• Rpjr18gw
  • J40110g0
  • Dk_chinab2_100
  • 2020012611452776a
  • 2020012801_04_1
  • Img_ogp
  • Organization_chart
  • 114
  • 220pxiwanosakakoban_incident
  • 2021091002011024x683

« タリバン内部抗争勃発 | トップページ | 米国の徒労感と菅氏の辞任直前の訪米の意味 »

2021年9月10日 (金)

河野太郎氏への忠告

038

床屋政談です。ところどころ滑っていますのでご注意ください。

さて河野氏が、麻生氏と3度会ったの会わないのとメディアで報じられる一方、麻生派の若手には河野待望論がフツフツと沸きだしているそうな。
これが河野さんの演出だとしたらなかなかです。
これでは麻生さんが、若い麒麟を馬小屋につないでおきたい因業ジジィに見えちゃいますからね。
ですから、麻生氏がうんにゃといえばいうほど、河野待望論はメディアが増幅し膨張していきます。

現に若手議員らの河野応援会合もあったようで、彼らからすれば、くすんだ印象の岸田氏や知名度が低く安倍氏に近い高市氏よりも、さっそうとしたところのある河野のお兄ちゃんになってほしいんでしょうね。年齢も近いし。
自分の選挙が楽になるし、派閥の小姑たちがうっとおしいからでしょうか。

一方ベテランは、自民党の総裁ルールを知らんのか、お前が今回手を挙げたら一気に若返りってしまって、オレらには未来がないって事になぜ気がつかんのか、バカヤローってなもんです。
ただ彼らの言うのも一理あって、ただの自分の保身だけではないのです。

Rtx7vy1rw640

www.businessinsider.jp

もし仮に、河野氏が派閥の反対を押し切って候補となり、晴れて当選したとしましょうか。
一体誰が政権の御輿をかつぐのでしょうか、麻生氏の反対を押し切って来ちゃうと麻生派の支援は受けられませんからね。
麻生の爺さんは当然のこととして副総理・財務大臣から降りるでしょうし、麻生派は閣僚をひとりも出さないかもしれません。
若手議員の御輿に乗っても、彼らは1回から3回議員ですから、閣僚適齢期はひとりもいません。
若いのはイキがいい分無責任なんです。

6w6yovvrhjn3fhhlos2beq3wgu

若手議員、派閥締め付けNO 自民党総裁選「選挙の顔」熱望 - 産経ニュース

ヒヨコ議員らが集まって決めたのは、派閥に拘束されない自由選挙を要求だなんてナニを今さら。もうそうなってますって。
今回の総裁選挙の大特徴は、「派閥が統制しない横一列の自由選挙」なのですから。
そういうシナリオを菅さんが作っておいたのです。
第一、若手議員が団結してひとりを推したら、もう派閥になっちゃいますよね。あれ、変ですね、自己矛盾です。

というわけで、河野さんはめでたく総裁になれても、組閣に苦労します。
麻生派が難しいので、他の派閥から借りてくるしかないでしょうが、多派閥から借りるというのは借りを作ることてす。
その借りはなにかにつけて返済しなければなりません。
それは河野さんが自分の政策を進める時、折々に重荷となってくるはずです。

実はもう既に始まっていますが、自覚していますか。
昨日、河野氏は女性宮家を否定し、旧宮家の存続で異論がないと言うしかありませんでしたね。
また原発再稼働も容認に転じました。
これで河野さんの特徴的な政策は、ふたつとも消えてしまったことになります。
なぜでしょうか。それは他派閥の力を借りるには、持論を諦めるしかないからです。

Ktsh2p2ppzkutpt4ts5jdwrwze

岸田氏、「改憲をしっかり考えていく」 - 産経ニュース

他の候補も似たようなもので、リベラル寄りだった岸田氏もモリカケ再調査を引っ込め、改憲を言うなどジリジリ右へ寄ってきています。
高市さんも増税なんて言えなくなるはずです。
このように総裁選で自由選挙に徹すればするほど、候補者間の政策の差異が消え、一種の平準化がなされるのです。
無責任に言えるのは石破氏のみ。
ナニを言おうと、自民党内での影響は皆無で、嫌われるだけのことで、出られないから好き放題言えるだけのことです。

というわけで、持論を通したければ「強い総理」になるしかないのです。
自分の派閥から推されず、ヒヨコ議員に押されるような総裁では、総理になっても自分の思うことはできません。
無派閥だった菅氏が支持母体がないためどれほど苦労したのか、河野氏は身近で見ているはずです。
最後に解任しようとした二階幹事長だって、彼の専横を誰も止められない菅氏が「弱い総理」だったからです。
弱い総裁が強い幹事長派閥に担がれてしまっていては、クビを切れません。

一強とまで言われた安倍氏を例にとりましょう。
安倍政権がどうして2822日も続いたのか考えたことがありますか。
もちろん政治家として傑出した手腕を持ち、特にほとんど天才的な外交手腕を持っていたからですし、女房役の官房長官が恐ろしいまでに優秀だったからでしたが、それだけではありません。
「敵を腹中に入れる」ことができたからです。

