• 187-037
  • As20180914002436_comml
  • Photo_20190923051601
  • 20190213ax06s_t
  • Index19
  • 400px
  • Index46
  • Index46_20190923073801
  • Index49
  • 20190123141950

« 李氏朝鮮に戻ろうとする韓国の宿命 | トップページ | 追い詰められた習とラムの最後の目論見とは »

2019年9月 3日 (火)

ムン様、ヤケのヤンパチ

106_20190903045201

 

また韓国かとおもわれるでしょうが、申し訳ない、ムン様がヤケのヤンパチになられてしまったので書かないわけにはいかなくなりました。

ムン・ジェインは中央突破するようです。

びっくりしたことには、「懐刀」とか「ムンの紅衛兵」といわれた民情首席秘書官のチョ・グク(曺国 ) が居直ってしまいました。
私はここで世論と妥協すると思っていたのですので驚きました。
なんせ廃棄する予定がなかったGSOMIAを突如2日前になって無理筋で廃棄したのも、このチョに対する矛先を日本に向けさせる思惑があったと言われていますから、いかにチョの司法相就任をムン閣下が重視していたのか、知れようというものです。
ちなみに、ムン様はチョを大統領首席補佐官に据えて、自分の後継にする心づもりだったようです。
自分もかつてノムヒョンの時に同じようなポジションでしたからね。

さていまや国民から、「タマネギ男」の愛称を奉られてしまって、チョには次から次に疑惑が湧いて出る始末です。
正直、どうでもいい気分ですが、おなじように側近のスキャンダルで牢獄暮らしをしているパククネの側近チェ・スンシルと比較してみましょう。
今日はやや週刊誌風になるのでお許しを。

  • チェ・スンシルの娘→乗馬のアジア大会で金メダルも取得の実力と言われていたが、名門梨花女子大に不正入学。
  • チョグク氏の娘→高校生でわずか2週間のインターンで実験論文筆頭執筆者となり、名門高麗大学に無試験入学。

韓国の学歴社会は文句なく世界一で、どこの大学を出たかで一生が決定されます。
出身大学でその後の全人生が決定されてしまいますから、親子共々命をかけているようです。
一流大学に入ればめでたく財閥企業に就職してエリートに、もっと優秀で親が金持ちなら米国留学で帰国せず、さもなければ若年層の3割と言われる失業者の仲間入りというわけです。

ですから、幼児の時から猛特訓に励み、めざせソウル大、行け高麗大、梨花大一直線、といった受験養成ギブスで固めた思春期をすごさせられるんですからたまりません。

だからこそ有力者の子弟だから無試験で入ったなんて許せない、社会的に制裁しろ、という国民感情が爆発したようです。

裏口入学されたほうの高麗大の連中もおさまりません。
在校生はもちろん、卒業生まで飛び込んできて大規模な糾弾集会があったようです。

慌てた大学当局は「ほんとうなら入学を取消しますから」と言ったといいますが、もう卒業しているんですが。

4278415487fafd3bc12209c00bfd552f

https://ameblo.jp/sapporo-mmm/entry-12510820431.html

この怒りは父親の出身大学超名門ソウル大(ちなみに日本が作った大学なんで、「積弊払拭」で廃校にしてね)にも飛び火して、こちらでも大規模集会が開かれたそうです。

ついで、チョの娘が大学時代の成績が悪いのに、2回落第して6回奨学金をもらっていたというので、更に大炎上。
奨学金というのは、学力優秀か、さもなくば貧しくて向学心がある者に与えられるのですが、
パパ、大金持ちだもん、豪邸住んでいるもん、ポルシェ乗っているもん、ということのようです
もうこのへんになると勝手にやってくれというかんじですが、従来の保守層だけではなく「ろうそくデモ」の主役だった青年層にも反ムンの火の手が移ったかもしれません。

