« トランプは北の核の中身を「検証」することを要求している | トップページ | 日曜写真館 クレマチスの初夏 »

終わっていないオウム真理教事件

186_039
麻原彰晃(本名・松本智津夫)以下7名の幹部の死刑が執行されました。当然すぎるほど当然の、法の裁きです。

ここまで刑の執行が延びたのは、最後の被告である高橋被告の判決が確定したために、死刑囚たちが証人として出廷を求められる可能性が消えたからです。
麻原彰晃 - Wikipedia

まったく思い出すだけで、胸くそが悪くなるような事件でした。 

「一連の事件で29人が死亡し(殺人26名、逮捕監禁致死1名、殺人未遂2名)負傷者は6000人を超えた。教団内でも判明しているだけでも5名が殺害され、死者・行方不明者は30名を超える。被害者の数や社会に与えた影響や裁判での複数の教団幹部への厳罰判決などから、「日本犯罪史において最悪の凶悪事件」とされている」(ウィキ)
オウム真理教事件 - Wikipedia
https://www.yomiuri.co.jp/matome/20180706-OYT8T50002.html

最初の在家信者が殺害されたのが1988年ですから、今年で30年となります。既に今の若者が生まれる以前の事件となってしまいました。 

一体オウム真理教とはなんであったのか、当時からさまざまな解釈がなされてきました。

ず私はこの事件の特徴の第1に、オウム真理教というカルト集団こそ、世界を先駆けての宗教テロリスト集団ISの原型のひとつだと思っています。 

ISがオウムを研究したかはわかりませんが、オウムを模倣したのではないかと思われるように疑似国家を作り、戦闘員たちを武装させ、既存の国家内に「領土」を拡大していきました。 

疑似国家を作り、現実の日本国家を武力で転覆する「革命」を夢想し、実行したのが、このオウムという集団でした。

彼らはこのようなことを計画し、その一部を実行に移しました。

事件当時、東京地検次席検事としてオウム捜査を指揮した甲斐中辰夫氏によれば、オウムはこのようなことを構想し、実行しようとしていたとされています。 

「教団は、自分の手で製造した70トンものサリンを霞が関や皇居に空中散布して大量殺人を実行し、混乱に乗じて自動小銃を持った信者が首都を制圧するという国家転覆計画を企てていた」(2011年11月22日読売) 

「オウム教団は、麻原教祖の予言を的中させるため、首都圏で数百万人規模の死傷者を出させるテロを実行するしかないところまで追い詰められている。
そして廃墟と化した首都に、オウムの理想共同体である独立国家を建設しようとしている」

計画は5段階に分かれ、第1段階はサリンを使った無差別テロ。第2段階は銃器や爆発物を使用した要人テロ。第3段階は細菌兵器を上水道に混入する無差別テロ。第4段階はサリンなどの薬剤の空中散布による無差別テロ。そして、第5段階は核兵器による首都殲滅である」
(一橋文哉『オウム帝国の正体』公安調査庁内部報告書)

彼らはよく比較される過激派の連合赤軍のように幼稚でなく、現実的に「国家」もどきを運営し、有り余る豊かな財源を有していました。 

Photo_2
今思うと驚きを禁じ得ませんが、日本国内に国家内国家を作り、法や行政組織すら有していたのですから。 

頂点に君臨するのは唯一者である麻原ひとりであり、以下厳重なヒエラルヒーを構成する階級社会を作っていました。 

一方、一般信者は私有財産を禁じられ、家族すら別居を強いられました。子供は一カ所で育てられて、男女の交際は厳しい懲罰の対象となりました。 

ひとり「自由」を謳歌できたのは麻原だけであり、彼は北朝鮮の独裁者顔負けの100人を超える「喜び組」もどきを持っていました。 

麻原の生ませた子供だけで十数人を数えるそうで、書いているだけで気分が悪くなります。

この北朝鮮に酷似した宗教集団が目指したのは、日本をオウムが武力で乗っ取ることでした。 

第2の特徴は、オウムの武装化が国際化していることです。

教団ナンバー2の早川紀代秀は「世界統一通称産業」という貿易会社まで作って、当時ソ連の崩壊で混沌としていたロシアやウクライナのマフィアとパイプを作っていました。

早川の押収されたノートには、買いつける武器目録として核兵器、戦車、潜水艇まであったといいます。

Photoロシアで機関銃を構える早川と見られる人物

また北朝鮮とも接触をもち、北が軍事顧問を密かに派遣していたという見立て(高沢皓司氏)もあります。
http://www.asyura2.com/0406/nihon14/msg/117.html

