• 667
  • Dsc_1994
  • 012
  • 161
  • Img_4581
  • F7d4b246e41cc002e74299ee0274511a
  • 9298b86f9a21bf2c29b83c46d230401c
  • As20190130003269_comm
  • 465ded
  • 099

« 武漢研究所への流れ | トップページ | 中国のワクチン外交と戦った日台連帯 »

2021年6月 6日 (日)

日曜写真館 あぢさゐや なぜか悲しき この命

039

紫陽花の 藍をとばして 雨あがる 阿部みどり女

024

紫陽花に もの音とては なかりけり 富安風生  

092

紫陽花の 夕の藍に 羽織りけり  阿部みどり女

106

あぢさゐの 藍のやうやく 濃かりけり 久保田万太郎

043

紫陽花に 雫あつめて 朝日かな 加賀千代女

 

« 武漢研究所への流れ | トップページ | 中国のワクチン外交と戦った日台連帯 »

コメント

毎年、紫陽花が咲くとアー夏が来るんだと感じます。

最近の夏はおかしい。
猛烈な暑さと、風速40mの風、猛烈な雨。
毎年、起きる甚大な被害とそこから復活する日本人も凄い。

コンクリートより人へ。一番ではダメなんですか。とか言ってた連中がまだ国会議員をやっている。国民が悪いのでしょう。

昔と違い、最近の紫陽花は来るであろう災害に備える束の間の癒しですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 武漢研究所への流れ | トップページ | 中国のワクチン外交と戦った日台連帯 »