• S-014_20220812161801
  • S3-069
  • Ihckfysqfnh1707051
  • Rfhnfysqfnh1707043
  • 5jwrfysqfnh1707035
  • Yhsrfysqfnh1707012
  • 220121iskanderthumb720x464348701
  • 6bc287541d4e472ab2bda5bc38a96b6d
  • Https3a2f2fimgixproxyn8sjp2fdsxzqo163696
  • 045a

« ペロシ訪台 | トップページ | 尾身氏、事実上の5類見直しを提言 »

2022年8月 4日 (木)

中国戦狼外交の敗北

Sl-022

訪台したペロシは、明確な宣言を発しました。

「[台北 3日 ロイター] - ペロシ米下院議長は3日、台湾の蔡英文総統と会談し、自身の訪台は米国が台湾を見捨てないことを明確に示すものだと伝えた。
米国が台湾と団結することがこれまで以上に重要になっているとし、台湾と世界の民主主義を守るという米国の決意は揺るぎないと語った」
(ロイター8月3日)
ペロシ米下院議長「台湾見捨てず」、蔡総統は謝意 | Reuters

1000x1_20220803162901

ペロシ氏、台湾を見捨てないと明白にするため訪問-蔡総統と会談 - Bloomberg

そうなんです、まさにここなんです。自由主義陣営の指導者が台湾に行って発せねばならない一言は「世界と台湾の自由を守る」という価値観そのものなのです。
一般的な「平和」ではなく、誰と戦って得られる「自由」なのか、誰と抗して持ちこたえている「平和」なのか、それゆえ我々は誰と戦わねばならないのか、これを明確にすることです。
コメントでふゆみさんが書いておられましたが、それはあくまでも台湾が戦う意志を貫いているから成立するものです。

「ペロシ訪台はどうしても米中のみの意向がメインで語られがちですが、台湾自体がアクティブに振舞う「戦う覚悟を見せる事で攻めさせない」、これがあっての全ての関係性なのです。
日本の論壇はウクライナへは少しは「ウクライナは闘う、それを支える」へ寄り添えてきましたが、台湾に対しては台湾を主語に語ることは稀です。
「闘う意志のないものは支えようがない」日本自身の問題を語りたくない故なのだと思います」
(ふゆみさんコメント)

そのとおりです。蔡英文はこう言っています。

「蔡総統はペロシ氏が重要な時期に台湾を支援する具体的な行動を取ったと謝意を表明。軍事的脅威が高まっているが、台湾は引き下がらないと述べた。ペロシ氏は台湾の最も献身的な友人の一人であり、国際社会での揺るぎない支持に感謝するとも発言。
台湾は信頼の置ける米国のパートナーであり、安全保障、経済発展、サプライチェーンの分野で引き続き米国との協力を強化していくと述べた」
(ロイター前掲)

この決意があるからこそ、ペロシもこう答えられたわけです。

「ペロシ氏は蔡総統との合同記者会見で、台湾が常に安全保障面で自由を保持していることを望むと発言」
(ロイター前掲)

お分かりでしょうか。仮に口先芸人の橋下某が首相だとして、「戦う一択でいいのか。逃げろ」などという国など、どこの国も助けません。
日本は安保条約第5条があるから守られているのではなく、自由を守ろうとする姿勢をいまだ持ち続けている人々がいるから、専制主義国家の軛につながれることを望まないから、米国は同盟を組むことができるのです。
自国の自由を守るために戦う意志を持ち、その備えをし、常に警戒を怠らない国だからこそ、支える意味が生まれるのであって、決して逆ではありません。

さてこのペロシの訪台は、習近平の強烈な脅迫の下で行われました。
6月28日には、バイデンと習近平が2時間以上のテレビ電話会談をしましたが、中身は空疎でした。
バイデンは習に言われっぱなしだったようで、とうとう習に「火遊びすると自分も燃えるぞ」という宣戦布告にすら取れかねないことを言われる始末でした。
ダメだって、スリーピー・ジョー、こんなことを言わしては。「燃えるのはそちらだ。試してみるか」くらい言い返しなさい。

現実にも中国は、台湾を取り囲むような「演習空域」を設定し、中国軍機をパトロールさせてペロシを台湾に寄せつけない策謀を巡らしました。

「中国はペロシ氏の訪台を非難し、台湾周辺で「長距離実射」を含む一連の軍事演習を実施すると表明。2日夜にも開始し、4日以降もさらなる演習を行うとした。中国国営中央テレビ(CCTV)は3日早く、中国が海軍と空軍の合同演習を台湾周辺で開始したと伝えた」
(ブルームバーク8月3日)
ペロシ氏、台湾を見捨てないと明白にするため訪問-蔡総統と会談 - Bloomberg