今でもオウム残党がロシアに定着しているように、カルトとテロリズムは手を携えて国境を超えていきます。

この一見オモチャの欲しいものリストのような早川ノートも、もし買っていても操作要員がいないはずなので、なんらかの軍事顧問を密入国させる手筈だったのかもしれません。

その場合、諸外国にブラックマーケットを通じて、ハードとソフト、時には軍事顧問を販売してきたのは「あの国」しかないということになります。

当時、「あの国」に売れる原爆の手持ちがあれば、工作船は定期便のように日本海を往復していた時期ですから、オウムが国内に持ち込むことはそう難しいことではなかったはずです。

考えたくない想像ですが、オウムは世界最初の化学兵器テロと並んで、東京で核テロを行っていたかもしれません。

リンとなったのは、たまたま有機化学の専門家が信者にいたからにすきません。

話を戻します。オウムはクーデターによって神聖オーム帝国を作ろうと図ったのです。 

しかし、彼らは冗談どころか真剣でした。

学歴エリート集団の彼らは、実際に70トンもの神経ガスサリンを自力で製造するプラントを作り、AK突撃銃を千丁作る予定でその製造工場すら完成していました。 

Photo山梨県上九一色村(当時)のオウムのサティアン群 

オウムは化学兵器サリンを大量に製造し、その散布のためにロシア製大型ヘリまで購入し、国内に持ち込んでいました。 

147930946132661269177_heriオウムがロシアからサティアンに搬入したMi-17軍用ヘリ

突撃銃の試作品は既に完成し、製造ラインを稼働するばかりとなっていました。 

また信者によるコマンド部隊は編成を終わって訓練を行っていたとされています。 

当時迷彩服の信者が多数サティアン周辺の山中を走り回っている姿が目撃されています。

おそらくこの巨大テロ、ないしはクーデター計画が実施されていた場合、短期のオウム政権が樹立され、一時的に日本は「日本オウム真理教国」となっていた可能性もあります。 

そしてサリンの大量の空中散布によって、おそらく数千人から万単位規模の死者がでて、その中には天皇陛下ご夫妻も含まれていたかもしれません。 

しかし、最後にオウムは詰めを誤りました。1995年1月1日の読売が、松本サリン事件とオウムとの関連を掲載したことに焦ったオウムは、予定を繰り上げて部分的な決行に規模を縮小してしまったのです。
松本サリン事件 - Wikipedia 

また、TBSが一斉捜査をオウムに漏洩したために、計画を前倒しにしたという説もあります。

いずれにせよ、これによって引き起こされたのが、世界史上初となる公共交通機関内の化学兵器の散布テロでした。 

Maxresdefault_2地下鉄サリン事件 - Wikipedia

第3に、国が後手後手に回り、このような史上最凶のテロリスト集団を根絶出来なかったことです。

この事件は内乱罪(刑法第77条)を適用されてもおかしくはないオウムに対して、組織活動を禁じる破防法はついに適用されませんでした。 

事実、弁護団は麻原だけを首謀者として死刑にし、他の被告を救う目的で内乱罪を主張しましたが、退けられました。

一方、破防法は1952年7月に制定されました。 

この時期から分かるように、朝鮮戦争下の共産党の暴力闘争を封じ込める目的の治安法制でした。 

破防法が適用されれば、暴力主義的破壊活動をした団体の解散、デモ・集会の禁止などの処置が行えます。 

これに対して制定当時から左派政党や労組の激しい反対に遭遇してきた経緯があるため、団体に対する適用例はありませんでした。
※個人に対しては三無事件、渋谷暴動事件などがあります。
三無事件 - Wikipedia