チョ・グクはバリバリの主体思想派で、北朝鮮への信仰心を隠そうともしていませんでした。
まぁ、日本にもよくいる田園調布左翼なんでしょうね。
ただチョの場合、かつて「我が家は必要ない、奨学金は苦しい人に分配されるべき」「奨学金は成績よりも経済状況を中心に考えなければいけない」なんてキレイゴトを書いていましたし、このような不正を摘発するのが彼の職務ですから、いかがなものかということになります。

そもそもパククネを牢獄に落とした原因となった側近チェ・ソンシルの娘チョン・ユラの不正入学を、これでもかと糾弾し、学歴社会も気持ちよく批判していたのが他ならぬこのチョでしたから、シャレになりませんやね。
これを揶揄して、韓国社会で言われたのが「チョロナンブル」(自分がすればロマンス、他人がすれば不倫)でした。
ま、日本でもよくヒダリの人がやるダブスタですね。

その上に、今度は息子のほうの 徴兵 逃亡疑惑がでてきてしまいました。
このチョ・ウォンという息子は5回連続で 徴兵 を忌避しています。いや6回だろうと世論はかしましいこと。

そりゃそうです。青年期という1年も惜しい年代に28歳までに2年間も徴兵に取られるんですから、たまったもんじゃありません。

先進国はおしなべて志願制になっていますが、韓国は対北との関係からいまだに徴兵制をとっています。

T02200158_0681048911035721896

しかも韓国軍は、かつての帝国陸軍教育を受けた連中が作ったために、旧軍以上のいじめとしごきの巣窟だと言われていて、年中行事のように自殺者や営内乱射事件を起こしています。
オリンピックでメダルを取ると徴兵免除をもらえると言われていますから、いかに若者にとって徴兵が重荷なのか分かります。
それを有力者の息子だからといって5回逃げたんですから、若者が怒るまいことか。

またこの息子は既に30近いのですが、いまだ国籍選択をしておらず二重国籍のままです。
ということは、いざというときには米国籍に切り換えて国外逃亡も可能ということになりますから、今は海外渡航禁止措置がとられているようです。

00047969hdk

チョ・グクと ムンジェイン https://www.fnn.jp/posts/00047969HDK/201908291700_...

というわけで、全身疑惑のタマネギの皮まみれとなったチョ・グク(曺国 ) が記者会見をしましたが、これが定められた議会の聴聞会の代わりということのようです。
聴聞会なしでも法的にはいいことはいいようですが、これだけ疑惑が湧いて出て、なにひとつ具体的釈明もなしに法務大臣就任はさすがにないでしょう、とはひとごとながら思いますね。
日本だったら国会前がヤメロコールで大変な賑わいとなって、下手すると内閣がひとつ飛びます。

このお二人は法曹出身で、ことのほか民主的ルールにはうるさいと思ったのですが、逆でしたね。
こともあろうに疑惑の中心人物を、司法相にしちゃうんですから、こりゃ泥棒が縄をなうのたとえどおりです。
先だって司法の手入れを受けたばかりの人物が、自分の上司となるんですから検察もたまらないでしょうな。
ま、これで死なばもろとも、というわけです。

Photo_20190903064101

ユン・ソクユル https://www.fnn.jp/posts/00047969HDK/201908291700

後は検事総長のユン・ソクユル(尹錫悦)のやる気次第ですが、かつてのようにパククネに反骨を見せたようにいくかどうか。
呼び戻したのが他ならぬムン様ですからね。あまり期待しないほうがいいでしょう。

今後ですが、中央突破してしまった以上、妥協の道を自分で塞いでしまったことなりますから、仮にムン様がお辞めになるときはパククネのように政治裁判で有罪・牢獄行き確定、というルートが決定しました。

かくてムン様の支持率はうなぎ下がり。とうとう不支持が5割を超えて、まだまだ上昇する勢いのようです。

5d64a729250000510472273f

ハフィントンポスト

これで、いっそうムン様は、国民の眼を逸らせるべく反日反米に励むことになり、いっそう四面楚歌の墓穴を深く掘ることになっていくことになるでしょう。
ああ、うっとおしいこと。じぶんの国だけのことにしておいてくれと心から思います。

