« 日曜写真館 キツネノカミソリと出会った植物園散歩 | トップページ | 「ユリノミクス」 緊縮財政・金融引き締め・内部留保課税という暗黒三点セット »

名無し氏にお答えして 政局だけの単眼ではなにも見えませんよ

156

過去記事「麻生発言は、今年冬からの朝鮮半島情勢の爆発を念頭にした発言だった」にコメントが来ました。
関連記事http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-7915.html 

名無し氏は、根拠を挙げて反論しているのではなく、ただ「そうは思わない」「考えすぎだ」と書いているだけです。

ま、こんな書き方ならなんとでも言えますけどね(苦笑)。 

ならば私も、ただ一行この人に習って、「そうは思わない。あなたは考えなさすぎだ」でオシマイにしてもいいのですが、それではあんまり愛想がないので、できるだけていねいに答えておきます。

この人は今回の解散を、国内政局だけの単眼で見ようとしています。 

ですから、メディアと野党が言っている「モリカケ隠し解散」というミスリードを丸飲みしているようです。

そのために、戦後最大の脅威に成長しつつある北朝鮮の核武装との関係で、首相の解散判断を見ることができないでいます。

その関係で見れば、今後日本を襲うであろう危機に対応するために首相が信を問うているのがあたりまえに見えるはずですが、この人にはまったく見えないようで困ったものです。

まず11月米大統領訪日以前に米国が軍事オプションをとらないのは、あまりに当然すぎて説明する気にもなりません。 

大統領の訪問は膨大な外交プロトコルを含んでいる国家間事業ですので、半年以前から二国間外務官僚の間で分単位のスケジュールまで練られています。 

この間に、グアムにでも撃たれたら別ですが、すべてを台無しにするような軍事オプシッン行使はありえません。 

そもそも軍事衝突が始まったら、訪日どころではありませんよ。 

「そうなら日本を戦場にしてまで戦争しますか?」とのことですが、この人はまったく「同盟」の意味をわかっていない。 

外交的歓待は、なにもトランプが安倍氏を好きだからということだけではなく(それはそれで首脳間の「友情」は、安倍氏の重要な資産ですが)、同盟が堅固に維持されているという外交的デモンストレーションなのです。 

ちなみに、下のトランプのツイッターで使われた写真を見ると、河野外相と安倍氏が表情たっぷりに喜んでいますが、二人とも通訳なしで英会話をこなします。

あんがい外交には重要なことなのですよ、こういうことって。

Photo

日米は共に、この同盟関係こそが何よりも北の核を抑止していると考えています。 

米国は何も戦争したいのではなく、北の核武装を許さない立場を堅持しているだけであって、「日本を戦場にする」という言い方は悪しき意味でナイーブであって、適切ではありません。 

「安倍に好意的な産経新聞の憶測に過ぎない」とのことですが、石橋氏が「アベ贔屓の産経」の政治部長だからどうしたのです?