いわば「あるが、使えない」法律だったわけです。 

必要とされるのは、純粋の法的判断ではなく、政治判断でしたが、国家転覆を試み、600人を超える死傷者を出した事件に使えなければ、ないのと一緒です。

この決断を迫られたのが、不幸にも今まで反対運動を続けてきた社会党委員長の村山富市政権でした。 

阪神淡路大震災時に「始めてなもんで」と自衛隊出動腰が引けていた(というか腰が抜けていた)村山氏は、このオウム事件においても破防法適用に頑強な「慎重姿勢」を貫きました

村山氏は回想録『そうじゃのう』でこう述べています。 

「あの法律を作る時には、僕らは反対したほうじゃけね。だから、適用については、人権にも関する問題じゃから、慎重のうえにも慎重を期してやってほしいと言っていた。
破防法の法律の体系から言うたら、総理の承認を得るとかいうことはないんじゃな。適用するかせんかは公安審査委員会にかける。かけるかかけんかは、破防法を扱う公安調査庁長官の権限じゃ。
だが、公安調査庁といえども行政の一環じゃないか。それで僕のところに言うてきたからな。僕の意に反してやるようなことは認めるわけにいかん。そう言うて議論した」

 一方法相だった宮沢弘氏は、適用可能だと判断し、適用やむなしの旨を村山氏に伝えましたが、村山元首相は最後まで首を縦にふることはなく、この腰が引けた対応によって公安審査委員会は適用を見送りました。

時事上、村山氏が握り潰したといってよいでしょう。

その上に、当時のオウムとの脱洗脳に関わっていた中心メンバーが、江川紹子氏や日弁連の滝本太郎氏などといった共産党系リベラル文化人だったことです。

Photo_3

彼らは破防法適用が現実味を帯びるや、いままでの反オウムの立場を捨てて、オウム擁護に回ってしまったのです。

彼らはオウム事件でもっともメディアへの露出が多かったために、反破防法の世論形成をしてしまいました。

この江川氏などが唱えた反対論は、このようなものです。

①オウムの犯罪は政治目的ではない。教祖の空想妄想をただ実現したものにすぎない。
②適用すれば残党は地下に潜る。
③宗教法人の資格取消と教団の資産の差押えでオウムは潰れて、賠償が取れなくなる。
④麻原を神格化していた者はもういない。信者も減って無力化した。
⑤オウムに将来の危険性はなく、権力の濫用である。

この江川氏たちリベラル派の議論を聞いていると、カルトから脱洗脳するという視点はあっても、国民を危険から守るという視点がすっぽりと抜け落ちているのがわかります。

ですから、「オウムは教祖の妄想で、政治目的はない」などいった矮小化をしてしまいました。

「宗教テロリスト」という、従来の共産党や左翼過激派とはまったく次元の違う存在が誕生したという認識がなかったのです。

「政治目的」うんぬんというのは、破防法の第4条のニにこのように書かれているからです。

第四条この法律で「暴力主義的破壊活動」とは,次に掲げる行為をいう。
 政治上の主義若しくは施策を推進し,支持し,又はこれに反対する目的をもつて,次に掲げる行為の一をなすこと。」
破壊活動防止法 - 法務省

