• 667
  • Dsc_1994
  • 012
  • 161
  • Img_4581
  • F7d4b246e41cc002e74299ee0274511a
  • 9298b86f9a21bf2c29b83c46d230401c
  • As20190130003269_comm
  • 465ded
  • 099

« 日曜写真館 広庭の牡丹や天の一方に | トップページ | 高橋洋一内閣参与辞任のくだらなさ »

2021年5月24日 (月)

小池知事とメディアが煽る嘘

044_2

ファクトチェックイニシャチブ(FIJ)の楊井人文氏が、メディアの「大阪で1日50名死亡」という報道について検証しています。
今年になって、東京都絡みで2月、4月、5月の3回。
次いで大阪の4回目です。

今回は「1日50人死亡者」が出たという報道です。ギョっとなるでしょう。
ただし、大阪の場合、吉村市長も松井知事も無関係です。

Image1620554021257

 柳井氏による

これは小池氏がやった病床数の偽造ではなく、完全なトリックを使った報道手法です。
やり方は簡単。判ると馬鹿馬鹿しくなります。
「1日50人」と報じると、1日で50人死んだのかと錯覚しますが、そうではなく「その日までに亡くなった患者の累計数」なのです。
ほんとうの大阪の死亡者数推移はこのようなものです。

Image1620552696170

柳井氏「コロナ禍検証プロジェクト」作成

上図の大阪府の公表数字をみればわかるように、4月中はおおよそ1名で多い時でも6名、5月になって3名から9名、そして16日に一気に増えて16名でした。
どこにも「1日50名」などという数字はありません。
しかしメディアはこれを単純に加算していって49名(50名)と報じるわけです。
一に日一桁だったのが5月6日に16人に増えました、と報じていればいいものを、いきなり「1日50人」と話を盛るわけです。

もちろんメディアはこれが無意味な煽りだとわかっていますから、巧妙に「発表」という言い方を添えて逃げています。
後から批判されれば、いや5月7日にはそう合計数で発表されている、言い方が悪かっただけだ、というわけです。
一般の視聴者はまず絶対にこのカラクリに気がつきませんから、そうか大阪はヒドイことになっているのだ、1日に50人も死んだんだって、という受け止め方をします。
こういうのをメディアの印象操作といいます。

ところで、これだけ東京都に間違った発信が多いことが集中していると、ただの偶然ではなく小池女史という特異な政治家の体質とも無縁とは思えません。
小池女史の政治家としての特徴は、菅さんと真逆。つまり、とことん目立ちたがり屋のパーフォマンス大好きな政治家です。
女史の政治の師匠は小泉パパですから、国民大衆をもののわからない連中と見下しているところがあります。
理屈ではなく感情に訴え、短いワンフレーズで訴える、敵を作って自分を民衆の先頭に立つ自由の女神に見立てる。

セルフイメージはきっと下のドラクロワみたいなかんじかな。小池女史が妙に共産党と相性がいいのは、やたらとこういう構図を作りたがるからなんですよ。
豊洲移転問題なんか、えぐいくらいこれで押しまくりましたが、気の毒も失敗し、無意味に1年半遅らせただけでしたが。

661232

ただこういうことを、習い性にしてしまうと依存症になるようです。
なんせ連日連夜、昼から夜までテレビに出っぱなし、という政治家にとってまたとない特典つきですしね。

さて具体的に見てみましょう。
まず2月の時は、病床使用率が逼迫して病床使用率がなんと100%を超えた、これは医療崩壊だぁ、というのが小池氏の主張でした。
ぎょっ100%を超える、ならば病院は病人を廊下に寝かせているに違いない、医療崩壊が始まっているんだぁ、ということになりました。

Title1614068059417

上の写真は柳井氏がアップした2021年2月19日放送のテレビ朝日「報道ステーション」のものですが、堂々と「東京都病床使用率100%」と放映していますが、もちろん間違いです。
同時期の重症者用病床数については、厚労省が集計していますが、東京都はなぜか独自基準で集計しているために、2倍から3倍多くでてしまうのです。

東京都は懲りることなく、4月には入院患者数を2668人と発表し、「そのうち宿泊療養198人」と発表し、それを受けてNHKも「自宅療養者を含む」と注記しつつ「病床使用率は131%」というありえない数字を流していました。

そして3回目は5月で、同じような大本営発表で危機を煽っています。

2020032900001_4_20210524051601

「新型コロナウイルスに対応する医療体制について、NHKで全国の都道府県に聞いたところ、東京都を除く、すべての道府県で、入院患者の数が確保できている病床数の8割を下回り、病床がひっ迫する状況が緩和されてきていることが分かりました」
(NHK5月12日)

全国で病床数が緩和されているのに、東京都だけ高い病床占有率で占有率90%だというのです。 
テレビ各局が、早速これに飛びついて東京の医療崩壊の危機を煽ったことはいうまでもありません。
ほんと、よほど懲りない人だね。