私は逆に情報の信頼性が高まったと思いますがね。

なぜなら、現時点でもっとも官邸に深く入り込んで情報をとっているのが産経だからです。 

だからこそ信用性が高い情報なのです。産経を好きかキライかという価値判断以前に、現況で確実な安倍政権の動きを伝えているのは産経です。

私は琉球新報だろうが東京新聞だろうが、はたまた「しんぶん赤旗」だろうが、正確な情報を伝えているなら信用します。

問題は報道機関の政治的立場ではなく、相対的に独自にあるべき報道内容だからです。 

ところが朝日などの左翼系メディアの弊害は、論説と報道をゴッチャにして政治的バイアスをかけて報じることです。これを朝日は「角度をつけた報道」と自称していました。

結果、朝日は報道機関にあるまじき倒閣運動に走り、いまや官邸や自民党本部からまともな情報が取れない状態になっています。 

そのために解散はおろか、動向すらまったく報じることができない有り様のようです。

まぁ、あそこまでモリカケ騒動を焚きつけたら、当然でしょうね。気の毒な朝日の政治部記者さんたち。

Photo_3

次に私が38度選越えの北の砲撃を「ソウルを火の海にする」ほどではないと書いたことに対して、「凄く楽観的な分析」とのことです。

北に38度線越えの攻撃能力が、北と南が申し合わせたように言うには裏があります。

北にとってはこれこそが、米国の軍事オプションを妨げる最大の「抑止装置」である一方、韓国にとってもまた、このグダグダの南北癒着構造を維持するための「抑止装置」でもあるからです。

北はまじめに韓国を攻撃する気はなく、韓国もまた北への侵攻はおろか、まともな防衛の意志もない。北も韓国も互いに「ふり」だけなのです。

韓国軍はよく景気よく「大量報復作戦」だの「斬首作戦部隊結成」などとメディアに吹聴していますが、本気で考えていたらあんな軍事機密を自分からバラすわけがありません。

韓国軍がこのように勇ましいことを言い出したら裏目読みしてかまいません。それはやる気がないということですから。

というわけで、なんのことはない有体に言えば、阿吽の呼吸で現状維持がもっとも望ましい、これが北と韓国の共通の利害だったので、これは今も不変です。

ただ北からすれば、韓国がムンジェインによって内部崩壊して赤旗を掲げてくれるなら話は別でしょうが。

ほんとうにソウルが「火の海」となる脅威があるなら、ソウルをルトアックが口酸っぱく言ってきたように射程外に遷都すればいいのですし、少なくとも人口集中を抑制するていとのことは可能だったはずです。

米8軍や第2歩兵師団など、さっさと中部にまで南下していますものね。

ところが韓国政府は、ソウルの安全措置をなにひとつしませんでした。

これが問わず語りに、韓国が北の38度線越え攻撃の脅威がないと判断していることを暴露してしまっています。

一切遷都の努力をしないというのは、韓国も北の「ソウルを火の海」の内実を知っていて、米国への言い訳として使えるからにすぎません。

しかしそれも、軍事的にクリアな眼でみれば、小川和久氏など複数の軍事専門家が指摘するように大いに眉唾なのです。

Photo
B1-Bが北との境界線スレスレに飛んだことについて、「アメリカは何でもありのお国柄で機密にしてるだけかもしれません」だそうです。

メディアの「死の白鳥」宣伝にだまされましたね。第一、黒色です(笑)。

「B1B戦略爆撃機は、核攻撃などで大きな影響を与えられる戦略兵器の一つ。グアムの米軍基地から約2時間で朝鮮半島に飛来できる。搭載した爆弾の破壊力から「死の白鳥」とも呼ばれる。」(朝日9月2日)

朝日はたった3行のうちで2カ所も間違えています。B1Bは核攻撃用の機体ではなく、「死の白鳥」はエリア88というマンガがつけたネーミングにすぎません(爆笑)

なにが「なんでもありだ」ですか。馬鹿をいいなさんな。B1-Bの非核装備は、ロシア相手の国家間軍事協定に規定されているのです。

米国がB1の核装備を取りはずしているのは、2011年に米国とロシアとの間で新戦略兵器削減条約(New START)が締結されたからです。
新戦略兵器削減条約 - Wikipedia

B-1Bは元来、高度数10mの超低空を音速に近い速度で敵地に侵攻し、核攻撃を行う目的で開発されました。

しかし登場したときは、既にそのような目的で使われることは考えにくい状況になっていたのです。

それは米露で、核弾頭と運搬手段の保有数に制限を設けるSTARTが結ばれたからです。

この条約によって核兵器の運搬手段は爆撃機+大陸間弾道ミサイル(ICBM)+潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の合計700、核弾頭数1550発以内への削減が義務化されてしまいました。