彼の任命した幹事長を見て下さい。
石破氏しかり、二階氏しかり、思想信条は正反対、政治家としてのタイプも真逆で政敵といっていい人たちばかりでしょう。
また閣僚も岸田派のオーナーでしたが、実に5年間も重要閣僚の外相に起用し続けています。
激務の外相をよくあれだけ続けられたと思います。
いつもはやや批判的な岸田氏ですが、それは評価しています。
安倍さんもたぶんその功績を認めていたから、後任に一時は考えたんでしょう。
それはともかく、安倍氏は彼ら政敵を重要閣僚や幹事長といった、やりようによっては危険なポストに使い続けます。

彼がこういう多派閥のオーナーを腹中に入れられたのは、彼が「強い総理」だったからです。
そのパワーの源泉は、自派閥である細田派の100人弱の勢力と副総理に据えた盟友の麻生氏が同盟を組めたからです。
二階派(47人)と岸田派(47人)を足しても細田派(97人)にかないません。
これではおとなしく安倍氏に仕えるしかないわけです。
安倍さんが首相だった時には、喰えない爺さんの二階氏も借りてきた猫みたいでしたね。
彼がイヤったらしい親中派体質をむき出しにしたのは、相手が菅氏だったからです。

014_20210909102801

seijichishin.com

総理になる気持ちのない二階氏はともかく、岸田氏はなる気ムンムンでしたし、ゲル氏が総理の野心をもっていることなんか誰も知っていました。
しかし閣僚になった以上、安倍氏を支えるしかないのです。
ゲル氏さえあの気色の悪い声で、「私、安倍総理にお仕えしている身でございますから」なんて殊勝なことを言っていましたっけね。
この安倍氏の「悪企み」に気がついて、石破氏は幹事長を蹴ったわけです。
下手すりゃ飼い殺しになるかもしれませんからね。
こういう「悪企み」ができてしまうのは、ひとえに安倍氏が最大派閥のボスだったからです。

ことほど左様に、力のない総理は悲惨です。
菅氏のように実務が出来ても、誰も支えてくれません。
幹事長さえ党内ルールを守らないで好き放題をやり始めます。

麻生氏が河野氏に言った言葉がも伝わっていますが、ただダメといっているんじゃありません。
麻生氏は「短命に終わるぞ」と言っているそうです。これは重みがあります。
なんせ言った麻生さん自身がそれで涙呑んだ人で、その後に同じ負け組総理だった安倍氏と鉄壁の同盟関係を組んだ当人ですから。
河野さん、これは素直に親心ととるべきでしょう。
麻生氏は人情家ですから、こじらせると可愛さ余ってなんとやらになりますよ。

今回、石破氏という麻生の親父が大嫌いなキャラの支援をもらい、ヒヨコ議員の応援で総理になったとしても、どの派閥も新政権を担ぎません。
下手すりゃ丸裸。応援してくれるのは実力のない若手らと、議員と保守支持層から蛇蝎のように嫌われているゲルや野党とメディアくらいなものです。

総理になると、自民党ルールではだいたい政治家すごろくの上りと見られて、総理室に額が掛かるだけのポジションとなってしまいます。
つまり隠居。
ですから短命政権を若くしてやらかすと、後の長い人生を縁側で猫を抱いて過ごさねばならなくなるのです。
私は河野氏のキャラがけっこう好きですし、ネットでいわれている「左翼」という批評は間違っていると思っています。
うまくすると大化けするかもしれませんから、ここで短命総理でポンっと花火で終わって欲しくはありません。
まだ若いのですから、チャンスは今回限りだと思わないことです。

 



« タリバン内部抗争勃発 | トップページ | 米国の徒労感と菅氏の辞任直前の訪米の意味 »

コメント

今回出馬して、仮にうまく総理になっても短命。

総理にならなくても、おそらくこのままでは第二の石破氏と見られるでしょう。

河野さんは、でない事が一番なのだと思うのですが。

でも、出ると決めてしまった。

麻生さんは、「やるからには勝て。頑張れ」と激励したと報道されていますが、それはどっちかというと、見放したとも読めます。

また、報道陣には「やることやらないと駄目」とも伝えたようで、これも激励だと書いてありますが、どっちかとうと、ワクチン担当相として最後までやる事やれよといったようにも思えます。

麻生さん、麻生派が結集して応援するのかどうか疑問です。

と、上を書いてから、発言している動画をみたら、確かに本人が激励したと言っていました。

でも、やっぱり応援するかどうかは微妙でしたね。

同じ事はライバルの高市氏にもあてはまるわけで
安倍氏は出馬への支援こそしましたが細田派ではない高市氏に全面的な支援をするまで面倒はみないと考えるのが普通でしょう。
河野氏は菅総理が後押しするという話もありますし、そうなれば条件はイーブン、むしろこの数年の大臣経験がある分、実績面で大きくリードします。
予想通り反原発と女系天皇に関しては手のひら返しましたのであとは最後発としてどのような経済政策をぶっ込んでくるかしょう。
岸田氏同様に緊縮路線からの転換はしてくるでしょうが他の候補と似たような内容に寄せて争点化をさけるのか、独自色を全面に出してくるのか…
本日出馬表明のようですので、それを注視したいと思います。

