• 050_20211127022401
  • 039_20211127022401
  • 035_20211127022501
  • 042_20211127022501
  • 011_20211127022501
  • 031_20211127022601
  • 022_20211127022601
  • 194_20211127023701
  • L-054
  • L-046

« 感染「1万人突破」という虚構 | トップページ | 武漢ラボ流出説再び »

2020年4月21日 (火)

フランスノーベル医学賞受賞者、 新型コロナは武漢ラボが作ったと明言

Dsc_0246_2  

う~ん、とんでもない情報が上がってきちゃいましたね。フランスのノーベル生理学・医学賞受賞者のリュック・モンタニエ氏が、新型コロナウイルスを「人工的に作られたもの」だと断言しました。
正直驚きました。
蓋然性としては濃厚でした。いかにもやりそうな国が、いかにもやりそうな場所に、その目的のために作ったとしか思えないウィルスラボを構え、その地域がまさに世界を震撼させた新型コロナの爆心地だったからです。
関連記事
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-22db4e.html
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-fc652f.html

今までインドの科学者が論文を上げてその人工説を追及してきましたが、なぜか(モンタニエ氏は圧力がかかったのだろうとしていますが)削除されました。
以後、トランプは中国の「撒いたのは米軍だ」などといういいがかりに激怒し、この武漢ラボを名指しで犯人と決めつけて調査すると断言していました。

そこへ飛び込んできたのがこのフランスの医学者、しかもHIVウィルスの研究によって2008年ノーベル生理学・医学賞を受賞したウィルス学の世界的権威の発言ですから重みが違います。

Corona2

ノーベル賞受賞者であり、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の発見者としても知られているカリスマ的な生物学者、リュック・モンタニエ氏(87歳)が、「新型コロナウイルスは中国で造られた人工ウイルス」と結論づけたというのである。日本においても日本国際賞を受賞している人物であり、彼の発言は非常に信頼性が高いものといえる。
・間違いと言い切れない情報源
これは医学報道サイト「Pourquoi Docteur」や「Gilmore Health」が大々的に報じているもので、フランスのハフィントンポストや、フランスのYahoo!ニュースでも報じられている。医学分野においての数々の功績を重ね、権威としてもカリスマ的な人物のリュック・モンタニエ氏が断言していることから、「仮説」「間違い」「デマ」だと言い切れない情報なのは確かだ」(Buzz News4月18日上写真も同じ)
https://buzz-plus.com/article/2020/04/18/luc-antoine-montagnier-corona-news/

これはスゴイ。破壊力抜群です。今まで状況証拠だけで黒に近いグレーと言っていたことの間合いが一気に詰まり、霧が晴れてきました。
モンタニエ氏はふたつのことを言っています。

①新型コロナウィルスは自然界のウィルスではなく、人工的に操作されたものである。
②武漢ウィルスラボ(武漢国家生物安全実験室)から事故により流出した。

まず①の人工説ですが、いままで新型コロナウィルスには人工的操作の医学的証拠が見つかって来なかったとされていました。
かつてインドのデリー大学とインド理工学院の研究者たちが、新型コロナウイルスとSARSウイルスのタンパク質の配列を比較し人工操作されたものだと指摘しましたが、なぜかこの論文は査読を受けないまま葬られてしまいます。
しかし私は恐れないと、モンタニエ氏は言っています。

「モンタニエ博士によると、自分たちより先にインドの科学者が同様の研究発表をした、とのことだった。しかし、それらは(どういう理由かわからないけれど)強い圧力によって却下されてしまったのだという。(研究論文は削除され、URLには論文のタイトルしか残ってない)モンタニエ博士は「自分はもう高齢(87歳)だし、圧力など怖くない。科学的な真実というものは必ず明らかになるものだ」と語った」
(4月18日 パリ最新情報『フランスメディアを騒がす、新型コロナの正体』)
https://www.designstoriesinc.com/panorama/paris-corona-wuhan/