ここでB-1Bは、新たなSTARTに適応しない爆撃機として潰される運命になったのですが、長期間かけて紆余曲折の末に開発されてきたのにもったいないというので、核搭載能力の封印を条件に、なんとか「条約制限外」に滑り込ませたのです。

見返りとしてロシア側もTu-22M戦略爆撃機から、空中給油装置を排除し航続距離に制約を設けることによって「条約制限外」としました。

米国が、この人が思うような「なんでもあり」状態、つまり無条約状態に入ったら、ロシアは報復措置として自らも無条約状態に突入することになります。

米国がこんなリスクを冒すと思うほうが物知らずです。

このような長年の米露の核軍縮の経緯が背景があって、B1-Bは核兵器が積めないのです。

米国にとって北の核など鼻くそです。米国にとって真にコワイのは、ロシアの核兵器だということをお忘れなく。

ノーベル平和賞をICANがとったので、またまた非核運動が盛り上がりそうですが、現在の国際社会がいかなる核軍縮の道を辿ったのかを勉強してから議論しましょうね。

今は、B1-Bはその長時間滞空能力を活かして、通常兵器攻撃に使用されています。これは既にアフガンでも実施されている使用法で、この人が知らないだけです。 

この冬から来年にかけて軍事オプションの危機が高まるという見通しを持たない軍事専門家がいたら、どうぞぜひご紹介ください。

この人物はたぶん過去ログなど一本も読まないで来たのでしょうから言っておくと、私はいままで軍事オプションはありえないという立場にたっていました。 

いまでも回避されることを願っています。しかしこの冬以降は、まったく見通せなくなってしまいました。

私は国連制裁も底を打ちつつあり、いまや軍事オプションが好むと好まざるとにかかわらず、最後の選択肢になりかかってきている厳しい事実を指摘しただけです。 

猫パンチはくすぐったいのでやめましょう。あと、HNくらいつけなさいよ。

|

« 日曜写真館 キツネノカミソリと出会った植物園散歩 | トップページ | 「ユリノミクス」 緊縮財政・金融引き締め・内部留保課税という暗黒三点セット »

コメント

管理人様の意見に同意です。年末~年始にかけて北は、ほぼ超えてはならない一線を超える能力を持つでしょう。核弾頭で直接北米を狙わずとも、日本列島上空での核爆発による電磁パルス発生が可能となれば、在日米軍も日本国民の大半とともにお陀仏です。更にこれがイランに渡れば、中東情勢も破局的になります。アメリカは、サイバー+通常兵器で阻止する可能性は高まったと言えましょう。北の現政権・核は除去するが、38度線は保持する、一方で半島復興に日本が10兆円くらいの半島安定化基金で賄うとなれば、中・露の態度も変化するかもしれません。その案の最終確認・日本への肚決め確認が11月としたら、その話を受けて決断できるのは、単なるオポチュニストの石破・小池・前原では絶対無理、安倍さんしかいません。何兆円というお金をせびられるのは辛いですが、今まで国防を疎かにし続けたツケを払うと思えば、仕方ありません。ひょっとして消費税アップもこの安定化基金のためでは?とさえ思ってしまいます。まぁ、これは下名の妄想ですが。

投稿: ぼびー | 2017年10月 9日 (月) 05時04分

産経新聞もいろいろ言われることはあるでしょうが、
毎日、朝日に比べればよっぽどまともだと思いますよ。
昨日行われた日本記者クラブでの党首討論会を途中から観ましたが、
質問者である毎日新聞倉重、朝日新聞坪井の酷いこと酷いこと。
お前ら何様?と思えるほど物言いが横柄な上に、
なおかつ質問が相変わらずのモリカケ問題。
総理が説明していても「私が聞いてるのはそこじゃない」
と平気で割り込んでくる。
質問の内容も憶測のみのおよそジャーナリストの発言とは思えない内容。
朝日、毎日は党首討論会でも印象操作に余念がないようです。
まともなのは読売新聞の橋本五郎さんぐらいでしたね。
観てると頭がカッカきて血圧が50は上がってたと思います。

投稿: 右翼も左翼も大嫌い | 2017年10月 9日 (月) 08時12分

 正論11月号で薗浦健太郎首相補佐官のインタビューが載っていました。

Q:北朝鮮の人民は有事の際、どこへ逃げるとお考えか? 韓国でしょうか?

