« 閉会中審査 青山繁晴議員の質問(抜粋) | トップページ | 閉会中審査における青山委員、前川参考人、加戸前愛媛県知事とのやりとりの吟醸 »

山路敬介氏寄稿 奥茂治氏 その人間と行動 その3

091
山路氏寄稿の3回目です。ありがとうございました。 

なお参考資料として私から3点ほど上げておきます。http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170706/soc1707060005-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170626/wor1706260007-n1.html
https://news.goo.ne.jp/article/fuji/politics/fuji-soc1707060005.html 

私の意見は明日にさせて頂きます。 

           ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

Photo_6
奥茂治氏 http://www.sankei.com/premium/news/170605/prm17060... 

          ■奥茂治氏 その人間と行動 その3                   
                       ~「先人を含む日本の名誉」の国益性
 
                                              山路 敬介                                                            

                                               
■ 宮古島の慰安婦碑問題と奥茂治氏
 

 平成24年の事でしたが、沖縄県史(沖縄県発行)に刻まれた与那国島慰安婦虐殺のウソ、そのポイントとなる池村証言がどう取り扱われたのか? 宮古島に居住する当時の執筆者・編集者らに長時間インタビューを敢行し、事の真相を明らかにしたのはチャンネル桜の番組でした。
https://www.youtube.com/watch?v=8M7Z2oXRvmI 

 同番組はさらに、宮古島市内の全くの私有地に任意の団体が建てた慰安婦碑を米国内で慰安婦像を建立せんとする支援団体が、あたかも宮古島市が主体となって建てられたかのような詐話を用い、その顛末を副市長へのインタビューの中で明らかにしている優れた番組も制作しました。
https://www.youtube.com/watch?v=rEyLbbMCzmo 

