• 015
  • 2020112504
  • Download
  • Jzklxpkrqoch1cga_20201203053001
  • Ilrz8ymu0qlrzddd
  • Img_5031
  • 041
  • 002
  • 183_005
  • Img_0

« 今や米国にとっての「硫黄島」となった尖閣 | トップページ | なぜ核兵器禁止条約はうさん臭さいんだろうか? »

2020年8月 9日 (日)

日曜写真館 二千年の風が解きたる蓮の花

139

蓮の花天を指したる羅針盤  北大路南天

121

二千年の風が解きたる蓮の花   神蔵器

106

ひらかむと汀(みぎわ)へ傾ぐ紅蓮 大和田鏡子

091

蓮の花無冠で生きるそれもよし 保坂加津夫


010

白々と夜明けを待ちて匂ふ蓮  たんと




« 今や米国にとっての「硫黄島」となった尖閣 | トップページ | なぜ核兵器禁止条約はうさん臭さいんだろうか? »

コメント

  ー 蓮は、泥と 単潔な 清品を兼ね。 ー

蓮の花は、ほかの花を見るときと 違って 心の中に思い入れが
起きます。大賀ハスのころには、蓮の写真見ると、ため息の日。
ソメイヨシノ、社会の季節のスタート、桜の満開、咲き乱れ。
寒さの中に、梅花はポツンとした気品の花びら、香り漂う日々。
この世とあの世の境目のような彼岸花、あぜ道の季節・・。
いろいろあるけど、蓮の花は、人の心の内に、直接来る美しさ。

   蓮は、単潔な清品と 気品ある清楚な姿。
                命と心の浄め、清澄・光の花。

日曜写真館、きょうは曇りのそらの中の、蓮の姿。
ありがとうございました。       

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今や米国にとっての「硫黄島」となった尖閣 | トップページ | なぜ核兵器禁止条約はうさん臭さいんだろうか? »