モンタニエ氏は新型コロナウィルスの遺伝子配列の中にHIVウィルスの配列が含まれていることを発見しました。
博士はHIVの遺伝子配列研究でノーベル賞を取ったような人ですから、憶測でものを言ったことはありえません。
彼はこの発見を彼の研究のパートナーである数学者ジャン・クロード・ペレズ氏と研究を進めた結果、このような結論に達しました。

「これは時計職人が行うような精密なもので、自然に存在することはあり得ない」(同上)

モンタニエ氏によればこの武漢ラボは、「もともとダニ媒介ウイルスの研究から始まり、長くコロナウイルスの一種であるSRASやエボラウイルスの研究をしていた」(同上)そうです。
なぜこれをフランス人であるモンタニエ氏が知っているかといえば、実はこのラボは当初はフランス政府と中国政府の共同事業として誕生した施設だったからです。

「SARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した翌04年、中国の胡錦濤国家主席(当時)がフランスを訪問し、ジャック・シラク大統領(同)と「中仏予防・伝染病の制御に関する協力」の枠組みを締結した。これ以降、「中仏P4実験室」と生物安全実験室が設置され、スタッフの研修が始まった」(4月20日河添恵子『米、コロナで中国の責任追及へ! 地図上から消えた?武漢市の「重要施設」とは… 「疑惑の研究所」に迫る 』 )
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200420/for2004200004-n1.html

当初フランスはテープカットに首相が訪中するようほど好意的な対応でしたので、フランスウィルス研究の権威であるモンタニエ氏にもなんらかの声がかかったのだと推測できます。
たぶん中国としてはフランスからP4のノウハウを吸い取ればいいくらいなスタンスだったはずで、病理学研究の看板の下に生物兵器製造の邪な思惑があったのでしょう。
それを察してかフランスは早々と手を引き、中国政府、それも人民解放軍系研究所となっていまに至ります。

ここから新型コロナウィルス・人工説=生物兵器説がうまれるわけですが、モンタニエ氏はエボラ研究のために使ったコロナウィルスが流出し、これが新型コロナ肺炎として世界に拡散したとしています。

なお中国政府筋は、発生源とされた生鮮市場のコウモリからの流出という説を強調していましたが、この市場ではコウモリは売られていません。
他の宿主(たとえば蛇など)だったとしても、そこから新型コロナウィルスと同じ遺伝子が発見されねばなりませんが、そのような話はついぞ聞かれません。
そもそも中国は、いまだに外国のウィルス研究機関による調査を拒んでいるのですから話になりません。
今はなにを逆上したのか、去年6月の軍人オリンピックの時に米軍人がウィルス兵器をもちこんだなどと血迷ったことまで言い出す有り様です。
ま、誰も信じませんけどね。

「リュック・モンタニエ氏を報じている記事では、「武漢ウイルス研究所はコロナウイルスを使用してエイズワクチンを開発しようとしていた」とも報じている。さらにDNAや遺伝子などゲノム研究者であるジャン・クロード・ペレス氏も、新型コロナウイルスは自然発生しない存在としている」(Buzz News前掲)

6c445ac2ae2b497dba5bc0da9ee40f08

https://www.designstoriesinc.com/panorama/paris-co...

また②の流出説ですが、モンタニエ氏によると新型コロナウイルスは武漢ラボから事故的なトラブルで流出したれたとしています。
おそらく新型コロナウィルスを持った実験動物に濃厚接触したために感染したためだと思われます。

これは昨年11月22日頃に、武漢ラボの研究員が武漢の人民解放軍系病院で新型コロナの症状を訴えたという出所不明の情報とも適合します。
そしてこれを解析した軍病院は、それを武漢市党委員会にも人民政府にも知らせずに、上級組織の中央軍事委員会の某所に通知したが、現地には一切知らされずに握り潰されたということです。
この情報は篠原常一郎氏が出したものですが、ソース不明なために私はジャンク情報として扱ってきましたが(失礼)、これと一致します。

中国共産党は厳重な縦割り組織で、上級が下級を指導するという組織原則が徹底しています。
この武漢ラボは、表向きは武漢市との共同運営ですが、実態は人民解放軍系のもので、その研究員は軍属です。
ですから彼らは一般の病院に行かず、軍の病院に診療に訪れたのですが、そのために情報は軍内部で隠蔽されてしまったといいます。