これは制定当時の世相を反映したもので、破防法は有体にいえば当時の暴力路線をとっていた共産党を念頭においたものだったからです。

つまりは、破防法をかける側も、それに反対する側も旧態依然とした政治的過激派のみを念頭において議論しているのです。

破防法自体に既に限界があり、それがこのオウム事件に適合するかどうか、常識で考えればわかりそうなものです。

では、適合しないからかけないでいいのではなく、オウムの息の根を止めるためには、「政治的目的」ウンヌンなどという字句解釈に引っかかるべきではなかったのです。

事実、21世紀に入ると、「政治目的ではない」宗教テロが、今やテロリズムの主流となっています。

これを当時もっとも強く破防法適用に反対し゛もっとも影響力が強かった江川氏はどう考えるるのでしょうか。

②の「地下に潜る」というのも笑止で、そもそも彼らの軍事部門は非公然で「地下に潜って」いたのです。

③の宗教法人の資格取り消しをしようとしなかろうと、彼らには民事訴訟に対して誠実に損害賠償を払っていく責務があるのは明らかです。

④についても、残党のアレフは麻原をいまだ神格化しており、一定数の信者を確保しています。なお彼らは賠償に応じていません。

⑤の「権力の濫用」うんぬんは、リベラル論者の定番の言い分ですが、29名の死者と6千名の負傷者という空前のテロの前に、いうべき言葉だとは思えません。

国民の安全を法を遵守して守ることは権力の濫用とは呼びません。

このようにこの反対論は、法治主義を否定し国民を守ることを忘れた大変に問題が多いものなのです。

とくに国民の安全を守る重大な義務がある総理たる村山氏が、法の厳正な執行より自分の政治信条を重んじたことは強く批判されるべきです。

かくしてオウムは破防法適用から逃れ、被告の罪はただの殺人罪に矮小化されてしまいました。

そしていまもなおアレフなどの後継団体として生き延び、更にそこから過激武闘分派すら生み出しているようです。 

アレフ道場の祭壇には今なお、麻原の写真が飾られ、信者には地下鉄サリン事件は国家謀略だと教えているそうです。

このような残党を残して、オウム事件が終わったといえるのでしょうか。

■今日は悩みながら書いていたために、大幅に加筆してしまいました。仕事の合間をぬってやっていたために、お見苦しいミスタイプも多くあって申し訳けありませんでした。今思うと2回分割すべきだったか・・・。

 

|

« トランプは北の核の中身を「検証」することを要求している | トップページ | 日曜写真館 クレマチスの初夏 »

コメント

記事内容の文章について全く異論はないのですが、麻原のビジュアルを引きで目にするだけで昨日フラッシュバック誘発のようにテレビで流された映像とセットで当時を思い出して吐き気がするので、できれば教団の写真を外してもらえるとありがたいです。すみません。

投稿: ふゆみ | 2018年7月 7日 (土) 05時44分

ふゆみさん。
気持ちは分かりますけど、直視しないと。
ビジュアルがどうしてもイヤなら手で隠しながら読むしかないです。

むしろ時間が経ちすぎていて、いまどきの大学生や20代の若者は危機感の無いままいつのまにか勧誘されてズルズルってのが怖いですよ!

朝日新聞さんなんかはとにかく難癖付けたくて必死みたいですけど。。

投稿: 山形 | 2018年7月 7日 (土) 06時49分

 先々週用あって駒場にある某大に行ったのですが、「ヨガサークルに見せかけ正体を隠した勧誘に注意」との表示がありました。まだ活動しているんだと思いました。

投稿: 仙 | 2018年7月 7日 (土) 06時59分

ふゆみさん。麻原の写真はとりかえました。これでいかがでしょうか。

投稿: 管理人 | 2018年7月 7日 (土) 07時22分

摘発写真へ差し替えありがとうございます、お手数おかけしてすみません。
世田谷杉並は信者のラーメン屋があったり在家信者もいたからか、今でも自治会の回覧板には定期的にオウムのその後を考えアレフらの活動監視報告誌が挟み込まれます。
そこにも常に、若い人がサリン事件もオウムも知らない事への警鐘が書かれていますが、それなりの規模で組織が裏でまだ生きている事も読みとれます。
彼らにとって全盛期の教団提供プロパガンダ写真はまだピカピカの現役。「映像持ってるよん」とばかりに都合よくビデオをまとめて映したテレビ局はまたしても麻原の神格化に手を貸したのです。

投稿: ふゆみ | 2018年7月 7日 (土) 09時14分

自由と民主主義を尊重するが故に、社会が危機に陥っているようにも感じます。地下鉄サリン事件の5年前、1990年熊本県波野村(人口約2,000人)に原野15haを手に入れたオウムの信者450人が転入届を出そうとした。

村役場は転入届の受理を拒み続けたが、教団に訴訟を起こされ敗訴。村の年予算の半分近い9億円を支払うことで、ようやく土地を明け渡してもらった。それでも、あの山梨県上九一色村のサリン工場は出来ました。

オウムが宗教法人だったが故に手を出せなかった公安当局。あれだけのテロをやっても適用されなかった破防法。日本が法治国家、人権尊重国家が故の出来事です。

死刑確定後10年以上経過してようやく刑の執行。死刑が残虐な刑であり、世界の潮流にも反するという人権尊重の有難いコメント。

そして病院では、身動きすることない老人が、表情ひとつ変えずチューブにつながれたままベットに横たわり、延々と続く終末期を送っています。私の親もそうでした。わかっていても何もできなかったのです。