 

 

 

« 李氏朝鮮に戻ろうとする韓国の宿命 | トップページ | 追い詰められた習とラムの最後の目論見とは »

コメント

政権内部は強引に幕引きできても、一般市民は押さえられるんでしょうか。
不正入学と兵役忌避は庶民が一番頭くるテーマですからね。
大規模なローソクだってありそうなもんだけど、文在寅一派の撹乱カウターデモで目立たないようにさせるか。
どうにもならなくなったら最後は軍隊出動でさせて全員逮捕、就労ビザで日本に送るつもりでしょう

今さら日本との妥協はできないでしょう。どちらに転んでも、歴代大統領にならって悲惨な末路のようですね。そこで「韓国七不思議」

1、悲惨な末路が待っている韓国大統領。わかっていながら、その大統領になろうとするのはなぜか?「自分だけは別」とし、つまりは学習能力がないのか?

2、先日の本ブログ考察されたように、決して前向きな意味のない国旗の太極旗。そうまでして使い続ける意味は?

3、自国の呼び名ですが、いつのまにか「コリア」という英語読みを多用している。例えば在日の人を以前は「在日韓国・朝鮮人」でしたが、今は「在日コリアン」です。私は「ジャパン」と言われてもそんなに違和感ないですが、やっぱり「ニッポン」と呼んでほしいのですがね。自分達をどう呼び、またどう呼んで欲しいと思っているのでしょうか?

4、漢字名の呼び方ですが、中国人に対しては「シュウキンペイ」のように今も昔も日本語読みです。韓国人に対しては以前は「キンさん」と日本語読みだったのが、いつのまにか「キムさん」に変わりました。心境の変化でしょうか?

5、記号が複雑に並んだハングル文字。使っているのは朝鮮半島の人達だけです。私なんか勉強しようと思いさえしません。やっぱり愛着があるのでしょうか?漢字を使うのがそんなに嫌なんでしょうか?

6、「反日」つまり日本の悪口です。私も人の悪口を言いますが、同時に言っている自分が嫌な気分にもなります。あんなに競うように人の(日本の)悪口を言い合って、どういう気分なのでしょうか?

7、最大のナゾは韓国の人達が北朝鮮という国家をどう思っているかです。もちろん同じ民族、分断国家というのは分かります。でも、完全にあっちに行っちゃっていますよね北朝鮮は。曲がりなりにも自由があり、民主主義がそれなりに機能している韓国です。なんであんな国家と一緒になろうと思うのでしょうか?しかも若い人にその傾向が強いと言いますから、とてもとても不思議なのです。

トップの写真を見ているとなぜか点心が食べたくなります(^^)
青木理氏はワイドショーで曺国氏の質疑応答を「かしこい人」とか褒めたそうで、さすがです。
韓国の学歴主義は、娘の友人の話を聞くに本当に辛そうです。
それでも娘の通う高校からは韓国の大学を目指す在日の女子もいます。
平等な社会よりも上になって勝ちを維持する人が幸せな社会を、南も北も目指して半世紀以上過ごしてきたのだなあと、今朝の記事をよみながらかみしめました。

本当に、本邦に関わりしなければ笑い話なんですが。
これは中国にも言える事ですが、相当に内向きなんですよね。
世界における自身の立ち位置を計算して立ち回るのが苦手で、エネルギーの大半を身内の権力闘争に費やし、相手を見誤る。そのくせ、他者を巻き込むのは大の得意という、厄介者そのものです。

 もはや、支持率回復のためだけに、本邦に武力的挑発あるいは侵攻を企てるのが冗談ではなくなってきました。
 このまま韓国の実態を国民に広く知らしめ、改憲のみならず、今後どうするべきかを考える時間が発生すればと思っていましたが、時間的猶予は思ったより少ないのかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 李氏朝鮮に戻ろうとする韓国の宿命 | トップページ | 追い詰められた習とラムの最後の目論見とは »