なんの情報提供も軍から受けなかった武漢市と市当委員会は、11月には発生していた新型コロナの発生を警告した医師を拘束し、情報隠蔽に走ります。
年をまたいで2020年1月1日には、女性医師・艾芬(ガイフン)医師が、病院の責任者が参加する会議の席上、武漢市で発生した原因不明の肺炎について「SARSが帰ってきた。人間に感染する」と警告しましたが、病院側から「強い叱責を受け、口止めを強要されました。
その後、彼女は行方不明になっています。

これらの警告を無視したツケを武漢市は支払うことになります。
以後、わずか1カ月の間に新型コロナは武漢市で手がつけられないような感染拡大が発生し、春節で全国化しただけでに止まらず、1月16日には早くも日本に上陸したのはご承知のとおりです。

この流出説には別の情報もありますので、明日に続けます。

●世界の感染状況

Ewe51xouwaiufbi

●国内感染状況(4月20日正午)
国内感染者10751
退院1239
入院中9341  
軽中度・無症状4849
人工呼吸/ICU 231
確認中573 ・待機中297 ・症状有無確認中3391
死亡171

Euvgcsnu4aetdfr

Eusvv3bu4ai8a9

 

« 感染「1万人突破」という虚構 | トップページ | 武漢ラボ流出説再び »

コメント

日本では全く報道されていませんが、フランスではかなりヒートアップしている話だと辻仁成さんがツイートしていましたね。
モンタニエ博士はノーベル賞後、いかがわしい健康法等のろくでもない情報を発信する、とんでもオジサンになっていると信憑性を疑う医師もいますが、アナタも医師なら科学的論拠で否定か肯定かしろよと呆れてしまいました。
博士と同じことを言ってる他の研究者もいますし。
止まっていた世界の時計の針は少しずつ動き始めているのは確かです。中国やWHO、テドロスに都合の悪い方向に。

怒りは,体力を消耗しつくす
今は,ひたすら、悲し

コロさん。このコメント欄はあなたの心情吐露の場じゃありませんし、ダジャレをいう場でもありません。
いい加減にしてくれませんか、迷惑です。
山形さんをたしなめたのであなたも少しは自制するかと思いましたが、相変わらずですね。

「いや、いくら何でもそれは穿ち過ぎだろw」くらいに思ってましたけど。。

むむー、日本で取り上げたのが「東スポ」なんで「第7艦隊がUFO捕獲」とかの懐かしいデマかとも思いましたが・・・なんだかシャレにならないことになってますね。
確かに「人民解放軍は既にワクチン接種を始めている」とかのよくわからない情報とも一致しちゃいます。
軍人オリンピックから感染で米国が元凶だという情報も同じ頃に出てましたからねえ。。

これ、マジでバイオ兵器ならスゴいな。とんでもない威力。
戦力投射の象徴である米空母が作戦不能な上にロジスティックスに多大な負担。
そのタイミングで西沙・南沙に行政区設定したり。。周の意思なのか、解放軍が勝手に進めてるのかすら分からないですけど。。
また、潜伏期間が長い上に「抗体が出来にくい」という話も、なんだか信憑性が出てきてしまいます。

NY州では抗体検査をしてパンデミック状況の調査に踏み出したようですけど、抗体検査自体がPCR検査よりさらに精度低いんですよねえ。。何万人もやれば「傾向」は推定できるかも知れないけど。。。

 最初の感染者は経路が市場由来でない事はもうハッキリしています。中国人にはコウモリを食す文化はなく、食材としても市場は扱っていなかった。また野生のそれが市場に入り込む可能性もなく、何らかのカタチで他の生物食品に転移した医学的証拠もありません。

浙江省から馬蹄コウモリを研究用に飼育していたのは、武漢疾病予防センターと中国科学院武漢病毒研究所だけで、600匹ほどあった事が明らかになっています。どちらか知りませんが、一方の研究所はすでに爆破済みなんていう情報もあります。

