのは違和感があります。
東村以前に内地や海外居住経験がありますが、せいぜい「浦添出身者が東村に居を構えた」というところでしょう。

反対派に掴みかかった地元民は、依田さんを含めて過去に4名います。
依田さんの場合、子どもを含む宿泊客を連れている状況で、正当防衛というのが適切ですが、ここでその是非は論じません。
ただ、反対派の暴挙に対し掴みかかった地元民は他にもいるが、依田さんのみが反対派から訴えられ、沖縄地元紙にも事件としてデタラメ記事が掲載されたという事です。
本気で何発も殴ったか、小突いた程度かについては、反対派の被害届の内容から明らかで、「成人男子から本気で何発も殴られた」ような被害内容ではありません。

また救急車問題については、依田さん自身は「(反対派の道路封鎖で)現場に急行できない時期が続いた」という説明をしているのに対し、反対派は「『救急車を襲撃された』というのはデマだ!」と言っており、話がかみ合っていません。
救急車襲撃事件は、ネット上で愉快犯が流したデマ動画が出典で、消防署は「(襲撃された事実は)ありません」と答えています。
ニュース女子に対向して作られたMBS番組内では、「襲撃事実の有無」と依田さん主張の「遅れるような道路封鎖時期が続いた」という映像をうまく切り貼りして、視聴者を勘違いさせる内容になっていましたね。
あの道路封鎖の状況で、救急車であれなんであれ、まともに車が通行出来ないのは写真からも明らかです。


なぜホッピーと名乗る人物がこのような書き込みをするのか、よほど都合が悪い事があるのでしょうか?
ちょっと考えればわかりますね。

投稿: ホッピーの偽情報に騙されるな | 2017年2月 7日 (火) 17時59分

ueyonabaru さんの意見に大賛成です!

ナイチャー移住民は沖縄の宝。
特に依田さんのような方は大賛成。
彼には、宮古島市に移住してもらえればもっと良かったのに! と思いますね。

彼の行っている「循環農法」は、これからの農業のあり方の「大きな、一方向」を提示している。
優秀な商品作物製造業として発展する日本の農業と、一方、それに対置する伝統的(とも言える)「循環農法」の哲学こそが離島に必要なものだと思う。
依田さん、応援してますよ!

突然、記事と関係なくすいません。

投稿: 山路 敬介(宮古) | 2017年2月 7日 (火) 17時59分

実にわかり易い構図ですね。
基地反対派の実態が 暴露され、状況が不利になってくると、ホッピーさんのような人が現れて、自分たちこそ被害者だ〜

既に管理人さんが説明されたように、この"被害者"と称する女性は道路を封鎖し、勝手に検問するという犯罪行為をしていた時に、そこを通りかかった人から抗議された時に起きたゴタゴタでした。

このような"被害者なりすまし"が今回の「ニュース女子」に辛淑玉氏が噛みついた問題の本質だと思います。今はネットで、そのソースを直接確認できる時代です。

問題のTV番組を見る。番組製作会社のコメントを読み、そして長谷川氏のラジオコメントを聞いて東京新聞の反省記事を読めば、ことの真相は誰の目にも明らかになるのです。

確かに今回の「ニュース女子」は雑な作りです。そこの足元をすくわれそうでしたが、多分ヤビ蛇になると思います。だって知らない人の関心を呼び込んだのですから。

ネットで公開されている基地反対派の実態を見ながら検証番組をやればいいのです。勿論、辛淑玉氏を呼んでですね。

投稿: 九州M | 2017年2月 7日 (火) 19時07分

解同の闘争とそっくりですね。
人権と言う名の元、何人もの人を自殺に追い込んだ糾弾闘争。
差別だーと叫ぶ裏で、利権漁り。
奈良県の長期病欠、勤務時間中の中抜け、タイムカードの代押し。
さすがのマスコミも隠ぺいしきれず、報道しました。
民主党や社民党が成立を焦った人権擁護法。その中心は解同です。沖縄問題にも随分熱心なようです。
人権擁護法は、高江で起こっている暴力闘争を合法化するものです。
それを少しでも非難すると、人権保護の名目で解同が家宅捜査を行い身柄を拘束できる法律です。
同じようなことを、シンスゴたちはやっています。
沖縄の左翼、マスコミも同じ穴の狢です。

投稿: karakuchi | 2017年2月 7日 (火) 21時26分

特に腹が立つのは、毎年3000億円。
本土復帰後50年近くで総額10兆円以上の沖縄開発予算(もはや利権と言えるでしょう)を貰いながら、これぽっちでは足りない、もっと寄越せという沖縄のマスコミ、政治家の態度です。
あげく、トモダチ作戦を米軍のパフォーマンスだというその腐りきった根性が嫌ですね。
私は、それを沖縄ヘイトだというならそれでも結構です。