800x1_20220804015801

ブルームバーク

上図は中国国営新華社通信が公表した4~7日に軍事演習が計画されている台湾周辺の区域を示す地図ですが、中国軍による台湾島をぐるりと取り囲む包囲網が作られています。
ペロシ訪台時にこの陣形を作られていたかどうかは不明ですが、おそらく既にあったと考える方が自然でしょう。
ですから、ペロシを台湾に入れまいとする中国と、台湾に着陸して蔡と手を握りあって支援を誓おうとする米国の強烈な力のせめぎ合いの中、今回のペロシ訪台がなされたのです。

結局、ペロシの決断によって、中国の脅迫は空振りに終わりました。
ペロシ専用機に中国軍戦闘機をつき沿って飛ばしてやれ、共に台湾領空に入ってやるぞ、などと環球時報の胡錫進が煽っていましたが、現実には台湾海峡の中間線に接近するのが関の山だったようで、渤海北部や南シナ海での軍事演習に終始したようです。
実際に戦闘になれば、逆立ちしても米海軍にかなわないことを知っているからです。

戦狼外交は戦う姿勢を崩さない相手には、無効だとバレてしまいました。

「戦狼外交で戦争をほのめかせて脅しても、相手が怯えない、牽制効果がないのは、すでに中国の国力に口でいうほどの実力がないことが見透かされているからです。
かりに、習近平が戦狼外交の限界を認めることになれば、三期目の任期継続は難しくなるでしょう。
では限界を認めず、戦狼外交の牽制効果を回復するにはどうしたらいいか。それはやはり、核兵器をちらつかせて脅すような瀬戸際外交、北朝鮮化の道を進むしかなくなる」
(福島香織の(中国趣聞(チャイナゴシップ)NO.582 2022年8月3日)

5c6368bd2400007002a21c03

中国の軍事パレードを無視することは、なぜ愚かな間違いなのか | ハフポスト NEWS (huffingtonpost.jp)

そもそもこの戦狼外交は、中国国内の動揺する経済的、社会的状況を背景に始まりました。
決して余裕でやっているのではなく、頼みの経済がガタガタとなり、河南の預金封鎖や不動産業の爛尾楼化などで表面化したように、国民の不満のガスが蓄積されていることが背景にありました。
そしていまやそれが上海のロックダウンと、不動産バブルの崩壊で火を吹いています。
中国共産党政権は、この内部の不満や、解決不能になった矛盾の矛先を、米国や台湾に向けさせることで、習近平政権に向けられそうな不満を逸らそうとしてきたのです。
つまり戦狼外交とは、米国や台湾、あるいは日本に向けたものではなく、自国の内部に対するジェスチャーにすぎなかったのです。

ただこのような愚かな戦闘的姿勢を続けていると、やがて自国世論をおさえきれなくなり、彼らの声に尻を押されるようにしてほんとうの戦争に発展しないともかぎりません。

「実際、元環球時報主筆の胡錫進が、ペロシ機を撃墜してやれ、とかペロシ機と一緒に解放軍機がとんで、台湾領空内に入れ、とか言いすぎると、ネット世論では、解放軍にそうするように求める声が大きくなり、それをやらなければ、今度は弱腰、口先だけと政権に批判が返ってくることもある。この方法での人民の不満のガス抜きは諸刃の刃でもあります」(福島前掲)

中国は「巨大な北朝鮮化」の淵にいるのです。
中国経済が発展したのは西側の自由な参入を歓迎したからでした。
だからドイツのように、フォルクスワーゲンが4割の車を中国で売り、ドイツ政府も身も世もなく中国に媚びるようなことになったのです。
日本も例外ではありません。
しかしそれは偽りの自由貿易であって、内実は技術の提供を命じられたり、資本の移動の自由がないものであることがわかってきました。

いま、米国はじわりと中国を経済で追い込もうとしています。

「米国は中国に対し、半導体製造装置へのアクセス制限を強化していると、同装置の主要サプライヤー2社が明らかにした。中国の経済的野心に歯止めをかける米政府の取り組みが浮き彫りになっている。
米政府は既に、線幅10ナノメートル(nm)以下の半導体が製造可能な装置の大半について、中国最大の半導体メーカーである中芯国際集成電路製造(SMIC)に許可を得ず販売することを禁止している。
今回はこの制限の対象を14nm以下の半導体が製造可能な装置に拡大したと、ラム・リサーチのティム・アーチャー最高経営責任者(CEO)がアナリストに明らかにした。今回の制限はSMIC以外にも拡大し、台湾積体電路製造(TSMC)など受託半導体メーカーが中国で稼働する製造施設も含まれる公算が大きい」(ブルームバーク8月1日)
米、中国への半導体製造装置の輸出規制強化-主要サプライヤーに通知 - Bloomberg

これは米国が、今後中国に半導体を作らせないということを意味しています。
世界有数の台湾の半導体メーカーのTSMCなども、中国では台湾を製造できなくなり、撤退を強いられます。
中国が戦狼外交をエスカレーションすれば、米国は半導体製造装置だけではなく、製品そのものも戦略物資指定して輸入を凍結してしまうでしょう。