また、2月初旬には武漢のアンソニー・涛という武漢在の学者が研究所から漏れた事を詳細に研究し公表してますが、それももみ消されています。
そして今日の記事の「天然由来ではない」というモンタニエ氏の指摘がつながってきます。氏の主張ははっきりした「動機」もあげられていていて、説得力があります。

中共の主張どおりに市場由来としたWHOの責任は重大で、「人々感染はない」などと誤りを言った事や台湾からの情報を無視し続けた点までも含め、テドロスの辞任どころでは済ませる事は出来ません。

一方の中共は南シナ海の礁島群を一方的に行政に組み入れる事や、小規模核実験を行うなど、中共らしいやり方で苦境を乗り越えようとしている事は明白です。


いつも有益な記事を上げていただき、ありがとうございます。
最初の段階ではこのタイミングでバラまく予定ではなく、うっかりだったのかもしれませんが、以降は元々の作戦に沿って動いているような気持ち悪さを感じます。
安倍総理はWHOへの台湾のオブザーバー参加を後押しすると言っていましたが、むしろ英米に足並みを揃えてWHOへの拠出金を停止し、中国抜きでの枠組み作りへの参加を呼び掛けてほしかったです。
メルケルでさえ中国批判にまわったのですから。

悲しいというのは,
今年で終わらない。解決が来年も再来年にも及び,都市を閉めたり開けたりを,繰返していく。今日は海外の大手飛行機会社がつぶれ石油も下落し,マスゴミは,反日親中共
この希望のないなか生きていかねばならず,被害の大きさから戦争も近未来あるかもしれません。とてもかなしいです
食料も今はあっても,中共がマスクの様に近未来に架橋などを使い,買い占めたら,なくなっていきますsuperで焦って買いに走り密になるより,今からこつこつ備蓄はしても損ないとおもいます。1か月前に近所に消防車が沢山来ました。火事でなく喧嘩だったのでした。世界中で収入もなくなるなか,笑いは免疫も上げるので自分自身に向かって書いただけでありました
コメントは以後かきませんので安心🍀


いつもは傍観者さん。

WHOなんて完全に腐ってるし、そうなんだけどね。。
アメリカが引くとますますチャイナが占拠しちゃうわけですよ。そんでエチオピアのような貧しいアフリカ諸国に無傷で入り込んで影響力というか、実質支配下にしちゃうという構図が既に見えているので・・・そこは本当に悩ましいところですね。
私もどうするのが正解なのか未だに分かりません!

最後に書き忘れました
アビガン等も中国が散々試していた。有効は初期投与だ,と思います。極論ですが薬局屋で買えれば発症すぐに,飲めます。薬の効果は最大に効きます
耐性菌が出てくるのは心配ですし,かなしいのは、薬局屋で販売なんていろいろな理由から絶対にできないらしいです。アビガンと○○を組み合わせて何種類を一気に使うのも,やはり初期投与がポイントだとおもいます。かなしいです。ワクチン開発もいまいち難しいらしく,免疫がやはりつきずらいらしいウイルス。
生き残りをかけて頑張るのもこく,です,が,自宅待機や密にならない、を頑張ることは、みんなを,世界を,救うためと考えて
たった一人の自分でも世界のお役にたつこともあるのだ
できるのだと、貢献できると信じます

あまり陰謀めいた事は言いたくないですが、確かに中国共産党の手に掛かるとこの記事に書いてある事も不思議では無いです。
ただ、このモンタニエ氏と言う方、ノーベル賞受賞者でそれなりに権威のある人ですが、一方でトンデモ論者とも評されてる方なんですよね。
結論はもう少し時間が経った後でも良いかと。

コロさんねえ。

まあ、どうせ今後は書き込まないとのことですから無駄文になりますけど。
いくらなんでも突然にご自分を美化しすぎです。
そんなことを言い訳にするなら、はじめからちゃんと「文章」として意見を述べていれば何の問題も無かろうに。
オレ、何度も繰り返して言ったよね?

