• S-064_20240721060501
  • 20240721-080152
  • 20240721-080931
  • 20240721-073547
  • 20240721-073434
  • 20240721-073858_20240721085401
  • 20240721-122553
  • S-019_20240720010001
  • S-040_20240720010001
  • S-051_20240720010101

« 頼清徳新総統の就任演説 | トップページ | 国際刑事裁判所、ネタニヤフとハニヤに逮捕状請求 »

2024年5月22日 (水)

中国駐日大使、日本を火の中にすると言ってしまう

S-013_20240522150701

かねてから中国という国は実に分かりやすい国だと思っていましたが、今回の頼新総統の就任演説についての反応がまさにこれぞ中国でした。

「中国の呉江浩駐日大使は20日、台湾の総統就任式に日本から国会議員30人超が参加したことに対し、「(台湾)独立勢力に加担する誤った政治的シグナルだ」と批判した。東京都内の在日本中国大使館で開いた台湾問題に関する「座談会」で語った。
呉氏は「民主進歩党の歴代総統は全員が正真正銘の独立主義者。民進党が政権を握り続ければ両岸(中台)情勢の厳しさが増す」と頼清徳政権を牽制(けんせい)した。さらに、中国が台湾の武力統一の選択肢を放棄しないのは「台湾独立を抑制する切り札だ」と強調。日本が「台湾独立」や「中国分裂」に加担すれば「民衆が火の中に連れ込まれることになる」と警告した」
(産経5月20日)
中国の呉駐日大使、日本が「台湾独立」加担なら「民衆が火の中に連れ込まれる」と警告 - 産経ニュース (sankei.com)

あーあ、芸も曲もなく言っちゃったってかんじ。
同じことは外相の王毅も言ってはいるんですが、こちらは台湾新政権へのポジショントークにすぎませんが、呉駐日大使のほうはもはや脅迫です。

20240522-041440

産経

[北京 21日 ロイター] - 中国の王毅外相は21日、台湾の頼清徳新総統を「恥ずべき」存在と批判した。中国は、頼氏を「分離主義者」と見なし対話を拒否している。
中国外務省によると、王氏はカザフスタンで開催された上海協力機構外相会議で、台湾は中国にとって「核心的問題の核心」と表明。台湾独立を目指す動きは台湾海峡の平和にとり最も破壊的な要因とし、新総統らの「国家と祖先を裏切る醜い行為は恥ずべきものだ」と述べた。
中国が「統一」を達成し、台湾を「祖国に戻す」ことを止めることはできないとし、全ての台湾独立分離主義者は恥ずべき存在として歴史に残るとした」
(ロイター5月21日)
中国外相、台湾新総統を批判 「国家と祖先を裏切る」(ロイター) - Yahoo!ニュース

違いがわかりますか。
王のほうは、台湾は「核心的利害」で、分離は許さんぞという退屈な教条を繰り返しているにすぎません。
頼氏はこう言っているのです。

「中華民国(台湾)の存在を中国が直視し、台湾人の選択を尊重するよう望む。中国が民主的な選挙で選ばれた合法的な政府と対等の原則の下で、対話と交流を進めることを望む」
頼清徳新総統の演説要旨 「台湾をAIの島に」 - 日本経済新聞 (nikkei.com)

頼氏は王がいうような「分離主義者」ではありません。
1945年に蒋介石が共産軍に負けて台湾に逃げ込んできてから、今年でもう79年も立っています。

国民党は蒋経国の時代まで「大陸反攻」なんて空疎なドーリームにすがっていて、中華民国の首都を台北ではなく南京に置いていました。
いまやそんなことを言うのは国民党でもいません。
もっとも中国と仲がいい元総統の馬英九ですら、ワンチャイナと言うくらいなもんです。

いまや台湾と大陸中国は厳然と違う政治理念と制度を有した体制で、台湾民衆の大部分は大陸に支配されることなど望んでいません。
それを踏まえて、現実をご覧なさい、と頼氏は言っているのです。
分離独立するなんてあえていわなくても、実体はもう完全に分離しているのですから、中国さんリアルな現実を見つめてつきあいましょう、というのが新総統の就任演説です。

だから王も両岸で対話をしましょうと新総統に言っておけば大人なのですが、それを「分離主義者」と頭から決めつけて「国家と祖国を裏切る」なんていう共産国家特有の言い回しで拒否してしまう。
実に分かりやすいというのはこういうところです。
駐日大使といい王といい、中国外交も劣化したもんです。

一方、呉駐日大使のほうは、さらに戦闘的です。
呉大使は、職業外交官とは思えないようなむき出しの表現で、日本に向けて「日本が台湾独立や中国分裂に加担すれば民衆が火の中に連れ込まれることになる」という台湾を支援しやがったら「火の中に連れ込む」、つまり戦争を仕掛けるぞといっています。おいおい。
呉江浩 - Wikipedia

この人物はこの頼新総統の選出について、上川外相が祝意を示したことについてもイチャモンをつけています。

「【北京=三塚聖平】在日中国大使館の報道官は14日発表した談話で、上川陽子外相が台湾の総統選で勝利した民主進歩党の頼清徳氏に祝意を表したことに対し、「中国の内政を深刻に干渉した」と主張し、反発した。中国として「強い不満と断固とした反対」を表明し、日本側に抗議したことを明らかにした。
談話は「日本の外相が公然と祝意を表した」と表現した。その上で「台湾は中国の台湾で、台湾地区の選挙は中国内部の事柄だ」と強調し、日本に対し「『台湾独立』勢力にいかなる誤ったシグナルも発さず、台湾海峡の安定や中日関係を妨害しないよう厳しく促す」と要求した」
(産経1月14日)
中国が日本に抗議 台湾への祝意表明に「深刻な内政干渉」と反発 - 産経ニュース (sankei.com)