 碑の案内板には「史跡」とありましたが、こんなものは公とは何の関係もない、「史跡」でも何でもなく一部好事家の趣向にすぎない事も明らかになりました。
 
 ※奥氏にしてはめずらしく、大高未貴氏とインタビューに同道してその姿が写っています。
 

 こうした濃密な取材が実現した背景には、奥氏の強力な宮古島人脈があった事は言うまでもありません。

Photo_82017年6月29日

■ 韓国当局に逮捕されに行った奥茂治氏の「2つの理由」 

 理由のひとつ目は、しごく個人的な奥氏の人間性に基づくものです。 

 吉田清治氏の長男の意向を汲んで深く同情もし、碑の書き換えの実行をしたわけですが、それだけでは奥氏の中で奥氏の考える「行動」には決着が着きません。 

 たとえそれがどのようなものであれ、行動によって起こり得る結果を正しく受け入れてこそ奥氏の行動は完結するのです。 

 奥氏の渡韓を一言で言えば、奥氏の「知行合一」と言う事です。

 二つ目の理由は、奥氏が韓国国民を信頼している事に由来します。
 

 事実を知れば人は必ず正しい判断をするという信念がまずあり、それを少しでも知らしめる事に大きな意義を持っています。

 私の拙い経験で恐縮ですが、一般的に韓国人は「日本人は、はっきりしない曖昧な態度を取る変な人たち」と考え、苛立つ事が多いようです。
 

 彼らと邂逅しようとする場合、徹底的に批判を加え、口角泡を飛ばしつつ激しくやり合う経過が必要です。 

 彼らはころっと態度を変えることの出来る長所も持っているので、通常は後に引きずるようなことはありません。 

 このような韓国人の国民性は筑波大の古田博司氏も類似に指摘するところで、間違ってはいないと思います。

Photo_76月30日

■ 結局、問題は「先人を含む日本の名誉」を国益と捉えられる事ができるかどうか?に尽きる 

 私は、慰安婦問題も南京問題もブザマにこうなった原因について、結局は日本の為政者が「日本の名誉」を国益として捉えてこなかった事が原因であろうと結論づけました。 

 そのような申し様をしますと、なにやら右翼的・精神主義的な不合理な感じもしますので何とか避けたいとずっと考えていましたが、とうとう揺るぎない信念に至りました。 

 この事については、またブログ主さまに機会が与えられれば詳細に立証して行きたいと思います。 

こうした奥氏の行動(それは全体としてみれば、とても小さいものですが)を他所に、韓国内では強烈な反日映画「軍艦島」が封切られる由です。 

 これなど外務省がユネスコで世界産業遺産登録とバーターで取引した、「forced to work」(強制的に働かせた)と認めた結果である事は明らかです。 

 そのうえ、その事を記憶し続けるするために「情報センター」なるものの設置まで約束している。 

 目の前のエサにつられ、先人の名誉や国家の誇りまで傷付けて恬として恥じない姿勢、これを私は「国家観がない」と呼称します。 

 「以後、後世の日本人に謝り続けることはさせない」というのは、日韓合意のさいの安倍総理の感動的な言葉でしたが、同じ政府内においてかような事も行われているのです。

 

                                                 (了)
                               
                                文責:山路 敬介

|

« 閉会中審査 青山繁晴議員の質問(抜粋) | トップページ | 閉会中審査における青山委員、前川参考人、加戸前愛媛県知事とのやりとりの吟醸 »

コメント

今回の奥氏の行動力自体には感服するもがあります。しかし、それが正しかったかとなると私はそうは思いません。

韓国の国内法に抵触する可能性がある事に賛成は出来ませんし、何より慰安婦問題において二国間で公的にも国際的にも合意が交わされてる事案ですからどちらかが一方的なアクションを起こす事が良策とは思えません。
たとえそれが私的な行動だと当人が主張したとしても、韓国の国民性、国内世論を考えた場合に主張が受け入れられる事は無いでしょう。

両国間で主張をぶつけ合い、お互いが妥協出来る落とし所で「決着」したのですから、当面は韓国の出方を見守りながら「紳士的」に対応すべきだったと私は思います。

外交問題である以上、両国の行動は国際社会もちゃんと見ていると思いますよ。

投稿: 八重瀬民 | 2017年7月12日 (水) 07時37分

山路さん、充実した論考をありがとうございました。
なかなか報道されない事象なのでこのような形でネットで説明することは重要ですね。

奥氏の行動は結構冷静な戦略があると思います。国内法に抵触しなければそれでよし、抵触したとしても法廷の場で陳述する機会があるのであれば一石を投じたことになります。
日本の場合政治家はこのような行動を取ることは絶対にできませんので奥氏は民間人としてあくまでも脱法行為が狙いではなく法廷の場での意見表明なのかなあと思いますね。

両国が正しい認識のもとに行動する事を期待します。

投稿: snsn | 2017年7月12日 (水) 08時57分

奥茂治氏の行動について、韓国国内法に抵触する行為は慎むべきだったというご指摘が多いように見受けました。
そうしたご意見に異を唱えるつもりはありませんが、篠原章氏の論考などを詳細に読む限り、留意したほうがよい点がいくつかあると思いました。
一つは、謝罪碑の所有権が不明確なところです。国立墓地内の謝罪碑ですが、当時の朝日報道などにもあるように、建立の費用は吉田清治氏が負担しています。吉田家には謝罪碑を韓国に寄贈したとの記録はありませんし、奥茂治氏が墓地管理事務所に確認したところ、寄贈を証拠立てる文書の存在も示されていません。従って、謝罪碑の所有権は今以て確認されていません。裁判などで明らかにするほかないと言うことです。
謝罪碑の管理権は墓地管理事務所にあると思われますが、碑文書き換えに関する規定があるかどうかは不明です。奥茂治氏が事務所に管理規定を示すよう求めましたが、未だに示されていません。従って、管理権の詳細も裁判で明らかにするほかないのが現状だと思います。
奥茂治氏は、吉田清治氏の嘘を韓国民に周知することを目的として今回の行動に出ました。刑法違反も覚悟していたと思いますが、人身や公有財産を傷つける意図はまったくなく、合法違法すれすれのところを巧みに突いた行動だったと思います。もちろん、完全に合法であれば、日韓メディアは取り上げませんから、その点も計算していた上での行動でしょう。
コメントを寄せる皆様のなかには、奥氏の行動を非合法だからダメとお考えの向きが多いようですが、違法性が明らかな事案ではなく、裁判で合法違法を争う余地のある事案であることには留意したいと思っています。
また、奥氏の行動は日韓関係にマイナスとのご議論もありますが、奥氏は日本から発せられた、誤ったメディア情報を正すために立ち上がったのであって、韓国政府や韓国民を非難したり、傷つけたりする意図はなかったと考えられます。現に韓国メディアは奥氏の行動を非難していません。事実を冷静に伝えています。奥氏の行動は、あくまでも吉田清治氏の嘘を正す行動ある点にも今一度留意したいと思います。

