• 1810-024
  • 2022080500050079yom0003view
  • Map_sakishima
  • 20090310twd002b001_20220808103101
  • 227-015
  • M_okinawa20220805095200
  • Img_db5b67540d48edefe0471a8c7e9453611204
  • China1028
  • S-022
  • Large_220805_sbm_01

« なぜ岸田氏なら騙せる、と韓国は思うのか | トップページ | 核禁止会議のバーチャルぶり »

2022年6月26日 (日)

日曜写真館 むせび泣くあまりに高き蘭の香に

S22-070

われをにくむ人に贈らむ蘭の花 会津八一

S22-090

海近しサロメは赤き温室の蘭 野見山朱鳥

S22-071

われ等みな名もなき山の蘭の花 会津八一

S22-088

銀蘭や汝も黙せる明るさに 花谷和子

S22-103_20220624153901

蘭の香の言葉のはしにただよへり 米澤吾亦紅

S22-010

星空も生者の側に蘭溢れ 花谷和子

S22-105

夏の蘭まなざし育ちつつありぬ 飯島晴子

S22-106

蘭というきれいな玩具たまわりぬ 柴田美代子

 

« なぜ岸田氏なら騙せる、と韓国は思うのか | トップページ | 核禁止会議のバーチャルぶり »

コメント

派手で鮮やかな洋蘭なのに、あえて地味に落ち着くセピア系補正してる異色のやり方に脱毛!じゃない脱帽です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ岸田氏なら騙せる、と韓国は思うのか | トップページ | 核禁止会議のバーチャルぶり »