A(薗浦):国境沿いに埋め尽くされた地雷原を越えてまで韓国に向かいますか?
船を持っている人は日本に向かう可能性があります。

下手をすれば乗船しているのは武装難民ですが、国際法上、難民は追い返さずに保護しなければなりません。
武装難民への対処の他に、保護施設をどこに造るかも当然考えておかなければなりません。
「対処出来ない」という言い訳は我々には許されませんから。

と、こう述べています。

重要閣僚であり副総理でもある麻生氏が、同様の見解を共有していないハズはありません。
そして、それは産経の石橋氏が言うように、「安倍氏はトランプから直接に、北朝鮮に対する軍事オプションの実施時期を聞いた」と考えるのが自然で、「麻生氏は安倍氏から米国の意向を聞いていた」のは、これも当然の話ですね。

したがって、表題のように「麻生発言は、今年冬からの朝鮮半島情勢の爆発を念頭にした発言だった」で間違いありません。

また安倍総理は昨日、「秋から年末にかけ、北朝鮮情勢が緊迫する」と述べています。

名無し氏は、「安倍に好意的な産経新聞」なる言い回しをしますが、それがどうしたと言うのでしょうかね。
臭すぎて、正直笑えます。

産経は今回の「衆議院解散」を、読売さえ後塵に排して「抜き」ました。
一日でも早く国民に真実を伝えるスクープ性は、まさしく新聞の第一の使命です。

朝日や毎日は下らない妄想記者や、前提事実すら確認しないでヒステリー質問を繰り返すバカ記者を切り、国民の要請に資するためも産経のように「首相とお友達記者」を養成すべきですね。(笑)

投稿: 山路 敬介(宮古) | 2017年10月 9日 (月) 08時50分

管理人が考えてるほど大量な難民を運ぶ船が北朝鮮にあるのですか?

投稿: 名無しから質問 | 2017年10月 9日 (月) 09時34分

 名無しさん

ブログ主様は「数万と予想される難民が押し寄せる可能性」と書いてますが、2007年日本政府は「朝鮮有事で日本に流入する北朝鮮難民は、10万~15万人」と見積っています。
もちろん、あたりまえですが渡航手段を考慮したうえでの推計でしょうよ。

もっとも、これまでのボートピープルを見ればどういう状況で渡航して来るか想像に難くないし、近海用の漁船はおろか、くり船のような代物ですら利用して来たこれまでの経歴からでも明らかですね。

なおかつ、2007年には、それにプラスして韓国からの避難民の存在も考慮に入れる必要も指摘されていたんですよ。

投稿: 山路 敬介(宮古) | 2017年10月 9日 (月) 10時30分

日本も戦場になるという前提なら難民問題なんて無視して良いですよね?
逃げるなら安全な方向に逃げますし、仮に日本にきてもそれどころの話ではない、日本人が難民として他国に避難するレベルの話しですよ。
非現実的な安倍に総理総理はつとまりません

投稿: 名無し | 2017年10月 9日 (月) 10時53分

安倍には、危機を煽るだけでは無くて日本国民を安全な国に避難させる輸送手段を議論して欲しいですね、
そうでなければ口だけの無責任総理ですよね

投稿: 名無し | 2017年10月 9日 (月) 10時57分

連投はこれで最後にします、とお断りの上で。
核戦争に巻き込まれる危機を語る安倍が北朝鮮の難民を考えるなんてナンセンスな話しですよ、日本国内でしか通用しないおとぎ話ですよね、まさに平和ボケのお花畑ではないでしょうか