Img_2956u

柳井氏

では実態はどうであったかといえば

「東京都が修正発表した情報に基づき算定すると、5月7日時点での病床使用率は約50%、12日時点で約43%となり、NHKが報道した時点で「8割超」ではなく「5割未満」であった。厚労省も、東京都の発表が不正確であったと認めている」 (柳井前掲)

悪いことには、小池女史はこういうことが発覚しても、平気の平左なんですよ。
それはなまじ謝ってしまうと、自分のパーフォーマンスが水の泡になるからです。
だからこの盛った数字で政府に非常事態宣言をださせるという「成果」を勝ち取るまで続けます。
医療は逼迫し崩壊寸前である、と危機を過剰に煽ることで、政府に緊急事態宣言を出させるのが目的だからです。

「東京都は、昨年春の緊急事態宣言中にも、病床確保数を正確に発表せず、極めて逼迫しているかのような発表を繰り返して、延長の流れを作った」(柳井前掲)

そしてこの小池知事が出した偽情報を増幅して拡散するのがメディアです。
煽り体質や政局好きが女史と似ていますから、この仕掛けに安易に便乗しました。
彼らにかかると、今の日本は実は医療崩壊寸前で、政府が真実を隠している、こんな時期に政権延命のためのオリンピックは絶対反対だぁ、なんていう「気分」が醸成されるというわけです。

メディアさん、いいかげんこんなまねは止めてくれませんか。
小池氏のような腹に一物ある首長と、日本が危機になればなるほど嬉しいメディアの共作です。
そうまでして、この人らはどのような空気を作っていきたいのでしょう。

 

 

« 日曜写真館 広庭の牡丹や天の一方に | トップページ | 高橋洋一内閣参与辞任のくだらなさ »

コメント

 五輪を招致したのは東京都で、国よりも東京都が主体です。
にもかかわらずメディアは小池に対しては中止を迫りません。
中止になどならないと分かって騒いでいるだけだからでもありますが、小池とメディアは呉越同舟だからです。

両者の「政局を作りたい」という共通利益の中身は、小池には7月都議選、メディアには衆院選です。特に小池は自民党の躍進が自身のレームダック化に直に結びつきます。

こうなる事はわかっていたので、菅さんがもっと早く解散しておれば、と思わなくもありません。
ただ、失業率は3%に抑えられ、倒産件数も最悪を免れている状況は評価されてしかるべきです。

今日の大規模接種のニュースは明るいものだし、反対の皆さんもきっと五輪を楽しめる事になるでしょう。
テレビの売り上げも好調なようです。


需給なのだと思いますわ。ポピュリストはそうする事で票が稼げます
し、マスゴミはそうする事で視聴率や購読数が稼げます。ナンのこと
はなくて、私達一般ピーポーの多くがそれを望んでいるからです。

私が中学生の頃、TVの全盛期で、米国のTVドラマとかがよく放映さ
れていました。私は日本のそれとの間に、根本的な違いを見つけて
しまいました。アッチのは、なんとか障害を乗り越えてハッピーエンド
へと続いて、最後はジョークで落とす。コッチのは、障害を越えようと
してヘロヘロになってしまい希望は十分にかなえられないけど、よく
頑張ったぞエライぞと、最後はみんなの涙を流した笑顔で落とす。

国民性だと言ゃあ、それまでなんですけど。ワープ航法のようなワク
チン開発・接種で、糞ったれコロナをやっつけろ!というアッチに比べ
て、コッチはなんか知らんがウダウダやって「今日も死者が○人出
ました!」と悲壮感に浸らないと、幸福を感じられないのでは?と思
ってしまいますわ。冗談じゃなくて。そしてオリ・パラの閉会式の時に
なると、マスゴミのアナウンサーは「やりました~、艱難辛苦を乗り
越えて、東京オリンピックは大成功です、しかもメダルは○○個ォ」
と涙声(ヤラセ)で絶叫しそうな気がしますわ。少なくない国民も涙を
流す。

やっぱり、フィクションと現実を区別しない国民性はダメです。ドラマ
なら、この素晴らしく人情味があって涙もろい特性を、自ら楽しんで
もいいけれど、政治やコロナ禍なんかは意識してリアリストにならな
いと、『お人好しは馬鹿をみる』そのものになってしまいますわ。まだ
まだオールドメディアは力があるので、どんどんニューメディアに出て
きて欲しいです。こちらの『農と島のありんくりん』さん、ドンドン攻め
て下さい。

その小池都知事が、築地市場跡地で大規模接種を発表だそうです。
「築地は守る」の、4年振りのアンサーソングです。
凄いセンスなのか、パフォーマンスに特化したブレーンが居るのか、気になります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日曜写真館 広庭の牡丹や天の一方に | トップページ | 高橋洋一内閣参与辞任のくだらなさ »