半導体がなくなれば携帯電話や電気自動車も作れなくなり、あらゆる製造業がマヒするかもしれません。
その中には、中国軍拡を支えてきた航空機産業や造船業も含まれます。
これで中国は戦えますか?
いよいよ戦前の日本が辿った道を、そのままトレースしているようです。

いずれにせよ、ペロシの訪台は、米国外交の金字塔でした。
日本の馬鹿なコメンテーターたちはこれを中間選挙のための運動だと矮小化しています。
安倍氏暗殺事件を統一教会一色で報じているようだから、なにも見えないのですよ。
米国では共和党議員らが諸手を上げてペロシを支持しました。

私が次期共和党大統領候補として一番ふさわしいと思っている、前国務長官マイク・ポンペオはこうツイートしました。

‎「ペロシ議長が本日の台湾訪問をフォローしているのを見てうれしく思います。アメリカは中国共産党から命令を受けたことがないし、これからも決して受け取らない。そして、台湾の主権国家と自由を愛する人民を常に支持する」

本来、これはポンペオ時代に仕上げておくべきでしたが、パイデンに代わったために途切れたままでした。
バイデンも腰が重く、今回は慎重姿勢を崩しませんでした。
しかしペロシがそれを押し切るようにして台湾の地を踏んだことは、すばらしいことです。
これでポンペオが言うように、「中国に命令されるような」余地を残した従来の「あいまい戦略」は事実上終了しました。

次の中間選挙の共和党候補たちは、ペロシを凌ぐ対中強硬方針を唱えねばならなくなったのです。
つまり共和、民主を問わず、ペロシの勇断がボトムラインとなったのです。
これは中国にとって悪夢ではありませんか。

そして米国内だけではなく、世界の指導者たちの、訪台のハードルが一気に下がりました。
福島氏によれば、英国下院議会が年内に台湾訪問を計画していることがすでに発表されているそうで、ウクライナと並んで台湾を訪れることが自由主義諸国指導者のステイタスシンボルとなっていくかもしれません。
問題はうちの国ですが、秋の安倍元首相の国葬儀に蔡英文総統が来たいといった場合、私が知っている岸田氏なら腰砕けになるでしょう。
少なくとも林外相にはできないことだけは確かです。
受け入れねば、訪台湾を予定していた安倍氏がどれだけ悲しむか、岸田氏は思い致すことです。

 

« ペロシ訪台 | トップページ | 尾身氏、事実上の5類見直しを提言 »

コメント

中国軍の軍事演習は春頃には計画されていたのでしょう。
コロナに感染することがなければペロシは本来は4月に訪台する予定でしたし。

 林外務大臣はこの期に及んで、ペロシ訪台について「コメントする立場にない」とか。
台湾次期大統領になるかも知れないNO2の頼清徳氏を「ご指摘の人物」などと呼び、ウイグルや香港の問題について問われると、「中国の国内問題は論じない」と発言。
日本はどう対応すべきか、については「日中間の対話」と「協力の促進」だそう。肝心な時に「尖閣問題」に触れる事もない。
一体、どれだけ中共に忖度すれば気が済むのか? 

これでペロシが来日した時に、どう対応出来るのか。
それよりなにより、5月の日米会談でのバイデンとの合意や共同声明の内容と整合性が取れない態度が非常に問題です。

日本のような対中融和姿勢や対応はむしろ、なおさら危険な状態に置かれるフェーズに変わりつつあるのが趨勢。
英国のようにリードする立場までは無理としても、対米接着をもっと鮮明にしないと危ういのではないでしょうか。

総じて岸田政権は米国よりも欧州を見ていると思われますが、欧州は常に「日本食い」とセットであって、日本の為に戦ってくれるものではありません。岸田政権は「日米同盟は軍事同盟である」、という本質に立ち返るべきでしょう。

安倍さんがいらっしゃらないので、個人の力でいくよりも、日本の訪台気運も議会が決議を伴いリードするのが良いのではと思い、林外務大臣ではなく参議院議長に就任した尾辻氏を推します。もしくは安倍政権時の閣僚経験者で今閣外にいる議員が議員団を率いるとか。
残念ながら日本では全会一致は無理でしょうが超党派で声を上げて多数で採決してしっかりとした肩書きや権威を持つ議員が行けばいい。維新や国民民主が発起でもいいし。
英米のように議会と政府が交互にパンチを繰り出す事で、エスカレーションを小刻みに上げていけます。
安倍さんと岸田首相が役割分担を始めていたように、自民議員も1人のインパクトが足らないなら束で安倍さんのような仕掛けをするしかないのです。
週刊誌では尾辻反安倍という記事がありますが、岸田林同様、いかにも安倍路線ではない人物に政局を越えて取り組ませる事で、
「日本は中露のような利権派閥人治頼りの国ではない」民主主義っぷりを海外に見せることができます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ペロシ訪台 | トップページ | 尾身氏、事実上の5類見直しを提言 »