• 037
  • 048
  • Edgf9ztu8aabj3k_20211015102201
  • 201
  • 789
  • 1_20210814053601
  • 20210909oyt1i50007t
  • 734692164a4b84ed2df0c131938850c2_3
  • Dsc_5703
  • K10013294291_2110061542_2110061653_01_02

« 安倍桜を見る会余聞 | トップページ | 米国メディアの異常さ »

2020年12月 6日 (日)

日曜写真館 冬雲雀天を仰いで胸を張る

Dsc_6844 

凍てついた蓮田の空を楔型の雁がわたっていきます。

  Dsc_6848

枯れた荒れ野ではありません。泥の下には肥えた蓮の旬です。

Dsc_6863

一陽来復

Dsc_6825

霞ヶ浦の舟溜まりの対岸にはビルの水平線。

 

« 安倍桜を見る会余聞 | トップページ | 米国メディアの異常さ »

コメント

水面と書いて「みなも」と呼ぶ。そんなイメージです。

おはようございます。
V字編隊飛行中の号令のような雁の鳴き声が聞こえてきそうですね。

ず~っと、素晴らしい写真がつづいてますね。
ブログ記事を読むのも楽しみですが、
扉絵の写真見るのも、また、
毎日、楽しみにして見ています。、らくがきモモ

三枚目が一番好きです💛

管理人さんにコメントの皆さん、お元気そうで何よりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 安倍桜を見る会余聞 | トップページ | 米国メディアの異常さ »