ちなみに笑いのセンスはゼロですね。悪趣味なだけ。今月6日の自分のコメントとか読んでみなさいな。

管理人さんは山形様にも注意されてますよ。このコメント欄で,山形さんが,他の方方にも,くってかかるのは,何度も何度も. 最近行ってるのは,間違えていません。

すごくよくないと前から思ってます。
山形県の方みたいですが印象もひどく悪くなってしまいます。コメント書きませんといったのは

山形さんが何回も絡んでくるから
山形さんと密になりたくない

名前を名指名して,このコメント欄で,しつこく悪く意地悪に絡んでくるのは,山形様は,もう他の方にも,今後一切行わないように

神様御願いますコロ

管理人様から御注意を,山形様は何度も受けても,山形様は管理人様に謝罪やごめんなさいを一切いってきませんでした
真摯な謙虚な御態度は,混乱したこの御時世ではますます大切な糧です。人を助け,自分も愛される。

自分も未熟すぎるゆえ,人間的にいつも優しく謙虚に,ありがとうといつも感謝できる人物に

向上していきたいとおもっています明日しんでしまうかもしれないのですから
がんばりましょう

今後、このウイルスに関する科学的知見が集まってくれば、自ずと人工物か自然発生かは分かると思います。今少し傍観していても遅くないかも。自分としては中共による人工物論を信じたいほうですが、それはあくまで自分の希望です。ただ、何の報道か何時かは忘れましたが、中国では世界に先駆けてワクチンの臨床試験が始まったような報道を見た記憶があります。世界で最初に流行したから、ワクチン生産も早いと言えば早いのですが、穿った見方をすれば、既に基礎研究が終わっていたので、作るの早かった!とも言えます。怖いのは、そのワクチン、国内向けと海外向けで違うものだったら?マスクや人工呼吸器の件でも分かるように、中共は海外向けには自分達の利益になるような事しかしませんので。

またコロナとは関係のない話しを持ち出して申し訳ございません。
CNNが金正恩が重体説を報道いたしました(真偽は不明)。
https://news.livedoor.com/article/detail/18151625/

篠原常一郎氏が年初あたりから重体ではないか?と仰って、ガセ扱いされておりましたが、案外本当なのかもしれません。篠原氏は年初から公式に出てくる金正恩の写真の耳の形などから、おそらく影武者であろうと推察されております。

CNNの金正恩重体説直後に韓国ウォンマーケットが反応、売り圧力がかかり、少々下落。

東アジア不安定要素がコロナ+アルファとなっているようです。

私は案外、この北朝鮮がトリガーになって(あくまでトリガー)、世界が変な方に崩れていくような気がしてしまいます。もちろんそうなってほしくないですが。

実績と怪しい話、両面あるモンタニエ博士ですが。
ずば抜けた才能を持つ人が、凡人にはトンデモとしか思えない事に興味を持って食い付くことはままあることなので、近年のモンタニエ博士を権威とも眉唾とも決めつけずにとりあえず、ギルモアヘルスニュースにある、フランスの医学者ジャン・フランソワ・ルモワン博士によるモンタニエ博士へのインタビュー記事を読んで来ました。(ちなみにギルモアヘルスニュースでは、モンタニエ博士の仮説が、ノーベル賞ウィナーであることによって攻撃から守られる面も、博士自身を陰謀論者枠に入れ得ることも述べています)
https://www.gilmorehealth.com/chinese-coronavirus-is-a-man-made-virus-according-to-luc-montagnier-the-man-who-discovered-hiv/

エイズのワクチン開発が目的であったとするモンタニエ博士の説は、兵器説よりは考え易いです。
世界を救い、金と名声と世界のリーダーのポジションを得る手段としてワクチンを開発したら、世界貢献で蛮行を覆えると中共は考えるでしょうから。

このインタビューでモンタニエ博士は、
・自然界はいかなる分子の弄りも受け容れない、自然界はこのような不自然な改変を取り除いていく、何も対策しなかったとしても事態は良くなるだろう、ただ残念なことに多くの死者を出した後に。

