• 059_20211204161101
  • 067_20211204161201
  • 2112-019
  • 2112-029
  • 2112-032
  • 2112-017
  • 2112-037
  • 2112-018
  • 2112-014
  • 2112-023

« 宜野湾くれない丸氏寄稿 現時点での私の見立て | トップページ | 安倍首相が訪韓する理由は釘を刺しにいくのでしょう »

2018年1月25日 (木)

安倍氏は平昌五輪の開会式に行くべきではない

058

安倍氏が平昌五輪の開会式に行くそうです。 

止めて下さい。今回は百害あって一利なしです。

首相は1月24日付け産経とのインタビューでこのように述べています。
http://www.sankei.com/politics/news/180124/plt1801240003-n1.html

「文在寅大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、文政権が示した新方針を『受け入れることはできない』と直接伝える意向を示した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮については『高度な圧力の維持を再確認したい』と述べた」

安倍さん、なにを言っているんですか。そんなことは特にムンと直接会わないでも済むことで、ましてや相手国にこちらから行って述べることではありません。 

むしろこちらに呼び出して、「直接伝える」べきです。抗議する側が、抗議を受ける側の国にすり寄ってどうするんですか。

日本人の8割以上が怒っている日韓合意違約ですが、いまの韓国政府は日韓合意について、「決着済み」というポジションをとっています。

Photoカン・ギョンファ外相と河野外相

中央日報(1月12日)はこう報じています。

「これはカン・ギョンファ外相が再交渉要求をしないとしながらも、合意には問題があるとして他のアクションを要求したこと自体を「慰安婦問題の最終的なかつ不可逆的解決」という合意を否定するという日本政府の認識が反映されたものであると受け取られる。
これにより、歴史問題と日韓の未来志向の協力を分離して、日本と正常な外交関係を回復するという韓国政府の意図にもかかわらず、日韓関係は急速に冷却される可能性も排除することはできないようだ」

まるで 鏡の国を見るようですな。玄界灘の先にあるかの国では、私たちが白いと思えば黒、三角なら四角なのでしょう。

正常化を望む韓国政府に対して日本が難癖をつけているために、急速に日韓関係が悪化している、あげて責任は日本政府にあるというのが韓国の基本認識です。

しかも韓国からすれば、そんなに日本がしこっているなら歴史問題と未来志向を切り離してもいいよとまで「譲歩」しているということになります。

あー、コリアワールドに引き込まれると、頭がクラクラします。

まるでムン閣下がわれら日本の愚民に、天上から訓戒を垂れてくるようです。

「なーお前、われらは千年たっても忘れようはずもない民族の恨みを一時棚上げにしてやるとまで言っているのだぞ。
これは冬季五輪という平和の祭典があって、しかも北の兄弟国とのこともあるという特別事情だからだ。ありがたくこの韓国の温情ある新方針をお受けするように」