投稿: 名無し | 2017年10月 9日 (月) 11時05分

まず名無しとか言わずにHNくらい付けろと言われてることすら分からないのですかね。それこそ聞く耳すら無いのですね!
また、安倍には任せられないというのなら、「有事」となった際に誰が首班なら良いと思うのかくらいは明記してくれないと、あなたはただの壊したいだけのルサンチマンでしかありません。
余りに読解力がなさすぎます。
中身の無い質問ばかりを思い付きで繰り返すだけですね。
管理人さんがわざわざ1日の記事を使って呼び掛けているのに、その程度ですか。。呆れたものです。

投稿: 山形 | 2017年10月 9日 (月) 12時19分

名無しさん

>安倍には、危機を煽るだけでは無くて
日本国民を安全な国に避難させる輸送手段を議論して欲しいですね

>核戦争に巻き込まれる危機を語る安倍が北朝鮮の難民を考えるなんて
ナンセンスな話しですよ

ごめんなさい。
私の読解力のせいかも知れませんが、全く意味がわかりません。
もしかして避難云々という話は日本沈没かなんかの話でしょうか?

投稿: 右翼も左翼も大嫌い | 2017年10月 9日 (月) 12時26分

※常連の皆さんはご存知かと思いますけど山形とかいうHNにコメを返すと荒れ気味になるのでスルーでお願いします。

投稿: 外から | 2017年10月 9日 (月) 12時27分

※それこそ常連の皆さんはご存知かと思いますけどこうやって前後の脈絡もなく突然山形さんをDisる人達こそが荒らし行為の張本人なのでスルーでお願いします

投稿: 須山 | 2017年10月 9日 (月) 12時57分

名無しというHNは認めていません。連投もマナー違反です。
山形氏は荒らしではありません。

投稿: 管理人 | 2017年10月 9日 (月) 13時43分

お邪魔いたします。

右翼も左翼も大嫌いさんへ
> 私の読解力のせいかも知れませんが、全く意味がわかりません。

察するに名無しさんは、金正恩が頭に乗ってる黒い受話器を手にして「核戦争だ!!」と叫ぶと
日本列島の津々浦々に雨あられのごとく核ミサイルが降り注ぎ、
東京も大阪も北海道も宮城も愛知も新潟も広島も香川も福岡も...なんと島根までもが焦土になると
信じているのでしょう。

その前提に立って名無しさんのコメントをたどれば、
彼の主張が頭の弱い人の戯言にすぎないとわかります。

投稿: 七面鳥 | 2017年10月 9日 (月) 14時04分

荒らしです。削除されました。

投稿: 田中 | 2017年10月 9日 (月) 16時51分

荒らしです。削除しました。

投稿: 田中に告ぐ | 2017年10月 9日 (月) 18時19分

七面鳥さん何言ってるんですか?意味がわかりませんよ、大丈夫ですか?
核が2発も落とされれば日本の機能麻痺しますよ、あなた事の重大さに気づいてないようですね、ある意味羨ましいですが

投稿: 名無し ひろふみ | 2017年10月 9日 (月) 18時47分

本日は馬鹿が豊漁でした。
読むに耐えないきたならしい侮辱的表現を使って、反吐をまき散らしながら侵入してきました。
ゲロを吐きたいなら、自分の家で吐きなさい。

まともにロジックを対置出来ないために、「安倍信者」といった脳味噌がたりないレッテルを貼りまくってご満悦です。

このような愚か者のために、今日のコメント欄は閉鎖します。

投稿: 管理人 | 2017年10月 9日 (月) 19時28分

この記事へのコメントは終了しました。

« 日曜写真館 キツネノカミソリと出会った植物園散歩 | トップページ | 「ユリノミクス」 緊縮財政・金融引き締め・内部留保課税という暗黒三点セット »