自由、人権、民主主義、進めば進むほど社会が壊れていくような気がします。

投稿: 九州M | 2018年7月 7日 (土) 10時26分

 ブナガヤさんと投稿者の皆さんこんにちはHYです。

 身の毛のよだつ事件ですね。もっと恐ろしいのはこのようなテロがあったのにテロ対策の訓練などが最近になって始まったことです。1977年のダッカ事件といい、今日世界で問題になっているテロや人質ビジネスはどれも日本の責任な気がします。

投稿: HY | 2018年7月 7日 (土) 11時25分

管理人さんの発言趣旨には全面賛成です。破防法を適用すべき事件でした。本来、対テロ法もこの延長上にて作成、運用されるべきであったと思いますし、またスパイ防止法も同様に体系化されるべきでしょう。
一つだけ注文があります。ヘリですが、Mil24ではないですよ。さすがにハウンドを持ち込まれたらひとたまりもありません。

投稿: 安兵衛 | 2018年7月 7日 (土) 15時39分

本当に悲惨な事件でした。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。
今考えるに、オウムは地下鉄サリン事件までに幾つかの事件を起こしています。
5年間の間に、坂本弁護士一家殺害や元信者を多く殺害しています。
何故この間に、オウムに捜査の手が入らなかったのか。
優秀な日本の警察が、地下鉄サリン事件を何故防げなかったのか。残念でなりません。
この様なテロ行為は、まだ未解決のグリコ、森永事件にも共通点があります。

投稿: karakuchi | 2018年7月 7日 (土) 22時50分

覚えていますか?「ああ言えば、ジョウユウ」TVのワイドショーに出まくっていたオウムのスポークスマン上祐は生き残っていた。

ワイドショーはオウムにトドメを刺したのか、それとも成長させていたのか。凄惨な事件というが、実はけっこうみじかな事件でもあったような気もする。

そして、過激派(暴力革命)の武力を簡単に超えていたオウムの武力。日本の左翼(共産主義)はこの時に完全に終わったのだと思う。

投稿: 九州M | 2018年7月 8日 (日) 01時12分

安兵衛さん。すいません。ミル17です。修正しておとましたうありがとう。
ハインドなわきゃない。

投稿: 管理人 | 2018年7月 8日 (日) 01時46分

この事件の要点は
①頭が良いのと賢いのとは違う
②オウムは、この世に実現した完全な共産社会だった
③日本では、人権が主権を上回っている
ことだと思います。
①については、医学部・理工学部・司法試験に受かる人々が、自分の身の処し方ひとつわからずに、かような人物にいとも簡単に騙され、社会変革を夢見てしまうということを最悪の形でしめしたものです。メディアは連日、「なんであんなに優秀な人々が?心の闇が深すぎる」などとバカな論説を垂れ流していましたが、何の不思議もありません。頭は良いが、賢さの欠片もなかっただけです。
②については、管理人様も触れられたとおり、北朝鮮との親和性がみられます。オウムはほぼ完全な共産社会です。そして、共産主義もまた宗教だということです。
③については、宗教のありかた・テロへの対処の仕方が日本国においては、完全に間違っているということです。信教の自由は保障すべきですが、それが国家主権を脅かすのであれば、徹底排除せねばなりません。破防法は渋谷騒乱事件では適用されたのに、この件では適用されませんでした。20年以上も加害者の人権に配慮して裁判を行い、結果死刑となりました。死刑執行について、白人国家から批判が出ていますが、何も臆することはありません。日本を批判する諸国のように、ガサ入れの時点で上九一色にいた全員を射殺すれば死刑にせずとも済んだのでしょうが、日本はそうはせず、法治国家のありようを愚直に守っています。しかし、人権が主権を上回ってはならないと思います。結局日本人は、主権という概念を理解していないのです。
ちなみに、サリン事件は化学兵器を用いた史上初のテロですが、過去にも空港で銃を乱射するテロ事件、大規模な爆弾テロ事件など、日本人は国際レベルでみて、かなりのエポックメイキングなテロ事件を起こしていることを今一度認識すべきです。

投稿: ぼびー | 2018年7月 8日 (日) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トランプは北の核の中身を「検証」することを要求している | トップページ | 日曜写真館 クレマチスの初夏 »