たぶんムンは米国に対して、いま日米韓の対北圧力の陣形をくずしているのは、頑迷な安倍のせいだと言っているはずです。

わが韓国は条約は尊重する、廃棄はしないと言っているではないか、このどこに不満なのだというわけです。

もちろん、いうまでもありませんが、日本政府は日韓合意に関わるすべての付帯義務を忠実に履行済みです。

安倍首相名で「心からのおわびと反省の気持ち」を表明し、韓国政府が元慰安婦支援のための財団に約束どおり10億円を拠出しています。

この措置の着実な履行を前提にして、合意の条文にあった「問題の最終的かつ不可逆的な解決」を確認したはずです。

つまり、日本側はやるべきことはすべて誠実に履行済みなのです。

またパククネ政権は、ソウルの日本大使館前の少女像について、「適切に解決されるよう努力する」と約束しました。

これらを一瞬にしてすべてスルーしたのが、他ならぬムン閣下です。

これに対して河野外相が「さらなる措置は全く受け入れられない」と言明したのは、当然すぎるほど当然のことです。

つまり二国間関係において慰安婦問題の交渉はいかなる意味でも終わっているのであって、再交渉を求めるも求めないもそれは純粋に韓国の国内事情にすぎないのです。

ところが推測の域を出ませんが、韓国は米国務省に対して日米韓三国の対北結束を破壊しているのは日本であると名指しした可能性があります。

これを聞いて米国が、日本は依怙地を張らずに妥協すべきだ、という外交的圧力をわが国にかけてきたことはありえることです。

日本政府は韓国との事前折衝において、首相がムンに直接に新方針の拒否を伝えるということを見返りにして、開会式出席を呑んだのかもしれません。

安倍氏の軟化の原因を探すとすれば、このあたりしか思いつきません。

Photo_2ソウルに到着した北朝鮮「三池淵管弦楽団」の女性団長ヒョン・ソンウォル氏(中央)

ところで、このピョンチャン五輪ではなくピョンヤン五輪だと揶揄されるほど、北にとってまたとない圧力包囲網突破のためのプロパガンダ装置となっています。

北は平和攻勢を強めることで、韓国を妥協の場に引き込み制裁の無力化を狙っています。

もちろんこれはムンの意志でもあります。ムンは北への圧力の弱体化のための絶好の機会とこの五輪を考えているはずです。

五輪終了後、ムン閣下は次々に北への融和策を出すでしょう。

このような状況で、安倍氏がこの五輪開会式に出席するのは、とりもなおさずこの制裁無力化を手助けすることになります。

そもそも出席しても、主要国首脳はひとりもいませんよ。

習はムンの哀訴をはねのけて出席を拒否し、プーチンはドーピング問題でそもそも蚊帳の外、トランプは御家の事情で国から離れられず、英仏も首脳をだしませんでした。

その中で西側首脳としてポツンとひとり、予想気温氷点下12度、 風速時速10メートルの人体の極限状態のなか、南北合同チームの入場行進と、応援団席の美女軍団のやくたいもないパフォーマンスを5時間も眺めているというのは、もはや究極の罰ゲームですね。

まだ時間があります。悪いことは言いませんから、安倍さん、そんな馬鹿なものに行くのはお止めなさい。

« 宜野湾くれない丸氏寄稿 現時点での私の見立て | トップページ | 安倍首相が訪韓する理由は釘を刺しにいくのでしょう »

コメント

安倍総理は首相官邸で記者団に「事情が許せば、平昌五輪の開幕式に出席したい」と表明。
日韓合意について「(文大統領に)日本の立場を伝えていきたい」と述べ、北朝鮮に関しても「日韓米でしっかりと連携していくことや、最大限まで高めた圧力を維持していく必要性を伝えたい」と語った。

とある記事の抜粋です。
事情が許せば、というのは含みのある言い方だと感じます。
安倍総理とて反対意見が出るのはわかりきっていたでしょうし、それでもあえて韓国に出向くのは「立場を伝える」とか「圧力維持の必要性を伝える」というのは建前、本音は別のところにあるのではないかという気がします。
期待しすぎでしょうか。

いつも思うのですが、何故日本政府はこうも半島の方々に優しいと言うか、毅然とした態度を取れないのでしょうか?何か色々複雑で深い理由があるのでしょうが、傍から見てると、さっぱり分かりません。ネットの情報では、平昌直前に、アメリカのトランプ名代(名前を失念)が来日して、対北朝鮮について協議後、安倍さんと共に韓国の文さんのもとへ行き、共に圧力をかけるのでは?的な話もありましたが、それにしても今回の開会式出席はやはり行かない方が良い様に自分は思えます。出席予定であったが、何か突発的なことが起きて、代理出席的になってくれたら良いのですが。

訪問するにあたり、日韓の首脳会談開催が絶対条件ではないでしょうか?
首脳会談が開催されなければ安倍首相の訪韓も無しよと。「事情が許せば」とは、そういうことではないでしょうか。首脳会談で北に擦り寄るに文大統領に、米と共に釘を刺しに行く。

なんだかんだ言っても朝鮮有事の際に文在寅には此方側に居てくれないと、日米共に何かと支障が起こりかねませんし、ここで開会式に出席するという貸しを作っておいて、今後の展開で韓国側からの譲歩を引き出す狙いもあるのでは?