この呉大使の抗議は、上川外相のこの発言についてです。

「上川外相は13日発表の談話で、頼氏の当選と「民主的な選挙の円滑な実施」に祝意を表明。「台湾との関係を非政府間の実務関係として維持していくとの立場を踏まえ、日台間の協力と交流のさらなる深化を図っていく」などとの考えを示した」
(産経前掲)

上川氏は、台湾との関係は「非政府間の関係だ」という従来の日本政府の立場を繰り返したにすぎません。
別に分離を促してもいないし、現実に存在している中華民国との協力を円滑化しようと言っているだけ。
それを大上段に「内政に深刻に干渉した」なんて言うんですから、ああうるさい。
そして今回はとうとうエスカレーションして「火の海にしてやる」と言うんですから、この人物は外交官に不適任です。
日本政府は呉をペルソナ・ノングラータ(好ましからざる人物)通告して、追い出したらいかがでしょうか。
ペルソナ・ノン・グラータ - Wikipedia

さてこの呉大使の発言の場にいて、いよー大将よく言ってくれやした、と言った大馬鹿野郎がいます。
上の写真で借りてきた猫状態でいるルーピー鳩山と福島ミズホの御両人です。
ミズホや手前に名札が見える高野孟のようなゴリゴリの中国共産党のエージェントはさておき、ルーピーは一時でもうちの国の首相だった男です。

「中国の呉江浩駐日大使が、日本が「台湾独立」や「中国分裂」に加担すれば「民衆が火の中に連れ込まれることになる」と発言した20日の座談会に出席していた鳩山由紀夫元首相が、「基本的に同意する」と述べていたことが分かった。
招待を受けた鳩山氏は「和を以て貴しとなすという言葉は中国にも日本にも通用する言葉で、私はそれを『友愛』という言葉で置き換えている」と持論を展開。「東洋の持っている精神を十分に理解をすれば、決してこの地域全体が不安定になることはない」と言い切った」
(産経5月21日)
中国大使の「日本の民衆が火の中に」発言に鳩山元首相「基本的に同意する」 - 産経ニュース (sankei.com)

相手から「火の海にしてやる」と言われて、「はい、アタクシはそれを和を以て貴しとなすという中国にも日本にも通用する言葉で、アタクシはそれを『友愛』という言葉で置き換えている」なんて受けてしまうのですから、この男の脳にはオガクズが詰まっているに違いがありません。
どこの国にお前の国を火の海にすると言われて、へらへらと笑いながら「それはアタクシは友愛と呼びます」なんて答える元首相がいるのでしょうか。
それは「友愛」じゃなくて「侵略」、あるいは「宣戦布告」に準じるというのですよ、ルーピーさん。
鳩山氏が中国が好きだろうと、「友愛」したいのだろうと、そんなことはどうでもよいのです。
問題は私たちの国の主権を守るかどうか、国民を守れるか、この一線を守れない者は国政に関わってはいけないのです。

おっと忘れていました。ミズホも民主党政権下で閣僚でしたね。
おお、こわ。こんな連中が政権握っていたんですから。くわばら、くわばら。

 

※写真  カルガモ一家です。

 

« 頼清徳新総統の就任演説 | トップページ | 国際刑事裁判所、ネタニヤフとハニヤに逮捕状請求 »

コメント

>呉氏の発言は20日、同氏が東京都内の在日中国大使館で開いた台湾問題と日中関係について意見交換する座談会で飛び出した。座談会には元外務省関係者ら10人以上の招待者がいたが、呉氏をたしなめる同席者は見られなかった。呉氏は昨年4月に都内の日本記者クラブで行った記者会見でも、同様の発言を行っていた。

同産経ニュースの結びですが…同席した日本人の有識者?どもも記者クラブどもも、情けない馬鹿としか言いようがないですね。

彼の国では、無能皇帝を個人崇拝する教育を鋭意進めているのですから、皇帝の宦官どもも我先にと、無能皇帝からの寵愛を受けるべく彼の偉大なる中華帝国を日々礼賛しております。外交官と言っても、実は帝国本土に向かって発言してるんですわ。

ホント、わかりやすい人達ですわ。無能皇帝のかねてからの悲願が、あの中共始皇帝でさえついに実現できなかった台湾を打倒してのパーフェクト中華大帝国の実現なんですわ。そうすれば中共始皇帝を超えた中華三千年の歴史に残る偉大な統一大皇帝になれるんですわ。それを知ってる宦官どもは、台湾に関しちゃあ無能皇帝に対する忠臣アピールに目がくらみ、もう恥も外聞も知ったこっちゃないですわ。倭民どもなど、火ダルマになろうがどーでもいい。

まるで、かつての旧大日本帝国陸海軍の、特に天皇直轄といわれた旧関東軍の軍人さん達にクリソツな蛮勇ぶりですわ。ああいう硬直した組織は内部から腐ってしまうんで、日本とすればカネ儲けだけの付き合いと割り切って、中華帝国とは細く長い関係とすればいいだけですわ。後は時間のモンダイなんで、核兵器を持ったコワイ米帝との同盟だけシッカリとキープしてれば、そない酷いことにはならないと思いますわ。

もうイヤになっちゃうのが、ポッポとミズポタンみたいな連中ですわ。彼らを支持するごく少数しかいない似非サヨク界隈の人達は、中華帝国へ移住した方がいい。そうすれば近くに偉大なる無能皇帝の存在を感じられて、より幸福になれるってもんですわ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頼清徳新総統の就任演説 | トップページ | 国際刑事裁判所、ネタニヤフとハニヤに逮捕状請求 »