投稿: 伊勢佐木ローズ | 2017年7月12日 (水) 11時05分

奥氏の行動が韓国人によく考え、改める機会を与えられるといいのですが

奥氏の行動力や考え方に感心しました。
ある意味、侠客と言ってもいいかもしれません。

投稿: 多摩っこ | 2017年7月12日 (水) 11時47分

裁判してみないとわからないという行為を触法行為と断ずるのは早いと思います。ましてや辺野古の変な人たちと同列に扱うのも違和感を覚えます。

投稿: かつて…(以下略) | 2017年7月12日 (水) 14時41分

 私には奥氏の訴訟戦術が今後どのようなものになるのか、詳らかにわかりません。 
 しかし民法はじめ、韓国の法体系は日本とほとんど変わりないのは承知しています。
けれど、官民間の争いについては、日本の場合よりも「民寄り」に解釈された判例が多いようです。
 
 その韓国側の主張では所有権を争わない方向になる可能性もあるようで、それは事件を早期に幕引きを図りたい当局の意図に関係しているもののように思えます。
 その点、逆に奥氏側から民事訴訟を仕掛けて行って「所有権」の存在を明らかにする戦術も考えておられるようです。

 いずれにしても、かつて…(以下略)さんが言われるように「違法行為」と断じてこれを非難するには少々早すぎる気がしてます。
 もしも「公園管理物としての碑」で一敗地にまみれても、所有権での争いに一勝出来る可能性も十分秘めており、そうなれば全体としての印象もがらっと変わり、マスコミも事件の本質を語らざるを得なくなるでしょう。
そればかりではなく、完全に合法的に「碑」を撤去する道も開けてきます。
 しかも、伊勢佐木ローズが言うように「公園管理規程」も不十分であるとすれば、争う余地は十分あります。

 つまり、今この時点で有罪と決め付けるのは早計で、そうした考えをもとにして奥氏の行動の本質的意味まで考えなくて良いと言うのであれば、それはその人にとっても何らかの、「知的損失」のようなものが生じてしまっているように思います。

 

投稿: 山路 敬介(宮古) | 2017年7月12日 (水) 17時27分

遅くなりましたが全文拝読いたしました。
この謝罪碑撤去(変更)の書籍は発売を心待ちに買って読んだ久しぶりの本でした。
一体どうやって碑文を撤去させたんだろうと思って読んだのですが、46ページあたりの実行の際の手続きのくだりを読んで「手続きの順を逆にした事で罪に問われることを覚悟しての確信犯」「これは早晩剥がされる」と感じました。
真っ黒に向かって突撃したのではなくとも、黒寄りのグレーゾーンです。