河野さんが総理になったとして、高市さんや岸田さんもそれなりの重要ポストに入れて「ノーサイド!」(某民主党みたいですが)でやっていく…、みたいなことができないのは、やっぱり派閥システムの良くない所な気はします。

負けた方も、「次は負けないぞ!」とある程度野心も表に出しながら、政務はきちんとこなす、みたいな。

(高市さん岸田さんが勝っても同じ)

↑です

 河野さんは、麻生さんの親心が頭では分かっているようでいて、本当には身に入っていないようです。
決戦投票になれば、河野は岸田に勝ち目はありません。安倍はもちろん、二階すら岸田に付くでしょう。

万一勝ったとしても、人事で相当な困難を来します。閣僚人事や党三役の挙党的な顔ぶれなんて全然想像もできませんし、何が何でも河野を支えたいという影響力を持つ人物も存在しません。
逆に次点でも落ちれば、今回の河野は経済界や省庁はじめ、地方にすら敵を作ってしまっているので再起に時間がかかるでしょう。

河野は少数の原発の再稼働を容認しましたが、同時に「将来的には、原発は無くなる」と言い切りました。彼の価値基準は世界の表面だけしか見ない浅薄なグローバルスタンダードで、歴史や伝統を担う役割など自分の任とは考えていないし、原発の技術革新が日本でも世界で非常な進歩で行われている事なんて見ようともしません。

また、彼の強みは主にドラスティックな行動力のみであって、それが悪い具合に野蛮に転嫁したエグいエリート主義に映り込みます。
ここに来て表面づらだけは柔軟性を装っていますが、彼の頑固は本質的で、孤独性を指向した一匹オオカミ的な政治家だと思います。

弱小派閥の悲哀。
菅総理は正しくそれですね。
安倍さんの長期政権最大の理由は閣僚、党内共に『人事の巧みさ』があったことは大きく首肯します。

弱小派閥で思い出したのが有鱗会の谷垣さん。
私は個人的には谷垣幹事長は立派な方だったと思っています。党内ハト派の少数派閥でありながらも火中の栗を拾うかのように、09年の総選挙で大敗を喫した自民党総裁になり、民主党政権と渡り合いながら民自公の三党合意を取り付け、総裁選で幹事長の裏切りに合いながらも潔く身を引き、安倍政権下では自身のリベラル信条を無闇に振りかざすことなく、閣内党内で初期~中期の第二次安倍政権を支えました。事故で政治生命を縮めたことが自身と対極の妖怪を呼び込む事になりますが、それはさておき。約束事と作法をしっかりと守る誠実な政治家だったと評価しています。加藤の乱の折、『あんたは大将なんだから』の涙の訴え映像にあった、青瓢箪の書生染みた泣き顔も、谷垣さんの実直な人柄の一面だったと今は理解しています。

河野大臣は、外交において岸田・高市候補よりポテンシャルは高いと思います。高市さんは国家観と国体護持において。岸田さんの強みはハッキリと言って何なのかは分かりません。正直岸田さんからは国家観が見えてこないんです。平成初期における宮澤~加藤の宏池会臭がします。毒にも薬にもならないと思ってたら、河野洋平に唆されて相手の勧めた毒酒(慰安婦・陛下訪中)を飲むような感じです。
いずれにせよ、私個人的に譲れないと思っているのは、皇統・皇室のこと、対中韓への外交姿勢、改憲への意欲、です。

個人的に、強さを含めた人物的な勝者が総理になるよりも、表で候補が政策をぶつけ合う事で総裁選終盤に「次の政権のやる事リスト」が私達の目に明らかになる事を望みます。
そのリストの実現性の高い候補が勝ち抜く事で、連立する他党も安易に横槍で覆せなくする。
であれば候補が昔の持論を変えることはいといません。
そして新総理が自分の個性でちゃぶ台を返せないように、先にむしろしばって欲しいくらいです。

いやぁ〜まさかこの状況から緊縮路線から脱却できていない財務省に忖度した経済政策をお出ししてくるとは思いもしませんでした。
「河野さん、こんな古い政策を…」
酸素欠乏症の父を目の当たりにしたアムロレイの気分ですw

でもまあ…立候補者の個々の方向性はハッキリしたので総裁選の結果が、今後の自民党の国民へのわかりやすいメッセージとしてその後の総選挙へも直結することでしょう。
いやぁ〜まさか岸田氏の方が遥かにマシだと思う経済政策を出してくるとは思いもしなかった。
岸田氏を引き立てるためのピエロ演じてたりしてるのかと勘ぐるくらいに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タリバン内部抗争勃発 | トップページ | 米国の徒労感と菅氏の辞任直前の訪米の意味 »