• S-029_20240520161001
  • 20240522-024830
  • S-029_20240520161001
  • S-026_20240520161101
  • 20240520-161539
  • 20240520-161506
  • 20240520-163814
  • 20240521-023519
  • S-257
  • 20240519-090121

« 岸田さん、なにしに米国に | トップページ | 日米共同声明、岸田氏GJ »

2024年4月12日 (金)

精神不安定なこの国、ユン 大統領、大負け

S24-148

やれやれユン・ソンニョル(尹錫悦) 大統領、大負けしてしまいました。
苦戦は事前から予想されていましたが、ナンボなんでも負けすぎです。

「【ソウル聯合ニュース】韓国総選挙(定数300)は10日、午後6時に投票が締め切られた。地上波3社(KBS、SBS、MBC)が発表した合同出口調査の結果によると、革新系最大野党「共に民主党」をはじめとする野党が200議席前後を確保し、圧勝する見通しとなった。保守系与党「国民の力」は、比例向け系列ミニ政党「国民の未来」と合わせても100議席前後にとどまるものとみられる」
(聯合4月10日)
韓国総選挙 野党「圧勝」の見通し=地上波3社出口調査 | 聯合ニュース (yna.co.kr) 

20240411-131751
韓国総選挙、与党敗北108議席 野党は過半数獲得 - 日本経済新聞 (nikkei.com)

●確定議席数
・国民の力(与党) ・・・・・108議席

・共に民主党(前政権党) ・・175議席
・祖国革新党                ・・12議席
・改革新党                ・・・3議席
・新しい未来              ・・1議席
・進歩党              ・・・・1議席

いままでも選挙前の現有議席は、前の左翼政権与党の共に民主党が156議席、ユン大統領の支持母体国民の力が114議席ですから、さらに政府と議会のネジレがひどくなったことになります。
ネジレは今に始まったことではありませんし、考えようによっては、かろうじて野党に200議席を許さず、これまたかろうじて与党が100議席割れをせずに、首の皮一枚でつながってよかったねぇともいえます。
200議席を超えれば、議会とは一定の距離がある大統領制でも弾劾決議を通されてしまう可能性すらありましたからね。
いちおう大統領は、議会の法案に対して拒否権を発動する余地は残しました。

ムン政権の法相で、子供たちを裏口入学させた、オリンピックで乗馬の選手に仕立てたということで辞任に追い込まれたチョ・グク(曺国)が、祖国革新党という政党をデッチ上げて12議席を獲得しているのですから、韓国国民のモラルハザードに対しての鈍感さには呆れます。
チョが狙ったのは、彼らが国会に議席を持つことになれば、国会議員の不逮捕特権を利用して検察捜査や裁判出席を回避することでした。
いままでも共に民主党の党首であるイ・ジェミョンに対して、都市開発や北朝鮮へ巨額の金が渡った疑惑などに関連し、背任や外為法違反などの疑いで検察が逮捕状を請求していました。
しかしイ側は不逮捕特権を使って、検察+司法部vs国会という対立に持ち込もうとした経緯があります。
つまり当選すれば、いくら汚職をしようと私的利益を貪ろうと裁かれることはないと韓国政治家は思っているわけです。
このイ・ジェミンとチョ・グクは、共に次の大統領選に出馬するかもしれません。おお、いやだ。

ちなみにチョ・グクの選挙公約はユン大統領にあと3年は長すぎる」というもので、大統領弾劾を旗印にしていました。
これが一定の支持を得たのですから、アジャパーです。

負けた理由は、いまの2年間以上に渡る不況ですが、構造的な問題なので簡単に解決できません。
経済不況の原因の大部分は、ムン・ジェイン時代にやった愚かな経済政策にあるからです。
ユン大統領としては国際関係を良好にすることで、なんとか打開したかったのでしょうが、これもかなり厳しくなりました。
今後考えられるのは、ユン政権が進める日米韓三カ国連携、さらには韓国の太平洋-アジア地域の安定への寄与の速度にブレーキがかかることです。

そしてこれだけは確かなことですが、次期大統領はまたムンジェイン時代をさらに左に反日に振り切った者がなることでしょう。
ああ、たまらん。

 

 

 

« 岸田さん、なにしに米国に | トップページ | 日米共同声明、岸田氏GJ »

コメント

結局日本は、ユン政権へのフワフワした期待で、徴用工問題も(恐らく建前のフッ化水素の管理体制も)何も解決していないまま、温情でホワイト国に戻してあげただけでしたね。その次の反日国家に塩を送っただけ。

岸田の外交センスの無さ…

 ここまでの大敗の原因は物価だとか長ネギの問題ではなく、尹大統領や韓東勲に対する保守派からの反発があるのだと思います。
明らかな犯罪者を野放しにし、二審まで有罪であるにも関わらず堂々と世間を闊歩している曺国すら抑えきれない。そういう不満です。
根底には「(韓国は)成熟した民主主義国家である」と勘違いした尹大統領ら為政者側に敗北の責任があるのであって、韓国らしく本気で戦う意思が見られなかった。きっと、大統領弾劾まで行くのだと思います。

それにしても岸田さんは気の毒なほどツイてない。
韓国がアルゼンチンやペルーのような国だと思えば間違いないところ、そうした見方が出来ないところにリベラル宏池会系の甘さがあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸田さん、なにしに米国に | トップページ | 日米共同声明、岸田氏GJ »