例えば有事が起きた際、半島に居る邦人保護で、自衛隊を投入する為の調節を少しでもスムーズに行えるよう一つの貸しを作っておく。
訪韓によるリスクとしては日本国内の支持率が下がる事ですが、自身の支持率が下がる事と、仮に今後の半島有事で動き易くなるのではあれば、天秤にかけて見ると後者に傾くとおもいます。

各国首脳が開会式出席を見送る中、五輪を成功させて面目を保ちたい文大統領は、少しでも格好がつくように安倍首相の開会式出席には歓迎的です。
韓国国内向けのアピールにもなるでしょう。
日米としては、管理人さんが指摘するように、対北への圧力を弱めようとする文大統領に、これ以上馬鹿なマネをするなと釘を刺しに行く形になるのではないでしょうか。

産経の報道によると文大統領は安倍首相の開会式出席には歓迎的ですが日韓首相会談には消極的です。
対北政策に関して、日米に対して後ろめたさがあり、直接顔向けしたくないジレンマが生まれています。
文大統領にとっては安倍首相には開会式に出席して貰いたいが、首脳会談開催が絶対条件なら余り宜しくない。かと言って首脳会談を拒否するなら安倍首相の開会式出席は見送られる。

安倍首相としては開会式に出席出来れば韓国に一つ貸しを作れるし、首脳会談が行われれば文大統領に釘を刺す事が出来る。
韓国に釘を刺すという事は中国に向けての牽制になるのではないでしょうか?
文大統領の北への擦り寄りを1番喜んでいるのは習近平だと思うからです。
それに此方から伺う形になったとしても、日韓合意に対する日本の立場は1ミリも動かないと改めて階段上で表明すれば、そこまで誤ったメッセージを送る事にならないのでは?

安倍首相のリスクとしては先程述べたように支持率が下がる事です。

安倍首相が韓国に行かないのであれば、それはそれで文大統領にとっては首脳会談は回避出来るが、五輪に対しても日韓合意に対しても面目が立たない。
安倍首相としても支持率が下がる事は無い。

あくまで首脳会談実現が開会式出席の絶対条件であればの話です。

個人的に少し心配なのは安倍首相が韓国内で暴漢に襲われないかです。
下手をしたら暗殺という事も…
韓国には前科が有りますからね。

公明党や二階から行くように要請があったからそれらの意見を汲み取った形じゃないですかね?
天木直人みたいな行かないと批判し、行くとなったら目立ちたがり屋だと批判する卑怯者は許せないです。総理を批判するという目的が前提にあってどちらに転んでも批判すると。

訂正
誤)北に擦り寄るに文大統領に
正)北に擦り寄る文大統領に

誤)改めて階段上で表明
正)改めて会談上で表明

自分も首相の開会式出席は百害あって一利なしでしょ。

1)文在寅政権を支えることになる。
2)北との融和ムードに日本が合意した如くに見える。
3)韓国の国民は、文在寅の今回の従北的行動に反対する意見も多く、日本の首相が行かないことで、そういう緘黙内の世論を後押しするべき。

ともかく、理由をつけていかないのが最善。

国家間の不可逆的合意すら履行する気のない政府とそれを8割以上の国民が支持する国に誠意や貸しを作ったところでまったく無意味でしょうに。
会談を開いたところで先の南北対話の核廃棄と同じように平行線をたどって終わるだけだと思います。
文政権にとって慰安婦問題は北の核兵器開発並の生命線なので譲歩する可能性は0です。

いやらしい見方をすれば今回の直接対話で合意履行に対して不遜な態度を取らざろうえない韓国政府の痴態を全世界的に発信する事も可能なので、文政権をより追いつめるという方向に動く事はあるかもしれません。