と述べ、

・干渉の波の助けを借りて、我々はこれらの人工的遺伝子配列を消去していけるだろう。

と付け加えた、と書かれています。
学者同士のインタビューで軽く触れられているだけの話なのですが。
干渉interferingとはウィルス学用語で、ひとつの細胞に2つのウィルスが感染した時、一方が他方を無力化する、或いは双方互いに増殖を抑制し合う現象のことで、考えるにモンタニエ博士は、人工ゲノム配列は元の自然な方向へ変異していきながら、干渉現象によって打ち消されていく、という風なことを言っているのかなと思いますが、そこはもっと詳しい方の解説を待ちます。

とまれモンタニエ博士は、エイズのワクチン開発を目的とした中での人工ウィルス、収束の長期をかけての見通し、中共がラボで何が起きたかを認め責任を取ることへの願い、を述べています。

正直、この話は陰謀論の枠を出ないと思います
コロナの元凶でありながら、自国で終息(本当か?)後は傍若無人な振る舞いをする中国に一言言いたくなる気持ちは分かりますが。

このノーベル賞学者がどういう方で今何をされてるかもよく知りませんし

コロさん

 ブログ主様はコロさんに退場してもらいたいなどと言っておりませんから、念のため。
コロさんに対しては、「記事とは関係ない事項を感情的な方法で書き込まないで」と言ってるんです。
私も当ブログに書かせていただく事がありますが、それって案外キツイんですよ。
きっちり反論される事よりも記事内容を無視される方がイヤなものです。

それと、コロナに対しての恐怖感は千差万別ですから仕方ないんですが、「あす死んでしまうかも」とか「神様」がどうとか、常に「悲しい悲しい」で困ります。常に必要以上にネガティブなのですね。
私なんかコロナでリセットされた世界がコロナ後にどう変わっていくのか、ゾクゾクするくらい楽しみで見ています。歴史的な転換点になるかも知れず、若い人たちには必ずチャンスがめぐって来ます。中共にとっては悪夢となる可能性が高いですが。

こうした苦境のなかでも、医療はもとより農業生産者や食品関連、物流にたずさわる皆さんは例えコロさんのような心持をしていたとしても職務を放棄できません。
コロさんが心根の優しい人であるだろう事は文面からも理解しますが、一方ではそういう人たちの事も念頭に置きつつ今後もコメントされん事を思います。

自分が立てた流行の予想が外れることが多く、普通のウイルスではないな、と感じていたところです。
特に、イタリアから始まった(?)欧米の型は、天然ものとしては感染力と毒性のバランスがチートな印象でした。

最終的には真実よりも力関係によって結論が出るので、トンデモかもしれないけれど彼を応援したい気持ちです。

 プー様が書かれていたサイコロを振るシミュレーションの投稿だと、ピークは3月末ぐらいだったのに、ちょっとおかしいなぁと思っておりました(プー様を責めているのではないです、、、念の為)。
 結局、何かがおかしいので当てはまらないのですね。

 しかしながらあの頃はまだ「そんなに長く続かないだろう」、「少々の我慢だ」という希望がありました。今は、これはもしかして数年かかるのではないだろうか?という感じで、あの時期が遠い昔のような気がしてきます。

TKさん
そうですね。

3月2日の記事を見直してみましたが、
日本での流行を再生産数が2.1と1.4の場合でシミュレートしました。

どちらも1月1日を起点にしています。
再生産数2.1の場合は、ピークは3月末
再生産数1.4の場合は、ピークは5月中旬
でした。

起点も再生産数も仮定でしかありません。
再生産数は、1週間で最大3倍に増加した時期があるので、
基本再生産数3を提起したいです。
クラスター対策班の西浦先生は2.5としていますが。

起点は、1月1日(中国から来たと勝手に推定した日付)ではなく、欧州からの持ち帰りの時期(いわゆる第2波)が当てはまるかもしれません。

いずれにしても、増加率は最近鈍っているので、
医療・介護機関での感染爆発を除けば、
ピークは見えてきている印象です。

プー様

基本的なことがあまり理解できていない私に対して、丁寧な御返事をいただきましてありがとうございます。

ちょうど読んだ後に、Youtubeでタイムリーに同じような解説を須田のオジキがやっておりました。

https://youtu.be/4B5LTAdM0NE

本当に近いうちにピークを迎えてくれるとありがたいです。

中共の独裁する国ですから、何があっても世界中の人々はあんまり
驚きませんわ、「やっぱりそうかよー、そうだと思ったわ」という感想。
なにより、中国の人達が一番驚かないでしょう、「ヤルと思ったわ」。