投稿: karakuchi | 2017年2月 7日 (火) 21時35分

シンスゴみたいな在日にも言えますが、
彼らの主張は自分達の先祖は強制連行で日本に連れて来られた。だから日本が面倒を見るのは当然だと主張するが、とんでもないことです。ほとんどが朝鮮での差別、貧困から逃げてきた人たちです。
解同、在日、沖縄とその共通項は差別、人権です。
権利、権利と言う前に、国民には義務があることを忘れています。

投稿: karakuchi | 2017年2月 7日 (火) 21時53分

有象無象の情報が氾濫するネット社会、情報リテラシーが大事ですね。
反対派の活動で高江住民が迷惑したのは確かですが、
やはりニュース女子で言ったように、反対派のせいで現場に救急車が急行できない事態が続いたという事実はありませんし、地元消防署は「(救急車襲撃だけではなく)反対派の抗議活動で業務を妨害されたことは一切ない」と。

個人のことはあまり言いたくありませんが、依田氏による「反対派要請でドクターヘリが出動したり反対派が救急車要請を頻発したから救急体制がマヒした」という事実ではない発信から、現場の救急に県内外からクレームの電話が殺到し救急に迷惑をかける結果になったことは、全く褒められたものではないと思います。
また別の人発信の、反対派が救急車を止め勝手にドアを開けたなどというデマも同様で(これは本人がすぐ取り消し謝罪していますが)、こういったことが続くと、情報の信用性がなくなります。

しかし一方高江住民ではない依田氏が客を連れ高江観光をしようとして、反対派の検問にあい事件になったからこそ、結果的に当時の高江の異常事態が明るみに出たとも言えますね。


投稿: 改憲派 | 2017年2月 7日 (火) 23時55分

初めてコメントを書かせてもらいます。
私もこのブログとともにここ数年の辺野古や高江で起きている騒動を見てきましたが、山城氏を先頭にした抗議活動は昨年高江に移ってから一層過激になっていった印象があります。
そして、夏に入ってから私的な検問や道路の封鎖など手段を選ばなくなり、管理人さんが指摘しているように「のりこえネット」から派遣された人たちが入ってから暴力行為までもいとわなくなりブレーキ役すらいない危険な状態だと理解しました。特に8月5日の動画の中で防衛局職員を羽交い絞めにしながら「お話ししよう」などと言って尋問している光景は狂気すら感じました。
そういった彼らの暴走について、管理人さんがきれいに情報を整理し、合理的な判断の上で批判すると、必ずと言っていいほど今回のホッピー氏のように「依田は~だ」だったり「機動隊は~だ」などと論点をずらして、反対運動の正当性を問われることから必死で避けるコメントが必ず出てきますね。反論にすら当たらないただの詭弁ばかりで、言葉で勝てないとなると何かの法則かのように次第に嫌がらせの類になっていきます。依田氏の事件に関しても毎回「二発も殴って口中をズタズタにした」という表現がテンプレートかのように何度も目にします。
毎回、管理人さんが提議された反基地運動の批判に対して出てくるアンチテーゼがただの詭弁でしかないことから、あの運動になんの価値があるのか見いだすことができません。新たな局面に入った辺野古でまた同じような抗議活動をしていますが、彼らは建設を止めるという非常に困難な「結果」よりも少しでも作業を遅らせるという「過程」に存在価値を見出しているのでしょうか・・・

投稿: rakutai | 2017年2月 8日 (水) 00時53分

沖縄の一括交付金は県ではなく、市町村単位にした方がいいと思います。県に渡すから知事が利権に使うからです。

特に本島にはもう必要あるとは思えません。石垣や宮古に回して欲しいです。

投稿: かつて(以下略)… | 2017年2月 8日 (水) 01時29分

あ、本文から脱線して申し訳ないです。

投稿: かつて(以下略)… | 2017年2月 8日 (水) 01時30分

辺野古については、山城添田が拘留され高江の最高潮時ほどの無茶はできないと思います、反対派の暴力動画が拡散されたこともありますし。
ニュース女子にしても噂レベルの中途半端なものをつくるより、実際の動画をだして制作すればいいのにと。

長谷川氏の東京新聞問題の記事も期待しています。

投稿: | 2017年2月 8日 (水) 01時33分

名前入れ忘れました、上のコメントは改憲派です。

投稿: 改憲派 | 2017年2月 8日 (水) 01時35分

上与那原さんへ
勘違いさせてしまったことは謝ります。
すみませんでした。
しかし文章ちゃんと読んでいただけませんでしょうか?
あなたが引用した鍵かっこの部分は友達が言っていた言葉です。
見る人が変わればこういう意見も出るんだなと思ったと書いたつもりでした。
私にはないちゃーのお友達がうちなーんちゅよりいっぱいいますが、別に移住民だから地元民じゃないとも何とも思ってません。

投稿: 通りがかりのうちなーんちゅ | 2017年2月 8日 (水) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京MX「ニュース女子」問題について | トップページ | すり替えただけでは事実は消せない »