ひとまず官邸に反対意見送りました。

ひとつだけ意味があるとすれば、それはオリンピック閉会後に米国が北朝鮮への武力行使に出る場合です。この場合、韓国への影響が大きいため「韓国の意向に沿って、やれることは全部やったはずだよ」との、日本としての大義をたてておくことは、朝鮮半島の“戦後処理”をする場合にとても重要になります。

つまり韓国の自業自得、と国際社会から見えるようにするためのものではないか、と思えるのです。

世界で米国の内部情報(方針)を知り得るのは安倍首相のみです。外交(戦争行為を含め)の専権事項は政府のみにあります。冷静に見守り、いつでも対応できるようにしておきたいと思います。

訪韓するなら自衛隊が運航する政府専用機でなく全日空で来いとか注文つけてきそうです。
だったらいっそ仁川でなく平沢に降りて米軍と握手してからそこにムン大統領を呼べばいいのに。
以上戯れ言失礼しましたが、個人的にムン大統領は安倍首相を呼ぶだけ呼んで首脳会談をドタキャンし、自分が訪中でされたような孤食の仕打ちを企画していると思っています。下らない。

安倍総理が行く前から韓国というか文大統領のほうが腰砕けになるような気がしますが。
(ちなみに、安倍さんは無条件で行くとは言っていません。)
九州Мさんもおっしゃるように、ここは冷静に見守りたいと思います。

ふゆみさんの様にいい歳こいて嫌韓妄想でヒス起こしているような人たちはわからないのでしょうが、日韓トンネルの開通を夢見て文鮮明の説法に随喜の涙を流す安倍さんが平昌オリンピックに行かないわけがないでしょう。
それに今回のオリンピックは安倍さんが第二の母と慕う、マーザームーンこと韓鶴子さんの肝煎りですからね。
こんなこと位で大騒ぎするなんて、ここの人たちは安倍さんの一体何を見てきたのでしょうか?

下らない嫌韓妄想を安倍さんに押し付けるのはおやめなさいな。

もちろん国際的な韓国に対する信用のなさや、日韓合意の扱いで韓国に不信感や反発があるのは当然だと思います。安倍総理が平昌オリンピックの開会式へ行くことに反対する気持ちは十分理解できます。

ただ日本の安全保障を考える一国の総理大臣(安倍総理でなくとも)であれば韓国を切れるはずもなく、文在寅に対する韓国の若者も支持率が下がりつつある今(微々たるものの)、韓国保守の台頭に繋がるかもしれない機微をみすみす見逃すはずがありません。もちろん成功するかもわかりませんが。

韓国紙は25年前に強制連行を否定
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/298202/
金奉玉氏は「1983年に日本語版が出てから何年かの間、追跡調査をした結果、事実でないことが判明した。この本は日本人の悪徳ぶりを示す軽薄な商魂の産物と思われる」と憤慨している。

金奉玉氏はもうお亡くなりになっていますが吉田清治氏の著書に、このように批判していた人物です。今も韓国には日韓の歴史を見直す学者がおり、ときどき慰安婦の強制連行を否定し韓国社会で波紋を呼ぶことがあります。韓国保守は米韓同盟強化デモをしたりもしますし、日米韓は同盟だと言ったりもします。あまり注目されないニュースですから左派の韓国ばかり見ていれば嫌いになるのも当然かもしれません。でも一国の総理大臣が好き嫌いより安全保障を優先するのは当たり前で、韓国の保守が力を持てるように動くこともあると思います。

台湾侵攻の準備?中国軍機が台湾で執拗な周回飛行
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9164_1.php
中国軍が2020年までに台湾に侵攻する極秘計画を練っていることが明らかになった。

北朝鮮だけでなく、台湾旅行法や関係法、リムパックへの中国の反発に米中断交の示唆などから日本の安全保障にも関わると思えば韓国の大統領が左派でも支持率が下がろうとも韓国へ行く決断をするのも当然かなと思います。中露以外のアジアで日本以外の海軍や空軍がマシなのは韓国でしょうからね。