自論の間違いを認めずに自国民三千万人を餓死させたりして殺した
という天安門広場にある肖像のオジサンが建国しただけあって、石
頭どもが政府中枢で『中共幹部の、中共幹部による、中共幹部の為
の独裁政治』の為に、日夜策謀に明け暮れているのだから、事実は
小説より奇なりとなってしまっても仕方ありませんわ。

例え、自然由来のウイルスであったとしても、昨年11月末には人感
染しているのが判明し、今年1月に至っては人-人感染も確実に起
っていたのに「そんなん知らんで!」とバックれて、あげく春節には
全世界に向けてウイルスに感染した国民をドンドコ送り出していた
のだから、中共は全世界の悪魔であると言われても当然ですわ。

ウイルス騒ぎが終わったとしても、こんなクソ中共とどう付き合えば
いいんだ?無くなってしまえばいいけど、このくらいで滅ぶのなら、
もうとうの昔にそうなっている、ドッコイまだまだ中共は続きそうだ。
もうイヤんなっちゃいますわ。

うーん、丸1日経ったから書くか。

私がコロさんに絡んだ?
笑わせないで下さい。昨年末からコロナさんが繰り返してきたただの雑観短文ばかりの投稿に「ちゃんと会話なり討論してくれ」と散々言ってただけですけど。
コロさんは全くの無視対応でした。

こちらはありんくりんさんの個人ブログですので、私も荒れないように叱責は何度もされてますけど、あくまでもコロさんに対しては「ちゃんと『話』をしよう」ということしか言ってないですけどねえ。

んで、山形さんが絡んで苛めて来るのが悪いんで嫌だから私は去ります?
はーっ?ふざけんな!ってことですよ。
山形さんは今後誰かを名指しするな。神に祈る!?
お前は何様なんだ!そんなことを言われる筋は無い。いつまでもどっかの神にでも祈っていて下さい。他人に迷惑かけないレベルでお願いします。
会話や対話するなら(コロさんには無理だったようですけど)「誰々さん、これはどういう意見ですか?」と訪ねるのは当たり前でしょうに。。あなたは何一つ答えられなかった上に「もう書かない」と言いながらさらに私に毒ばかり吐き散らし捲って行きました。何なの?

どっかのブログに気分を一方的に書き込まないと精神が保てないほど病んでるのかと。「お前は謝っていないじゃないか!」とか明らかにマトモな神経では無いですね。

病んでるヤツに限って「自分は普通だ。周りの奴が悪い」になりますからね。ちゃんとカウンセリング受けて下さい。
私は東証からコロさんにおかしな所を何度も「指摘」しただけですから、ハンドルネームや地名どうこうで逆恨みされたらたまったもんじゃないです。んじゃ私が今後「コロ2号」とでもHNを変えたら解決なのか?
それはもしかして「犯罪予告か?」と警戒しますよ。
コロさんが書いた最後っ屁はそういうことですけど。。

ここのブログ主さんはこの記事を読まれてみてはどうですか?
検証:ノーベル賞受賞の仏ウイルス学者「コロナは武漢研究所の人工操作」発言をどうみるべきか
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200422-00174202/

この国の現状から目を背けたい一心で変な情報に振り回されて本当にお気の毒様ですね
まあ自業自得ですけど

一部記事の内容を抜粋

2012年には、約40人のノーベル賞受賞者が、「彼は専門ではない分野で発言することによって、科学的および医学的な欺瞞をつみかさねている」と嘆願書に書いた。

そこに書かれていた内容は、怒りに満ちている。

「パーキンソン病に悩むヨハネ・パウロ2世教皇に『発酵パパイヤ抽出物』を提供、 電磁波で血液中の細菌を検出するというライム病の診断テスト(訳注:ライム病とは、ダニによって媒介される人獣共通の細菌による感染症)、最低限の(論文などの)出版も無しに「水の記憶」が現実であるという自称の証拠。医学は嘲笑され、患者はだまされ、同胞は悪用された。これらの虐待を非難するのに、公的権力と保健機関は、何を待っているのでしょうか」。

 〇〇残日録へ

 なんだその「自業自得」というのは? あんた、何様のつもりだよ。
こういう見方があって、一方には寄与褒貶も付きまとう人物でもあるという趣旨の記事になっているだろうが。よく読め!

