• Fk2bqlwcwzitfp3kdt4vjcrkce
  • S036
  • Large_4f1fc5e62a
  • Wkq3g7zz
  • S-061
  • Jpcna_cna_20200710_202007100002_1
  • K10013756551_2208060832_0806083529_01_02
  • 20220802oyt1i500081
  • Maxresdefault_20220809155501
  • Img_88be9f493b6d8a95a9b73d82ff397f7c3814

« GSOMIA韓国廃棄撤回、日本完勝 | トップページ |  山路敬介氏寄稿 「首里城再建問題」から~ 沖縄社会雑感 »

2019年11月24日 (日)

日曜写真館 濃霧の中を火球が上がっていく

 

059 

太陽が登る前の一時です。遠くには双耳峰が

 

006

霞ヶ浦周辺の山々にポタージュの濃霧がかかります

 

196 まるで白亜紀の原始海洋のようです

210

 静かに、しかし驚くような速度で火球が上昇します

242 瞬く間に赤く風景を染めます

 

244

« GSOMIA韓国廃棄撤回、日本完勝 | トップページ |  山路敬介氏寄稿 「首里城再建問題」から~ 沖縄社会雑感 »

コメント

美しいですね。
白亜の原始海岸、ですか。
確かにこのような風景が広がっていたのかもしれませんね。

朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに
あらはれたる 瀬々の網代木

古今問わず、上り来る朝日に人の感じる様は似るのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« GSOMIA韓国廃棄撤回、日本完勝 | トップページ |  山路敬介氏寄稿 「首里城再建問題」から~ 沖縄社会雑感 »