個人的意見としては、やはりここでの訪韓は愚策だと思いますね。
安倍総理が韓国や北朝鮮に阿っている、と見られるのは避けられませんから。

ただ、平昌・東京・北京と二年毎に続くアジアのオリンピックですから、最初でコケさせるわけにもいかないという考えもあると思います。
はっきり言ってしまうと、愚策でもやらなきゃいけないという時もある。
ここで腰が引けると、最悪の場合東京オリンピックで「北朝鮮が攻撃の準備をしている!」となった時に、各国選手団が来ない! という話になりかねないのですから。

また、中国側の政治家で張徳江や王岐山が出てくるなら、日中韓サミットの下準備としての意味があるかもしれません。
ただ、序列7位の韓正が出てくるそうですから、政治的な話は難しいかな?


ちなみに日本は勿論、韓国の世論でも「来るな」と言われているのに、専用機(自衛隊機)を使って行くのだろうから、更に反発される。
これで有事の際に自衛隊で救助、なんて話を出しても絶対にNOと言うでしょう。
東京オリンピック招致の時は「国策」として執拗に妨害し、また平昌オリンピックHPの地図から日本が消えていたことも記憶に新しい。
慰安婦問題もひっくり返そうとしているのに、それでもまだこっちから出向くのはおかしい、という意見も結構出ていますね。

まあ、安倍嫌い・韓国嫌いのデマに踊らされないよう、冷静に見ていくべきだと思いますよ。
上の人じゃないですけど、安倍総理はトルコで「日韓トンネルを作ろう」なんて一言も言っていませんしね。
今の時点で同じ発言をしたら、きっと日露トンネルを作ろうって言った事になるだろうけど(笑)

九州Mさんや、やもりさんに賛同します。
2年前に日韓合意があったときも保守層の批判がありましたが、
結果的に韓国の国家としての未熟さが世界に露呈することとなりました。
今回も表向きは選手の激励等といっていますが、きっと
別の主たる目的があり今度こそ最終的に引導を渡すことになるのだと
おもいます。
今後の動向を見守ると共に、行った場合は、暗殺や病気にあわず
総理の無事の帰国を祈るばかりです。

推測の域を出ない、精度の低い仮説ですが、下記の理由じゃないでしょうか?

①二階氏や公明党との取引の結果、総裁選および憲法改正で協力することと引き換えに出席をすることになった
②破綻しつつある対北包囲網の引き締め(日韓首脳会談が行われるかは不明ですが、もしやるなら従軍慰安婦よりも対北包囲網についての釘刺しでしょうね)
あたりが理由じゃないかと

文大統領は信念ある北シンパではなく、南北融和という名ばかりの実績が欲しいだけの人物。
言い換えれば、信念を持った北シンパではなく、名誉欲の強い脳内お花畑。
よって、日本が揺さぶれば、ブレる余地が十分にあると踏んでのことかもしれません

なんとなくお祭りの空気に誘われて訪問すれば絵になって
悪いことにはならないと、そんな日本的というか日本外交
伝統のウザウザ・出たとこ勝負の対応なら、ぜひ止めて欲
しい。元は宣戦布告し損なうような外交能力なのですから。

ちゃんと合理的な訪問理由があり、方策を実行貫徹できる
現実的な手段と能力があり、すでにディシプリンをこなし
スタンばっているのなら「いってらっしゃーい」です。

すでに韓国の若い世代が、ムンさんのなあなあ友好路線に
イヤ気が差してきているとの報道です。これからの世代
(当然、新メディアで世界中から情報を仕入れてる)は、
団塊世代の多くとは違うので、希望が無い訳じゃない。


私だけですか?電波の押し売り局の9時のニュースの男性
キャスターがムンさんに似ていると思いませんか?まるで
視聴者を中学生あつかいしているような、世の中をナメた
ような笑顔もソックリだと思うのですが・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宜野湾くれない丸氏寄稿 現時点での私の見立て | トップページ | 安倍首相が訪韓する理由は釘を刺しにいくのでしょう »