それと、「この国の現状から目を背けたい一心」である事の根拠を示せ。

「毀誉褒貶」な
ん?この記事のどこにモンタニエが「毀誉褒貶も付きまとう人物」だと書かれているの
コメント欄には指摘してる人がいますけど
根拠を示せ?まぁ主観なのでそこに噛み付いてもしょうがないと思いますよ

 〇〇残日録へ
 
 そうだね、毀誉褒貶云々とは確かに言っていない。
しかし、モンタニエ氏の説で間違いないなどとと断定しておらず、そういう説が出て来ることの背景をうかがわせる書き方をしてる。

〇〇残日録は今日の記事の方は読んだか?
昨日がモンタニエで、今日は流出説だ。ふたつの記事はつながっていて、かつ別ものだ。様々な説を紹介するこのような書き方は私などは慣れているが、あんたのような、すみっこを齧って脊髄反応してしまう輩がたまにいるんだよ。

それとね、主観であろうがなんだろうが人に「自業自得」などという悪言を投げつけるなら、その理由をちゃんと述べるべきなのは当然だ。

〇〇残日録へ

「自業自得」というのは、自分の行いの報いを自分が受けることだよね?そして、一般には悪い報いを受ける場合に用いる。

そうすると、ここのブログ主は自分の何の行いについて、どういう悪い報いを受けたのだね?
説明せよ。

〇〇残日録 様

あくまで主観なので失礼します。
お前はバカだ。

自身が記事をよく読んでいないにも関わらず、「寄与褒貶も付きまとう人物でもあるという趣旨の記事になっているだろうが。よく読め!」と喚き散らすような人間に構う暇なし

以上

 〇〇残日録へ

 逃げたのなら仕方がないが、それこそ「自業自得」ですね。(笑)
真正面から議論せずに、そもそも何をしにやってきたのやら。

〇〇残日録様

記事を読んだが、記事そのものが毀誉褒貶だろう。
決めつけるのはまだ早い。いずれポストコロナの時代が来れば、
モンタニエ氏の発言の真価が問われる。それだけの話だ。

1つのテーマを提示されて、
コメント欄に書く文章とは

その1つのテーマについてのみ議論するべし討論すべし

というのがここの主旨なのですね。山路さんがずばり教えてくれて意味がわかりました理解できました。
世の中が落ちついたら
沖縄や「山形」に行きます。
お釜御寺温泉さくらんぼ狩には毎年楽しくいってますし素晴らしくよいところです

今度来たる世界が
膿が消え浄化された世界となること,を夢想しゆっくり寝ます

短期ですがいろいろ教えていただきありがとうございました。

今もパヨを追い出していただき,

こっちの世界は本当にいいなあすごいなと心からおもいました


皆様。改めてコメント欄のルールを確認しておきます。

●HNは画面上は「任意」となっていますが、あれはニフティが勝手に書いてきるもので、必ず入れて下さい。その際ですが
①他人を誹謗するようなもの。
②HNを何度も変えること。
③「名無し」「とおりすがり」なども複数あるので使えません。

●他人のコメントに対する批判は、議論の展開上一定許容していますが、ひたすら批判だけに終わった内容はお断りします。
この間のコロ氏をめぐる議論はもはや喧嘩の類でした。記事と無関係な書き込みをされるのは、主宰者として大変に迷惑です。

●下卑た表現、汚い言葉は無駄な挑発で、少しも建設的な議論を生みません。

以上、いずれも常識的なものです。ここのコメント欄は非常に優れた内容をキープしてきました。これを大事にしていきませんか。
宜しくお願いましす。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 感染「1万人突破」という虚構 | トップページ | 武漢ラボ流出説再び »