息子氏と奥氏が軽々と法を乗り越えて実力行使に出た訳ではない事は勿論わかっています。
手続き上グレーであるなら先手を打つというこの作戦は、そのように日本的でない戦略を奥氏とサポートメンバーがアクティブにとり続けられれば、一筋の光明を見ることができるかもしれません。
私が求めている光はこの先に「韓国外にある慰安婦像の横にある嘘の説明書きを変更させてあの子ども像を建前通りの人身売買をさせない像に成仏?させる」ことです。
この道を閉ざすのか開くのか、リスクを取った故に実際のところ閉ざす可能性が高いというのが私の考えです。
本筋とは別に、
>一般的に韓国人は「日本人は、はっきりしない曖昧な態度を取る変な人たち」と考え、苛立つ事が多い
>彼らと邂逅しようとする場合、徹底的に批判を加え、口角泡を飛ばしつつ激しくやり合う経過が必要
>彼らはころっと態度を変えることの出来る長所も持っているので、通常は後に引きずるようなことはありません。
この部分全く同感です。そして日本人はこの展開の激しさを嫌い蔑み、韓国人はやり合わずに妥協点に直進する日本的な態度を敗者とみなして蔑む訳です。
韓国の法でやり合うという場合、そこをどこまでしっかりやり合えるかが鍵です。そこは奥氏の度量が発揮されるのだろうと本記事を読んで感じました。

日本国内に於いては、ネチズンにやり返される可能性に備えないとです。私が下っ端カウンターなら寄贈した訳でもない竹島や軍艦島の説明書きを勝手に貼り替えて後からデタラメ住所の届けを市役所に送り付けます。


投稿: ふゆみ | 2017年7月12日 (水) 17時33分

「二つ目の理由は、奥氏が韓国国民を信頼している事に由来します」

私にとって、これが一番しっくりとこないことですね。これまでの慰安婦問題に対する韓国政府の対応などを見ていると、韓国人そのものを全く信頼できません。

それでも、韓国も日本と同じ法治国家なのだからと逮捕されに出向いた奥氏には尊敬の念しか持てません。私には絶対にできないことです。

この奥氏の行動によって、韓国国内で吉田清治氏の慰安婦狩りが虚偽であったことが広まることを願っております。

投稿: ひこ~ | 2017年7月12日 (水) 17時56分

ひこ〜さん、そこのところは、私の引用した山路さんの文章を読み解くと「彼等なりの方法論を理解して接する自信がある、若しくは度量がある」という事なのだと私は思います。

彼等が日本人だったのはもう70年以上前、それもわずか数十年。ですが、その数十年日本人だった歴史をどう捉えるのか。本記事文末の内容でもありますが、当時の日本政府は同化政策をとるにあたって彼等の文化的な上下意識や取るべき態度は理解した上でやっていました。明治以前も違いに対する認識はずっとあったはずです。
直近70年のフラットな接近の失態は、歴史に学んで是正すべきですね。

投稿: ふゆみ | 2017年7月12日 (水) 18時46分

ふゆみさん
私の友人に元在日2世(帰化済)の女性がいるのですが、確かによく言い争いの喧嘩になります(^_^;)
在日でこれですから、韓国に行って言葉のわからない人達を相手にしたら……って思うと、奥氏の行動力とその想いには頭が下がります。

日本政府、特に外務省は、そろそろ韓国に対する逃げ腰姿勢を改めなければいけないのでしょうね。韓国以外にも中国や国連とかもありますが。
いつまで我々は敗戦国でなければいけないのでしょうか?(朝鮮とは戦争さえしてませんが←w)

投稿: ひこ~ | 2017年7月12日 (水) 22時24分

山路様、この度の寄稿ありがとうございました。
管理人様のものと同様、大変勉強になりました。

奥氏の今回の件は新聞で知っていましたが、このような方だと、今回初めて知りました(主人は知っていたようですが、、)。

今回の問題と直接は関係ありませんが、奥氏は大変経済的に恵まれている方とのこと。桁違いだという話も聞きました。元自衛官とは言え、我が家のような一般的な自衛官とは違うので、今まで色々私費で行うことができたのですね。

与那国や喜界島にも関わっていたとのこと。(主人は数か月前に喜界島、そしてついこの間の9日に与那国へ行きました!)やはりこのような方に色々頑張って頂きたいです。できるなら石垣島も頑張って頂きたかったですが、ちょっと厳しいですかね。

投稿: いなばの白うさぎ | 2017年7月13日 (木) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 閉会中審査 青山繁晴議員の質問(抜粋) | トップページ | 閉会中審査における青山委員、前川参考人、加戸前愛媛県知事とのやりとりの吟醸 »